エンジニアの人材育成で大切なことは?育成計画の立て方やおすすめの手法も解説

Offers HR Magazine編集部 2023年10月22日

Offers HR Magazine編集部

目次

事業戦略やプロジェクトの方針に合ったエンジニアの育成は、多くの企業にとって重要な課題です。エンジニアの人材育成のポイントを解説するので、すでに取り組んでいる企業はもちろん、これから本格的にエンジニアを採用する企業も参考にしてみましょう。

========================

【Offers / ITエンジニア、Webデザイナーの副業・転職サービス】

📍DeNA、サイバーエージェント、メルカリなどの「上場企業・有名スタートアップのテックリードやCTO」
などのハイクラス会員数25,000人が登録し、アクティブに活用
📍600社以上のスタートアップ・ベンチャー上場企業が利用中
📍ミドルシニアのエンジニア、PMが集まるコミュニティも運営
📍最短2日で採用決定

無料でアプローチするプランに申し込む | 資料・料金のお問い合わせ

========================

エンジニアの人材育成はなぜ重要か?

(出典)https://www.pexels.com/

エンジニアは、ソフトウエア開発を生業とする企業にとって核となる存在であり、継続的な人材育成が欠かせません。企業がエンジニアの育成に注力しなければならない理由としては、主に以下の点が挙げられます。

自社に合った人材に長く活躍してもらうため

自社の価値観や方針に合ったエンジニアに長く活躍してもらうためには、人材の育成に注力し続ける必要があります。エンジニアの場合、技術面の育成はもちろん、事業運営の核となるプロジェクトリーダーや管理者候補の育成が重要です。

とりわけスタートアップをはじめとした中小企業は、限られたリソースで素早く開発を進める必要があるため、早い段階でプロジェクトリーダーを育成し、開発の要となってもらわなければいけません。他社に先駆けて最新の技術を取り入れ、競争優位を確立するためにも、特に人材教育に力を入れる必要があります。

エンジニアの採用が難しくなっているため

他の職種に比べて、優秀なエンジニアの採用は難しくなっています。そこで既存のエンジニアに長く働いてもらうとともに、新たに採用した人材の離職を防ぐためにも、育成に注力しなければいけません。

育成環境が整備されており、望むキャリアを実現しやすい企業は、多くのエンジニアにとって魅力的です。エンジニアに限らず優秀な人材が集まりやすくなるので、待遇や福利厚生の改善や職場環境の整備に加えて、育成面も充実させた上で、対外的に情報を発信していくことが大事です。

事業の成長やイノベーションにつながるため

人材育成に注力することで組織として育成スキルが向上し、最新の技術やトレンドに対応できるエンジニアを育てられるようになります。その結果、事業の成長が促され、イノベーションも生まれやすくなるでしょう。

IT技術は常に進化し続けているため、エンジニアは継続的な知識のアップデートが必要です。研修やワークショップなどを通じて必要な技能を身に付けてもらうのに加えて、自主学習によりスキルアップできる環境を整備しましょう。

エンジニアの人材育成で大切なこと

(出典)https://www.pexels.com/

エンジニアを育成する際には最低限、以下のポイントを押さえておかなければいけません。育成環境を整備した上で、教育担当者の養成や育成計画の策定を進めましょう。

まずは育成に必要な環境を整える

まずは社内の人材教育の現状をよく把握した上で、エンジニアが継続的に学習できる環境を整えます。

組織的なトレーニングを受けられる場や定期的な勉強会の開催、外部の研修を受けられる機会の提供など、さまざまな施策が考えられます。自社の予算や人的リソースを考慮した上で、エンジニアの学習意欲を継続的に促進する仕組みを構築しましょう。

教育担当者の育成に注力する

たとえエンジニアの育成に積極的でも、教育担当者が不足している企業は少なくありません。エンジニアは技術職であり、人事担当者では教育が難しく、現場のエンジニアも育成に時間を割けないケースもあるでしょう。

まずは教育担当者を誰にすべきか、よく検討する必要があります。人材教育と並行して、教育担当者の育成にも力を入れるとともに、必要に応じて外部のリソースも活用しましょう。

長期的な視点で育成計画を立てる

長期的な視点から育成計画を立て、一人一人の成長の度合いに合わせて、適宜修正できるようにしておきましょう。それぞれの個人目標を明確にした上で、達成するための段階的なステップを決めるとともに、エンジニアが自ら成長できる工夫も求められます。

また、育成計画は定期的に進捗を確認し、評価する必要があります。具体的にどのように状況を追跡し、調整を図るか決めておきましょう。

エンジニアの育成計画の立て方

(出典)https://www.pexels.com/

エンジニアの育成計画を立てる際には、以下の目的の明確化と要件定義からスタートし、育成のロードマップを作成していくのが一般的です。育成カリキュラムの作成まで、順番に確認していきましょう。

1.目的の明確化と要件定義

まずはエンジニアの育成により、どういった目的を達成するのか明確にする必要があります。目的が不明確なまま計画を立てている企業は、決して珍しくないのが実態です。

最終的な目的が不明確ならば、どういった人材を集中して育成すべきか、具体的にどのようなスキルを習得させるべきかなどを検討できません。まずは、一人一人のエンジニアと話し合いの時間を設けて、現状をよく把握しましょう。その上で、育成の目的と要件定義に入ることが大事です。

2.スキルの把握とロードマップの確認

育成すべき人材の要件を決めたら、現状のエンジニアのスキルや知識・経験について把握しましょう。現状と要件と照らし合わせ、ギャップを確認します。

社内のエンジニアの状況を把握するには、スキルマップの作成が有効です。スキルマップは各エンジニアのスキルを可視化したもので、使用できるプログラミング言語や開発経験など、それぞれの要素についてレベルを評価できます。

一人一人のエンジニアのスキルの状態を評価したら、目指すべき地点とのギャップを埋めるため、育成のロードマップを作成しましょう。

3.育成カリキュラムを作成する

ロードマップを基に育成対象となるエンジニアを決め、育成カリキュラムを作成します。必要なスキルをどういった方法で習得させるか、具体的に決めていきましょう。エンジニアの育成に有効な手法は後述しますが、社内研修やOJT、Off-JTなどが挙げられます。

育成計画をスムーズに進めるならば、社内研修をはじめ、自社のリソースでカリキュラムを構成するのが理想です。しかし、人材育成に回す人的リソースがない場合は、外部の研修やワークショップなども有効に活用しましょう。

エンジニアの育成におすすめの手法

(出典)https://www.pexels.com/

エンジニアの育成におすすめの手法は、以下のように社内研修や勉強会をはじめ、OJT・Off-JTなどが代表例です。それぞれの特徴をみていきましょう。

社内研修や勉強会・eラーニングを導入する

定期的にエンジニア向けの社内研修を実施したり、勉強会を開催したりするのは、エンジニアに限らず一般的な人材育成の方法です。

特に、社内研修は新入社員向けから管理者の育成まで、多くの企業が幅広く実施しており、新人のエンジニアに基本的な知識やスキルを教えるのにも適しています。他にも、エンジニア自身が学習できるような学習プラットフォームの導入や、eラーニングシステムの活用などもおすすめです。

OJTを活用する

OJT(On-the-Job Training)は、実務を伴う研修やトレーニングのことで、エンジニアの育成では欠かせない手法として知られています。特に新人の育成では、先輩にあたるエンジニアが実際の業務の進め方や、プログラミングなどをOJTで教えるのが一般的です。

実践的な研修を実施できるので、確実に技術のレベルアップが可能で、OJTを受ける社員と、教える社員との信頼関係の構築にも役立ちます。

Off-JTを取り入れてみる 

主に外部講師を招いたり、外部の研修を受けさせたりすることで、幅広い知識やスキルを獲得させる「Off-JT(Off-The-Job Training)」も有効とされており、近年取り入れる企業が増えています。

外部研修は、最新の技術やトレンドを取り入れるのにも役立つのに加えて、他のエンジニアとの交流を通じて、新たな価値観や考え方などを学ばせるのにも有効です。

さらに研修の内容によっては、エンジニアとしての創造性や問題解決能力の向上も期待できるので、社内研修に加えて定期的に取り入れるとよいでしょう。

エンジニアの人材育成を成功させるポイント

(出典)https://www.pexels.com/

エンジニアの人材育成を成功させるには、単にスキルマップを作成して社内研修やOJTなどを実施するだけではなく、以下のポイントも意識しましょう。エンジニアが自ら学び、成長できる環境の構築が必要です。

エンジニアが自発的に成長する文化を醸成する

エンジニアが自ら必要な知識や技術を学び、成長する文化をつくりましょう。社員が自ら目標を設定し、それを達成することを推奨するのに加えて、個人目標の達成に関して、人事評価の一環として取り入れる工夫も必要です。

社員に自発的な学習を促すインセンティブを与えることにより、徐々に自己学習が企業文化として醸成されます。

現状、多くの企業が社内のエンジニアに、新しい技術を取得させるリソースを割けない状況にあるため、エンジニア自身が積極的に必要な技術を身に付ける文化をつくれば、競争優位性の獲得につながるでしょう。

定期的にフィードバックを受けられる場を作る

エンジニアの自己成長を促すとともに、定期的にフィードバックを受けられる場を設けることも大事です。育成計画の進捗状況を確認するのはもちろん、エンジニアが自らの抱える問題・課題について、気軽に相談できる機会もつくりましょう。

相談を通じて適切なフィードバックが可能になり、スムーズに育成計画を進められるようになります。有益なフィードバックはエンジニアのモチベーションの向上にも寄与するため、人事評価のためだけではなく、上司と部下の1on1を実施するなど、成長意欲を高める工夫も必要です。

人材育成は計画的に進めよう

(出典)https://www.pexels.com/

エンジニアの人材育成の重要性や、計画を策定する際に注力すべきポイントなどを解説しました。エンジニアの育成では、継続的に学習できる環境を整えて、教育担当者の育成にも力を入れなければいけません。

社内のリソースだけでは不十分だったり、育成に回せる人的な余裕がなかったりする場合は、外部研修やeラーニングのサービスの利用なども検討する必要があります。

さまざまな施策を組み合わせて運用し、本当に効果のあるものを残すとよいでしょう。エンジニアが気軽に相談でき、フィードバックを受けられる場を設けることも重要です。


この記事をシェアする