企業が環境に取り組む理由と事例紹介|採用活動のために知っておくべきポイント

Offers HR Magazine編集部 2024年7月7日

Offers HR Magazine編集部

目次

近年、企業の環境への取り組みが注目を集めています。気候変動や環境破壊が深刻化する中、企業の社会的責任として環境保護に取り組むことが求められています。

また、環境への取り組みは、企業イメージの向上や優秀な人材の獲得にもつながります。本記事では、企業が環境に取り組む理由や具体的な事例、そして採用活動におけるポイントについて詳しく解説していきます。

企業が環境に取り組む重要性

企業が環境に取り組むことは、持続可能な社会の実現に向けて不可欠です。環境問題は地球規模で深刻化しており、企業の活動が環境に与える影響は無視できません。そのため、企業には環境保護や環境負荷の低減に積極的に取り組むことが求められています。

消費者の環境意識の変化

近年、消費者の環境意識が高まっています。環境に配慮した製品やサービスを選好する傾向が強まり、企業の環境への取り組みが購買決定の要因となることも増えています。2023年の調査によると、日本の消費者の約70%が環境に配慮した製品を選ぶと回答しています。

このような消費者の意識変化に対応するため、企業は環境に配慮した製品開発やサービス提供、そして環境保護活動に積極的に取り組む必要があります。

法的規制と企業への影響

環境問題に対する法的規制も年々厳しくなっています。2050年までにカーボンニュートラルを実現するという日本政府の目標に基づき、企業にも厳しい CO2 排出削減が求められています。

2024年4月には、大企業を対象としたカーボンプライシング制度が導入される予定です。この制度により、CO2排出量に応じて企業に負担が課されることになります。このような法的規制に対応するため、企業は環境への取り組みを強化する必要があります。

持続可能なビジネスの必要性

環境問題への取り組みは、企業の持続可能性にも直結します。気候変動による異常気象や資源の枯渇は、企業活動に大きなリスクをもたらします。環境に配慮したビジネスモデルの構築は、長期的な企業の存続と成長に不可欠です。

また、ESG投資の拡大により、環境への取り組みが企業の評価や資金調達にも影響を与えるようになっています。2023年の調査によると、日本のESG投資額は約390兆円に達し、年々増加傾向にあります。

環境問題の種類

企業が取り組むべき環境問題は多岐にわたります。主な環境問題の種類とその影響について理解することは、効果的な環境対策を立案する上で重要です。

地球温暖化

地球温暖化は、人類が直面している最も深刻な環境問題の一つです。CO2をはじめとする温室効果ガスの増加により、地球の平均気温が上昇し、気候変動や異常気象を引き起こしています。

  • 主な原因:化石燃料の燃焼、森林破壊、工業プロセスなど
  • 影響:海面上昇、異常気象の増加、生態系への悪影響
  • 企業の取り組み例:再生可能エネルギーの導入、省エネ技術の開発、カーボンオフセットの実施

海洋汚染

海洋汚染は、プラスチックごみや化学物質の流出など、人間活動による海洋環境の悪化を指します。海洋生態系に深刻な影響を与えるだけでなく、人間の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

  • 主な原因:プラスチックごみ、化学物質の流出、油汚染
  • 影響:海洋生物への悪影響、食物連鎖を通じた人間への影響
  • 企業の取り組み例:生分解性プラスチックの開発、海洋清掃活動の支援、排水処理技術の向上

オゾン層の破壊

オゾン層は、有害な紫外線から地球を守る重要な役割を果たしています。しかし、特定のフロンガスなどの化学物質によってオゾン層が破壊され、地上に到達する紫外線量が増加しています。

  • 主な原因:フロンガス、ハロンなどのオゾン層破壊物質
  • 影響:皮膚がんのリスク増加、生態系への悪影響
  • 企業の取り組み例:代替フロンの開発、オゾン層破壊物質の回収・破壊

生物多様性の喪失

生物多様性の喪失は、地球上の生態系のバランスを崩し、人間の生活にも大きな影響を与える問題です。森林破壊や乱開発、環境汚染などにより、多くの生物種が絶滅の危機に瀕しています。

  • 主な原因:森林破壊、乱開発、環境汚染、外来種の侵入
  • 影響:生態系サービスの低下、食料安全保障への脅威
  • 企業の取り組み例:持続可能な原材料調達、生態系保全活動の支援、生物多様性に配慮した製品開発

資源の枯渇

人類の経済活動の拡大に伴い、化石燃料や鉱物資源などの天然資源の消費が加速しています。これらの資源は有限であり、持続可能な利用が求められています。

  • 主な原因:資源の過剰消費、非効率な資源利用
  • 影響:エネルギー・資源価格の高騰、国際紛争のリスク
  • 企業の取り組み例:リサイクル技術の開発、省資源設計の推進、再生可能資源の活用

これらの環境問題に対して、企業が積極的に取り組むことは、社会的責任を果たすだけでなく、ビジネスチャンスの創出にもつながります。次に、日本企業の具体的な環境取り組み事例を見ていきましょう。

日本企業の環境取り組み事例

多くの日本企業が環境問題に積極的に取り組んでいます。ここでは、特徴的な取り組みを行っている企業の事例を紹介します。

森永製菓株式会社

森永製菓は、2030年までに温室効果ガス排出量を2018年度比で50%削減するという目標を掲げています。この目標達成に向けて、以下のような取り組みを行っています。

  • 工場への太陽光発電システムの導入
  • 製造工程の効率化による省エネルギー
  • 環境に配慮した包装材料の開発と使用

特筆すべき取り組みとして、2023年から開始した「森永チョコレートのサステナブルカカオ調達」があります。これは、カカオ農家の生活向上と環境保全を両立させる取り組みで、持続可能な原材料調達の好例として注目されています。

キッコーマングループ

キッコーマングループは、「環境ビジョン2050」を策定し、2050年までにCO2排出量実質ゼロを目指しています。主な取り組みには以下のようなものがあります。

  • バイオマスボイラーの導入による化石燃料使用量の削減
  • 容器・包装材の軽量化と環境配慮型素材への切り替え
  • 水使用量の削減と排水処理技術の向上

2024年には、国内全工場で使用する電力を100%再生可能エネルギーに切り替えることを発表しており、食品業界における環境先進企業としての地位を確立しています。

味の素グループ

味の素グループは、「サステナビリティビジョン2030」を掲げ、環境問題に積極的に取り組んでいます。主な取り組みには以下のようなものがあります。

  • アミノ酸発酵技術を活用した温室効果ガス排出量の削減
  • 食品ロスの削減と副産物の有効活用
  • 持続可能な農業・畜産・水産資源の調達

特に注目されているのは、2023年から開始した「味の素グループ環境イノベーション基金」です。この基金を通じて、環境技術のスタートアップ企業への投資を行い、オープンイノベーションによる環境問題解決を目指しています。

キヤノングループ

キヤノングループは、「環境ビジョン2050」を策定し、製品のライフサイクル全体でのCO2排出量削減に取り組んでいます。主な取り組みには以下のようなものがあります。

  • 製品の小型・軽量化による資源使用量の削減
  • リサイクル技術の開発と推進
  • 事業所における再生可能エネルギーの導入

2024年からは、AI技術を活用した省エネルギー生産システムの導入を開始し、製造過程でのCO2排出量のさらなる削減を目指しています。

これらの事例から、日本企業が環境問題に対して積極的かつ多角的なアプローチを取っていることがわかります。次に、企業が環境対策に取り組む具体的な方法について見ていきましょう。

環境対策への具体的な取り組み方法

企業が環境対策に取り組む方法は多岐にわたります。ここでは、効果的かつ実践的な取り組み方法をいくつか紹介します。

エネルギー消費量の削減

エネルギー消費量の削減は、CO2排出量の削減と経費節減の両方に貢献する重要な取り組みです。

  • LED照明への切り替え
  • 高効率空調システムの導入
  • エネルギーマネジメントシステム(EMS)の活用

例えば、大手小売チェーンのイオンは、2023年までに全店舗のLED化を完了し、年間約10万トンのCO2排出量削減を実現しています。

廃棄物の削減と再利用

廃棄物の削減と再利用は、資源の有効活用と環境負荷の低減につながります。

  • ペーパーレス化の推進
  • 食品廃棄物のリサイクル(堆肥化、飼料化)
  • 製造過程での歩留まり向上

コンビニエンスストア大手のセブン-イレブン・ジャパンは、2024年から全店舗で食品廃棄物の100%リサイクルを目指す取り組みを開始しています。

リサイクル可能な原材料使用

製品設計の段階からリサイクルを考慮することで、資源の循環利用を促進できます。

  • 生分解性プラスチックの使用
  • モノマテリアル(単一素材)包装の採用
  • リサイクル素材の積極的な活用

化粧品メーカーの資生堂は、2025年までに全製品のプラスチック容器をリサイクル可能な素材に切り替える計画を発表しています。

自然エネルギーの導入

再生可能エネルギーの導入は企業の環境対策において重要な取り組みの一つです。再生可能エネルギーの導入により、CO2排出量を大幅に削減することができます。

  • 太陽光発電システムの設置
  • 風力発電の活用
  • バイオマス発電の導入

例えば、ソニーグループは2040年までに事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーにする目標を掲げています。2023年時点で約30%を達成しており、今後さらなる拡大を目指しています。

化学物質の管理と削減

環境や人体に有害な化学物質の使用を削減し、適切に管理することも重要な環境対策です。

  • 有害物質の代替品開発
  • 化学物質管理システムの導入
  • グリーン調達の推進

電機メーカーの日立製作所は、2024年から全製品でEUの化学物質規制「RoHS指令」に準拠する方針を打ち出し、グローバルでの環境配慮設計を強化しています。

これらの取り組みを効果的に実施することで、企業は環境負荷を低減しつつ、社会的責任を果たすことができます。次に、企業が環境問題に取り組むメリットについて見ていきましょう。

企業が環境問題に取り組むメリット

企業が環境問題に積極的に取り組むことには、様々なメリットがあります。これらのメリットは、企業の持続的成長や競争力強化にもつながります。

企業価値の向上

環境への取り組みは、企業の社会的責任(CSR)の一環として評価され、企業価値の向上につながります。

  • ESG投資の対象となる可能性が高まる
  • 企業ブランドイメージの向上
  • ステークホルダーからの信頼獲得

2023年の調査によると、日本企業のESG評価と株価には正の相関関係が見られ、環境への取り組みが企業価値向上に寄与していることが示されています。

新しいビジネス機会の創出

環境問題への取り組みは、新たな市場や事業機会を生み出す可能性があります。

  • 環境配慮型製品・サービスの開発
  • 環境技術の特許取得
  • 環境関連の新規事業展開

例えば、自動車メーカーのトヨタ自動車は、水素エネルギー社会の実現に向けた取り組みを進めており、燃料電池車の開発だけでなく、水素ステーションの整備など新たなビジネス領域に参入しています。

メディア露出の増加

環境への積極的な取り組みは、メディアの注目を集めやすく、企業の認知度向上につながります。

  • 環境関連の取り組みに関するプレスリリース
  • 環境賞の受賞
  • 環境イベントへの参加

2024年には、日本経済新聞社が「環境経営度調査」の評価基準を刷新し、より実効性のある環境対策を評価する方針を発表しました。これにより、企業の環境への取り組みがさらに注目されることが予想されます。

優秀な人材の確保

環境問題に積極的に取り組む企業は、特に若い世代の就職希望者から高い評価を得やすくなります。

  • 環境意識の高い学生からの支持
  • 従業員の帰属意識・モチベーション向上
  • 環境分野の専門家の獲得

2023年の調査では、就職活動中の学生の約75%が「環境への取り組みを重視する企業で働きたい」と回答しており、環境対策が人材獲得の重要な要素となっていることがわかります。

コスト削減との両立

環境対策は、長期的にはコスト削減にもつながります。

  • エネルギー効率の向上による光熱費の削減
  • 廃棄物削減による処理コストの低減
  • 環境関連の税制優遇措置の活用

例えば、ユニリーバ・ジャパンは、2020年から2023年の3年間で環境対策による約10億円のコスト削減を達成したと報告しています。

これらのメリットを考慮すると、環境問題への取り組みは企業にとって避けて通れない重要な経営課題であることがわかります。次に、環境対策のための費用削減方法について見ていきましょう。

環境対策のための費用削減方法

環境対策は重要ですが、初期投資や運用コストが高額になる場合があります。ここでは、環境対策を進めながら費用を抑える方法をいくつか紹介します。

自家消費型太陽光発電の導入

自家消費型太陽光発電システムを導入することで、電力会社からの購入電力量を削減し、長期的な電気代の削減が可能です。

  • 初期投資の回収期間:一般的に7-10年程度
  • 補助金制度の活用可能性
  • 余剰電力の売電による収入

2024年からは、中小企業向けの自家消費型太陽光発電システム導入補助金が拡充され、より導入しやすい環境が整っています。

PPA(Power Purchase Agreement)の活用

PPAは初期投資なしで再生可能エネルギーを導入できる仕組みです。

  • 発電事業者が設備を所有・運営
  • 固定価格で長期間電力を購入
  • 初期投資なしで再エネ導入が可能

大手小売チェーンのイオンは、2023年からPPAモデルを活用した太陽光発電の導入を本格化させ、2030年までに全店舗の電力を100%再生可能エネルギーにする計画を発表しています。

効率的な生産・流通体制の構築

生産・流通プロセスの効率化は、環境負荷の低減とコスト削減の両立を可能にします。

  • サプライチェーンの最適化
  • IoT・AI技術の活用による効率化
  • モーダルシフト(輸送手段の転換)の推進

物流大手のヤマト運輸は、2024年から都市部での配送にAI配車システムを本格導入し、配送ルートの最適化によるCO2排出量とコストの同時削減を目指しています。

これらの方法を組み合わせることで、企業は環境対策のコストを抑えつつ、効果的な取り組みを実施することができます。次に、中小企業に特化した環境への取り組み方法を見ていきましょう。

中小企業の環境取り組み方法

中小企業でも、規模に応じた効果的な環境への取り組みが可能です。ここでは、中小企業が実践しやすい環境対策の方法をいくつか紹介します。

ペーパーレス化の推進

紙の使用量を削減することで、森林資源の保護とコスト削減を同時に実現できます。

  • 電子文書管理システムの導入
  • タブレット端末の活用
  • 社内文書の電子化

中小企業向けクラウド会計ソフト「freee」の調査によると、ペーパーレス化を実施した中小企業の約80%がコスト削減効果を実感しているそうです。

リサイクル資材の活用

リサイクル資材を積極的に活用することで、環境負荷の低減とコスト削減を図ることができます。

  • リサイクルペーパーの使用
  • リサイクルプラスチック製品の採用
  • 再生材を使用したオフィス家具の導入

環境省の「グリーン購入法」に基づく調達基準を参考にすることで、効果的なリサイクル資材の選定が可能です。

コンセントの電源管理

こまめな電源管理により、無駄な電力消費を削減できます。

  • スマートタップの導入
  • 退社時の電源オフルールの徹底
  • 省エネ設定の活用

経済産業省の調査によると、こまめな電源管理により、オフィスの電力消費量を最大20%削減できる可能性があります。

ノー残業デーの実施

残業時間の削減は、従業員の健康管理だけでなく、電力消費量の削減にもつながります。

  • 週1回のノー残業デーの設定
  • 時間外労働の事前申請制度の導入
  • 業務効率化による残業削減

厚生労働省の「働き方改革」の一環として、中小企業向けの助成金制度も用意されています。これらを活用することで、環境対策と働き方改革を同時に進めることができます。

中小企業がこれらの取り組みを実践することで、大企業に負けない環境対策を実現できます。次に、企業が将来的に行うべき環境対策について考えてみましょう。

企業が行うべき将来の環境対策

環境問題は日々変化しており、企業の環境対策も進化し続ける必要があります。ここでは、今後企業が取り組むべき環境対策のトレンドについて紹介します。

再生可能エネルギーのさらなる活用

再生可能エネルギーの技術革新と普及により、今後はより多くの企業が再生可能エネルギーを活用することが予想されます。

  • 次世代太陽電池の導入
  • 水素エネルギーの活用
  • 地熱発電の拡大

経済産業省の「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」では、2050年には電力需要の約50-60%を再生可能エネルギーで賄うことを目指しています。

カーボンニュートラルの実現

2050年までのカーボンニュートラル達成に向けて、企業はより積極的な取り組みを求められるでしょう。

  • CCUS(CO2回収・利用・貯留)技術の導入
  • カーボンオフセットの積極的活用
  • サプライチェーン全体でのCO2排出量削減

日本政府は2050年カーボンニュートラル宣言を行っており、企業にもその実現に向けた具体的な行動計画の策定が求められています。

地方自治体との連携

環境問題の解決には、企業と地方自治体の連携がますます重要になると考えられます。

  • 地域の再生可能エネルギー事業への参画
  • 地方自治体の環境政策への協力
  • 地域社会と一体となった環境保全活動

例えば、長野県は2024年から「ゼロカーボン産業団地」の造成を開始し、環境に配慮した企業の誘致を進めています。このような地方自治体の取り組みと連携することで、より効果的な環境対策が可能になります。

家庭と企業の連携

今後は、従業員の家庭での環境対策も企業の取り組みの一環として重要になるでしょう。

  • 在宅勤務時の電力消費削減支援
  • 従業員向け環境教育プログラムの提供
  • 家庭用太陽光発電システム導入の支援

パナソニックは2023年から従業員向けに家庭用太陽光発電システムの割引購入プログラムを開始し、企業と家庭が一体となった環境対策を推進しています。

これらの将来的な環境対策に先進的に取り組むことで、企業は環境先進企業としての地位を確立し、競争力を高めることができるでしょう。

まとめ

企業が環境に取り組む理由は多岐にわたり、その重要性は年々高まっています。消費者の環境意識の変化、法的規制の強化、そして持続可能なビジネスの必要性から、企業の環境への取り組みは避けて通れない課題となっています。

日本企業の先進的な事例からは、環境対策が単なるコストではなく、企業価値向上や新たなビジネス機会の創出につながる可能性を秘めていることがわかります。具体的な取り組み方法としては、エネルギー消費量の削減、廃棄物の削減と再利用、リサイクル可能な原材料の使用、自然エネルギーの導入、化学物質の管理と削減などが挙げられます。

環境問題に取り組むメリットとして、企業価値の向上、新しいビジネス機会の創出、メディア露出の増加、優秀な人材の確保、コスト削減との両立などがあります。これらのメリットを最大化するためには、戦略的かつ継続的な環境対策の実施が不可欠です。

中小企業においても、ペーパーレス化の推進やリサイクル資材の活用など、規模に応じた効果的な取り組みが可能です。また、将来的には再生可能エネルギーのさらなる活用やカーボンニュートラルの実現、地方自治体や家庭との連携など、より広範囲で統合的な環境対策が求められるでしょう。

企業の環境への取り組みは、社会的責任を果たすだけでなく、自社の持続的成長と競争力強化にもつながります。環境対策を経営戦略の中核に据え、積極的に取り組むことが、これからの企業に求められる姿勢といえるでしょう。

採用活動においても、企業の環境への取り組みは重要なアピールポイントとなります。環境意識の高い優秀な人材を惹きつけるためにも、自社の環境対策を明確に打ち出し、具体的な取り組みを示すことが大切です。

企業の環境への取り組みは、地球環境の保護と企業の成長を両立させる重要な鍵となります。今後も 進化 する環境問題に対して、柔軟かつ積極的に対応していくことが、企業の持続的な成功につながるのです。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする