優秀な社員が辞める兆候とは?エンジニアの離職を防ぐ施策やポイントを解説

Offers HR Magazine編集部 2023年12月6日

Offers HR Magazine編集部

目次

優秀な社員が会社を辞める前には、何らかの兆候があります。人事担当者や現場責任者は、普段とは異なる変化を敏感に察知し、早急に手を打たなければなりません。能力のあるエンジニアの退職は、組織全体に大きな影響を与えるでしょう。

========================

【Offers / ITエンジニア、Webデザイナーの副業・転職サービス】

📍DeNA、サイバーエージェント、メルカリなどの「上場企業・有名スタートアップのテックリードやCTO」
などのハイクラス会員数25,000人が登録し、アクティブに活用
📍600社以上のスタートアップ・ベンチャー上場企業が利用中
📍ミドルシニアのエンジニア、PMが集まるコミュニティも運営
📍最短2日で採用決定

無料でアプローチするプランに申し込む | 資料・料金のお問い合わせ

========================

優秀なエンジニアが辞めてしまう理由

(出典)https://www.pexels.com/

IT人材の不足が深刻化する中、ITエンジニアの退職は会社にとって大きな痛手です。能力のある人材は就職先に困らず、在職中も他社からオファーをもらっている可能性があります。

「正社員だから長く続けてくれるだろう」と高をくくっていると、人材の流出を食い止められなくなるかもしれません。優秀なエンジニアが会社を辞める理由を知り、早めに対策を講じましょう。

成長の機会を十分に得られない

優秀なエンジニアほど、キャリアについて深く考える傾向があります。自分の市場価値や会社の将来性を総合的に分析し、「ここで働くことが自分にとってプラスになるのかどうか」を判断します。今の環境で成長の機会を十分に得られなければ、理想のキャリアプランを実現するために転職を選択するでしょう。

多くのエンジニアは、最新技術やトレンドを主体的に学び、成長し続けたいと考えています。単調なタスクばかりのポジションや技術チャレンジができない職場は、キャリア形成にとってマイナスになります。

企業の将来性に不安を感じる

収入や福利厚生だけでなく、所属する会社の将来性を重視するエンジニアは少なくありません。会社に将来性があれば、自己成長につながるプロジェクトに多く関われる上、自分が望むポジションに就ける可能性が高くなります。

一方で、将来性が期待できない会社では、転職を検討する社員が増加します。以下のような要素を多く含む会社ほど、優秀なエンジニアが退職しやすくなるでしょう。

  • 競争力が低下し、業績が下がっている
  • 時代に合った事業を展開していない
  • 革新的な取り組みを行わない
  • 体質が古く、年功序列で給与やポジションが決まる
  • 業界における立ち位置が曖昧

給与をはじめとした待遇に不満がある

エンジニアは高度な知識やスキルを必要とする技術職です。優秀な人材ともなれば、年齢に関係なく給与が上がるのは当然であり、エンジニアもそれなりの期待を持って仕事をしています。

経営層や人事担当者がエンジニアの市場価値を理解しておらず、かつ給与水準が他社に比べて低い場合、自分のスキルを正当に評価してくれる会社への転職を検討するでしょう。

近年はワーク・ライフ・バランスを重視する人が増えています。深夜まで残業が続き、有給休暇も自由に取れないような職場はエンジニアに敬遠されます。

任せられる業務やタスクに偏りがある

ひと口にエンジニアといっても、保有スキルや経験年数、バックボーンは一人一人異なります。プロジェクトでは、一部のメンバーに作業が集中してしまい、不平・不満を招くことが珍しくありません。

優秀なエンジニアは作業効率が良いため、「仕事ができない人ほど暇になり、優秀な人ほど忙しくなる」という状態になるでしょう。仕事に見合った収入・待遇が確保され、成長の機会が得られるのであれば問題はありませんが、興味のない業務を一方的に割り振られるだけでは、モチベーションが低下します。

IT技術の進化が急速に進む現代、単調な業務やタスクの偏りはエンジニアの適応力を低下させ、成長の機会を奪います。一刻も早く対策を講じなければ、キャリア形成に不安を持つエンジニアが次々と会社を辞めていくかもしれません。

優秀な社員が辞める兆候は?

(出典)https://www.pexels.com/

「前触れもなく急に辞めてしまった」「あの人が辞めるなんて…」と驚きを隠せない人事担当者もいますが、会社を辞める社員には何らかの兆候があります。現場責任者と連携を取り、手遅れになる前に手を打たなければなりません。

不満や愚痴を平気で言うようになる

会社を辞める原因の一つは、不満の蓄積です。最初のうちは我慢をしたり、改善を試みたりしますが、問題が長期にわたって解決されないと、「ストレスがたまる」「モチベーションが低下する」「仕事の効率が下がる」といった悪循環に陥ります。

エンジニアに限りませんが、社員が不満や愚痴を平気で言うようになれば、既に限界が来ているサインと捉えてよいでしょう。退職の意志が固まると、愚痴が少なくなる人もいます。

業務態度や愚痴の多さは、現場責任者やチームメンバーでなければなかなか分からないものです。現場に積極的に関わろうとしない人事担当者は、エンジニアが辞める兆候を見逃しやすい点に留意しましょう。

欠勤や遅刻・早退が目立つようになる

能力のあるエンジニアは作業効率が高く、責任感も人一倍あります。周囲から頼りにされるため、高いモチベーションを保って働いているケースがほとんどです。

チームの手本となる社員に欠勤・遅刻・早退が目立つようになったときは、早めのケアが必要です。過度なストレスや疲労でモチベーションが大きく低下している恐れがあり、何らかの手を打たなければ、そのまま会社を辞めてしまいます。

会社への帰属意識がなくなっている人の場合、有給休暇を使って会社説明会や他社の面接に参加している可能性が高いでしょう。

積極的な発言や行動がなくなる

優秀なエンジニアは仕事に対して熱意があります。「エンジニアとして良いものを作りたい」「チームをもっと良くしたい」という思いがあるため、積極的に発言をし、自分から問題解決に取り組みます。

積極的な言動がなくなり、口数も減ってきた場合は、退職を考えている可能性が高いでしょう。周囲に迷惑を掛けないようにしながら、退職日まで静かにやり過ごすパターンです。

仕事に対する興味を失っている状態のため、人によっては意見を求めても無難な答えしか返ってこなかったり、会話に積極的に加わろうとしなかったりといった様子も見られます。メンバーとの心の距離が離れてしまえば、退職を止めるのは困難です。

辞める兆候のある社員を見極めるポイント

(出典)https://www.pexels.com/

エンジニアとの関わりが少ない人事担当者は、辞める兆候を見逃してしまいがちです。退職を切り出されて慌てないように、働きぶりを小まめに確認し、不平・不満の芽を早めに摘むようにしましょう。辞める兆候のある社員を見極めるポイントを解説します。

周囲とのコミュニケーションの状態を確認する

退職を考えている社員は、周囲と良好な関係性を築こうという気持ちが薄れるため、自然に口数が減っていきます。現場責任者やチームリーダーを通じ、定期的にコミュニケーションの状態をチェックしましょう。以下のような兆候が多い場合、会社から気持ちが離れていると推測できます。

  • あいさつをしなくなった
  • チームメンバーとの雑談に加わらなくなった
  • 上司への相談が少なくなった
  • 飲み会やランチを断るようになった
  • 会議での発言が減った

質問を通じて退職の可能性を探る

欠勤が続く人や愚痴が多い人は、既に転職活動をスタートしている可能性が高く、退職を切り出されるのは時間の問題といえます。兆候が表れてからでは遅いため、退職するかどうか悩んでいる「退職予備軍」をできるだけ早く見つけ出し、フォローをすることが重要です。

対象となるエンジニアに、仕事に対する考え方やモチベーション、満足度などを質問し、退職の可能性を探りましょう。ただし、「退職する可能性は?」とダイレクトに聞いても、本音は出てきません。退職予備軍を見抜く質問例を紹介します。

  • 今後のキャリアについてどのような予定がありますか?
  • 最近の業務についてどう思っていますか?
  • 組織やチームを良くするために必要なことは何だと思いますか?
  • 自分の長所や強みを生かせていると感じる瞬間はありますか?
  • 日々の業務で困っていることや苦手なことはありますか?

優秀な社員が辞めるのを防ぐ施策

(出典)https://www.pexels.com/

エンジニア不足が深刻化する現代、「退職者が出れば、また採用すればいい」という考え方は通用しなくなっています。採用活動も重要ですが、優秀層を流出させないことを第一に考えましょう。会社が取るべき施策の一例を紹介します。

エンジニアが退職に至る原因を究明する

退職者が相次ぐ会社では、退職の理由を「エンジニアの個人の事情」と決めつけ、根本的な原因を探ろうとしない傾向があります。実際のところ、給与や福利厚生、評価制度など、組織の運営体制そのものに問題があるケースは珍しくありません。

過去数年間の退職者データを洗い出し、エンジニアが退職に至る根本原因を究明しましょう。本当の退職理由を伝えずに辞める人も多いため、あらゆる角度から原因を探る必要があります。アンケート調査を実施し、リアルな声を集めるのも有効でしょう。

相談を受ける場や面談の場を設ける

エンジニアが退職する理由はさまざまですが、社内に本音で語り合える人や話を聞いてくれる人がいれば、退職は未然に防げたかもしれません。

風通しの良い組織は、社員のモチベーションが高く、定着率も高い傾向があります。相談を受ける場を設けたり、評価に関係のない1on1ミーティングを実施したりして、コミュニケーションの機会を増やしましょう。

上意下達の組織風土は、コミュニケーション不足に陥りやすく、優秀な若手社員が離れていきがちです。「自分の意見を言えない組織」にならないように、経営層や管理職には現場の声に耳を傾ける姿勢が求められます。

職場環境や待遇などを改善する

エンジニアの採用市場は売り手が優勢です。人材の流動性が低下していることもあり、優秀なエンジニアは高収入・高待遇で歓迎されます。今後もエンジニア不足は続くと予想されるため、どの会社も職場環境や待遇の整備に力を入れているのが実情です。

人材獲得競争が激化する中、給与や福利厚生が他社よりも大きく劣っていれば、人材の流出は避けられません。エンジニアが望む収入や働き方を徹底的にリサーチし、働きやすい会社を目指しましょう。以下は、取り組みの一例です。

  • リモートワークやフレックスタイム制など、働き方の自由を認める
  • エンジニアの評価制度を見直す
  • スキル向上のためのトレーニングや教育プログラムを導入する
  • 自由参加の部活動やレクリエーションの機会を設ける
  • 休憩室を設け、ドリンクやフードを用意する

優秀なエンジニアに長く働いてもらうために

(出典)https://www.pexels.com/

優秀なエンジニアが辞めると、プロジェクトの進行に影響が及ぶばかりか、DXが立ち遅れます。その場限りの対策ではなく、組織そのものを見直し、長く働いてもらうための仕組みや環境を整備する必要があります。

社員の本音を聞ける環境づくりが重要

エンジニアの中には、キャリア形成のためのスキルアップを考えている人が多く、給与や労働条件を変えただけでは大きな効果は見込めません。

会社に求めることは一人一人違うため、まずは本音をヒアリングするところから始めましょう。それぞれのニーズを環境づくりや仕組みづくりに適切に反映できれば、エンジニアの定着率は向上します。

ヒアリングをするに当たっては、人事と現場の連携が欠かせません。上司は部下の意見を受け止め、問題点の改善に取り組みましょう。人事主導で社内アンケートを実施し、エンゲージメントや満足度を調査するのも有効です。経営層を交えて調査結果について話し合い、組織を根本から見直していきます。

社員が辞める兆候を把握して早急な対策を

(出典)https://www.pexels.com/

社員が会社を辞めるときは、何らかの兆候があります。現場と関わる機会がない人事担当者は、「突然辞めた」という印象を持ちますが、実際は何らかのサインやSOSが発せられており、見逃している可能性が高いのです。

社会のデジタル化やDXで、エンジニアの需要はますます高まっています。優秀なエンジニアが退職すれば、納期が間に合わなくなるだけでなく、事業全体に大きな影響が及ぶでしょう。辞める兆候を把握し、早急に対策を講じる必要があります。


この記事をシェアする