2024年の人事・採用トレンド:最新ニュースと注目キーワードから見る人材戦略の未来

Offers HR Magazine編集部 2024年6月23日

Offers HR Magazine編集部

目次

人事・採用の世界は常に変化しています。2024年を迎え、企業の人材戦略はさらなる進化を遂げようとしています。

本記事では、最新のニュースやトレンドを分析し、これからの人事・採用担当者や経営者が知っておくべき重要なポイントを解説します。中途採用、新卒採用、そして人事労務に関する最新情報を網羅的に取り上げ、効果的な組織づくりのヒントを提供します。

1. 中途採用の最新トレンド

1.1 即戦力人材の獲得競争

2024年、即戦力となる中途人材の獲得競争はさらに激化しています。特に、デジタル人材やエンジニアの採用では、従来の採用方法だけでは優秀な人材を確保することが困難になっています。

正社員採用で上手くいかない!?ハイレイヤーエンジニアの採用方法によると、ハイレベルなエンジニアを採用するためには、従来の正社員採用だけでなく、副業やフリーランス形態での採用も視野に入れる必要があります。柔軟な雇用形態を提供することで、より幅広い人材プールにアクセスできる可能性が高まります。

1.2 リモートワークを前提とした採用

コロナ禍を経て、リモートワークは一時的な対応策から恒久的な働き方へと進化しました。これに伴い、中途採用においてもリモートワークを前提とした採用プロセスや評価基準の見直しが進んでいます。

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説では、リモートワーク環境下での採用戦略やスキル評価方法について詳しく解説されています。特にエンジニア採用では、オンラインでのコーディングテストやバーチャル面接の活用が一般的になっています。

1.3 中途採用における AI の活用

AI技術の進歩により、中途採用プロセスの効率化が進んでいます。例えば、AIを活用した履歴書スクリーニングや、チャットボットによる初期面談など、採用プロセスの各段階でAIの導入が進んでいます。

しかし、AIの活用には注意点もあります。中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法では、AIを活用しつつも、人間の判断を重視することの重要性が指摘されています。特に、企業文化との適合性や柔軟性などの定性的な評価においては、人間の洞察力が不可欠です。

1.4 ミドルシニア層の活用

少子高齢化が進む日本において、ミドルシニア層の活用は重要な課題となっています。50代の転職成功戦略:経験を活かし、新たなキャリアを切り開く方法では、50代の転職者が持つ豊富な経験と知識を活かす方法が詳しく解説されています。

企業側も、ミドルシニア層の採用に積極的になっています。彼らの経験を若手の育成に活かしたり、特定のプロジェクトのリーダーとして起用したりするなど、戦略的な人材活用が進んでいます。

2. 新卒採用の変革

2.1 オンキャンパスからオンライン採用へ

コロナ禍を機に加速したオンライン採用は、2024年も主流となっています。従来の会社説明会や面接のオンライン化だけでなく、バーチャルインターンシップやオンラインハッカソンなど、新しい形の採用イベントが増加しています。

新卒エンジニア採用のための完全ガイド:新卒エンジニア求人、面接、インターン、キャリアパスまで徹底解説では、特にエンジニア採用におけるオンライン施策の重要性が強調されています。オンラインコーディングテストやバーチャルプロジェクト体験など、技術力と適性を効果的に評価する方法が紹介されています。

2.2 通年採用の浸透

新卒一括採用の見直しが進み、通年採用を導入する企業が増加しています。これにより、学生側は就職活動の時期を柔軟に選択できるようになり、企業側も必要なタイミングで人材を確保できるようになりました。

通年採用の導入には、採用プロセスの効率化が不可欠です。採用体制を強化するならRPO活用がおすすめ!RPO事業者の比較・選び方・活用のポイントでは、RPO(採用代行)の活用によって、通年採用に対応できる柔軟な採用体制の構築方法が解説されています。

2.3 インターンシップの進化

インターンシップは単なる会社見学から、実践的な職業体験へと進化しています。特に、長期インターンシップや有給インターンシップの導入が進んでいます。これにより、学生は実際の業務を体験しながら自身のキャリアを考える機会を得られ、企業は優秀な人材の早期確保につなげることができます。

スタートアップ採用における成功のための戦略と実践ガイド:人材募集から採用プロセスまで完全解説では、特にスタートアップ企業におけるインターンシップの重要性が強調されています。限られたリソースの中で効果的なインターンシッププログラムを構築し、優秀な人材を惹きつける方法が詳しく解説されています。

3. 採用手法の革新

3.1 採用代行(RPO)の活用

採用代行、いわゆるRPO(Recruitment Process Outsourcing)の活用が増加しています。

採用代行は、採用プロセスの最適化に効果的です。採用代行は採用のプロが採用を外部から支援するため、多くの企業の採用のナレッジをインストールしてくれます。

RPOを活用することで、企業は自社の採用プロセスを最適化し、効率的な人材獲得が可能になります。特に、採用数の変動が大きい企業や、専門的なスキルを持つ人材を多数採用する必要がある企業にとって、RPOは効果的な選択肢となっています。

3.2 採用マーケティングの重要性

優秀な人材を惹きつけるためには、採用活動そのものをマーケティングの一環として捉える必要があります。採用を加速する技術・採用広報の目的・進め方・メリットでは、効果的な採用広報の方法や、採用ブランディングの重要性について詳しく解説されています。

採用マーケティングでは、自社の魅力を効果的に発信することが重要です。社員インタビューやカルチャームービー、SNSを活用した情報発信など、多様なチャネルを利用して自社の魅力を伝えることが求められています。

3.3 リファラル採用の強化

従業員による紹介採用、いわゆるリファラル採用の重要性が高まっています。スカウト返信率が4倍!カルチャーマッチも促進するリファラル採用では、リファラル採用のメリットや効果的な実施方法が紹介されています。

リファラル採用は、既存社員のネットワークを活用することで、企業文化に適合した人材を効率的に採用できる手法です。また、紹介した社員と被紹介者の間に既に信頼関係があるため、入社後の定着率も高くなる傾向があります。

3.4 AI・機械学習の活用

採用プロセスにおけるAIや機械学習の活用が進んでいます。例えば、履歴書のスクリーニング、候補者とのマッチング、面接のスケジューリングなど、様々な場面でAIが活用されています。

エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドでは、AIを活用したスキル評価の方法について詳しく解説されています。特にエンジニア採用では、AIを活用した技術力評価が一般的になりつつあります。

4. 人事労務の最新動向

4.1 働き方改革の深化

働き方改革は引き続き重要なテーマとなっています。特に、リモートワークの定着に伴い、新たな課題も浮上しています。例えば、リモートワーク下でのコミュニケーション強化や、適切な労務管理の在り方などが議論されています。

スタートアップの労働条件:36協定、労働時間、チェックリスト、法令遵守の総合ガイドでは、特にスタートアップ企業における労働条件の整備について詳しく解説されています。柔軟な働き方を提供しつつ、法令遵守を徹底することの重要性が強調されています。

4.2 ダイバーシティ&インクルージョンの推進

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の推進は、2024年も重要な人事テーマとなっています。性別や年齢、国籍、障害の有無などに関わらず、多様な人材が活躍できる職場づくりが求められています。

ホワイト企業の中途採用情報:札幌、東京、大阪、福岡、名古屋の主要都市とIT業界の求人、年収、福利厚生などを徹底解説では、D&Iを重視する「ホワイト企業」の特徴や、そうした企業における中途採用の傾向が紹介されています。D&Iの推進が、企業の競争力強化や人材獲得にも直結することが示されています。

4.3 人材育成・スキル開発の強化

急速な技術革新や市場環境の変化に対応するため、継続的な人材育成やスキル開発の重要性が高まっています。IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチでは、IT人材の育成方法について詳しく解説されています。

特に注目されているのは、リスキリング(既存スキルの再開発)とアップスキリング(既存スキルの高度化)です。社内外の研修プログラム、オンライン学習プラットフォーム、メンタリング制度など、多様な手法を組み合わせた人材育成が行われています。

4.4 メンタルヘルスケアの重要性

リモートワークの浸透や社会の不確実性の高まりにより、従業員のメンタルヘルスケアの重要性が増しています。特に、孤独感や不安感の解消、ワークライフバランスの維持などが課題となっています。

企業は、オンラインカウンセリングの提供、定期的なチェックイン面談の実施、ストレスマネジメント研修の開催など、様々な施策を導入しています。中途採用社員の新人扱いはいつまで続くのか?研修期間や評価、フォロー体制について詳しく解説では、

中途入社社員に対するフォロー体制の重要性が強調されています。適切なサポート体制を整えることで、新しい環境への適応をスムーズにし、メンタルヘルスの維持にも寄与すると指摘されています。

5. 今後の展望と課題

5.1 テクノロジーと人間の共存

AIやロボティクスの進化により、人事・採用

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする