SESの闇とは?エンジニア派遣の実態と回避方法

Offers HR Magazine編集部 2024年6月30日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。SES(システムエンジニアリングサービス)は、IT業界で広く利用されている派遣形態ですが、その実態には様々な課題が潜んでいます。本記事では、SESの闇と呼ばれる問題点を詳しく解説し、その回避方法について考察します。

SESは多くのエンジニアにとってキャリアの入り口となっていますが、一方で低賃金や劣悪な労働環境など、いわゆる「闇」と呼ばれる問題も指摘されています。

この記事では、SESの基本的な仕組みから、その闇の実態、そしてエンジニアがどのようにしてこの闇を回避し、キャリアを築いていけるかについて、詳しく解説していきます。

SESとは何か

SES(System Engineering Service)は、IT業界で広く利用されているエンジニア派遣の形態です。その特徴や仕組みについて、詳しく見ていきましょう。

SESの基本概要

SESは、エンジニアを顧客企業に派遣し、システム開発やIT関連業務を提供するサービスです。SES企業は、エンジニアを雇用し、顧客企業のプロジェクトに参加させます。この形態の特徴は以下の通りです:

  1. 契約形態:SES企業と顧客企業の間で業務委託契約を結びます。
  2. 指揮命令:エンジニアは顧客企業の指揮命令下で働きます。
  3. 期間:プロジェクトベースで契約するため、比較的短期間の案件が多いです。
  4. 単価制:多くの場合、エンジニアの稼働時間に応じて料金が発生します。

SESとは?エンジニア派遣のメリット・デメリットと見分け方によると、SESは未経験者がIT業界に参入する際の入口として機能することも多いようです。

SESと他の契約形態との違い

SESは他の契約形態とは異なる特徴を持っています。主な違いは以下の通りです:

  1. 派遣との違い:
    • 派遣:労働者派遣法に基づく契約で、派遣元が雇用主となります。
    • SES:業務委託契約で、エンジニアはSES企業の社員として働きます。
  2. 請負との違い:
    • 請負:成果物の納品が目的で、仕事の進め方は請負会社に任されます。
    • SES:顧客企業の指揮命令下で働くため、より柔軟な対応が可能です。
  3. フリーランスとの違い:
    • フリーランス:個人事業主として直接顧客と契約します。
    • SES:SES企業を介して顧客企業と契約します。

SIerとSESの違いとは?エンジニア派遣会社の選び方も参考になるでしょう。SIer(システムインテグレーター)は、システムの設計から開発、運用までを一貫して行うのに対し、SESはより柔軟な人材提供を行います。

SESの役割と業務内容

SESエンジニアの役割と業務内容は多岐にわたります。主な業務には以下のようなものがあります:

  1. システム開発:要件定義、設計、コーディング、テストなど
  2. インフラ構築:サーバー、ネットワーク、クラウド環境の構築など
  3. 運用・保守:既存システムの運用、障害対応、改修など
  4. プロジェクト管理:進捗管理、リスク管理、チームマネジメントなど
  5. 技術支援:顧客企業の社内エンジニアへの技術サポートなど

SESエンジニアは、これらの業務を顧客企業のニーズに応じて柔軟に対応することが求められます。

SESの闇とは何か

SESには多くの利点がある一方で、「闇」と呼ばれる問題点も存在します。ここでは、SESの闇の実態について詳しく見ていきましょう。

収入が低くなる理由

SESエンジニアの収入が低くなる理由には、いくつかの要因があります:

  1. 多重下請け構造:元請け→一次下請け→二次下請け→...と、複数の会社を経由することで、エンジニアに支払われる金額が減少します。
  2. 単価の固定化:長期間同じ案件に携わると、スキルが向上しても単価が上がりにくい傾向があります。
  3. 待機時間の無給:案件と案件の間の待機期間が無給となることがあります。
  4. スキルアップの機会の少なさ:新しい技術に触れる機会が限られ、市場価値が上がりにくいことがあります。

エンジニア年収はなぜ高い?採用成功の秘訣を解説によると、エンジニアの年収は高い傾向にありますが、SESの場合はこの恩恵を受けにくい構造になっています。

労働条件の曖昧さ

SESの労働条件には曖昧な部分が多く存在します:

  1. 業務内容の不明確さ:契約時に具体的な業務内容が明示されないことがあります。
  2. 労働時間の管理:顧客先での労働時間管理が適切に行われないケースがあります。
  3. 有給休暇の取得困難:顧客先のプロジェクトの都合で、有給休暇が取りにくい状況があります。
  4. 福利厚生の不足:SES企業によっては、福利厚生が充実していないことがあります。

これらの問題は、スタートアップの労働条件:36協定、労働時間、チェックリスト、法令遵守の総合ガイドで指摘されているような労働条件の重要性を考慮すると、非常に深刻です。

環境の変化によるストレス

SESエンジニアは、以下のような環境の変化によるストレスにさらされやすい傾向があります:

  1. 頻繁な職場変更:プロジェクトごとに異なる職場環境に適応する必要があります。
  2. コミュニケーションの難しさ:顧客企業の社員との関係構築が難しい場合があります。
  3. 帰属意識の欠如:SES企業にも顧客企業にも所属感を持ちにくい状況があります。
  4. 技術的なギャップ:新しい技術や環境に迅速に適応することが求められます。

エンジニア・PMのリモートワークや働き方に関する声でも、働き方の変化によるストレスについて言及されています。

スキルアップの難しさ

SESエンジニアにとって、スキルアップは大きな課題となっています:

  1. 技術の固定化:同じ技術スタックでの長期プロジェクトに従事することで、新技術の習得機会が減少します。
  2. 研修機会の不足:SES企業によっては、体系的な研修プログラムが用意されていないことがあります。
  3. 自己投資の時間不足:長時間労働や頻繁な環境変化により、自己学習の時間を確保しにくい状況があります。
  4. キャリアパスの不明確さ:長期的なキャリア展望が描きにくい環境があります。

エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドでは、エンジニアのスキルアップの重要性が指摘されていますが、SES環境ではこれが困難な場合が多いです。

案件選定の問題点

SESエンジニアが直面する案件選定の問題点には、以下のようなものがあります:

  1. 選択肢の少なさ:エンジニアが希望する案件を選べないことが多いです。
  2. スキルとのミスマッチ:エンジニアのスキルと案件の要求スキルが合致しないケースがあります。
  3. 短期的な視点:長期的なキャリア形成よりも、目の前の案件への配置が優先されがちです。
  4. 情報の非対称性:案件の詳細情報がエンジニアに十分に提供されないことがあります。

エンジニア案件探しの最適な方法:フリーランス、リモート、ソフトウェアエンジニアの採用情報を徹底解説では、エンジニアが自身に適した案件を見つけることの重要性が強調されていますが、SESではこれが難しい状況にあります。

待機期間のリスク

SESエンジニアにとって、待機期間は大きなリスクとなっています:

  1. 収入の不安定さ:案件と案件の間の待機期間中、収入が大幅に減少または無くなることがあります。
  2. スキルの陳腐化:長期の待機期間中にスキルが陳腐化するリスクがあります。
  3. モチベーションの低下:待機期間が長期化することで、モチベーションが低下する可能性があります。
  4. 次の案件への不安:次の案件が見つからない可能性への不安が常につきまといます。

これらの問題は、エンジニアのキャリア形成と生活の安定性に大きな影響を与える可能性があります。

SESのブラック企業の特徴

SES業界には、残念ながらブラック企業と呼ばれる企業も存在します。ここでは、そのような企業の特徴について詳しく見ていきましょう。

経歴詐称の強要

一部のSES企業では、エンジニアに経歴詐称を強要するケースがあります:

  1. スキル偽装:実際のスキルよりも高度なスキルを持っていると偽装させる。
  2. 経験年数の水増し:実際の経験年数よりも長く偽装させる。
  3. プロジェクト経験の捏造:実際には参加していないプロジェクトの経験を記載させる。

これらの行為は、エンジニア本人にとっても、顧客企業にとっても大きなリスクとなります。エンジニアは期待に応えられずストレスを抱え、顧客企業は期待通りの成果が得られないという事態に陥る可能性があります。

待機期間の長さと給料カット

ブラックなSES企業では、待機期間の扱いが非常に悪いケースがあります:

  1. 長期待機:案件がない期間が長期化し、その間の給与が大幅にカットされる。
  2. 強制休暇:待機期間中に有給休暇の消化を強制される。
  3. 自宅待機:待機中はオフィスに来ることを禁じられ、自宅待機を強いられる。

中途採用の給料設計: 新卒との比較、基本給の決定方法、給与交渉のポイントでは、適切な給与設計の重要性が指摘されていますが、このような企業ではそれが全く考慮されていません。

未経験者への適切な研修の欠如

多くのSES企業が未経験者を採用していますが、中にはブラックな企業も存在します:

  1. 研修不足:十分な研修期間を設けず、すぐに現場に投入する。
  2. OJTの名を借りた放置:現場でのOJT(On-the-Job Training)と称して、実質的に放置する。
  3. スキルアップ支援の欠如:自己学習やスキルアップのための支援が全くない。

4. 不適切な案件へのアサイン:スキルレベルに全く合わない案件に配置する。

IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチでは、IT人材育成の重要性が強調されていますが、このような企業ではそれが全く考慮されていません。

SESの魅力とメリット

SESには闇の部分がある一方で、魅力やメリットも存在します。ここでは、SESの持つ前向きな側面について詳しく見ていきましょう。

未経験者でも挑戦しやすい

SESは、IT業界未経験者にとって参入障壁が比較的低い分野です:

  1. 基本的なスキルがあれば採用される可能性が高い。
  2. 多くのSES企業が未経験者向けの研修プログラムを用意している。
  3. 実務経験を積みながらスキルアップできる環境がある。

中途採用で未経験者が成功するための具体的なポイントと事例、未経験者受け入れ時の注意点でも、未経験者の中途採用についての知見が共有されています。

多様なスキルの習得が可能

SESエンジニアは、様々な案件に携わることで多様なスキルを習得できる可能性があります:

  1. 異なる業界の案件を経験することで、幅広い業務知識を得られる。
  2. 様々な開発言語やフレームワークに触れる機会がある。
  3. プロジェクトの規模や役割によって、異なる視点でのスキルを習得できる。

エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドで示されているような多様なスキルの習得が、SESを通じて可能になる場合があります。

大規模プロジェクトへの参画のチャンス

SESを通じて、個人では参加が難しい大規模プロジェクトに携わるチャンスがあります:

  1. 大手企業のシステム開発プロジェクトに参加できる。
  2. 最新技術を用いた大規模システムの構築経験を得られる。
  3. 複雑なプロジェクト管理手法を学ぶことができる。

これらの経験は、エンジニアとしてのキャリアを大きく成長させる可能性を秘めています。

人脈構築の機会

SESエンジニアは、様々な現場で働くことで広範な人脈を構築できる可能性があります:

  1. 異なる企業の技術者と協働することで、多様な人脈を形成できる。
  2. 業界内での人脈が広がることで、将来のキャリアチャンスが増える。
  3. 様々な現場でのコミュニケーション能力が磨かれる。

面接や採用フローの中で「応募者として」嬉しかったことでは、人脈構築の重要性が示唆されていますが、SESはそのような機会を提供する可能性があります。

労働時間の管理と残業の少なさ

適切に運営されているSES企業では、労働時間の管理が厳格に行われ、残業が少ない傾向にあります:

  1. 契約上の労働時間が明確に定められている。
  2. 顧客企業との契約で、残業を極力避ける取り決めがなされていることが多い。
  3. ワークライフバランスを重視する傾向がある。

エンジニア・PMのリモートワークや働き方に関する声でも、働き方の重要性が指摘されていますが、適切なSES企業ではこれらが考慮されています。

ホワイトSES企業の見極め方

SESの闇を避け、キャリアを築いていくためには、ホワイトなSES企業を見極めることが重要です。ここでは、その方法について詳しく解説します。

企業の評判と口コミの確認

ホワイトなSES企業を見極める第一歩は、その企業の評判と口コミを確認することです:

  1. 転職口コミサイトでの評価を確認する。
  2. SNSでの従業員の声を探る。
  3. 業界内での評判を調べる。

ただし、口コミ情報は偏りがある可能性もあるため、複数の情報源を確認することが重要です。

具体的な条件と労働環境のチェック

採用面接や企業説明会では、具体的な労働条件や環境について詳しく確認することが重要です:

  1. 給与体系(基本給、賞与、各種手当)
  2. 労働時間と残業の実態
  3. 有給休暇の取得状況
  4. 福利厚生の内容
  5. キャリアアップ支援制度の有無

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法でも、採用プロセスでの情報収集の重要性が指摘されています。

単価評価制度と還元率の透明性

ホワイトなSES企業では、単価評価制度と還元率が透明化されています:

  1. エンジニアの技術力に応じた単価設定がされている。
  2. スキルアップに応じて単価が上がる仕組みがある。
  3. 顧客への請求金額とエンジニアへの還元率が明確である。

SES料金はどのくらい?月額金額シミュレーションなど利用まとめでは、SES料金の構造について詳しく解説されていますが、ホワイトな企業ではこれらが透明化されています。

案件選択制度の有無

エンジニアが自身のキャリアプランに合わせて案件を選択できる制度があるかどうかは、重要なポイントです:

  1. 複数の案件から選択できる機会がある。
  2. 案件の詳細情報が事前に提供される。
  3. エンジニアの希望や適性が考慮される。

このような制度は、エンジニアのモチベーション維持とスキルアップに大きく寄与します。

適切な研修とサポート体制

ホワイトなSES企業では、エンジニアの成長を支援する体制が整っています:

  1. 体系的な研修プログラムが用意されている。
  2. 技術的なサポート体制が整っている。
  3. 資格取得支援制度がある。
  4. メンター制度などの人的サポートがある。

新卒エンジニア採用のための完全ガイド:新卒エンジニア求人、面接、インターン、キャリアパスまで徹底解説でも、エンジニア育成の重要性が強調されていますが、ホワイトなSES企業ではこれらが実践されています。

SES業界で成功するためのポイント

SESの闇を避けつつ、この業界でキャリアを築いていくためには、いくつかの重要なポイントがあります。ここでは、SES業界で成功するための具体的な方策について解説します。

自己スキルの棚卸し

まず重要なのは、自分自身のスキルを正確に把握することです:

  1. 技術スキルの棚卸し:プログラミング言語、フレームワーク、ツールなど
  2. ソフトスキルの評価:コミュニケーション能力、問題解決力、チームワークなど
  3. 業務経験の整理:過去のプロジェクト、役割、成果など

エンジニアの職務経歴書では、何が評価され、どの部分をしっかりとアピールすることが求められるのか?では、自己スキルの適切なアピール方法について言及されています。

キャリアプランの明確化

長期的なキャリアプランを立てることは、SES業界で成功する上で非常に重要です:

  1. 5年後、10年後のキャリアゴールを設定する
  2. 目標達成に必要なスキルや経験を特定する
  3. 各段階でのマイルストーンを設定する
  4. 定期的にプランを見直し、必要に応じて修正する

30歳エンジニアキャリアについてでは、エンジニアのキャリアプランニングの重要性が指摘されています。

資格取得の重要性

IT業界では、技術力を客観的に証明する手段として資格が重要な役割を果たします:

  1. 業界標準の資格を取得する(例:AWS認定、CISSP、PMP)
  2. 資格取得のロードマップを作成する
  3. 資格試験の学習を通じて、体系的な知識を習得する
  4. 資格取得後も継続的に更新し、最新の知識を維持する

資格取得は、キャリアアップや年収アップの大きな助けとなります。

自己学習とスキルアップの継続

技術の進化が速いIT業界では、継続的な自己学習が不可欠です:

  1. 最新技術のトレンドをキャッチアップする
  2. オンライン学習プラットフォームを活用する(例:Udemy、Coursera)
  3. 技術書籍や技術ブログを定期的に読む
  4. ハンズオンで新しい技術を学ぶ

エンジニアとビジネスの関係性について考え方・理由を聞かせてくださいでは、技術だけでなくビジネス視点も重要であることが指摘されています。

SES企業に対する正しい知識と対応策

SESの闇を回避し、キャリアを築いていくためには、SES企業に対する正しい知識と適切な対応策が必要です。ここでは、エンジニアがSES企業と向き合う際の重要なポイントについて解説します。

労働契約の理解と確認

SES企業との契約時には、労働条件を十分に理解し、確認することが重要です:

  1. 契約形態(正社員、契約社員、派遣社員など)の確認
  2. 給与体系(基本給、手当、賞与など)の詳細チェック
  3. 労働時間、休日、休暇制度の確認
  4. 福利厚生の内容の把握
  5. 契約期間と更新条件の確認

中途採用の入社日に関する完全ガイド:挨拶から入社日変更までの全てのポイントでは、入社時の重要ポイントが解説されていますが、これらの確認も同様に重要です。

待機期間中の対応

待機期間は、SESエンジニアにとって大きな課題となる可能性があります。以下のような対応を心がけましょう:

  1. 待機期間中の給与条件を事前に確認する
  2. スキルアップの機会として活用する(自己学習、資格取得など)
  3. 社内業務や研修への参加を積極的に申し出る
  4. 次の案件に向けた準備を行う(スキルの棚卸し、希望案件の検討など)

ジョブホッパーというだけで転職が不利になる可能性は実際ありますか?という観点からも、待機期間中の自己投資は重要です。将来のキャリアにおいて、この期間をどのように活用したかが問われる可能性があります。

適切な相談先の確保

SES業界で働く上で、問題が発生した際に相談できる先を確保しておくことは非常に重要です:

  1. 社内の上司や人事部門との良好な関係構築
  2. 同僚や先輩エンジニアとのネットワーク形成
  3. 外部の労働相談窓口の把握(労働基準監督署、弁護士など)
  4. オンラインコミュニティへの参加(技術者コミュニティ、キャリア相談フォーラムなど)

自分が得意としない領域へのフィードバックはどうしていますか?でも指摘されているように、適切なフィードバックを得られる環境を構築することが重要です。

転職エージェントの活用

SESの闇から抜け出す一つの方法として、転職エージェントの活用が挙げられます:

  1. 複数の転職エージェントを比較し、自分に合ったエージェントを選ぶ
  2. 現在の状況と将来のキャリアプランを詳細に伝える
  3. SES以外の選択肢(自社開発企業、フリーランスなど)についても相談する
  4. 提案された求人情報を慎重に検討し、必要に応じて追加情報を求める

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説では、企業側の視点からエンジニア採用のプロセスが解説されていますが、これを理解することで、自身のキャリア戦略を立てる上でも参考になるでしょう。

まとめ

SESの闇は確かに存在しますが、適切な知識と戦略を持って対応することで、エンジニアとしてのキャリアを築くことは十分に可能です。自己のスキルを正確に把握し、継続的な学習を行いながら、長期的なキャリアプランを立てることが重要です。また、ホワイトなSES企業を見極める目を養い、必要に応じて転職や独立も視野に入れることで、より良いキャリアパスを築くことができるでしょう。

SESは、特に未経験者にとってIT業界への入り口となる可能性を秘めていますが、その一方で様々な課題も存在します。これらの課題を理解し、適切に対処することで、SESを通じて貴重な経験を積み、キャリアアップの足がかりとすることができます。

最後に、IT業界は常に変化し続けています。経済産業省の調査によると、2030年には最大約79万人のIT人材が不足すると予測されています。この状況下で、自身の市場価値を高め続けることが、エンジニアとしての長期的な成功につながるのです。

SESの闇を理解し、それを回避しながら、自身のキャリアを主体的に築いていくことが、今後のIT業界で生き残るための重要な戦略となるでしょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする