キャリア採用と中途採用の違いとは?企業視点で見るメリットや理由、求めるスキルと総合職の比較

Offers HR Magazine編集部 2024年6月19日

Offers HR Magazine編集部

目次

企業が人材を採用する際、キャリア採用と中途採用という2つの方法があります。採用担当者や経営者は、それぞれの採用方法の違いを理解し、自社のニーズに合った採用戦略を立てることが重要です。本記事では、キャリア採用と中途採用の基本的な定義、両者の違い、企業視点で見たメリットや理由、求めるスキルの違い、総合職における特徴などを詳しく解説します。

キャリア採用と中途採用の基本的な定義

キャリア採用の定義

キャリア採用とは、一定の職務経験や専門性を持つ人材を対象とした採用方法です。主に、他社で数年以上の実務経験を積んだ人材を採用することを指します。キャリア採用では、即戦力となる人材の獲得を目的としている企業が多くあります。

中途採用の定義

中途採用とは、新卒採用とは異なり、既に社会人経験を持つ人材を対象とした採用方法です。転職者や第二新卒などを含み、幅広い経験やスキルを持つ人材を採用することができます。中途採用は、欠員補充や事業拡大などの目的で行われることが一般的です。

キャリア採用と中途採用の違い

キャリア採用と中途採用の目的の違い

キャリア採用と中途採用では、企業の採用目的に違いがあります。キャリア採用は、特定の職種や分野で高度な専門性を持つ人材の獲得を目的としているケースが多いです。一方、中途採用は、即戦力の確保や欠員補充、事業拡大に伴う人材の拡充などを目的としている場合が多くあります。

キャリア採用と中途採用のプロセスの違い

キャリア採用と中途採用では、採用プロセスにも違いがあります。

キャリア採用:応募者の専門性や実績を重視するため、職務経歴書や業績書類の審査に重点が置かれます。また、面接では専門的な知識やスキルを深く掘り下げる質問が行われることが多いです。

中途採用:応募者の経験やスキルに加えて、人柄や適応力なども重視されます。面接では、これまでの職務経験や実績だけでなく、転職理由や志望動機、自社への適合性なども確認されます。

キャリア採用

中途採用

応募者の専門性や実績を重視

応募者の経験やスキルに加えて、人柄や適応力なども重視

職務経歴書や業績書類の審査に重点

職務経験や実績だけでなく、転職理由や志望動機、自社への適合性なども確認

面接では専門的な知識やスキルを深く掘り下げる質問が多い

面接では、経験やスキルに加え、人柄や適応力、転職理由や志望動機なども確認

企業視点で見るキャリア採用と中途採用のメリットと理由

キャリア採用のメリットと理由

キャリア採用のメリットは、高度な専門性を持つ即戦力の獲得です。特定の職種や分野で経験を積んだ人材を採用することで、短期間で業務に貢献してもらうことができます。また、専門的な知識やスキルを社内に取り入れることで、組織全体の能力向上やイノベーションの促進にもつながります。

キャリア採用を行う理由としては、以下のようなものがあります。

1. 特定の職種や分野で高度な専門性が必要な場合

2. 新規事業や新しい分野への進出を図る場合

3. 社内に不足しているスキルや知識を補う必要がある場合

4. プロジェクトの推進や課題解決に専門人材が必要な場合

中途採用のメリットと理由

中途採用のメリットは、即戦力の確保と多様な経験やスキルの獲得です。社会人経験を持つ人材を採用することで、新卒採用と比べて早期に業務に貢献してもらうことができます。また、他社での経験や知識を持つ人材を採用することで、組織に新しい視点や発想を取り入れることができます。

中途採用を行う理由としては、以下のようなものがあります。

1. 欠員補充や事業拡大に伴う人材の確保が必要な場合

2. 新卒採用だけでは人材の多様性が確保できない場合

3. 組織の課題解決や変革に外部の視点が必要な場合

4. 社内の年齢構成のバランスを取る必要がある場合

キャリア採用と中途採用の求めるスキルの違い

キャリア採用で求めるスキル

キャリア採用では、専門的な知識やスキルを持つ人材が求められます。職種や業界によって求められるスキルは異なりますが、一般的には以下のようなスキルが重視されます。

1. 職種に関連する専門知識やスキル

2. 業界での実務経験や実績

3. 高いレベルでの問題解決能力や分析力

4. リーダーシップや組織マネジメントの経験

5. 高いコミュニケーション能力とチームワーク

中途採用で求めるスキル

中途採用では、即戦力となる実務スキルに加えて、適応力や協調性なども重視されます。求められるスキルは職種や企業によって異なりますが、一般的には以下のようなスキルが求められます。

1. 職種に関連する実務スキルや経験

2. 新しい環境への適応力と学習意欲

3. チームワークとコミュニケーション能力

4. 主体性とリーダーシップ

5. 課題発見と解決に向けた行動力

キャリア採用と中途採用の総合職の比較

総合職におけるキャリア採用の特徴

総合職におけるキャリア採用は、特定の職種や部門に限定されない幅広い人材の獲得を目的としています。キャリア採用で総合職を採用する場合、以下のような特徴があります。

1. 様々な職種や業界での経験を持つ人材を採用

2. 将来の幹部候補となる高いポテンシャルを持つ人材を採用

3. 組織の変革や新規事業の立ち上げをリードする人材を採用

4. 専門性だけでなく、マネジメント能力も重視して採用

総合職における中途採用の特徴

総合職における中途採用は、即戦力の獲得と組織の活性化を目的としています。中途採用で総合職を採用する場合、以下のような特徴があります。

1. 幅広い業務経験や高い適応力を持つ人材を採用

2. 新しい視点や発想を組織に取り入れるための人材を採用

3. リーダーシップや組織マネジメントの経験を持つ人材を採用

4. 社内の年齢構成のバランスを取るために、様々な年齢層の人材を採用

まとめ

キャリア採用と中途採用は、企業の人材獲得において重要な役割を果たしています。採用担当者や経営者は、それぞれの採用方法の特徴や違いを理解し、自社のニーズに合った採用戦略を立てる必要があります。

キャリア採用は、高度な専門性を持つ即戦力の獲得に適しており、特定の職種や分野での経験を重視します。一方、中途採用は、即戦力の確保と多様な経験やスキルの獲得を目的としており、適応力や協調性なども重視されます。

総合職においては、キャリア採用は幅広い人材の獲得や将来の幹部候補の採用に適しており、中途採用は即戦力の獲得と組織の活性化に役立ちます。

企業は、自社の事業戦略や組織の課題に合わせて、キャリア採用と中途採用を効果的に組み合わせることが重要です。それぞれの採用方法の特徴を活かしながら、優秀な人材の獲得と組織の成長につなげていくことが求められます。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする