採用代行の業務委託することとは?メリット・デメリット・成功事例

Offers HR Magazine編集部 2024年6月12日

Offers HR Magazine編集部

目次

採用代行を業務委託することは、企業の採用プロセスを効率化し、コスト削減を実現する強力な手段です。本記事では、採用代行の業務委託に関するメリット・デメリット、具体的な成功事例について詳しく解説します。採用担当者の方は、是非参考にしてください。

採用代行 業務委託の基本

採用代行の定義

採用代行とは、企業の採用活動を外部の専門業者に委託するサービスのことを言います。採用代行業者は、企業の採用ニーズに合わせて、求人広告の作成から応募者の選考、面接の設定まで、採用プロセス全体をサポートします。

業務委託の契約形態

採用代行の業務委託には、様々な契約形態があります。主な契約形態は以下の通りです。

1. 成功報酬型:採用が成功した場合にのみ、報酬が発生する形態です。

2. 固定料金型:採用の成否に関わらず、一定の料金を支払う形態です。

3. リテイナー型:月々の固定料金に加えて、採用成功時に成功報酬が発生する形態です。

企業のニーズや予算に合わせて、最適な契約形態を選ぶことが重要です。

具体的な業務内容

採用代行の業務委託では、以下のような具体的な業務が含まれます。

1. 求人広告の作成:企業の採用ニーズに合わせて、魅力的な求人広告を作成します。

2. 応募者のスクリーニング:応募者の書類選考を行い、適切な候補者を選定します。

3. 面接の調整:候補者との面接日程の調整や、面接の設定を行います。

4. 採用手続きの支援:内定者との雇用契約の締結や、入社手続きのサポートを行います。

採用代行の基本説明についてはこちら。

https://hr-media.offers.jp/articles/a_00053/

採用代行 業務委託のメリット

効率化の具体例

採用代行を業務委託することで、採用プロセスを大幅に効率化できます。例えば、A社は採用代行を導入することで、応募者の書類選考にかかる時間を70%削減し、採用担当者の工数を大幅に減らすことができました。

コスト削減の実例

採用代行を利用することで、採用にかかるコストを削減できます。B社は、採用代行を導入することで、求人広告費を30%削減し、採用コストを大幅に抑えることができました。

専門知識の活用

採用代行業者は、採用に関する専門知識を持っています。その知見を活用することで、効果的な求人広告の作成や、適切な候補者の選定が可能になります。

リスク管理の向上

採用活動では、応募者とのトラブルや、採用後の早期離職などのリスクがあります。採用代行業者は、そうしたリスクに適切に対処するノウハウを持っているため、リスク管理の面でもメリットがあります。

採用代行のメリットについてはこちら。

https://hr-media.offers.jp/articles/rpo-comparison/

採用代行 業務委託のデメリット

コミュニケーションの課題

採用代行業者は外部の会社または業務委託のHR担当者であるため、社内の採用担当者とのコミュニケーションに時間がかかることがあります。業務委託を行う際は、密なコミュニケーションを心がける必要があります。

費用対効果の見極め

採用代行の費用対効果を正確に見極めることは、なかなか難しい面があります。業務委託を行う前に、費用対効果の試算を行い、期待する成果が得られるかどうかを慎重に検討する必要があります。

柔軟性の限界

採用代行は業務委託であるため、社内の採用担当者のようにフレキシブルに対応することが難しい場合があります。業務内容や契約形態によっては、柔軟性に限界があることを理解しておく必要があります。

契約解除時のリスク

採用代行の業務委託を途中で解除する場合、違約金などの追加費用が発生することがあります。契約を結ぶ際は、解除条件についても確認しておくことが重要です。

採用代行 業務委託の料金と契約形態

料金体系の種類

採用代行の料金体系は、以下の3種類に大別されます。

1. 成功報酬型:採用が成功した場合にのみ、報酬が発生する形態です。

2. 固定料金型:採用の成否に関わらず、一定の料金を支払う形態です。

3. リテイナー型:月々の固定料金に加えて、採用成功時に成功報酬が発生する形態です。

成功報酬型 vs 固定料金型

成功報酬型は、RPO企業によりますが、かなり少ないのが現状です。
成功報酬の場合は、採用が成功した場合にのみ報酬が発生するため、費用対効果が高い反面、採用が不調な場合は費用がかからないというメリットがあります。一方、固定料金型は、採用の成否に関わらず一定の料金を支払うため、予算管理がしやすいというメリットがあります。

比較項目

成功報酬型

固定料金型

費用発生タイミング

採用成功時のみ

採用の成否に関わらず一定期間ごと

費用対効果

高い

採用成功率によって変動

採用が不調な場合

費用はかからない

一定の料金を支払う必要がある

予算管理

採用状況によって変動するため、管理が難しい

一定の料金が定められているため、管理しやすい

採用代行会社のモチベーション

採用成功に直結するため、高い

採用成功との関連性が低いため、比較的低い

適した状況

採用が確実に見込める場合

長期的な採用活動を行う場合や、予算が限られている場合

契約形態とその選び方

採用代行の契約形態は、企業のニーズや予算に合わせて選ぶ必要があります。成功報酬型は、採用が確実に見込める場合に適しています。固定料金型は、予算が限られている場合や、長期的な採用活動を行う場合に適しています。リテイナー型は、両者のメリットを併せ持つため、柔軟性が高い反面、費用が高くなる傾向があります。

採用代行 業務委託の流れ

初期相談

採用代行の業務委託を検討する際は、まず初期相談を行います。採用代行業者から、サービス内容や料金体系について説明を受け、自社のニーズに合うかどうかを確認します。

業務範囲の決定

初期相談を経て、採用代行業者と業務範囲を決定します。求人広告の作成から面接の設定まで、どの業務を委託するのかを明確にし、契約内容を詰めていきます。

実務の流れ

業務委託の契約が締結されたら、実際の採用活動が始まります。採用代行業者は、求人広告の作成や応募者の選考など、契約内容に基づいて業務を遂行します。

結果の評価と改善提案

採用活動の結果を評価し、改善点を洗い出します。採用代行業者から、応募者の傾向や選考プロセスの課題などについてフィードバックを受け、次の採用活動に活かしていきます。

開発組織向けの専門RPOについてはこちら。

https://lp.offers.jp/concierge-contact-new

採用代行 業務委託の成功事例

成功事例1: 中小企業の人材確保

C社は、人手不足に悩む中小企業です。採用代行を導入することで、短期間で優秀な人材を確保することができました。採用代行業者の豊富な人材ネットワークを活用することで、自社だけでは見つけられなかった人材を発掘することができました。

成功事例2: 大企業の採用プロセス効率化

D社は、大手製造業の企業です。採用代行を導入することで、採用プロセスを大幅に効率化することができました。応募者の書類選考や面接設定を外部に委託することで、社内の採用担当者の工数を削減し、コスト削減を実現しました。

成功事例3: 専門職の採用成功

E社は、IT企業です。採用代行を活用することで、専門性の高いエンジニアの採用に成功しました。採用代行業者の専門知識を活かすことで、適切な候補者を見つけ出し、スムーズに採用プロセスを進めることができました。

エンジニアの採用代行についての基本はこちら

https://hr-media.offers.jp/articles/rpo-engineer/

採用代行 業務委託の失敗事例

失敗事例1: コミュニケーション不足

F社は、採用代行を導入したものの、業者とのコミュニケーション不足により、採用活動がうまく進みませんでした。業者との連携が不十分だったため、求人要件があいまいになり、適切な候補者が見つからない状況に陥りました。

失敗事例2: 費用対効果の低下

G社は、採用代行に多額の費用をかけたものの、期待した成果が得られませんでした。採用代行業者の選定が適切でなかったため、費用対効果が低く、コストが高くついてしまいました。

失敗事例3: 契約解除のトラブル

H社は、採用代行の業務委託を途中で解除しようとしたところ、高額の違約金を請求されるトラブルに巻き込まれました。契約内容を十分に確認していなかったため、不測の事態に陥ってしまいました。

採用代行 業務委託の比較と選び方

業務委託 vs 内製化

採用業務を外部に委託するか、社内で行うかは、企業の規模や採用ニーズによって異なります。業務委託のメリットは、専門知識の活用と効率化が図れる点ですが、コストがかかるというデメリットがあります。一方、内製化のメリットは、自社の文化に合った採用ができる点ですが、人材や知見の不足が課題となります。

採用組織・体制の内製化と採用代行の比較の詳細はこちら。

https://hr-media.offers.jp/articles/u038tl3py/

エージェントの比較ポイント

採用代行業者を選ぶ際は、以下のようなポイントを比較検討することが重要です。

1. サービス内容:自社のニーズに合ったサービスを提供しているか

2. 実績:同業他社での採用実績があるか

3. 料金体系:予算に見合った料金体系となっているか

4. コミュニケーション:連携がスムーズに行えるか

採用代行 業務委託の効果と未来

採用代行業務委託の総評

採用代行の業務委託は、採用プロセスの効率化とコスト削減に大きな効果があります。専門知識を持つ業者に委託することで、適切な人材を確保することができ、採用の質を高めることができます。一方で、コミュニケーションの課題や費用対効果の見極めが難しいというデメリットもあるため、注意が必要です。

未来の採用戦略

今後の採用戦略においては、採用代行の活用がますます重要になってくると考えられます。特に、専門性の高い人材の採用や、グローバル人材の採用において、採用代行の役割は大きくなるでしょう。

また、AI等の技術を活用した採用代行サービスの登場により、さらなる効率化が期待されます。

最適な業務委託の活用方法

採用代行の業務委託を最大限に活用するためには、自社の採用ニーズを明確にし、適切な業者を選定することが重要です。

また、業者とのコミュニケーションを密に取り、連携を強化することが求められます。採用代行は万能ではありませんが、うまく活用することで、採用活動の質を高め、企業の成長に貢献することができるでしょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする