経営に役立つ資格とは?おすすめ資格一覧とその理由

Offers HR Magazine編集部 2024年6月27日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

経営者にとって、資格取得は単なるスキルアップだけでなく、ビジネスの成功につながる重要な要素となります。本記事では、経営に役立つ資格について詳しく解説し、おすすめの資格をご紹介します。

経営者に資格が必要な理由とは?

経営者にとって資格取得は、単なる肩書きの獲得以上の意味を持ちます。資格は経営に必要な知識やスキルを体系的に学ぶ機会を提供し、ビジネスの様々な場面で活用できる実践的な能力を養います。また、資格保有は取引先や顧客からの信頼獲得にもつながり、ビジネスチャンスを広げる可能性を秘めています。

経営者に求められるスキルと資格の関係

経営者には幅広い知識とスキルが求められますが、資格取得はそれらを効率的に習得する手段となります。例えば、財務管理や法務知識は経営の基本となりますが、これらは公認会計士や弁護士資格の学習過程で深く学ぶことができます。資格取得を通じて得られる専門知識は、経営戦略の立案や意思決定の質を向上させ、企業の競争力強化につながります。

経営資格は、以下のようなスキルの向上に寄与します:

  1. 財務分析能力
  2. リスク管理能力
  3. 人材マネジメント能力
  4. 法務知識
  5. マーケティング戦略立案能力

これらのスキルは、日々の経営判断や中長期的な経営計画の策定において非常に重要です。

資格取得のメリット

経営に関する資格を取得することで、以下のようなメリットが得られます:

  1. 専門知識の獲得:体系的に学ぶことで、経営に必要な知識を網羅的に習得できます。
  2. 経営判断の質の向上:専門的な知識に基づいた的確な判断が可能になります。
  3. 信頼性の向上:取引先や金融機関からの信頼度が増し、ビジネスチャンスが広がります。
  4. ネットワークの拡大:資格取得過程で出会う同業者や専門家とのつながりができます。
  5. 新規事業展開のヒント:幅広い知識を得ることで、新たなビジネスアイデアが生まれやすくなります。

特に、中途採用が多い会社では、資格保有者の採用によって即戦力となる人材を確保できる可能性が高まります。資格を持つ経営者は、そういった人材の価値を正確に評価し、適切に活用することができるでしょう。

資格が経営に役立つ場面

資格で得た知識やスキルは、様々な経営場面で活用できます。例えば:

  • 財務分析や予算策定時:会計や財務の資格知識を活かし、より精緻な分析と計画が可能になります。
  • 新規事業の企画立案時:マーケティングや経営戦略の知識を基に、実現可能性の高い企画を立てられます。
  • 労務管理や人事制度の設計時:労働法や人事管理の知識を活用し、法令順守と従業員満足度の両立を図れます。
  • 契約書の作成や法的トラブルの対応時:法務知識を活かし、リスクを最小限に抑えた対応ができます。
  • 経営計画の策定時:様々な専門知識を総合的に活用し、より実効性の高い計画を立案できます。

経営計画の立て方を考える際にも、資格で学んだ知識が大いに役立ちます。例えば、財務計画の策定には会計知識が、人材計画には労務管理の知識が必要不可欠です。

おすすめの経営関連資格

経営に役立つ資格は多岐にわたりますが、ここでは特におすすめの資格をご紹介します。これらの資格は、経営者としての能力を総合的に高めるのに役立ちます。

中小企業診断士

中小企業診断士は、経営コンサルタントの国家資格です。経営全般に関する幅広い知識を習得でき、特に中小企業の経営に役立ちます。

  • 試験内容:一次試験(択一式)、二次試験(論文、口頭試問)
  • 難易度:高
  • 取得のメリット:経営分析力の向上、コンサルティングスキルの獲得

中小企業診断士の知識は、経営戦略の立案から財務分析、マーケティング、人事管理まで多岐にわたります。これらの幅広い知識は、経営者が直面する様々な課題に対処する際に非常に有用です。また、コンサルティングの技法を学ぶことで、社内外のステークホルダーとのコミュニケーション能力も向上します。

スタートアップ企業の成功を目指す経営者にとっても、非常に有用な資格といえるでしょう。スタートアップ特有の課題や成長戦略についても深い知見を得ることができます。

税理士

税理士は、税務に関する専門家としての国家資格です。経営における税務戦略の立案や、節税対策に大いに役立ちます。

  • 試験内容:税法科目(5科目)、会計学科目(2科目)
  • 難易度:非常に高
  • 取得のメリット:税務知識の向上、コスト削減戦略の立案能力

税理士の知識は、企業の財務戦略を立てる上で非常に重要です。適切な税務戦略を立てることで、企業の利益を最大化し、持続可能な成長を実現することができます。また、税務調査への対応や、M&Aなどの複雑な取引における税務面でのアドバイスも可能になります。

経営キャッシュフローの管理において、税理士の知識は非常に重要です。税金の支払いタイミングや金額を適切に管理することで、キャッシュフローの最適化を図ることができます。

公認会計士

公認会計士は、財務・会計のプロフェッショナルとしての国家資格です。企業の財務状況を的確に分析し、経営判断に活かすことができます。

  • 試験内容:短答式試験、論文式試験、実務補習
  • 難易度:極めて高
  • 取得のメリット:高度な会計知識、財務分析力の向上

公認会計士の知識は、企業の財務状態を正確に把握し、適切な経営判断を下すために不可欠です。財務諸表の作成や分析はもちろん、企業価値評価やM&A時のデューデリジェンスなど、高度な財務スキルを要する場面で力を発揮します。

また、内部統制システムの構築や監査対応など、企業のガバナンス強化にも貢献できます。経営管理の基本を学ぶ上でも、公認会計士の知識は非常に有用です。

ビジネス実務法務検定

ビジネス実務法務検定は、企業活動に関連する法律知識を体系的に学べる民間資格です。

  • 試験内容:2級と1級があり、多肢選択式
  • 難易度:中
  • 取得のメリット:法的リスク管理能力の向上、契約書作成スキルの獲得

ビジネス実務法務検定は、経営者が日常的に直面する法的問題に対処する能力を養います。契約書の作成や解釈、労働問題への対応、知的財産権の管理など、幅広い法務知識を習得できます。

この知識は、法的リスクを最小限に抑えつつ、ビジネスチャンスを最大限に活かす経営判断を下すのに役立ちます。HRBPとCHROの違いを理解する上でも、法務知識は欠かせません。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーは、個人や法人の資産運用や財務計画を立案する専門家の資格です。

  • 試験内容:3級、2級、1級があり、学科試験と実技試験
  • 難易度:3級は易しい、1級は難しい
  • 取得のメリット:財務計画立案能力の向上、資金調達のスキル向上

FPの知識は、企業の財務計画立案や資金調達戦略の策定に役立ちます。特に、長期的な視点での財務管理や、リスク管理を考える上で重要です。また、従業員の福利厚生制度設計にも活用できます。

スタートアップの資金調達を考える際にも、FPの知識は非常に有用です。投資家とのコミュニケーションや、資金調達手段の選択において的確な判断ができるようになります。

社会保険労務士

社会保険労務士は、労働・社会保険に関する専門家の国家資格です。人事労務管理に欠かせない知識を習得できます。

  • 試験内容:択一式試験と選択式試験
  • 難易度:高
  • 取得のメリット:労務管理能力の向上、従業員の福利厚生計画立案能力

社会保険労務士の知識は、適切な労務管理を行い、従業員が安心して働ける環境を整備するのに役立ちます。労働法令の遵守はもちろん、効果的な人事制度の設計や労使関係の改善にも貢献します。

ウェルビーイング経営を実践する上でも、社会保険労務士の知識は重要です。従業員の健康と幸福を考慮した労務管理を行うことで、生産性の向上と人材の定着を図ることができます。

経営者にとっての資格取得の方法

経営者が資格を取得するには、様々な方法があります。自身の学習スタイルや時間の制約に合わせて、最適な方法を選択することが重要です。

独学での学習方法

独学は、自分のペースで学習できる利点がありますが、強い意志と自己管理能力が求められます。

  • メリット:
    • 費用を抑えられる
    • 時間の融通が利く
    • 自分のペースで学習できる
  • デメリット:
    • モチベーション維持が難しい
    • 質問する相手がいない
    • 体系的な学習が難しい場合がある

独学で成功するためには、明確な学習計画を立て、定期的に進捗を確認することが重要です。OKR目標設定の手法を活用し、学習の進捗を管理するのも良いでしょう。また、オンライン上の学習コミュニティに参加するなど、同じ目標を持つ仲間との交流も有効です。

専門学校・スクールの利用

専門学校やスクールは、体系的なカリキュラムと専門家のサポートを受けられる利点があります。

  • メリット:
    • 質の高い指導を受けられる
    • 仲間との切磋琢磨ができる
    • 体系的な学習が可能
  • デメリット:
    • 時間的制約がある
    • 比較的高額である
    • 通学の必要がある場合が多い

専門学校やスクールを選ぶ際は、カリキュラムの内容、講師の経歴、過去の合格実績などを十分に検討することが重要です。また、仕事と両立できるよう、夜間や週末のコースを提供しているところも多いので、自分のスケジュールに合わせて選択しましょう。

エンジニア採用のように、専門性の高い分野では特に効果的な学習方法といえるでしょう。専門家から直接指導を受けられることで、より実践的な知識やスキルを身につけることができます。

通信講座の活用

通信講座は、独学と専門学校の中間的な位置づけで、柔軟な学習が可能です。

  • メリット:
    • 自分のペースで学習可能
    • 専門家のサポートあり
    • 比較的低コスト
  • デメリット:
    • モチベーション維持が必要
    • 対面指導がない
    • 質問の即時解決が難しい場合がある

通信講座を選ぶ際は、教材の質、サポート体制、添削指導の有無などを確認しましょう。また、オンラインでの質問対応やウェビナーなどのサービスが充実しているかも重要なポイントです。

リーンスタートアップの考え方を取り入れ、効率的に学習を進めることができます。例えば、短期間で基礎を学び、実務に応用しながら徐々に知識を深めていく方法などが考えられます。

経営者が資格を取得するための具体的なステップ

資格取得に向けて、具体的なステップを踏むことが重要です。ここでは、効果的な資格取得のためのポイントをご紹介します。

スケジュールの立て方

  1. 目標とする試験日を設定する
  2. 逆算して学習計画を立てる
  3. 日々の業務と両立できるよう調整する
  4. 定期的な見直しと修正を行う

経営者は多忙なため、効率的な時間管理が特に重要です。朝の時間を活用する、移動時間を使って音声教材を聴くなど、隙間時間を有効活用しましょう。また、週末や祝日を集中学習の日とするなど、メリハリをつけた学習計画を立てることも効果的です。

マネジメント経営のスキルを活かし、効率的なスケジュール管理を心がけましょう。例えば、重要度と緊急度のマトリックスを使って学習タスクを整理し、優先順位をつけるなどの方法があります。

試験対策のコツ

  1. 過去問題の徹底的な分析を行う
  2. 弱点分野の集中的な学習を実施する
  3. 模擬試験を積極的に活用する
  4. 時間配分の練習を重ねる

過去問題は出題傾向を把握する上で非常に重要です。単に解くだけでなく、なぜその解答になるのかを理解することが大切です。また、弱点分野を特定し、そこに時間を集中的に投資することで、効率的に実力を向上させることができます。

エンジニアの能力評価のように、自身の強み弱みを客観的に分析することが重要です。定期的に自己評価を行い、学習計画を適宜調整していくことで、より効果的な試験対策が可能になります。

モチベーション維持の方法

  1. 小さな目標を設定し、達成感を味わう
  2. 学習仲間を作り、切磋琢磨する
  3. 資格取得後のビジョンを明確にする
  4. 定期的に自己評価を行い、進捗を確認する

長期間の学習を継続するには、モチベーションの維持が鍵となります。小さな目標を達成するたびに自分を褒めることで、学習のモチベーションを保つことができます。また、同じ目標を持つ仲間と定期的に情報交換することで、孤独感を解消し、互いに刺激し合うことができます。

採用ブランディングのように、自身のブランド価値向上を意識することでモチベーションを維持できます。資格取得後、どのように経営に活かすか、具体的なビジョンを持つことも重要です。

資格を活かした経営の実際

資格取得後、その知識やスキルを実際の経営にどう活かすかが重要です。ここでは、資格を活用した経営の実例や効果について解説します。

資格保有者が成功した事例

  1. 税理士資格を活かした節税戦略で利益率を向上させた中小企業経営者
    • 適切な経費計上や税制優遇措置の活用により、実質的な利益を20%増加させた
  2. 中小企業診断士の知識を基に、新規事業を成功させたスタートアップ創業者
    • 市場分析と事業計画の精緻化により、初年度から黒字化を達成
  3. 社会保険労務士の資格を持つ経営者が、働き方改革を成功させ、従業員満足度を大幅に向上
    • 柔軟な勤務体系の導入と福利厚生の充実により、離職率を半減させた

これらの事例からわかるように、資格で得た知識を実践に活かすことで、具体的な経営成果につなげることが可能です。ヘルスケアスタートアップの採用戦略のように、専門知識を活かした独自の戦略立案が可能になります。

資格が経営に与える影響

  1. 意思決定の質の向上
    • 専門知識に基づいた的確な判断が可能になる
  2. リスク管理能力の強化
    • 潜在的なリスクを事前に察知し、適切な対策を講じられる
  3. 従業員からの信頼度アップ
    • 専門性の高い経営者として認識され、従業員の信頼を得やすくなる
  4. 取引先や金融機関からの評価向上
    • 資格保有が信用力向上につながり、有利な条件での取引や融資が可能になる
  5. 新規事業展開の可能性拡大
    • 幅広い知識を基に、新たなビジネスチャンスを見出しやすくなる

経営共創基盤のように、多角的な視点で経営を捉えることができるようになります。これにより、より戦略的で持続可能な経営が可能になるのです。

資格取得後のキャリアパス

  1. 経営コンサルタントとしての独立
    • 自身の経験と資格知識を活かし、他企業の経営支援を行う
  2. 業界団体や商工会議所での活動
    • 経営者ネットワークを拡大し、業界全体の発展に貢献する
  3. 経営アドバイザーとしての活躍
    • 複数の企業の社外取締役や顧問として、経営に参画する
  4. 著書の執筆やセミナー講師としての活動
    • 自身の知識や経験を広く共有し、社会貢献を行う

50代の転職成功戦略のように、資格を活かした新たなキャリアの可能性も広がります。経営者としての経験と資格知識を組み合わせることで、より価値の高い人材として活躍できるでしょう。

まとめ

経営に役立つ資格の取得は、経営者としての能力を総合的に高め、ビジネスの成功につながる重要な要素です。本記事で紹介した資格や取得方法を参考に、自身のキャリアアップと企業の発展につなげてください。

資格は単なる肩書きではなく、実践的な知識とスキルを身につける機会です。計画的に取り組み、経営に活かしていくことで、大きな成果を得ることができるでしょう。また、資格取得の過程で得られる学習習慣や自己管理能力は、経営者として長期的に成功するための重要な資質となります。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする