求人を出す方法とは?無料掲載サイトの効果を引き出すコツ

Offers HR Magazine編集部 2024年7月7日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。本記事では、経営者や採用担当者の皆様に向けて、効果的に求人を出す方法と、無料掲載サイトを活用するためのコツについて詳しく解説します。

人材獲得競争が激化する昨今、適切な求人広告の出し方は企業の成長に直結する重要な課題となっています。本記事では、求人広告の種類や特徴から、無料で求人を出す方法、さらには応募を集めるためのコツまで、幅広く情報を提供します。

求人広告の種類と特徴

求人を出す際には、様々な種類の求人広告があります。それぞれの特徴を理解し、自社のニーズに合った方法を選択することが重要です。ここでは、主な求人広告の種類とその特徴について解説します。

Web求人サイト

Web求人サイトは、インターネット上で求人情報を掲載するプラットフォームです。

特徴:

  • 幅広い求職者にリーチ可能
  • 詳細な職務内容や企業情報を掲載できる
  • 応募者の管理が容易

デメリット:

  • 競合他社の求人も多く、埋もれる可能性がある
  • 有料サービスの場合、コストがかかる

中途採用サイトの選び方と方法とは?おすすめ16選では、Web求人サイトの選び方について詳しく解説されています。

紙媒体(フリーペーパーなど)

フリーペーパーやタウン誌などの紙媒体を利用した求人広告です。

特徴:

  • 地域に密着した求人が可能
  • 手に取って読むため、じっくりと情報を見てもらえる

デメリット:

  • 配布エリアが限定される
  • 若年層へのリーチが限定的

求人検索エンジン

複数の求人サイトの情報を横断的に検索できるサービスです。

特徴:

  • 多くの求人情報の中から効率的に検索できる
  • 比較的低コストで掲載できる場合が多い

デメリット:

  • 個別の求人サイトと比べて詳細情報の掲載に制限がある場合がある

IT人材派遣の選び方と注意点を徹底解説では、IT人材の採用における求人検索エンジンの活用方法について触れられています。

SNSの求人広告枠

FacebookやLinkedInなどのSNSプラットフォームが提供する求人広告枠です。

特徴:

  • ターゲットを絞った配信が可能
  • 若年層へのリーチに効果的

デメリット:

  • 広告の作成や運用にスキルが必要
  • 他の情報と混在するため、見逃される可能性がある

採用を加速する技術・採用広報の目的・進め方・メリットでは、SNSを活用した採用広報の重要性について解説されています。

求人広告の掲載までの基本的な流れ

求人を出す際の基本的な流れを理解することで、効率的に求人広告を掲載できます。ここでは、その流れを詳しく解説します。

サービス提供側へ問い合わせ

まずは利用したい求人広告サービスの提供者に問い合わせを行います。

  • 複数のサービスに問い合わせ、比較検討することが重要
  • 自社のニーズや予算を明確にした上で問い合わせを行う
  • 初期相談は無料で行っているサービスが多い

人材紹介会社の選び方とおすすめ一覧【東京・大阪・札幌・英語対応】では、人材紹介会社の選び方について詳しく解説されています。同様の視点で求人広告サービスを選ぶことができます。

業者と打ち合わせ

問い合わせ後、具体的な打ち合わせを行います。

  • 自社の採用ニーズを詳細に説明
  • サービスの特徴や費用体系について確認
  • 掲載期間や掲載方法についての相談

採用代行サービスの料金体系・費用を理解し、賢く活用するためのポイントでは、採用サービスの費用体系について詳しく解説されています。求人広告サービスを選ぶ際も同様の視点が重要です。

プランの決定と申し込み

打ち合わせ内容を踏まえ、最適なプランを選択し申し込みを行います。

  • 複数のプランを比較検討
  • 契約内容を十分に確認
  • 支払い方法や期間について確認

求人を出す際は、単に安価なプランを選ぶのではなく、自社のニーズに最も適したプランを選択することが重要です。

求人広告作成

プラン決定後、実際の求人広告を作成します。

  • 業者のサポートを受けながら、魅力的な広告を作成
  • 自社の特徴や求める人材像を明確に表現
  • 写真や動画を活用し、視覚的にアピール

求人広告デザインのコツは?手書きとAIを活用する方法では、効果的な求人広告のデザイン方法について解説されています。

求人広告掲載開始

作成した広告の掲載を開始します。

  • 掲載開始日時を確認
  • 掲載後の効果測定方法について確認
  • 必要に応じて掲載内容の修正ができるか確認

エンジニア採用におけるKPIの重要性。採用KPIの設定方法やポイントなどを解説では、求人広告の効果測定について詳しく解説されています。

>> 採用KPI管理の資料ダウンロードはこちら

無料で求人広告を掲載する方法

コスト削減のため、無料で求人を出す方法を検討する企業も多いでしょう。ここでは、主な無料求人広告サービスとその特徴を解説します。

ハローワーク

ハローワークは国が運営する公共職業安定所で、無料で求人を出すことができます。

特徴:

  • 幅広い求職者にリーチ可能
  • 信頼性が高い
  • 地域密着型の求人に強い

デメリット:

  • Web上での掲載はできるが、機能が限定的
  • 専門性の高い職種の採用には不向きな場合がある

Indeed

Indeedは世界最大級の求人検索エンジンで、基本的に無料で求人を掲載できます。

特徴:

  • 多くの求職者が利用している
  • 掲載が簡単
  • 有料オプションで露出を増やすことも可能

デメリット:

  • 競合他社の求人も多く、埋もれる可能性がある
  • 詳細な企業情報の掲載には制限がある

ジモティー

ジモティーは地域密着型の無料クラシファイドサイトで、求人情報も掲載できます。

特徴:

  • 地域に特化した求人が可能
  • 掲載が簡単
  • アルバイトやパートの採用に効果的

デメリット:

  • 正社員採用には不向き
  • 信頼性の面で課題がある場合がある

求人広告の費用相場とは?効果を高める方法も解説では、有料・無料の求人広告の費用対効果について詳しく解説されています。

求人を出す前に必要な準備

効果的に求人を出すためには、事前の準備が重要です。ここでは、求人を出す前に必要な準備について解説します。

採用市況を理解する

現在の採用市場の動向を把握することが重要です。

  • 業界全体の採用トレンドを調査
  • 競合他社の求人情報をチェック
  • 求職者のニーズや傾向を分析

エンジニア採用が難しい理由とその解決策:採用課題から成功法まで徹底解説では、IT業界における採用市況について詳しく解説されています。

ターゲットを決める

求める人材像を明確にすることで、効果的な求人広告を作成できます。

  • 必要なスキルや経験を具体化
  • 年齢や性別などの属性を検討(ただし、差別的にならないよう注意)
  • 求める人物像や価値観を明確化

エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドでは、エンジニアの能力評価基準について詳しく解説されています。これを参考に、求める人材像を具体化できます。

自社の魅力を洗い出す

求職者に自社の魅力をアピールすることが重要です。

  • 企業理念や事業ビジョンの明確化
  • 独自の福利厚生や働き方の特徴を整理
  • 社員の成長機会や キャリアパスを具体化

経営理念はどのように作成するのが効果的?定義、活用方法、組織づくり事例では、企業の魅力を伝えるための経営理念の重要性について解説されています。

求人広告で応募を集めるためのコツ

求人を出しても、応募が集まらなければ意味がありません。ここでは、応募を集めるためのコツについて解説します。

ターゲットに刺さる訴求ポイントを打ち出す

求職者の心に響く訴求ポイントを明確にすることが重要です。

  • 給与や待遇の具体的な情報を提示
  • キャリアアップの機会や成長可能性を強調
  • 働きやすさや職場環境の特徴をアピール

中途採用の給料設計: 新卒との比較、基本給の決定方法、給与交渉のポイントでは、求職者に魅力的な給与設計について詳しく解説されています。

企業側からアプローチできるツールを使う

求職者を待つだけでなく、積極的にアプローチすることも効果的です。

  • スカウトサービスの活用
  • リファラル採用の導入
  • 採用イベントへの参加

スカウトサービスとは?転職・中途採用におすすめの比較10選では、スカウトサービスの活用方法について詳しく解説されています。

掲載開始後も効果を検証し、適宜修正する

求人広告の掲載後も継続的な改善が重要です。

  • 応募数や問い合わせ数を定期的にチェック
  • 応募者の属性や傾向を分析
  • 効果が低い場合は、広告内容や掲載媒体を見直す

採用KPIに関してのテンプレートはこちらでは、求人広告の効果測定に役立つKPIテンプレートが提供されています。これを活用して、継続的な改善を行うことができます。

求人広告の種類に応じた採用手法

求人広告の種類によって、効果的な採用手法は異なります。ここでは、各種類の求人広告に応じた採用手法について解説します。

キャリアに特化した求人広告

経験者や専門職を採用する際に効果的です。

  • 詳細なスキル要件を明記
  • キャリアアップの可能性を具体的に提示
  • 業界での位置づけや将来性をアピール

CTO採用募集(CxOなど)の求人案件の印象(ポジティブ、ネガティブ)、採用の進め方では、経営層の採用における求人広告の作成ポイントについて解説されています。

職種に特化した求人広告

特定の職種に絞った採用を行う際に効果的です。

  • 職種特有の専門用語や技術を適切に使用
  • 具体的な業務内容や必要スキルを明記
  • その職種ならではの魅力や挑戦を強調

エンジニア、デザイナー、PM採用を無料で進められるサービスこちらでは、IT関連職種に特化した求人広告の作成方法について解説されています。

有料型・無料型求人広告

予算に応じて、有料型と無料型の求人広告を使い分けることが重要です。

  • 有料型:露出度が高く、詳細な情報を掲載可能
  • 無料型:コストを抑えつつ、幅広く情報を発信可能

有料型と無料型を組み合わせることで、効果的な求人戦略を立てることができます。

求人検索エンジン

複数の求人サイトから情報を集約する求人検索エンジンを活用する方法です。

  • 幅広い求職者にリーチ可能
  • コスト効率が高い
  • キーワード最適化が重要

SESとは?エンジニア派遣のメリット・デメリットと見分け方では、SES(システムエンジニアリングサービス)企業の求人方法について解説されています。求人検索エンジンの活用も一つの有効な手段です。

タイプ別の求人広告サービス

求人広告サービスには様々なタイプがあり、それぞれに特徴があります。ここでは、代表的なサービスについて解説します。

type

typeは、正社員の転職に特化した求人サイトです。

特徴:

  • 幅広い業種・職種をカバー
  • 詳細な求人情報の掲載が可能
  • 求職者向けのキャリアサポートも充実

活用のポイント:

  • 求める人材像を明確に記載
  • 自社の魅力を具体的にアピール
  • レスポンスの速さを重視

中途採用が多い会社の特徴とは?労働市場で即戦力を求め、キャリアアップを目指す方におすすめの企業選びガイドでは、中途採用に積極的な企業の特徴が解説されています。これらの特徴を求人広告に盛り込むことで、より効果的な採用が可能になります。

女の転職type

女性向けの転職サイトで、女性の視点に立った求人情報を提供しています。

特徴:

  • 女性向けの求人に特化
  • ワークライフバランスを重視した情報提供
  • 女性のキャリアアップをサポート

活用のポイント:

  • 女性が働きやすい環境をアピール
  • 育児・介護との両立支援制度を明記
  • 女性の活躍事例を具体的に紹介

ホワイト企業の中途採用情報:札幌、東京、大阪、福岡、名古屋の主要都市とIT業界の求人、年収、福利厚生などを徹底解説では、ワークライフバランスを重視した企業の特徴が解説されています。これらの要素を女性向けの求人広告に盛り込むことで、より効果的な採用が可能になります。

まとめ

求人を出す方法について、その基本から効果的な活用法まで詳しく解説しました。適切な求人広告を出すことで、優秀な人材の獲得につながり、企業の成長を加速させることができます。

重要なポイントをまとめると以下の通りです:

  1. 求人広告の種類と特徴を理解し、自社に適したものを選択する
  2. 無料の求人サイトも効果的に活用する
  3. 求人を出す前に、採用市況の理解やターゲットの明確化などの準備を行う
  4. 求職者の心に響く訴求ポイントを打ち出す
  5. 掲載後も継続的に効果を検証し、改善を行う

これらのポイントを押さえつつ、自社の特性や採用ニーズに合わせて柔軟に戦略を立てることが、成功の鍵となります。求人を出す際は、単に人材を募集するだけでなく、自社の魅力を効果的に伝え、長期的な視点で人材獲得を行うことが重要です。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする