Wantedlyを活用した中途採用の成功方法: 求人掲載から面接までのステップバイステップガイド

Offers HR Magazine編集部 2024年6月19日

Offers HR Magazine編集部

目次

Wantedlyは、企業と求職者をつなぐビジネスSNSとして、中途採用の分野で大きな注目を集めています。採用担当者や経営者にとって、Wantedlyを効果的に活用することは、優秀な人材の獲得に直結します。

本記事では、Wantedlyを用いた中途採用の基本的な使い方から、求人応募者を増やすためのテクニック、応募者とのコミュニケーション方法、効果的な選考プロセスまで、ステップバイステップでガイドします。また、成功事例と失敗例の分析や、他の採用サービスとの併用方法についても解説します。

Wantedly中途採用の基本的な使い方

Wantedlyで中途採用を始めるための準備

Wantedlyで中途採用を始めるためには、まず企業アカウントを作成し、会社情報を登録する必要があります。会社の魅力を伝える詳細なプロフィールや、働く社員の声を掲載することで、求職者の興味を引き付けることができます。また、採用担当者のアカウント作成と権限設定も重要です。

効果的な求人情報の作成方法

効果的な求人情報を作成するためには、募集職種の明確化、仕事内容や求める人物像の具体的な記述、企業文化やビジョンの提示などが求められます。また、求職者の興味を惹きつける魅力的な求人タイトルや、読みやすく整理された求人詳細の構成にも注意が必要です。

求人情報の掲載と管理方法

作成した求人情報は、Wantedly上で掲載・管理します。求人の公開範囲や掲載期間の設定、応募者からの質問への回答、応募状況の確認など、一連の管理業務を適切に行うことが重要です。また、求人情報の定期的な更新や、掲載終了後の振り返りも忘れてはいけません。

Wantedly中途採用の求人応募者を増やすためのテクニック

魅力的な求人タイトルの付け方

求人タイトルは、求職者の目に留まる最初のポイントです。企業の特徴や募集職種の魅力を端的に表現し、求職者の興味を引き付ける工夫が必要です。具体的な仕事内容や、期待するスキル・経験などを盛り込むことで、適切な人材の応募を促すことができます。

ターゲット層に響く求人詳細の書き方

求人詳細は、ターゲットとする求職者層に響く内容である必要があります。募集職種に関連する専門用語や、業界の動向に触れることで、求職者の共感を得ることができます。また、仕事のやりがいや将来のキャリアパスを具体的に示すことで、応募者のモチベーションを高めることも可能です。

求職者の心をつかむ写真と動画の活用方法

Wantedlyでは、求人情報に写真や動画を掲載することができます。オフィスの雰囲気や社員の働く姿を伝える写真、会社の理念やビジョンを語る動画など、ビジュアルコンテンツを効果的に活用することで、求職者の心をつかむことができます。ただし、画像や動画の質にも気を配る必要があります。

求人の作成など採用代行を依頼したい場合の採用代行についての基本はこちら。

https://hr-media.offers.jp/articles/rpo-comparison/

Wantedly中途採用での応募者とのコミュニケーション方法

迅速な返信とフォローアップの重要性

応募者からの質問や応募に対しては、迅速な返信とフォローアップが求められます。Wantedlyのメッセージ機能を活用し、丁寧かつ迅速なコミュニケーションを心がけましょう。応募者の良い印象を獲得することが、採用成功の第一歩となります。

オンライン面接の準備と実施方法

Wantedlyでは、オンライン面接の機能も提供されています。オンライン面接を行う際は、事前の準備が重要です。面接の目的や評価基準を明確にし、面接官の役割分担を決めておきましょう。また、通信環境の確認や、面接用のURLの送付など、円滑な面接実施のための準備も忘れてはいけません。

応募者との面接後の連絡方法

面接後は、応募者への丁寧なフィードバックと次のステップの連絡が重要です。面接の評価結果を伝え、今後の選考プロセスについて明確に説明しましょう。また、応募者の質問にも真摯に答え、前向きな印象を与えることが求められます。

中途採用の面接でよく聞かれる質問とその回答例:成功するための質問回答集

Wantedly中途採用での効果的な選考プロセス

応募者のスクリーニングと選考基準の設定

応募者のスクリーニングは、選考プロセスの重要な一部です。募集職種に求める能力や経験、人物像などの選考基準を明確に設定し、それに基づいて応募者を評価しましょう。また、書類選考と面接のバランスを考え、効率的な選考プロセスを設計することが求められます。

面接評価のポイントとフィードバック方法

面接では、応募者の能力や経験だけでなく、人柄やコミュニケーション能力なども評価します。評価基準を面接官で共有し、客観的な評価を心がけましょう。

また、面接後は応募者への適切なフィードバックが重要です。良い点と改善点を具体的に伝え、次のステップへの意欲を高めることが求められます。

内定通知とオファーレターの作成

内定通知は、採用プロセスの最終段階です。内定者には、Wantedlyのメッセージ機能を通じて、丁寧な内定通知を送りましょう。

また、オファーレターの作成では、雇用条件や福利厚生など、必要な情報を明確に記載することが重要です。内定者とのスムーズなコミュニケーションが、入社後の定着にもつながります。

Wantedly中途採用の成功事例と失敗例

成功事例から学ぶポイント

Wantedlyでの中途採用に成功した企業の事例から学ぶことは多くあります。魅力的な求人情報の作成、積極的な企業文化の発信、応募者とのきめ細やかなコミュニケーションなど、成功企業に共通するポイントを分析し、自社の採用活動に活かしましょう。

失敗例から学ぶ改善策

一方で、Wantedlyでの中途採用に失敗した企業の事例からも、学ぶべき点があります。求人情報の不備や応募者対応の遅れ、選考プロセスの不透明さなど、失敗の原因を分析し、改善策を講じることが重要です。失敗事例を他山の石とし、自社の採用活動の質を高めていきましょう。

成功事例と失敗例の比較分析

成功事例と失敗例を比較分析することで、Wantedlyでの中途採用のポイントが明らかになります。成功事例に共通する要因を抽出し、失敗事例から学んだ教訓を活かすことで、自社の採用活動を最適化することができるでしょう。

弊社CPOのnoteに事例を掲載しています。

参考:人事ゼロ、工数20時間で月間応募者数100人超え。Wantedly・採用媒体・メディア運用方法

派遣会社、ヘッドハンディング会社、人材紹介会社の活用方法

各サービスのメリットとデメリット

Wantedly以外にも、派遣会社、ヘッドハンティング会社、人材紹介会社など、様々な採用サービスがあります。それぞれのサービスにはメリットとデメリットがあるため、自社の採用ニーズに合ったサービスを選ぶことが重要です。コストや採用スピード、候補者の質など、各サービスの特徴を理解しておきましょう。

派遣会社の基本についてはこちら

https://hr-media.offers.jp/articles/kvgxriemmoxn/

採用担当者が知っておくべき利用方法

採用担当者は、各サービスの効果的な利用方法を知っておく必要があります。派遣会社の活用では、適切な人材の選定と継続的な評価が求められます。ヘッドハンティング会社では、明確な採用要件の提示と密なコミュニケーションが重要です。人材紹介会社との連携では、求める人材像の明確化と適切なフィードバックが欠かせません。

ヘッドハンティング会社の基本についてはこちら

https://hr-media.offers.jp/articles/ds8en1ltd7l/

Wantedlyと他サービスの併用方法

Wantedlyと他の採用サービスを併用することで、中途採用の効果を最大化することができます。例えば、Wantedlyで集まった応募者と、ヘッドハンティング会社から紹介された候補者を比較検討することで、最適な人材の発見につながります。各サービスの強みを理解し、適切に組み合わせることが重要です。

人材紹介会社の基本についてはこちら

https://hr-media.offers.jp/articles/040_7cxgz/

まとめ

Wantedlyは、中途採用特にビジネス職種の採用に向いているサービスです。効果的な求人情報の作成、応募者とのコミュニケーション、一連の採用活動をWantedly上で行うことができます。

また、Wantedly以外の採用サービスとの併用も、中途採用の効果を高めるために有効です。派遣会社やヘッドハンティング会社、人材紹介会社など、各サービスの特徴を理解し、自社の採用ニーズに合わせて活用することが求められます。

Wantedlyを中心とした中途採用戦略を立て、他の採用サービスも適切に組み合わせることで、優秀な人材の獲得と組織の成長を実現していきましょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする