委託募集と採用代行の違いとは?企業が知っておくべき選択ポイント

Offers HR Magazine編集部 2024年6月12日

Offers HR Magazine編集部

目次

委託募集と採用代行の概要

委託募集と採用代行は、企業の採用活動を支援するサービスですが、その役割と特徴には違いがあります。本記事では、委託募集と採用代行の違いを詳しく解説し、企業がニーズに応じて適切なサービスを選択できるようにガイドします。

委託募集とは?委託募集のメリット・デメリットを理解しよう

定義と基本的な仕組み

委託募集とは、企業が採用活動の一部または全部を外部の人材サービス会社に委託するサービスです。主に、求人広告の掲載、応募者の書類選考、面接の設定などの業務を委託します。企業は、採用プロセスの一部を外部に任せることで、社内リソースを他の業務に振り向けることができます。

コスト削減

委託募集を利用することで、採用にかかる費用を削減できる可能性があります。人材サービス会社は複数の企業から委託を受けているため、スケールメリットを生かしてコストを抑えることができます。

専門知識の利用

人材サービス会社は採用に関する専門知識を持っているため、効果的な求人広告の作成や応募者の選考などを行うことができます。企業は、その専門知識を活用することで、採用の質を高めることができます。

制約事項

委託募集では、採用プロセスの一部を外部に委託するため、企業側のコントロールが限定的になります。また、人材サービス会社との連携が不十分な場合、採用活動がスムーズに進まない可能性があります。

採用代行とは?採用代行のメリット・デメリットを知ろう

定義と基本的な仕組み

採用代行とは、企業の採用活動全般を外部の人材サービス会社に委託するサービスです。求人広告の掲載から応募者の選考、面接、内定まで、一連の採用プロセスを代行します。企業は、採用業務を丸ごと外部に任せることで、社内リソースを大幅に節約できます。

労力の軽減

採用代行を利用することで、企業は採用業務にかかる労力を大幅に軽減できます。人材サービス会社が採用プロセス全体を担当するため、企業側の負担が少なくなります。

高品質な採用プロセス

人材サービス会社は採用のプロフェッショナルであるため、高品質な採用プロセスを提供できます。応募者の選考や面接などを効果的に行うことで、優秀な人材を獲得する可能性が高まります。

コスト面の考慮

採用代行は、採用プロセス全体を委託するため、委託募集と比べてコストが高くなる傾向があります。ただし、採用の質の向上や社内リソースの節約など、長期的な視点でコストを考える必要があります。

採用代行のメリットの詳細はこちら

https://hr-media.offers.jp/articles/rpo-comparison/

委託募集と採用代行の違いを徹底比較

役割と責任の違い

委託募集では、企業が採用プロセスの一部を外部に委託するのに対し、採用代行では採用プロセス全体を外部に委託します。そのため、採用代行の方が人材サービス会社の役割と責任が大きくなります。

コスト構造の比較

委託募集と採用代行では、コスト構造が異なります。委託募集は、委託する業務の範囲に応じて費用が発生するのに対し、採用代行は採用プロセス全体を委託するため、一定の費用が発生します。

企業別の選択の基準とは

どんな企業に適しているか

委託募集は、採用業務の一部を外部に委託したい企業に適しています。一方、採用代行は、採用業務全体を外部に任せたい企業に適しています。

どのような職種に向いているか

委託募集は、比較的採用が容易な職種に向いています。一方、採用代行は、専門性の高い職種や採用が難しい職種に向いています。

開発組織専門のRPOはこちら

https://lp.offers.jp/concierge-contact-new

共通点と相違点のまとめ

共通点の再確認

委託募集と採用代行は、どちらも企業の採用活動を支援するサービスであるという点で共通しています。また、どちらも人材サービス会社の専門知識を活用できるというメリットがあります。

相違点の要約

委託募集と採用代行の主な相違点は、委託する業務の範囲とコスト構造です。委託募集は採用プロセスの一部を委託するのに対し、採用代行は採用プロセス全体を委託します。また、委託募集は委託する業務に応じて費用が発生するのに対し、採用代行は一定の費用が発生します。

どちらを選ぶべきか?企業ニーズに応じた選択ガイド

企業のニーズに応じた選択ガイド

企業が委託募集と採用代行のどちらを選ぶべきかは、企業のニーズによって異なります。以下のような観点から、自社に適したサービスを選択しましょう。

- 採用業務にかけられる社内リソースの量

- 採用の難易度と求める人材の専門性

- 採用にかけられる予算

- 採用プロセスに対するコントロールの必要性

ケーススタディや具体例

- A社:人手不足に悩む中小企業。採用業務に割ける社内リソースが限られているため、採用代行を選択。

- B社:専門性の高いエンジニアを採用したいIT企業。採用代行を利用し、人材サービス会社の専門知識を活用。

- C社:大量採用を行う大企業。委託募集を利用し、採用業務の一部を外部に委託することで、効率的に採用活動を実施。

エンジニアの採用代行についての基本はこちら

https://hr-media.offers.jp/articles/rpo-engineer/

委託募集と採用代行を成功させるためのポイント

効果的な委託先の選び方

委託募集と採用代行を成功させるためには、効果的な委託先を選ぶことが重要です。以下のような観点から、委託先を評価しましょう。

- 採用支援の実績と専門性

- サービスの柔軟性と 変更の容易度

- コミュニケーションの質と頻度

- 費用対効果

成功事例と失敗事例から学ぶ

委託募集と採用代行の成功事例と失敗事例を分析することで、サービス選択時の参考にすることができます。成功事例では、企業と人材サービス会社の密なコミュニケーションや、企業ニーズに合わせたサービスのカスタマイズなどが重要なポイントとして挙げられます。一方、失敗事例では、委託先との連携不足や、企業ニーズとサービス内容のミスマッチなどが原因として考えられます。

パートナーシップの強化方法

委託募集と採用代行を成功させるためには、企業と人材サービス会社のパートナーシップを強化することや業務委託の人事・採用担当者を増やす・出会うことが重要です。定期的な情報共有や、採用プロセスの改善に向けた協働などを通じて、強固な関係を築きましょう。

相談・問い合わせ

委託募集と採用代行に関する疑問や相談は、ぜひ弊社にお問い合わせください。豊富な実績と専門知識を持つ弊社のコンサルタントが、貴社の採用活動を支援いたします。

FAQ:委託募集と採用代行の違いについてよくある質問

よくある質問とその回答

Q. 委託募集と採用代行を併用することはできますか?

A. はい、可能です。採用プロセスの一部を委託募集で、残りを採用代行で行うなど、企業のニーズに合わせて併用することができます。

Q. 委託募集と採用代行を利用する際のコスト削減のためのテクニックはありますか?

A. 委託する業務の範囲を明確にし、必要な部分だけを外部に委託することでコスト削減を図ることができます。また、複数の人材サービス会社から見積もりを取り、比較検討することも有効です。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする