中途採用サイトの選び方と方法とは?おすすめ16選

Offers HR Magazine編集部 2024年7月6日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

本記事では、経営者や採用担当者の皆様に向けて、中途採用サイトの選び方と効果的な活用方法について詳しく解説します。優秀な人材の獲得は企業の成長に直結する重要な課題であり、適切な中途採用サイトの選択と活用は、その成功の鍵となります。

中途採用サイトは、企業と求職者をつなぐ重要なプラットフォームです。しかし、多くの選択肢がある中で、自社に最適なサイトを見つけ出し、効果的に活用することは容易ではありません。

本記事では、中途採用サイトの基本的な概念から、選び方、活用方法、さらには最新のトレンドまで、幅広く情報を提供します。

中途採用サイトとは?

中途採用サイトは、企業と転職希望者をマッチングさせるオンラインプラットフォームです。これらのサイトは、企業の採用活動を効率化し、幅広い人材プールにアクセスする機会を提供します。

中途採用サイトの役割

中途採用サイトは以下のような重要な役割を果たしています:

  1. 求人情報の広範な公開
  2. 求職者のデータベース提供
  3. 応募者管理システムの提供
  4. マッチングアルゴリズムによる効率的な人材探索
  5. 企業ブランディングの機会提供

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法では、中途採用サイトを活用した効果的な採用プロセスについて詳しく解説しています。

中途採用と新卒採用との違い

中途採用サイトは、新卒採用とは異なる特徴を持っています:

  1. 即戦力の獲得が可能
  2. 年間を通じて採用活動が可能
  3. 特定のスキルや経験を持つ人材にターゲットを絞れる
  4. 多様な経歴を持つ人材にアプローチできる
  5. 給与交渉の幅が広い

中途採用が多い会社の特徴とは?労働市場で即戦力を求め、キャリアアップを目指す方におすすめの企業選びガイドでは、中途採用に積極的な企業の特徴や戦略について解説しています。

中途採用サイトの選び方

適切な中途採用サイトを選ぶことは、採用成功の重要な要素です。以下のポイントを考慮して選択しましょう。

ターゲット層に合ったサイトを選ぶ

採用したい人材のプロフィールに合わせて、適切なサイトを選択することが重要です。

  • 業界特化型サイト:特定の業界や職種に特化したサイトを選ぶ
  • 経験レベル:新卒数年目から管理職まで、ターゲットに合わせたサイトを選択
  • 地域性:全国規模か地域密着型か、採用エリアに合わせて選ぶ

エンジニア、デザイナー、PM採用を無料で進められるサービスこちらでは、IT人材に特化した中途採用サイトの特徴と効果的な活用方法について解説しています。

サイトの機能と使い勝手を確認する

効率的な採用活動を行うためには、サイトの機能性が重要です。

  • 検索機能の充実度
  • 応募者管理システムの使いやすさ
  • レジュメスクリーニングツールの有無
  • モバイル対応の状況

採用管理システムの導入ガイド:比較、価格、機能、口コミ、運用、おすすめ、選び方、効果、導入事例まで完全解説では、採用管理システムの選び方と効果的な活用方法について詳しく解説しています。

掲載料金とサービス内容を比較する

コストパフォーマンスは重要な選択基準です。

  • 掲載料金の構造(固定料金 vs 成功報酬型)
  • 掲載期間と更新料
  • 付帯サービスの内容(採用コンサルティング、スカウトサービスなど)

【2024年7月最新】ダイレクトリクルーティングとは?新卒や費用、市場規模のメリットを徹底解説では、ダイレクトリクルーティングを含む様々な採用手法の費用対効果について詳しく解説しています。

サポート体制の確認

トラブル時の対応や、効果的な活用のためのサポートは重要です。

  • カスタマーサポートの質と対応時間
  • 採用コンサルティングサービスの有無
  • トレーニングや説明会の実施状況

サイトの評判をチェックする

他社の利用経験は貴重な情報源です。

  • 口コミやレビューの確認
  • 業界内での評判
  • 実際の採用成功事例の有無

人材マッチングプラットフォームとサービスの選び方と最適なシステム導入方法についてでは、様々な人材マッチングサービスの特徴と選び方について詳しく解説しています。

おすすめの中途採用サイト10選

ここでは、経営者や採用担当者の方々に特におすすめの中途採用サイトを10選紹介します。各サイトの特徴を理解し、自社のニーズに合ったものを選択することが重要です。

1. リクナビNEXT

  • 特徴:大手企業から中小企業まで幅広い求人を掲載
  • 強み:豊富な求職者データベース、充実した検索機能
  • 適している業種:幅広い業種に対応

2. マイナビ転職

  • 特徴:若手〜中堅層の求職者が多い
  • 強み:業界別の特集やコンテンツが充実
  • 適している業種:IT、金融、メーカーなど

3. doda

  • 特徴:ハイクラス向けの求人が多い
  • 強み:詳細なスキルマッチング機能
  • 適している業種:管理職、専門職向け

4. エン転職

  • 特徴:求人企業の社風や雰囲気を詳しく紹介
  • 強み:口コミ情報が充実、企業研究に適している
  • 適している業種:中小企業、ベンチャー企業向け

5. ビズリーチ

  • 特徴:ハイクラス層向けのスカウト型サイト
  • 強み:直接スカウトを送れる、即戦力の獲得に適している
  • 適している業種:経営層、管理職向け

スカウトサービスとは?転職・中途採用におすすめの比較10選では、ビズリーチを含むスカウト型サイトの特徴と効果的な活用方法について詳しく解説しています。

6. Green

  • 特徴:IT・Web業界特化型
  • 強み:エンジニア、デザイナー、PM向けの詳細なスキル検索
  • 適している業種:IT、Web、スタートアップ

7. type

  • 特徴:ホワイトカラー向けの求人が多い
  • 強み:業界別の特集や分析レポートが充実
  • 適している業種:営業、事務、企画職など

8. Wantedly

  • 特徴:ビジョンや価値観でのマッチングを重視
  • 強み:企業の魅力を動画やストーリーで発信できる
  • 適している業種:スタートアップ、ベンチャー企業向け

9. Indeed

  • 特徴:世界最大級の求人検索エンジン
  • 強み:多様な求人情報を集約、コストパフォーマンスが高い
  • 適している業種:幅広い業種に対応

10. LinkedIn

  • 特徴:ビジネスSNSと連携した求人サイト
  • 強み:グローバル人材の獲得に適している、人脈を活かした採用が可能
  • 適している業種:外資系企業、グローバル展開を目指す企業向け

これらのサイトは、それぞれ独自の特徴や強みを持っています。自社の採用ニーズや対象となる人材層を考慮し、最適なサイトを選択することが重要です。

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説では、IT人材の採用に特化したサイトの選び方や活用方法について詳しく解説しています。

中途採用サイトの効果的な活用方法

中途採用サイトを選択した後は、そのサイトを効果的に活用することが重要です。以下に、主要なポイントを解説します。

求人情報の作成ポイント

魅力的な求人情報を作成することは、質の高い応募者を集めるための第一歩です。

  1. 具体的な職務内容の記載
  2. 求める経験やスキルの明確化
  3. 給与や福利厚生の詳細な説明
  4. 企業の強みや成長性のアピール
  5. 写真や動画の活用による視覚的訴求

求人広告の出し方と募集コツを徹底解説!では、効果的な求人広告の作成方法について詳しく解説しています。

効果的な求人広告の出し方

求人広告を効果的に出稿するためには、以下の点に注意が必要です:

  1. ターゲットに合わせたキーワード選定
  2. 適切な掲載期間の設定
  3. 閲覧数の多い時間帯での更新
  4. A/Bテストによる広告内容の最適化
  5. 複数サイトでの同時掲載による相乗効果の創出

求人広告の費用相場とは?効果を高める方法も解説では、費用対効果を最大化するための戦略について詳しく解説しています。

応募者管理システムの活用

多くの中途採用サイトは、応募者管理システムを提供しています。これを効果的に活用することで、採用プロセスを効率化できます。

  1. 応募者情報の一元管理
  2. 選考ステータスの追跡
  3. チーム内でのコミュニケーション機能の活用
  4. 面接スケジュールの調整
  5. 評価データの蓄積と分析

HRTechの全貌:カオスマップ、企業一覧、クラウド市場の実態と展望、リクルート、サービス、料金、口コミまで徹底解説では、最新のHRテクノロジーの動向と活用方法について解説しています。

反応を見ながら広告内容を調整する

求人広告の効果は常にモニタリングし、必要に応じて調整することが重要です。以下のポイントに注意しましょう:

  1. 応募数や閲覧数の定期的なチェック
  2. 競合他社の求人内容との比較
  3. 応募者からのフィードバックの収集と分析
  4. 市場動向や求職者のニーズの変化への対応
  5. 採用成功事例の分析と活用

エンジニア採用におけるKPIの重要性。採用KPIの設定方法やポイントなどを解説では、採用活動の効果測定と改善方法について詳しく解説しています。

採用成功のための面接準備

中途採用サイトを通じて応募してきた候補者との面接は、採用成功の鍵となります。以下の点に注意して準備を行いましょう:

  1. 候補者の経歴やスキルの事前確認
  2. 職務内容と求める人材像の明確化
  3. 構造化面接の実施
  4. 面接官のトレーニングと評価基準の統一
  5. フィードバックの迅速な提供

中途採用の面接でよく聞かれる質問とその回答例:成功するための質問回答集では、効果的な面接の進め方や質問例について詳しく解説しています。

中途採用サイトを利用するメリットとデメリット

中途採用サイトの利用には、様々なメリットとデメリットがあります。これらを理解し、適切に対応することで、より効果的な採用活動が可能になります。

メリット

  1. 幅広い人材プールへのアクセス
  2. 採用プロセスの効率化
  3. コストパフォーマンスの向上
  4. 企業ブランディングの機会
  5. データ分析による採用戦略の最適化

中途採用サイトは、企業と求職者をつなぐ重要なプラットフォームとして、効率的な人材獲得を可能にします。

デメリット

  1. 応募者の質にばらつきがある可能性
  2. 競合他社との差別化が難しい
  3. 個人情報管理のリスク
  4. 掲載コストの負担
  5. サイト依存度が高まるリスク

大手企業の中途採用は難しいのか?難易度、採用プロセス、面接対策、履歴書の書き方、必要な応募条件について徹底解説では、中途採用サイトを活用する際の課題と対策について詳しく解説しています。

メリットを最大限に活かす方法

  1. 複数のサイトを組み合わせて利用する
  2. 自社の強みを明確に打ち出した求人内容を作成する
  3. 応募者とのコミュニケーションを丁寧に行う
  4. データ分析を活用して継続的に改善を行う
  5. 採用サイトと自社の採用ページを連携させる

デメリットを補う対策

  1. スクリーニング基準を明確にし、効率的な選考を行う
  2. 独自の採用イベントや説明会を開催して差別化を図る
  3. 個人情報保護方針を明確にし、適切な管理を行う
  4. ROIを常に測定し、コスト対効果を最適化する
  5. 中途採用サイト以外の採用チャネルも併用する

採用KPIに関してのテンプレートはこちらでは、中途採用サイトの効果測定に役立つKPIテンプレートを提供しています。

実績ある中途採用サイトの成功事例

実際に中途採用サイトを活用して成功を収めた企業の事例を紹介します。これらの事例から、効果的な活用方法のヒントを得ることができるでしょう。

事例1: 大手IT企業の成功事例

ある大手IT企業は、エンジニア採用に特化した中途採用サイトを活用し、以下の施策を実施しました:

  1. 詳細なスキル要件を明記した求人広告の作成
  2. 企業の技術力や開発環境をアピールする動画コンテンツの活用
  3. オンラインコーディングテストの導入による効率的なスクリーニング
  4. 技術勉強会やハッカソンの開催情報を掲載し、企業文化をアピール

結果:応募数が前年比150%増加し、質の高いエンジニアの採用に成功しました。

エンジニア採用が難しい理由とその解決策:採用課題から成功法まで徹底解説では、IT企業のエンジニア採用における課題と解決策について詳しく解説しています。

事例2: 中小企業の成功事例

ある製造業の中小企業は、以下の戦略を実施しました:

  1. 地域密着型の中途採用サイトを活用
  2. 社長自らのメッセージビデオを求人ページに掲載
  3. 従業員の生の声や働き方改革の取り組みを詳細に紹介
  4. 工場見学会や職場体験の機会を提供

結果:地元での知名度が向上し、技術職の応募が増加。採用コストを30%削減しながら、定着率の高い人材の獲得に成功しました。

事例3: ベンチャー企業の成功事例

急成長中のベンチャー企業は、以下の施策を実施しました:

  1. スタートアップに特化した中途採用サイトを活用
  2. 企業のビジョンや成長戦略を前面に押し出した求人内容の作成
  3. 経営陣との直接面談の機会を提供
  4. ストックオプション制度など、ユニークな報酬制度をアピール

結果:ハイスキルな即戦力人材の採用に成功し、事業拡大のスピードが加速しました。

スタートアップが優秀な人材を獲得するための採用戦略:40代・30代の転職者に選ばれる企業になるにはでは、ベンチャー企業ならではの採用戦略について詳しく解説しています。

これらの事例から、企業の特性や目的に合わせた中途採用サイトの選択と活用が、採用成功の鍵となることがわかります。

中途採用サイトに頼らない採用方法も検討しよう

中途採用サイトは効果的なツールですが、これだけに頼るのではなく、他の採用方法も併用することで、より効果的な採用活動が可能になります。

採用方法

メリット

デメリット

補足情報

リファラル採用

• 定着率が高い
• 文化適合性が高い
• 採用コストが比較的低い

• 採用の多様性が低下する可能性がある
• 従業員間の人間関係に影響を与える可能性がある

スカウト返信率が4倍!カルチャーマッチも促進するリファラル採用で詳しく解説

ヘッドハンティング

• 特定のスキルや経験を持つ人材を狙って採用できる
• ハイレベルな人材にアプローチ可能

• コストが高い
• 時間がかかる場合がある

CTO採用募集(CxOなど)の求人案件の印象(ポジティブ、ネガティブ)、採用の進め方で経営層の採用方法を解説

ハローワークの活用

• 無料で利用できる
• 幅広い層にアプローチできる
• 地域密着型の採用に適している

• 高度なスキルを持つ人材の獲得が難しい場合がある
• 応募者の質にばらつきがある可能性がある

地方自治体の就職支援サービスと連携することで、より効果的な活用が可能

自社採用ページの効果的な運用

• コストを抑えられる
• 企業ブランディングに直結する
• 詳細な情報を提供できる

• 集客に別途施策が必要
• 継続的な更新と管理が必要

採用を加速する技術・採用広報の目的・進め方・メリットで採用広報戦略を解説

SNSを活用した採用

• 若年層へのリーチに効果的
• 企業文化を直接伝えやすい
• コストを抑えられる

• 運用に人的リソースが必要
• プライバシー管理に注意が必要

LinkedInやTwitterなどのプラットフォームを効果的に活用することが重要

採用イベントの開催

• 直接対話による相互理解が深まる
• 企業文化を体感してもらえる

• 準備に時間とコストがかかる
• 一度に多くの候補者と接触できない

エンジニア採用イベントの成功の秘訣とは?でイベント活用法を解説

リファラル採用

従業員の紹介による採用は、質の高い人材を獲得できる可能性が高いです。

  • メリット:定着率が高い、文化適合性が高い
  • デメリット:採用の多様性が低下する可能性がある

スカウト返信率が4倍!カルチャーマッチも促進するリファラル採用では、リファラル採用の効果と実施方法について詳しく解説しています。

ヘッドハンティング

専門のヘッドハンターを通じて、ハイレベルな人材を直接スカウトする方法です。

  • メリット:特定のスキルや経験を持つ人材を狙って採用できる
  • デメリット:コストが高い

CTO採用募集(CxOなど)の求人案件の印象(ポジティブ、ネガティブ)、採用の進め方では、ヘッドハンティングを含む経営層の採用方法について解説しています。

ハローワークの活用

公共職業安定所であるハローワークを活用する方法です。

  • メリット:無料で利用できる、幅広い層にアプローチできる
  • デメリット:高度なスキルを持つ人材の獲得が難しい場合がある

自社採用ページの効果的な運用

自社のウェブサイト上に設置する採用ページを充実させ、直接応募を促す方法です。

  • メリット:コストを抑えられる、企業ブランディングに直結する
  • デメリット:集客に別途施策が必要

採用を加速する技術・採用広報の目的・進め方・メリットでは、自社採用ページを活用した採用広報戦略について詳しく解説しています。

これらの方法を中途採用サイトと併用することで、より効果的で多角的な採用活動が可能になります。企業の規模や業種、採用ニーズに応じて、最適な組み合わせを見つけることが重要です。

まとめ

中途採用サイトは、効率的に優秀な人材を獲得するための重要なツールです。本記事では、中途採用サイトの選び方から効果的な活用方法、さらには補完的な採用手法まで幅広く解説しました。

適切なサイトの選択と戦略的な活用により、採用活動の質を大きく向上させることができます。一方で、中途採用サイトだけに頼らず、多様な採用チャネルを組み合わせることも重要です。

自社の特性や目標に合わせて、最適な採用戦略を構築し、継続的に改善を行うことが、長期的な採用成功につながるでしょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする