AI人材転職のポイントとは?利用サービス・採用事例を解説

Offers HR Magazine編集部 2024年7月10日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

近年、AI技術の急速な発展に伴い、AI人材の需要が急増しています。多くの企業がAI技術を活用して業務効率化や新サービスの開発を進める中、AI人材の転職市場も活況を呈しています。本記事では、AI人材の転職に関する最新情報や、転職成功のポイントを詳しく解説していきます。

AI人材の転職市場とは?

AI人材の転職市場は、現在非常に活気がある状態です。企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進やAI技術の導入拡大に伴い、AI人材の需要が急増しています。しかし、供給が追いついていない状況も見られ、人材獲得競争が激化しています。

AI人材の需要と供給

AI人材の需要は、大手企業からスタートアップまで幅広い業種で高まっています。特に、機械学習エンジニアやデータサイエンティストの求人が多く見られます。一方で、AI人材の供給は需要に追いついておらず、人材不足が顕著です。

経済産業省の調査によると、2030年には最大約79万人のIT人材が不足すると予測されています。この中にはAI人材も多く含まれており、今後さらなる人材不足が懸念されています。

AI人材に求められるスキル

AI人材に求められるスキルは、技術の進化とともに常に変化しています。主に以下のようなスキルが重視されています:

  • プログラミング言語(Python、R、JavaScriptなど)
  • 機械学習アルゴリズムの理解と実装
  • データ分析・統計
  • クラウドプラットフォーム(AWS、Azureなど)の活用
  • ディープラーニングフレームワーク(TensorFlow、PyTorchなど)の使用経験
  • ビジネス課題の理解と解決能力

これらのスキルを持つAI人材は、転職市場で高い評価を受けやすい傾向にあります。

AIエンジニアの求人状況

AIエンジニアの求人状況は、非常に活発です。多くの企業がAI技術の導入を進めており、それに伴いAIエンジニアの需要が高まっています。

OffersではAI/機械学習エンジニアの募集もできますので、ぜひお問合せください。

>>機械学習エンジニアの他社の求人はこちら

AIエンジニア求人の特徴

AIエンジニアの求人には、以下のような特徴が見られます:

  1. 高給与: AIエンジニアの年収は一般的なエンジニアよりも高い傾向にあります。経験や能力によっては、年収1,000万円を超える求人も珍しくありません。
  2. 幅広い業界: IT企業だけでなく、製造業、金融業、医療業など、様々な業界でAIエンジニアの求人が出ています。
  3. スキルの細分化: 機械学習、自然言語処理、コンピュータビジョンなど、専門分野ごとの求人が増えています。
  4. リモートワーク対応: 多くの企業がリモートワークを導入しており、場所を問わず働ける求人が増えています。

AIエンジニア求人の探し方

AIエンジニアの求人を探す際は、以下のような方法が効果的です:

中でも、ダイレクトリクルーティングは、AIエンジニアの転職において非常に効果的です。スカウトサービスを利用することで、自分のスキルや経験に合った求人を効率的に見つけることができます。

AI人材転職のメリットとデメリット

AI人材への転職を考える際、そのメリットとデメリットを十分に理解することが重要です。

メリット

  1. 高収入: AIエンジニアの年収は一般的に高く、キャリアアップの機会が多い。
  2. 需要の高さ: AI人材の需要は今後も増加が見込まれ、雇用の安定性が高い。
  3. 最先端技術への関与: 常に最新のテクノロジーに触れ、自己成長の機会が多い。
  4. 幅広い業界での活躍: 様々な業界でAI技術が活用されており、多様な選択肢がある。

デメリット

  1. 技術の進化速度: AI技術の進化が早く、常に学習を続ける必要がある。
  2. 高い期待: 企業からの期待が大きく、プレッシャーを感じやすい。
  3. 倫理的な課題: AI技術の利用に関する倫理的な問題に直面することがある。
  4. 専門性の高さ: 他の職種への転換が難しい場合がある。

これらのメリットとデメリットを十分に理解した上で、自身のキャリアプランに合わせて転職を検討することが大切です。

AI人材の転職成功事例

実際にAI人材として転職に成功した方々の事例を見てみましょう。これらの事例は、AI人材転職の実態を理解する上で参考になります。

事例1:未経験からAIエンジニアへの転身

Aさん(28歳、男性)は、営業職から未経験でAIエンジニアへの転職に成功しました。

  • バックグラウンド: 大学で統計学を学び、卒業後は営業職として3年勤務。
  • 転職の動機: AI技術に興味を持ち、より専門的なキャリアを築きたいと考えた。
  • 準備期間: 約1年間、オンライン講座でプログラミングと機械学習を独学。
  • 転職活動: AI特化型の転職エージェントを利用し、3社から内定を獲得。
  • 結果: 年収は前職比30%アップ。現在は機械学習モデルの開発に従事。

事例2:大手企業からAIスタートアップへの転職

Bさん(35歳、女性)は、大手企業のソフトウェアエンジニアからAIスタートアップへ転職しました。

  • バックグラウンド: コンピュータサイエンス専攻。大手IT企業で7年間勤務。
  • 転職の動機: より挑戦的な環境で、AIプロジェクトのリーダーを目指したいと考えた。
  • 準備期間: 業務外でAIプロジェクトに携わり、スキルを磨いた。
  • 転職活動: LinkedIn経由でスカウトを受け、2社と面接。
  • 結果: 年収は20%アップ。AIプロジェクトのリーダーとして活躍中。

これらの事例から、AI人材への転職では、自己学習やスキルアップの努力が重要であることがわかります。また、専門的な転職サービスやネットワーキングの活用が、転職成功の鍵となっています。

AI人材転職の注意点

AI人材として転職を考える際、いくつかの注意点があります。これらを意識することで、より良い転職先を見つけ、キャリアを成功させることができます。

1. スキルの過大評価に注意

AI技術は日々進化しており、自身のスキルレベルを客観的に評価することが重要です。求人要件と自身のスキルのギャップを正確に把握し、必要に応じて学習を重ねましょう。

2. 企業の技術レベルを確認

AI導入を謳う企業の中には、実際の技術レベルが期待と異なる場合があります。面接時に具体的なプロジェクト内容や使用技術について詳しく質問し、自身のキャリアプランと合致するか確認しましょう。

3. 倫理的な課題への対応

AI技術の利用には倫理的な問題が付きまといます。転職先の企業がAI倫理にどのように取り組んでいるか、自身の価値観と合致するかを確認することも重要です。

4. 継続的な学習の必要性

AI分野は技術の進化が速いため、常に新しい知識とスキルを習得し続ける必要があります。転職先が継続的な学習や成長の機会を提供しているか確認しましょう。

5. ワークライフバランスの考慮

AI開発は集中力を要する仕事であり、長時間労働になりがちです。転職先の労働環境や福利厚生をしっかりと確認し、自身のライフスタイルと合うか考慮しましょう。

AI人材の年収事情

AI人材の年収は、一般的なIT人材よりも高い傾向にあります。しかし、経験やスキルレベル、勤務先の規模などによって大きく異なります。

平均年収

AI人材の平均年収は、経験年数や役職によって以下のように推移する傾向があります:

  1. 未経験~3年未満: 400万円~600万円
  2. 3年~5年: 600万円~800万円
  3. 5年~10年: 800万円~1,200万円
  4. 10年以上: 1,000万円~1,500万円以上

ただし、これはあくまで平均的な数字であり、個人のスキルや実績、勤務先の企業規模などによって大きく変動します。

年収アップのためのポイント

AI人材として年収アップを目指すには、以下のようなポイントが重要です:

  1. 専門性の向上: 特定の分野(自然言語処理、コンピュータビジョンなど)で高度な専門性を身につける。
  2. プロジェクト実績の蓄積: 具体的な成果を上げたプロジェクトの実績を積み重ねる。
  3. 最新技術のキャッチアップ: 常に最新のAI技術やツールについて学習し、実践する。
  4. ビジネス貢献度の向上: AI技術をビジネス課題の解決にどう活かせるか、提案力を磨く。
  5. 資格取得: Google Cloud Professional Data EngineerやAWS Certified Machine Learning – Specialtyなどの資格を取得する。
  6. 英語力の向上: グローバルプロジェクトへの参加機会が増え、年収アップにつながる可能性が高まる。

これらのポイントを意識しながらキャリアを積み重ねることで、年収アップの可能性が高まります。

AI人材に必要な資格と経験

AI人材として評価を高め、キャリアアップするためには、適切な資格の取得と実践的な経験の積み重ねが重要です。

必須の資格とは

AI分野では、以下のような資格が評価されます:

  1. AWS Certified Machine Learning - Specialty: AWSのクラウド環境でのAI・機械学習の知識と実践力を証明する資格です。
  2. Google Cloud Professional Data Engineer: Googleのクラウドプラットフォームを使用したデータ処理とAI開発のスキルを認定します。
  3. TensorFlow Developer Certificate: Googleが提供する機械学習フレームワークTensorFlowの実践的なスキルを証明します。
  4. Certified Information Systems Security Professional (CISSP): AI開発におけるセキュリティの知識を示す重要な資格です。

これらの資格は、AIエンジニアとしての専門性と実力を客観的に示すものとして、転職市場で高く評価されます。

推奨される経験

資格に加えて、以下のような実践的な経験がAI人材として評価されます:

  1. 実際のAIプロジェクトへの参加: 企業内でのAIプロジェクトの経験や、オープンソースプロジェクトへの貢献が重要です。
  2. データ分析と機械学習モデルの構築: 大規模なデータセットを扱い、実用的な機械学習モデルを構築した経験が求められます。
  3. AI技術の最新動向のキャッチアップ: 学会やカンファレンスへの参加、論文の読解など、常に最新の技術動向を追いかける姿勢が重要です。
  4. ビジネス課題解決への適用: AI技術をビジネス課題の解決に適用した経験が、特に大手企業では重視されます。
  5. チームリーダーとしての経験: AIプロジェクトのリーダーとしてチームをまとめた経験は、キャリアアップに大きく寄与します。

これらの経験を積むことで、AI人材としての市場価値が高まり、より良い転職機会につながる可能性が高まります。

AI人材転職の成功事例

AI人材の転職市場が活況を呈する中、様々な成功事例が生まれています。ここでは、大手企業、ベンチャー企業、フリーランスとしての転職成功例を紹介します。

大手企業への転職事例

Cさん(32歳、男性)は、中小企業のデータアナリストから大手IT企業のAIエンジニアへ転職しました。

  • 転職の動機: より大規模なAIプロジェクトに携わりたいと考えた。
  • 準備: 業務外の時間を使って機械学習の最新技術を学習し、AWS認定資格を取得。
  • 転職活動: AIエンジニア向けのスカウトサービスを利用し、複数の大手企業からオファーを獲得。
  • 結果: 年収50%アップ。大規模な自然言語処理プロジェクトに参加。

ベンチャー企業への転職事例

Dさん(29歳、女性)は、大手SIerのプログラマーからAI特化型ベンチャー企業へ転職しました。

  • 転職の動機: AI技術を使った革新的なサービス開発に携わりたいと考えた。
  • 準備: 個人でAIを活用したアプリケーションを開発し、GitHubで公開。
  • 転職活動: テックカンファレンスでベンチャー企業のCTOと出会い、直接オファーを受ける。
  • 結果: 給与は若干ダウンしたが、ストックオプションを獲得。AI chatbotの開発リーダーに。

フリーランスとしての成功事例

Eさん(37歳、男性)は、大手メーカーのAI研究員からAIコンサルタントとしてフリーランスに転身しました。

  • 転職の動機: より多様なプロジェクトに携わり、work-life balanceを改善したいと考えた。
  • 準備: 業界内の人脈を広げ、副業でコンサルティング経験を積む。
  • 転職活動: LinkedInを活用し、直接クライアントを獲得。
  • 結果: 年収2倍以上に。複数の企業のAI戦略立案に携わる。

これらの事例から、AI人材の転職では、継続的な学習実践的なスキルの獲得が重要であることがわかります。また、人材マッチングプラットフォームの活用や、業界イベントへの参加など、積極的なネットワーキングも転職成功の鍵となっています。

AI業界の転職トレンド

AI業界の転職市場は日々変化しています。最新のトレンドを把握することで、より戦略的なキャリア選択が可能になります。

1. 生成AI人材の需要急増

ChatGPTやMidjourney等の登場により、生成AIに関する求人が急増しています。特に、大規模言語モデル(LLM)の開発や応用に関するスキルを持つエンジニアの需要が高まっています。

Offersでは生成AIに関連する求人を公開し、PM・エンジニア・デザイナーを募集できます。

>> 生成AI求人を見るならこちら

2. AIと他分野の融合

AI×医療、AI×金融、AI×農業など、AIと他分野を組み合わせた専門性を持つ人材の需要が増加しています。これらの領域では、ドメイン知識とAIスキルの両方を持つ人材が重宝されます。

3. リモートワークの一般化

コロナ禍を経て、AI人材のリモートワークが一般化しました。地理的制約にとらわれない働き方が可能になり、グローバルな転職機会が増加しています。

4. エシカルAIへの注目

AI倫理や公平性に関する知識を持つ人材の需要が高まっています。特に大手企業では、AIの社会的影響を理解し、責任ある開発ができる人材を求めています。

5. AI運用・保守人材の需要

AI開発だけでなく、デプロイ後の運用や保守を担当する人材の需要も増加しています。MLOps(機械学習オペレーション)のスキルを持つエンジニアが注目されています。

これらのトレンドを踏まえ、自身のキャリアパスを検討することが重要です。また、AI人材の採用・育成に関する最新情報も、転職活動の参考になるでしょう。

AI人材向けの転職エージェントの選び方

AI人材の転職では、専門性の高さゆえに一般的な転職エージェントではなく、IT・AI特化型のエージェントを選ぶことが重要です。以下、AI人材向け転職エージェントの選び方のポイントを解説します。

IT業界に特化したエージェント

AI分野は技術の進化が速いため、最新のトレンドや求人情報に精通したエージェントを選ぶことが重要です。IT業界に特化したエージェントは、以下のような利点があります:

  • AI関連の最新技術動向に詳しい
  • AI人材特有のスキルセットを理解している
  • AI関連企業とのコネクションが豊富

キャリアアップ支援が充実したエージェント

AI人材のキャリアパスは多様であり、単なる求人紹介だけでなく、長期的なキャリア設計のサポートが重要です。以下のような支援を提供するエージェントを選びましょう:

  • スキルアップのためのアドバイス
  • AI業界のキャリアパス情報の提供
  • 面接対策や履歴書・職務経歴書の添削サービス

リモートワーク対応のエージェント

AI人材の働き方は多様化しており、リモートワークの需要も高まっています。以下のような特徴を持つエージェントが適しています:

  • リモートワーク案件の豊富さ
  • オンライン面接のサポート
  • グローバル企業とのマッチング実績

おすすめの転職エージェント一覧

AI人材の転職に特化した主要なエージェントを紹介します。各エージェントの特徴を理解し、自身のニーズに合ったものを選びましょう。

  1. Offers エージェント
    • IT・Web業界特化型
    • スタートアップ・ベンチャーの案件が多く、他のエージェントより独自性が高い企業を紹介できる
    • 経験年数3年以上〜CxO/VPまで幅広くご紹介
  2. マイナビIT AGENT
    • 大手企業の求人が多い
    • AI・データサイエンス領域に強み
    • 年収交渉のサポートが手厚い
  3. ギークリー
    • ベンチャー企業の求人が豊富
    • キャリアアドバイザーが多い
    • スキルマッチングの精度が高い

まとめ

AI人材の転職市場は活況を呈していますが、同時に競争も激しくなっています。本記事で紹介した転職のポイントや注意点を踏まえ、自身のキャリアプランを慎重に検討することが重要です。

継続的な学習とスキルアップ、そして適切な転職エージェントの選択により、AI業界でのキャリアアップを実現してください。AIエンジニアを目指す方々の成功を心よりお祈りしています。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする