SES契約とは?エンジニア派遣との違いやメリットを解説

Offers HR Magazine編集部 2024年6月29日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。IT業界で注目を集めるSES(システムエンジニアリングサービス)契約。

その仕組みや特徴、エンジニア派遣との違いについて、本記事で詳しく解説していきます。

SES契約の活用を検討している企業の方や、SESエンジニアとしての就業を考えている方は、ぜひ最後までお読みください。

SES契約とは何か

SES契約は、IT業界において重要な役割を果たす契約形態の一つです。ここでは、SES契約の基本的な定義、他の契約形態との違い、そしてその特徴について詳しく見ていきましょう。

SESの基本定義

SESとは、System Engineering Serviceの略称で、日本語では「システムエンジニアリングサービス」と訳されます。SES契約の基本的な定義は以下の通りです:

  1. エンジニアの技術力を提供するサービス契約
  2. クライアント企業の指示のもと、業務を遂行する
  3. 契約期間は比較的長期(3ヶ月〜1年程度が多い)
  4. 技術者の常駐が基本

SES契約は、エンジニアの技術力を必要とする企業に対して、適切な人材を提供するサービス契約です。SES企業は、クライアント企業のニーズに合わせてエンジニアを選定し、派遣します。

SESとは?エンジニア派遣のメリット・デメリットと見分け方では、SES契約の基本的な仕組みや特徴について詳しく解説されています。

SES契約と他の契約形態の違い

SES契約は、他の契約形態と似ている部分がありながらも、独自の特徴を持っています。主な違いは以下の通りです:

  1. 派遣契約との違い:
    • SES契約:民法の業務委託契約に基づく
    • 派遣契約:労働者派遣法に基づく
  2. 請負契約との違い:
    • SES契約:クライアント企業の指示のもと業務を遂行
    • 請負契約:成果物の納品が目的
  3. 準委任契約との違い:
    • SES契約:エンジニアの技術力提供が主目的
    • 準委任契約:より幅広い業務委託が可能

これらの違いを理解することで、SES契約の特徴がより明確になります。

SES契約の特徴

SES契約には、以下のような特徴があります:

  1. 柔軟性:クライアント企業のニーズに応じて、柔軟に人材を提供できる
  2. 専門性:高度な技術力を持つエンジニアを必要な期間だけ確保できる
  3. コスト効率:正社員雇用に比べて、人件費の変動費化が可能
  4. リスク分散:プロジェクトの成否に関わらず、契約期間中の人材確保が可能
  5. スピード感:必要なスキルを持つエンジニアをすぐに確保できる

これらの特徴により、SES契約は多くの企業にとって魅力的な選択肢となっています。経済産業省の調査によると、2030年には最大約79万人のIT人材が不足すると予測されており、このような状況下でSES契約の重要性はますます高まっていくでしょう。

SES契約のメリット

SES契約には、企業にとって多くのメリットがあります。ここでは、SES契約の主なメリットについて詳しく見ていきましょう。

柔軟な人材の確保

SES契約の最大のメリットの一つは、柔軟な人材確保が可能な点です:

  1. 必要な期間だけ確保:プロジェクトの期間に合わせて、必要な期間だけエンジニアを確保できます。
  2. スキルセットの柔軟な調整:プロジェクトの要件に応じて、必要なスキルを持つエンジニアを選択できます。
  3. 人員の増減が容易:プロジェクトの規模に応じて、柔軟に人員を増減させることができます。
  4. 即戦力の投入:経験豊富なエンジニアをすぐにプロジェクトに投入できます。

この柔軟性は、特に変化の激しいIT業界において大きな強みとなります。エンジニア採用が難しい理由とその解決策:採用課題から成功法まで徹底解説では、IT人材の確保の難しさとその対策について詳しく解説されています。

コストの効率化

SES契約を活用することで、以下のようなコスト効率化が可能です:

  1. 固定費の変動費化:正社員雇用に比べて、人件費を変動費として管理できます。
  2. 採用コストの削減:エンジニアの採用や教育にかかるコストを削減できます。
  3. オフィススペースの節約:常駐型の場合、自社のオフィススペースを節約できます。
  4. スケールメリット:SES企業の持つ人材プールを活用することで、効率的な人材確保が可能です。

コスト効率化は、企業の競争力強化につながる重要な要素です。

専門的なスキルの活用

SES契約を通じて、高度な専門スキルを持つエンジニアを活用できます:

  1. 最新技術への対応:急速に進化するIT技術に精通したエンジニアを確保できます。
  2. 特定分野のエキスパート:AI、ブロックチェーン、セキュリティなど、特定分野に特化したエキスパートを活用できます。
  3. 幅広い経験の活用:様々なプロジェクトを経験したエンジニアのノウハウを活用できます。
  4. 技術的な課題解決:高度な技術的課題に対して、専門家の知見を得られます。

エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドでは、エンジニアのスキル評価について詳しく解説されています。

社内リソースの最適化

SES契約を活用することで、社内リソースを最適化できます:

  1. コア業務への集中:社内のエンジニアをコア業務に集中させることができます。
  2. プロジェクト管理の効率化:SES企業のマネジメント機能を活用し、プロジェクト管理を効率化できます。
  3. 技術力の補完:社内に不足している技術力をSESエンジニアで補完できます。
  4. 社内エンジニアの育成:SESエンジニアとの協業を通じて、社内エンジニアのスキルアップを図れます。

社内リソースの最適化は、企業の生産性向上に直結します。

リスクの低減

SES契約は、以下のようなリスク低減効果があります:

  1. 雇用リスクの軽減:正社員雇用に比べて、雇用に関するリスクを軽減できます。
  2. 技術的なリスク分散:最新技術に対応したエンジニアを確保することで、技術的なリスクを分散できます。
  3. プロジェクト失敗のリスク軽減:経験豊富なエンジニアを投入することで、プロジェクト失敗のリスクを軽減できます。
  4. 人材流出のリスク軽減:社内のコアメンバーの流出リスクを軽減できます。

SES契約を活用することで、企業は柔軟性を確保しつつ、様々なリスクを軽減することができます。これらのメリットを最大限に活かすことで、企業の競争力強化につながるでしょう。

SES契約のデメリット

SES契約には多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。ここでは、SES契約の主なデメリットについて詳しく見ていきましょう。

成果物に対する保証がない

SES契約の大きなデメリットの一つは、成果物に対する保証がないことです:

  1. 責任の所在が不明確:プロジェクトの成果に対する責任の所在が曖昧になりがちです。
  2. 品質管理の難しさ:成果物の品質を保証する仕組みが契約に含まれていません。
  3. プロジェクト管理の負担:成果物の管理や進捗管理は、クライアント企業側の責任となります。
  4. リスクの偏り:プロジェクトの成否に関するリスクは、主にクライアント企業側が負うことになります。

このデメリットを軽減するためには、SES企業との綿密なコミュニケーションと、社内での厳格なプロジェクト管理が不可欠です。

指揮系統の混乱

SES契約では、指揮系統が複雑になりがちです:

  1. 二重の指揮命令:SES企業とクライアント企業の両方から指示を受ける可能性があります。
  2. コミュニケーションの齟齬:SES企業、クライアント企業、エンジニアの三者間でのコミュニケーションミスが発生しやすいです。
  3. 責任範囲の不明確さ:誰がどこまでの責任を持つのか、不明確になりがちです。
  4. チームワークの難しさ:社内のエンジニアとSESエンジニアの間でチームワークを築くのが難しい場合があります。

マネージャーとしてやってよかったことを教えてくださいでは、複雑な指揮系統下でのマネジメントについて、実際の経験者の声が紹介されています。

コスト管理の難しさ

SES契約では、以下のような理由でコスト管理が難しくなることがあります:

  1. 予算オーバーのリスク:プロジェクトが長引くと、予想以上のコストがかかる可能性があります。
  2. 追加コストの発生:仕様変更や追加開発が発生した場合、予想外のコストが発生することがあります。
  3. 単価の変動:エンジニアのスキルレベルや市場の需給バランスにより、単価が変動する可能性があります。
  4. 隠れたコスト:管理工数や社内リソースの消費など、見えにくいコストが発生することがあります。

コスト管理の難しさに対処するためには、綿密な予算計画と定期的なコスト見直しが重要です。

トラブルのリスク

SES契約特有のトラブルリスクも存在します:

  1. 契約解釈の相違:SES契約の解釈をめぐって、クライアント企業とSES企業の間で見解の相違が生じる可能性があります。
  2. 知的財産権の問題:成果物の知的財産権の帰属について、トラブルが発生する可能性があります。
  3. 機密情報の漏洩リスク:外部のエンジニアが社内情報にアクセスすることによる情報漏洩のリスクがあります。
  4. 労働問題:SESエンジニアの労働条件をめぐって、トラブルが発生する可能性があります。

IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチでは、トラブル防止のための人材育成について詳しく解説されています。

人材の流動性

SES契約では、人材の流動性が高いことがデメリットとなる場合があります:

  1. ノウハウの蓄積が難しい:プロジェクト終了とともにエンジニアが離れてしまうため、ノウハウの蓄積が難しくなります。
  2. チーム力の構築が困難:メンバーの入れ替わりが頻繁なため、強固なチーム力を構築するのが難しいです。
  3. プロジェクトの継続性の課題:長期プロジェクトの場合、人材の交代によってプロジェクトの継続性が損なわれる可能性があります。
  4. 技術の一貫性の維持が困難:エンジニアの交代により、技術の一貫性を保つのが難しくなることがあります。
  5. 社内文化への馴染みにくさ:短期間の契約では、SESエンジニアが社内文化に馴染むのに時間がかかる場合があります。

エンジニア・PMのリモートワークや働き方に関する声では、エンジニアの流動性と働き方の関係について、実際の現場の声が紹介されています。

これらのデメリットを認識し、適切に対処することが、SES契約を成功させるための鍵となります。次のセクションでは、SES契約と派遣契約の違いについて詳しく見ていきましょう。

SES契約と派遣契約の違い

SES契約と派遣契約は、一見似ているように見えますが、重要な違いがあります。ここでは、SES契約と派遣契約の主な違いについて詳しく見ていきましょう。

指揮命令権の違い

SES契約と派遣契約では、指揮命令権の所在が異なります:

  1. SES契約:
    • 形式上はSES企業に指揮命令権がありますが、実質的にはクライアント企業が業務指示を行います。
    • クライアント企業は、プロジェクトの遂行に必要な範囲で業務指示を行うことができます。
  2. 派遣契約:
    • クライアント企業に指揮命令権があります。
    • クライアント企業は、派遣社員に対して直接的な業務指示を行うことができます。

この違いは、労働者の法的な位置づけや、クライアント企業の責任範囲に影響を与えます。人材派遣会社とは?仕組みから選び方まで徹底解説では、派遣契約の特徴について詳しく解説されています。

契約期間と更新の違い

契約期間と更新に関しても、SES契約と派遣契約には違いがあります:

  1. SES契約:
    • 契約期間は比較的長期(3ヶ月〜1年程度が多い)
    • 契約更新の制限はありませんが、長期にわたる場合は偽装請負のリスクがあります。
  2. 派遣契約:
    • 原則として最長3年(一部例外あり)
    • 3年を超える場合、直接雇用の申し込みが義務付けられています。

SES契約は、長期的なプロジェクトに適している一方で、派遣契約は法令による期間制限があることを理解しておく必要があります。

報酬の違い

報酬の設定方法も、SES契約と派遣契約では異なります:

  1. SES契約:
    • 通常、エンジニアの稼働時間に応じて報酬が決定されます。
    • スキルレベルや経験に応じて、時給や日給が設定されることが多いです。
  2. 派遣契約:
    • 派遣料金として、派遣元企業に支払います。
    • 派遣社員の給与は、派遣元企業が決定します。

SES契約では、エンジニアのスキルや経験に応じて柔軟な報酬設定が可能です。一方、派遣契約では、派遣元企業との交渉が中心となります。

中途採用の給料設計: 新卒との比較、基本給の決定方法、給与交渉のポイントでは、IT業界における給与設計の考え方について詳しく解説されています。

これらの違いを理解することで、プロジェクトの性質や企業のニーズに合わせて、SES契約と派遣契約を適切に選択することができます。次のセクションでは、SES契約と請負契約の違いについて見ていきましょう。

SES契約と請負契約の違い

SES契約と請負契約は、どちらも外部リソースを活用する方法ですが、重要な違いがあります。ここでは、SES契約と請負契約の主な違いについて詳しく見ていきましょう。

成果物に対する責任の違い

SES契約と請負契約では、成果物に対する責任の所在が大きく異なります:

  1. SES契約:
    • 成果物に対する責任は、基本的にクライアント企業側にあります。
    • SES企業は、エンジニアの技術力を提供することが主な責務です。
  2. 請負契約:
    • 成果物に対する責任は、請負企業側にあります。
    • 契約で定められた仕様を満たす成果物を納品する義務があります。

この違いは、プロジェクトの管理方法や、トラブル発生時の対応に大きな影響を与えます。エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説では、プロジェクト管理と人材活用の関係について詳しく解説されています。

報酬の違い

報酬の設定方法も、SES契約と請負契約では大きく異なります:

  1. SES契約:
    • 通常、エンジニアの稼働時間に応じて報酬が決定されます。
    • 月単位や日単位での精算が一般的です。
  2. 請負契約:
    • 成果物に対して、一括で報酬が決定されます。
    • プロジェクトの規模や難易度に応じて、報酬が設定されます。

SES契約では、プロジェクトの進行に応じて柔軟にコストを管理できる一方、請負契約では、成果物が完成するまでのコストが明確になります。

契約の法律的な違い

SES契約と請負契約は、法律的な位置づけも異なります:

  1. SES契約:
    • 民法の準委任契約に基づきます。
    • エンジニアの労務提供そのものが契約の目的となります。
  2. 請負契約:
    • 民法の請負契約に基づきます。
    • 完成した成果物の引き渡しが契約の目的となります。

この法律的な違いは、契約書の作成や、トラブル発生時の対応に影響を与えます。経営戦略とは?成功する企業の羅針盤では、法律的な観点も含めた経営戦略の立て方について解説されています。

SES契約と請負契約の違いを理解することで、プロジェクトの性質や目的に合わせて適切な契約形態を選択することができます。次のセクションでは、SES契約を結ぶ際の注意点について見ていきましょう。

SES契約を結ぶ際の注意点

SES契約を結ぶ際には、いくつかの重要な注意点があります。ここでは、SES契約を成功させるための主要なポイントについて詳しく見ていきましょう。

契約書のチェックポイント

SES契約書には、以下の点を必ず含めるようにしましょう:

  1. 業務内容の明確化:エンジニアが行う業務の範囲を具体的に記載します。
  2. 契約期間の明示:開始日と終了日を明確に記載します。
  3. 報酬の算定方法:時給や日給、月額など、報酬の計算方法を明記します。
  4. 機密保持条項:機密情報の取り扱いに関する規定を含めます。
  5. 知的財産権の帰属:成果物の知的財産権の帰属先を明確にします。
  6. 契約解除の条件:どのような場合に契約を解除できるか、明記します。

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法では、人材採用に関する契約上の注意点についても触れられています。

指揮命令の範囲を明確にする

SES契約では、指揮命令の範囲を明確にすることが重要です:

  1. クライアント企業の権限:どこまでの指示をクライアント企業が出せるか、明確にします。
  2. SES企業の役割:SES企業がどのような形で関与するか、明記します。
  3. エンジニアの裁量:エンジニアにどの程度の裁量を与えるか、決めておきます。
  4. 報告ラインの設定:誰に対して、どのような報告を行うか、明確にします。

指揮命令の範囲を明確にすることで、トラブルを未然に防ぐことができます。

契約期間の設定

SES契約の期間設定には、以下の点に注意が必要です:

  1. プロジェクトの規模に応じた期間設定:プロジェクトの内容に合わせて適切な期間を設定します。
  2. 更新条件の明確化:契約更新の条件や手続きを事前に決めておきます。
  3. 中途解約の条件:やむを得ない事情で契約を中途解約する場合の条件を明記します。
  4. 試用期間の設定:必要に応じて、短期の試用期間を設けることを検討します。

中途採用の入社日に関する完全ガイド:挨拶から入社日変更までの全てのポイントでは、契約開始日の設定に関する注意点が解説されています。

報酬の設定方法

SES契約における報酬の設定には、以下の点に注意が必要です:

  1. 市場相場の把握:エンジニアのスキルレベルに応じた適切な報酬を設定します。
  2. 報酬の計算方法:時給制、日給制、月給制のいずれかを選択し、明確に記載します。
  3. 超過勤務の扱い:残業や休日出勤が発生した場合の報酬計算方法を決めておきます。
  4. 経費の扱い:交通費や機材費など、付随する経費の取り扱いを明確にします。

デジタル人材採用の調査 2023 採用観点編〜積極採用しているスキルレベルについてミドル層と答えた方が84.0%〜では、IT人材の報酬設定に関する最新のトレンドが紹介されています。

トラブル防止のための対策

SES契約に関するトラブルを防ぐため、以下の対策を講じることが重要です:

  1. 定期的な進捗報告:プロジェクトの進捗状況を定期的に確認する仕組みを作ります。
  2. コミュニケーションルールの設定:クライアント企業、SES企業、エンジニア間のコミュニケーション方法を明確にします。
  3. 問題解決プロセスの確立:トラブルが発生した際の対応手順を事前に決めておきます。
  4. 契約内容の定期的な見直し:プロジェクトの進行に応じて、契約内容を適宜見直します。

エンジニア採用ができない企業の特徴:採用プロセスから企業文化、給与体系まで徹底解析では、エンジニアとのトラブル防止策についても触れられています。

これらの注意点を押さえることで、SES契約に関するリスクを最小限に抑え、より効果的な人材活用が可能になります。次のセクションでは、SES契約の未来と展望について見ていきましょう。

SES契約の未来と展望

SES契約は、IT業界の急速な変化に伴い、その形態や役割も進化し続けています。ここでは、SES契約の現状と将来、技術革新による影響、そして企業戦略としてのSES契約の活用について詳しく見ていきましょう。

SES契約の現状と将来

SES契約の現状と将来について、以下のような傾向が見られます:

  1. 需要の増加:経済産業省の調査によると、2030年には最大約79万人のIT人材が不足すると予測されています。この状況下で、SES契約の需要は今後も増加していくと考えられます。
  2. 契約形態の多様化:従来の常駐型SESだけでなく、リモートワークを前提としたSES契約など、より柔軟な形態が増えています。
  3. スキルの高度化:AI、ブロックチェーン、IoTなど、より専門性の高い分野でのSES契約が増加しています。
  4. グローバル化:海外のエンジニアとのSES契約や、グローバルプロジェクトでのSES活用が増えています。
  5. 長期的パートナーシップ:単発のプロジェクトだけでなく、長期的な戦略的パートナーとしてSES企業を活用する傾向が強まっています。

スタートアップのステージごとの成長戦略では、成長段階に応じたIT人材の活用方法について詳しく解説されています。

技術革新による影響

技術革新は、SES契約のあり方に大きな影響を与えています:

  1. リモートワークの普及:COVID-19の影響もあり、リモートでのSES契約が一般的になっています。これにより、地理的な制約が減少し、より広範囲からの人材確保が可能になっています。
  2. AIの活用:AIを活用したマッチングシステムにより、より適切なエンジニアと案件のマッチングが可能になっています。
  3. クラウドサービスの発展:クラウドベースの開発環境の普及により、SESエンジニアの働き方がより柔軟になっています。
  4. セキュリティ技術の進歩:高度なセキュリティ技術により、リモートワーク下でも機密情報を安全に扱えるようになっています。
  5. 自動化ツールの進化:プロジェクト管理や進捗報告の自動化により、SES契約の管理が効率化されています。

ウェルビーイング経営とは?社員の満足、生産性とのつながりを徹底解説では、技術革新がIT人材の働き方に与える影響について詳しく解説されています。

企業の戦略としてのSES契約の活用

多くの企業が、戦略的にSES契約を活用するようになっています:

  1. デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進:DXを加速させるために、専門性の高いSESエンジニアを活用する企業が増えています。
  2. イノベーションの促進:社内のイノベーションを促進するために、外部のSESエンジニアの知見を活用する動きが広がっています。
  3. コスト最適化:固定費を抑えつつ、必要な時に必要なスキルを確保する手段としてSES契約を活用する企業が増えています。
  4. リスク分散:プロジェクトのリスクを分散させる手段として、SES契約を戦略的に活用する企業が増えています。
  5. グローバル展開の支援:海外展開を視野に入れた際に、グローバルな経験を持つSESエンジニアを活用する企業が増えています。

経営計画の立て方は?スタートアップ5か年計画のポイントと良品計画の中途採用戦略では、SES契約を含めた人材戦略の立て方について詳しく解説されています。

SES契約は、IT業界の変化と共に進化を続けており、今後も企業の人材戦略において重要な役割を果たしていくでしょう。

技術革新や市場の変化に柔軟に対応しながら、SES契約を効果的に活用していくことが、企業の競争力強化につながります。

まとめ

SES契約は、IT人材の確保と活用において重要な選択肢の一つです。

その特徴や他の契約形態との違い、メリット・デメリット、注意点などを深く理解することで、より効果的な活用が可能になります。

技術革新や市場の変化に応じてSES契約の形態も進化しており、今後もIT業界において重要な役割を果たしていくでしょう。

企業は自社の状況やニーズに合わせて、SES契約を戦略的に活用していくことが求められます。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする