SESとは?エンジニア派遣のメリット・デメリットと見分け方

Offers HR Magazine編集部 2024年6月29日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。IT業界で頻繁に耳にする「SES」という言葉。

その意味や特徴、他の業務形態との違いについて、本記事で詳しく解説していきます。SESでの就業を考えているエンジニアの方や、SESを活用しようと考えている企業の方は、ぜひ最後までお読みください。

SESとは何か?

SESという言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。しかし、その正確な意味や特徴については、意外と知られていないかもしれません。ここでは、SESの定義や特徴、契約形態などについて詳しく見ていきましょう。

System Engineering Serviceの定義と特徴

SESとは、System Engineering Serviceの略称です。日本語では「システムエンジニアリングサービス」と訳されます。SESの主な特徴は以下の通りです:

  1. エンジニアの技術力を提供するサービス
  2. クライアント企業の指示のもと、業務を遂行する
  3. 契約期間は比較的長期(3ヶ月〜1年程度が多い)
  4. 技術者の常駐が基本

SESは、エンジニアの技術力を必要とする企業に対して、適切な人材を提供するサービスです。SES企業は、クライアント企業のニーズに合わせてエンジニアを選定し、派遣します。

SESの利用が増加している背景には、IT人材の不足があります。経済産業省の調査によると、2030年には最大約79万人のIT人材が不足すると予測されています。このような状況下で、SESは企業のIT人材確保の重要な手段となっているのです。

SESの契約形態と指揮命令権

SESの契約形態は、一般的に以下のような流れになります:

  1. SES企業とクライアント企業が業務委託契約を結ぶ
  2. SES企業がエンジニアを雇用
  3. エンジニアがクライアント企業に常駐して業務を行う

ここで重要なのは、指揮命令権の所在です。SESの場合、形式上はSES企業に指揮命令権がありますが、実質的にはクライアント企業が業務指示を行います。この点が、後述する他の業務形態との大きな違いとなります。

SESの契約形態は、エンジニアにとっては安定した雇用を得られるメリットがある一方で、クライアント企業の意向に左右されやすいというデメリットもあります。

SESと似た業務形態との比較

SESと似た業務形態として、派遣や請負、フリーランスなどがあります。これらとSESの主な違いは以下の通りです:

  1. 派遣:労働者派遣法の適用を受ける。指揮命令権はクライアント企業にある。
  2. 請負:成果物の納品が目的。指揮命令権は請負企業にある。
  3. フリーランス:個人事業主として働く。契約形態は様々。

SESは、これらの業務形態の特徴を部分的に併せ持つ形態と言えるでしょう。例えば、派遣と同様にクライアント企業の指示を受けて業務を行いますが、労働者派遣法の適用は受けません。

人材派遣会社とは?仕組みから選び方まで徹底解説では、派遣会社の仕組みについて詳しく解説されています。SESと派遣の違いを理解する上で、参考になる情報が多く含まれています。

SESと他の業務形態の違い

SESは、他の業務形態と似ている部分がありながらも、独自の特徴を持っています。ここでは、SESと他の主な業務形態との違いについて、詳しく見ていきましょう。

SESと派遣契約の違い

SESと派遣契約は、エンジニアがクライアント企業に常駐して業務を行うという点で似ています。しかし、以下のような重要な違いがあります:

  1. 法的根拠:
    • SES:民法の業務委託契約
    • 派遣:労働者派遣法
  2. 指揮命令権:
    • SES:形式上はSES企業、実質的にはクライアント企業
    • 派遣:クライアント企業
  3. 契約期間:
    • SES:比較的長期(3ヶ月〜1年程度が多い)
    • 派遣:原則3年まで(一部例外あり)
  4. 業務内容:
    • SES:主にIT関連業務
    • 派遣:あらゆる業種・職種

SESは派遣と比べて、より専門的なIT人材の提供に特化したサービスと言えるでしょう。また、労働者派遣法の規制を受けないため、クライアント企業にとってはより柔軟な人材活用が可能です。

SESと請負契約の違い

SESと請負契約は、共に業務委託契約の一種ですが、以下のような違いがあります:

  1. 業務の進め方:
    • SES:クライアント企業の指示に従う
    • 請負:請負企業の裁量で業務を進める
  2. 成果物:
    • SES:必ずしも明確な成果物を定めない
    • 請負:明確な成果物を定める
  3. リスク負担:
    • SES:クライアント企業が負担
    • 請負:請負企業が負担
  4. 単価の決め方:
    • SES:エンジニアの稼働時間に応じて決定
    • 請負:成果物に対して一括で決定

SESは、請負契約と比べてクライアント企業の要望に柔軟に対応できるという特徴があります。一方で、請負契約の方が成果物や責任の所在が明確になるというメリットがあります。

SESと委任契約の違い

SESと委任契約は、共にクライアント企業の指示に従って業務を行うという点で似ていますが、以下のような違いがあります:

  1. 契約の性質:
    • SES:業務委託契約の一種
    • 委任:民法上の典型契約
  2. 業務の範囲:
    • SES:主にIT関連業務
    • 委任:幅広い業務(法律事務、医療行為など)
  3. 責任の所在:
    • SES:クライアント企業が負う
    • 委任:受任者(業務を行う側)が負う
  4. 報酬の支払い:
    • SES:稼働時間に応じて
    • 委任:成功報酬型も可能

SESは、委任契約と比べてより具体的な業務内容や条件を定めやすいという特徴があります。一方で、委任契約の方が受任者の裁量が大きいというメリットがあります。

SESとSIerの違い

SESとSIer(システムインテグレーター)は、共にIT関連のサービスを提供しますが、以下のような違いがあります:

  1. サービスの範囲:
    • SES:人材の提供が主
    • SIer:システムの企画から開発、運用までトータルで提供
  2. 契約形態:
    • SES:業務委託契約
    • SIer:請負契約が多い
  3. プロジェクト管理:
    • SES:クライアント企業が行う
    • SIer:SIer自身が行う
  4. リスク負担:
    • SES:クライアント企業が負担
    • SIer:SIerが負担

SESは、クライアント企業のプロジェクトに必要な人材を提供することに特化したサービスです。一方、SIerはプロジェクト全体の管理や成果物の品質に責任を持ちます。

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説では、IT人材の採用戦略について詳しく解説されています。SESやSIerなど、様々な形態でIT人材を活用する際の参考になるでしょう。

SESエンジニアの業務内容と必要なスキル

SESエンジニアは、クライアント企業のプロジェクトに応じて様々な役割を担います。ここでは、SESエンジニアの主な業務内容と、それぞれの役割に必要なスキルについて見ていきましょう。

システムエンジニアとしての役割

システムエンジニア(SE)は、クライアント企業のニーズを理解し、システム全体の設計や開発の管理を行います。主な業務内容と必要なスキルは以下の通りです:

  1. 業務内容:
    • 要件定義
    • システム設計
    • プロジェクト管理
    • クライアントとの折衝
  2. 必要なスキル:
    • コミュニケーション能力
    • 論理的思考力
    • プロジェクトマネジメントスキル
    • 幅広い技術知識

SEは、技術的なスキルだけでなく、ビジネス視点での判断力も求められます。クライアント企業の業務プロセスを理解し、最適なシステムを提案する能力が重要です。

プログラマーとしての役割

プログラマーは、システムの実装を担当します。具体的なコードを書き、動作するソフトウェアを作成します。主な業務内容と必要なスキルは以下の通りです:

  1. 業務内容:
    • コーディング
    • ユニットテスト
    • デバッグ
    • ドキュメント作成
  2. 必要なスキル:
    • プログラミング言語の知識(Java, Python, C# など)
    • アルゴリズムとデータ構造の理解
    • バージョン管理システムの使用経験
    • コードレビューのスキル

プログラマーには、高い技術力と細部へのこだわりが求められます。また、新しい技術やツールへの適応力も重要です。

テスターとしての役割

テスターは、開発されたシステムの品質を確保するために、様々なテストを行います。主な業務内容と必要なスキルは以下の通りです:

  1. 業務内容:
    • テスト計画の作成
    • テストケースの設計
    • テストの実施
    • バグの報告と追跡
  2. 必要なスキル:
    • テスト技法の知識
    • 論理的思考力
    • 細部への注意力
    • コミュニケーション能力

テスターは、ユーザーの視点に立ってシステムを評価する能力が求められます。また、開発者とのコミュニケーションを円滑に行い、効率的にバグを修正していく能力も重要です。

ネットワークエンジニアとしての役割

ネットワークエンジニアは、企業のネットワークインフラの設計、構築、運用を担当します。主な業務内容と必要なスキルは以下の通りです:

  1. 業務内容:
    • ネットワーク設計
    • ネットワーク機器の設定
    • セキュリティ対策
    • トラブルシューティング
  2. 必要なスキル:
    • ネットワークプロトコルの知識
    • ネットワーク機器の操作スキル
    • セキュリティに関する知識
    • 障害対応能力

ネットワークエンジニアには、常に最新の技術動向を把握し、適切なソリューションを提案する能力が求められます。また、障害発生時の迅速な対応力も重要です。

インフラエンジニアとしての役割

インフラエンジニアは、システムを動かすための基盤(サーバー、ストレージなど)の設計、構築、運用を担当します。主な業務内容と必要なスキルは以下の通りです:

  1. 業務内容:
    • サーバー・ストレージの設計と構築
    • クラウド環境の構築と運用
    • 性能チューニング
    • 障害対応と復旧
  2. 必要なスキル:
    • OS(Linux, Windows Server など)の知識
    • 仮想化技術の理解
    • クラウドサービス(AWS, Azure, GCP など)の経験
    • 自動化ツール(Ansible, Terraform など)の使用経験

インフラエンジニアには、システム全体を俯瞰する視点と、細部にわたる技術的な知識が求められます。また、セキュリティやコスト最適化の観点も重要です。

エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドでは、エンジニアに求められるスキルや評価基準について詳しく解説されています。

SESエンジニアとしてのキャリアを考える上で、非常に参考になる情報が含まれています。

SESエンジニアのメリットとデメリット

SESエンジニアとして働くことには、様々なメリットとデメリットがあります。ここでは、SESエンジニアの立場からそれらを詳しく見ていきましょう。

SESエンジニアとして働くメリット

  1. 多様な経験を積める: SESエンジニアは、複数のクライアント企業のプロジェクトに携わることができます。これにより、様々な業界や技術に触れる機会が得られ、幅広いスキルを身につけることができます。
  2. 最新技術に触れやすい: クライアント企業のプロジェクトによっては、最新の技術やツールを使用する機会が多くあります。これは、技術力の向上や市場価値の維持に繋がります。
  3. 比較的安定した雇用: SES企業に正社員として雇用されるため、フリーランスと比べて雇用が安定しています。また、プロジェクト間の空白期間も給与が保証されることが多いです。
  4. スキルに応じた報酬: 技術力や経験に応じて単価が上がりやすく、スキルアップの努力が報酬に反映されやすい傾向があります。
  5. ネットワークの拡大: 様々な企業やプロジェクトに携わることで、多くの人々と知り合う機会があります。これは、将来のキャリアにとって貴重な財産となります。

エンジニア案件探しの最適な方法:フリーランス、リモート、ソフトウェアエンジニアの採用情報を徹底解説では、SESを含む様々な形態でのエンジニア案件の探し方について詳しく解説されています。

SESエンジニアとして働くデメリット

  1. 帰属意識の希薄化: クライアント企業に常駐するため、SES企業への帰属意識が薄くなりがちです。また、クライアント企業にも完全に所属しているわけではないため、中途半端な立場になることがあります。
  2. キャリアパスの不明確さ: プロジェクトごとに役割が変わる可能性があるため、長期的なキャリアパスが見えにくくなることがあります。
  3. 待遇面での不利: クライアント企業の正社員と同じ仕事をしていても、待遇面で差がつくことがあります。福利厚生や昇進の機会などで不利になる可能性があります。
  4. スキルの偏り: 特定の技術や業界に特化したプロジェクトが続くと、スキルに偏りが生じる可能性があります。
  5. 契約更新の不安定さ: クライアント企業との契約が更新されない場合、次のプロジェクトが見つかるまで不安定な状況に置かれることがあります。

50代の転職成功戦略:経験を活かし、新たなキャリアを切り開く方法では、SESを含む様々な形態での転職について、年齢を重ねたエンジニアの視点から解説されています。

SESのメリット・デメリットを長期的なキャリア戦略の中で考える際に参考になるでしょう。

SESエンジニアとして働くかどうかを決める際は、これらのメリットとデメリットを十分に理解し、自身のキャリアゴールや価値観と照らし合わせることが重要です。

また、SES企業によって条件や環境が大きく異なる場合があるため、複数の企業を比較検討することをおすすめします。

SESエンジニアのキャリアパスと将来性

SESエンジニアとしてのキャリアには、様々な可能性があります。ここでは、SESエンジニアのキャリアパスや将来性、スキルアップの方法などについて詳しく見ていきましょう。

ステップアップと昇進の可能性

SESエンジニアのキャリアパスは、一般的に以下のような流れになります:

  1. ジュニアエンジニア: 新人や経験の浅いエンジニアとして、基本的な業務を担当します。
  2. ミドルエンジニア: 一定の経験を積み、プロジェクトの中核を担う役割を果たします。
  3. シニアエンジニア: 高度な技術力と経験を持ち、プロジェクトの技術的な指揮を執ります。
  4. プロジェクトマネージャー: プロジェクト全体の管理や顧客との折衝を担当します。
  5. コンサルタント: クライアント企業に対して、技術的な助言や戦略的な提案を行います。

これらのステップを上がっていくにつれて、より高度な技術力や管理能力、コミュニケーション能力が求められます。また、SES企業内でのポジションも上がり、待遇面でも改善されていくことが一般的です。

マネージャーとしてやってよかったことを教えてくださいでは、エンジニアからマネージャーへのキャリアチェンジについて、実際の経験に基づいた意見が紹介されています。

スキルアップのための具体的な方法

SESエンジニアがキャリアアップしていくためには、継続的なスキルアップが不可欠です。以下に、スキルアップのための具体的な方法をいくつか紹介します:

  1. 技術書の読破: 最新の技術書を読むことで、体系的な知識を得ることができます。
  2. オンライン学習プラットフォームの活用: Udemy, Coursera, edXなどのプラットフォームで、最新の技術を学ぶことができます。
  3. 技術セミナーやカンファレンスへの参加: 業界の最新動向や先端技術について学べるだけでなく、同業者とのネットワーキングも可能です。
  4. 社内勉強会の開催: 同僚と知識を共有し、互いに高め合うことができます。
  5. 個人プロジェクトの実施: 業務外で自主的にプロジェクトを行うことで、新しい技術にチャレンジできます。
  6. 資格取得: IT関連の資格を取得することで、技術力の証明になるとともに、体系的な知識を得ることができます。

IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチでは、IT企業における人材育成の方法について詳しく解説されています。

SESエンジニアの個人的なスキルアップにも応用できる情報が多く含まれています。

SESエンジニアからフリーランスへの移行方法

SESエンジニアとしての経験を積んだ後、さらなる自由度と報酬を求めてフリーランスへ移行する人も少なくありません。フリーランスへの移行を考える際は、以下のような準備が必要です:

  1. 技術力の向上: フリーランスとして仕事を獲得するためには、高い技術力が不可欠です。特定の分野でのスペシャリストになることを目指しましょう。
  2. ポートフォリオの作成: 過去の実績をまとめたポートフォリオを作成し、自身の技術力をアピールできるようにしましょう。
  3. ネットワークの構築: SESエンジニアとして働く中で築いた人脈を大切にし、フリーランスとして独立した際の仕事獲得に活用しましょう。
  4. 営業・経営スキルの習得: フリーランスとして成功するためには、技術力だけでなく、自身を売り込む営業力や、事業を運営する経営力も必要です。
  5. 資金の準備: フリーランスとして独立する際は、収入が安定するまでの生活費や、業務に必要な機材の購入費用などを準備しておく必要があります。
  6. 法律・税務の知識: 個人事業主として働く際に必要な、法律や税務の基礎知識を身につけておきましょう。

エンジニアとビジネスの関係性について考え方・理由を聞かせてくださいでは、エンジニアがビジネス視点を持つことの重要性について解説されています。

フリーランスへの移行を考える際に参考になる情報が含まれています。

SESエンジニアとしてのキャリアは、技術力を高めながら様々な経験を積むことができる魅力的な選択肢です。しかし、その先のキャリアパスは個人の志向や環境によって大きく異なります。

自身の強みや興味、市場のニーズなどを常に分析し、最適なキャリア選択をしていくことが重要です。

SES企業の選び方と注意点

SESエンジニアとして働く場合、所属するSES企業の選択は非常に重要です。ここでは、SES企業の選び方や、注意すべきポイントについて詳しく見ていきましょう。

ホワイト企業の見極め方

SES業界にも、いわゆる「ホワイト企業」と呼ばれる、従業員にとって働きやすい環境を提供している企業があります。ホワイト企業を見極めるポイントとしては、以下のようなものがあります:

  1. 残業時間の管理: 残業時間が適切に管理され、長時間労働が恒常化していない企業を選びましょう。
  2. 有給休暇の取得率: 有給休暇が取りやすい環境かどうかをチェックしましょう。
  3. 福利厚生の充実度: 社会保険はもちろん、各種手当や福利厚生制度が整っているかを確認しましょう。
  4. 教育・研修制度: 社員のスキルアップをサポートする教育・研修制度が充実しているかをチェックしましょう。
  5. 社員の口コミ: 実際に働いている社員や元社員の口コミを参考にしましょう。ただし、一部の極端な意見に惑わされないよう注意が必要です。
  6. 離職率: 離職率が低い企業は、一般的に働きやすい環境である可能性が高いです。
  7. 経営の透明性: 経営情報が適切に開示され、社員とのコミュニケーションが活発な企業を選びましょう。

ホワイト企業の中途採用情報:札幌、東京、大阪、福岡、名古屋の主要都市とIT業界の求人、年収、福利厚生などを徹底解説では、ホワイト企業の特徴や、各地域でのIT業界のホワイト企業情報について詳しく解説されています。SES企業を選ぶ際の参考になるでしょう。

ブラック企業を避けるためのポイント

一方で、いわゆる「ブラック企業」と呼ばれる、労働環境の悪い企業も存在します。

以下のようなポイントに注意して、ブラック企業を避けるようにしましょう:

  1. 極端に低い単価: 市場相場と比べて極端に低い単価を提示する企業は要注意です。
  2. 曖昧な契約内容: 契約内容が不明確だったり、口頭での約束が多かったりする企業は避けましょう。
  3. 頻繁な残業や休日出勤: 恒常的な長時間労働や、頻繁な休日出勤を要求する企業は避けるべきです。
  4. 社員の入れ替わりが激しい: 短期間で多くの社員が入れ替わる企業は、労働環境に問題がある可能性が高いです。
  5. 評判や口コミが極端に悪い: インターネット上の評判や口コミが極端に悪い企業は注意が必要です。
  6. パワーハラスメントの存在: 面接時の態度や、社内の雰囲気からパワーハラスメントの存在が疑われる場合は避けましょう。
  7. 違法な労働条件: 労働基準法に違反するような条件を提示する企業は絶対に避けるべきです。

エンジニア採用ができない企業の特徴:採用プロセスから企業文化、給与体系まで徹底解析では、優秀なエンジニアを採用できない企業の特徴について解説されています。

これらの特徴を持つ企業は、労働環境にも問題がある可能性が高いため、参考にしてください。

優良SES企業の特徴

優良なSES企業には、以下のような特徴があります:

  1. 適正な単価設定: エンジニアの技術力や経験に応じた、適正な単価を設定しています。
  2. キャリアサポート体制: エンジニアのキャリア形成をサポートする体制が整っています。定期的な面談や、スキルアップのための支援制度などがあります。
  3. 幅広い案件: 様々な業界や技術分野の案件を持っており、エンジニアの希望に応じた案件のマッチングが可能です。
  4. 充実した福利厚生: 社会保険はもちろん、各種手当や福利厚生制度が整っています。
  5. 透明性の高い評価制度: 明確な評価基準があり、定期的に適切なフィードバックが行われます。
  6. 技術力向上のサポート: 社内勉強会や外部研修の機会、資格取得支援制度などが充実しています。
  7. 安定した経営基盤: 財務状況が健全で、安定した経営が行われています。
  8. コンプライアンスの徹底: 法令遵守の姿勢が明確で、労働条件や契約内容が適切に管理されています。

優良なSES企業を選ぶことは、エンジニアとしてのキャリア形成に大きな影響を与えます。

単に目先の条件だけでなく、長期的なキャリアプランを考慮して企業を選択することが重要です。

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法では、企業側の視点から中途採用のプロセスについて解説されています。

この情報を理解することで、SES企業の選考過程をより深く理解し、適切な企業選びに活かすことができるでしょう。

SES企業を選ぶ際は、これらのポイントを十分に考慮し、自身のキャリアゴールや価値観に合った企業を選ぶことが大切です。

また、面接時には積極的に質問をし、企業の文化や方針をよく理解するよう努めましょう。

まとめ

SESは、エンジニアにとって多様な経験を積み、スキルアップの機会を得られる働き方の一つです。その特徴や他の業務形態との違い、メリット・デメリット、キャリアパスなどについて詳しく見てきました。

SESエンジニアとして成功するためには、技術力の向上はもちろん、適切な企業選びや長期的なキャリアプランの設計が重要です。

自身の目標や価値観を明確にし、それに合った選択をすることで、SESエンジニアとしての充実したキャリアを築くことができるでしょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする