採用代行で業務委託の求人を運用する方法とメリット

Offers HR Magazine編集部 2024年6月12日

Offers HR Magazine編集部

目次

採用代行サービスを利用して業務委託の求人を運用することは、企業にとって大きなメリットがあります。本記事では、採用代行で業務委託の求人を運用する方法と、そのメリットについて詳しく解説します。

業務委託とは

業務委託とは、企業が特定の業務を外部の個人や企業に委託することを指します。業務委託で働く人材は、企業との雇用関係を結ばずに、契約に基づいて業務を遂行します。IT分野では、エンジニアやデザイナーなどの専門職で業務委託が広く活用されています。

採用代行とは

採用代行とは、企業の採用業務を外部の専門業者が代行するサービスです。採用戦略の立案から求人広告の掲載、応募者の選考、面接の設定まで、一連の採用プロセスを支援します。採用代行を利用することで、企業は採用業務に割くリソースを削減し、効率的な採用活動を行うことができます。

RPOの基本説明についてはこちら。

https://hr-media.offers.jp/articles/a_00053/

採用代行で業務委託の求人を運用するメリット

1. 専門性の高い人材の獲得

業務委託で働く人材は、高い専門性を持っていることが多いです。特にIT分野では、最新の技術スキルを持つエンジニアやデザイナーが業務委託で活躍しています。採用代行サービスを利用することで、このような専門性の高い人材にアプローチし、獲得することができます。

2. 採用コストの削減

業務委託の求人を自社で運用する場合、求人広告の掲載や応募者の選考にかかる費用が発生します。また、正社員よりも業務委託の方が採用手数料が安く済むことが多いです。

また、採用代行サービスを利用することで、これらの費用を大幅に削減できます。採用代行会社が持つ求人メディアや人材ネットワークを活用することで、効率的に人材を獲得できるため、採用コストを抑えることができます。

3. 採用業務の負荷軽減

業務委託の求人を運用するには、求人広告の作成や応募者との連絡、面接の設定など、多くの業務が発生します。これらの業務を社内の人事担当者が行うことは、大きな負担になります。採用代行サービスを利用することで、これらの業務を外部に委託できるため、社内の業務負荷を大幅に軽減できます。

4. スピーディーな人材獲得

業務委託の求人を自社で運用する場合、求人広告の掲載から人材の獲得まで、一定の時間がかかります。特に、専門性の高い人材を探す場合は、時間がかかることが多いです。採用代行サービスを利用することで、専門性の高い人材とのネットワークを持つ採用代行会社が、スピーディーに人材を探すことができます。これにより、必要な人材を迅速に獲得することができます。

採用代行のより細かいメリットについてはこちら。

https://hr-media.offers.jp/articles/rpo-comparison/

採用代行で業務委託の求人を運用する方法

1. 採用ニーズの明確化

採用代行サービスを利用する前に、自社の採用ニーズを明確にすることが重要です。どのような業務を委託したいのか、求める人材のスキルや経験はどのようなものかを整理しましょう。採用ニーズを明確にすることで、採用代行会社と的確にコミュニケーションを取ることができます。

2. 採用代行会社の選定

自社の採用ニーズに合った採用代行会社を選ぶことが重要です。特に、業務委託の求人を運用する場合は、業務委託に強みを持つ採用代行会社を選ぶことをおすすめします。採用代行会社の実績や専門分野を確認し、自社に適したパートナーを見つけましょう。

3. 求人要件の設定

採用代行会社と協力して、求人要件を設定します。業務内容や必要なスキル、契約条件などを明確にし、魅力的な求人広告を作成しましょう。業務委託の求人では、報酬や契約期間など、雇用の求人とは異なる要素を盛り込む必要があります。採用代行会社のノウハウを活用し、最適な求人要件を設定することが重要です。

4. 候補者の選考

採用代行会社が候補者の選考を行います。書類選考や面接を通じて、求人要件に合った人材を絞り込んでいきます。業務委託の求人では、スキルや経験だけでなく、自律性や責任感なども重要な評価ポイントになります。採用代行会社と密にコミュニケーションを取り、自社に合った人材を見極めていきましょう。

5. 契約締結とオンボーディング

候補者が決まったら、契約締結とオンボーディングを行います。業務委託の契約では、業務内容や報酬、契約期間などを明確に定めることが重要です。また、業務委託で働く人材がスムーズに業務を開始できるよう、必要な情報やツールを提供するなど、オンボーディングにも力を入れましょう。

業務委託の求人運用における注意点

1. コンプライアンスの順守

業務委託の求人を運用する際は、コンプライアンスを順守することが重要です。偽装請負などの違法行為に該当しないよう、業務内容や指揮命令系統を明確にしておく必要があります。採用代行会社と協力して、適切な求人運用を心がけましょう。

2. 情報管理の徹底

業務委託で働く人材は、社内の重要な情報に触れる可能性があります。情報管理を徹底し、機密情報の漏洩を防ぐ必要があります。採用代行会社とも情報管理に関する取り決めを行い、セキュリティ対策を万全にしましょう。

3. 長期的な関係構築

業務委託で働く人材は、雇用関係にある社員とは異なるため、エンゲージメントの維持が課題になることがあります。業務を通じて信頼関係を構築し、長期的な関係を築くことが重要です。定期的なコミュニケーションを取り、働きやすい環境を整えることで、業務委託で働く人材の定着率を高めることができます。

まとめ

採用代行サービスを利用して業務委託の求人を運用することは、専門性の高い人材の獲得、採用コストの削減、採用業務の負荷軽減、スピーディーな人材獲得といったメリットがあります。

一方で、コンプライアンスの順守や情報管理の徹底、長期的な関係構築など、注意点もあります。自社の採用ニーズを明確にし、適切な採用代行会社を選ぶことで、業務委託の求人運用を成功させることができます。業務委託という働き方が広がる中、採用代行サービスを上手に活用し、優秀な人材の獲得に努めましょう。

業務委託で、専門性の高いエンジニア・デザイナー・PMも多く登録しているOffersの採用代行にお問合せください。

50社以上の採用代行を支援した実績から、貴社に最適な人材採用をご支援します。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする