採用代行サービスの料金体系・費用を理解し、賢く活用するためのポイント

Offers HR Magazine編集部 2024年6月12日

Offers HR Magazine編集部

目次

採用代行サービスの料金体系の基本

採用代行サービスの料金体系は、主に固定料金制と成果報酬制の2種類に分けられます。それぞれの特徴を理解することが、サービスを効果的に利用するための第一歩です。

固定料金制

固定料金制は、契約期間中に発生する費用が予め決まっている料金体系です。採用の成否に関わらず、一定の料金を支払う必要があります。予算管理がしやすい反面、採用効率が低い場合、コストが高くつく可能性があります。

成果報酬制

成果報酬制は、採用が成功した場合にのみ報酬が発生する料金体系です。採用効率が高い場合、コストを抑えることができます。ただし、採用が不調な場合、費用が発生しないため、採用代行会社のモチベーションが下がる可能性があります。

その他の料金体系

固定料金制と成果報酬制を組み合わせたハイブリッド型や、採用人数に応じて料金が変動する従量制など、その他の料金体系も存在します。自社のニーズに合った料金体系を選ぶことが重要です。

採用代行料金の相場

採用代行サービスの料金相場は、企業規模によって異なります。自社の規模に合った料金相場を把握することで、適切な予算設定が可能になります。

企業規模

料金相場(1人当たり)

主な料金体系

料金設定の基準

小規模企業

50万円~100万円

固定料金制

採用人数、面談数

中規模企業

100万円~200万円

固定料金制と成果報酬制のハイブリッド型

採用人数と採用の難易度

大企業

200万円~500万円

成果報酬制
人材紹介などと同じになることもあります。

採用の難易度

小規模企業向けの料金相場

小規模企業向けの採用代行サービスの料金相場は、1人当たり50万円~100万円程度です。固定料金制が多く、採用人数に応じて料金が設定されることが一般的です。

中規模企業向けの料金相場

中規模企業向けの採用代行サービスの料金相場は、1人当たり100万円~200万円程度です。固定料金制と成果報酬制を組み合わせたハイブリッド型が多く、採用人数と採用の難易度に応じて料金が設定されます。

大企業向けの料金相場

大企業向けの採用代行サービスの料金相場は、1人当たり200万円~500万円程度です。成果報酬制が多く、採用の難易度に応じて料金が設定されます。高度な専門性を持つ人材の採用には、高額な報酬が発生する場合があります。

採用代行の料金に影響する要素

採用代行サービスの料金は、様々な要素によって変動します。これらの要素を理解することで、適切な予算設定とサービス選択が可能になります。

サービス内容

採用代行サービスの内容によって、料金が変動します。求人広告の作成、応募者の選考、面接の設定など、提供されるサービスの範囲が広いほど、料金は高くなる傾向があります。

契約期間

契約期間が長いほど、料金が安くなる傾向があります。長期的な採用計画を立てることで、コストを抑えることができます。

業種や職種

採用が難しい業種や職種ほど、料金が高くなる傾向があります。

IT業界やエンジニアの採用には、高い専門性が求められるため、料金が高くなることが一般的です。

エンジニアの採用代行についての基本はこちら

https://hr-media.offers.jp/articles/rpo-engineer/

採用代行料金を抑えるためのポイント

採用代行サービスの料金を抑えるためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。

業者選びのコツ

複数の採用代行会社から見積もりを取り、比較検討することが重要です。料金だけでなく、サービス内容や実績、評判なども考慮して、自社に合った業者を選ぶことが大切です。

>> Offersの採用代行ならエンジニア採用で豊富な実績があります!

サービスのカスタマイズ

採用代行サービスの内容をカスタマイズすることで、不要なサービスを削減し、料金を抑えることができます。自社の採用プロセスに合わせて、必要なサービスを選択することが重要です。

効率的な採用プロセスの構築

採用代行会社と協力して、効率的な採用プロセスを構築することが大切です。応募者の選考基準を明確にし、面接の回数を最適化するなど、採用プロセスを効率化することで、コストを抑えることができます。

採用代行の料金と効果

採用代行サービスの料金は、その効果と比較して検討する必要があります。

コスト削減効果

採用代行サービスを利用することで、求人広告の費用や人件費を削減できます。また、採用プロセスの効率化により、採用にかかる時間を短縮できます。これらのコスト削減効果は、採用代行サービスの料金と比較して評価する必要があります。

採用効率の向上

採用代行サービスを利用することで、採用効率を向上させることができます。専門性の高い人材を確保し、採用のミスマッチを減らすことで、採用後の定着率を高めることができます。採用効率の向上は、長期的なコスト削減につながります。

採用代行サービスの選び方

採用代行サービスを選ぶ際は、信頼できる業者を見極めることが重要です。

信頼できる業者の見極め方

採用代行会社の実績や評判を確認することが大切です。同業他社からの紹介や、オンラインの口コミなどを参考にすることで、信頼できる業者を見極めることができます。

見積もりと契約内容の確認

採用代行サービスの見積もりと契約内容を確認することが重要です。料金体系や支払い条件、契約期間などを詳細に確認し、自社に合ったサービスを選ぶことが大切です。

採用代行の料金に関するよくある質問

採用代行サービスの料金に関しては、よくある質問があります。

Q. 採用代行サービスの料金は、税込みですか?

- A. 多くの場合、料金は税込みで表示されています。ただし、契約内容を確認することが重要です。

Q. 採用代行サービスの料金は、分割払いが可能ですか?

- A. 多くの採用代行会社では、分割払いに対応しています。ただし、支払い条件は契約内容によって異なります。

まとめ

採用代行サービスの料金体系を理解し、自社に合ったサービスを選ぶことが重要です。

固定料金制と成果報酬制のメリットとデメリットを理解し、自社の採用ニーズに合った料金体系を選びましょう。

また、料金相場や料金に影響する要素を把握し、適切な予算設定とサービス選択を行うことが大切です。採用代行サービスを賢く活用することで、採用コストを抑えつつ、採用効率を向上させることができます。信頼できる採用代行会社を選び、効果的な採用活動を実現しましょう。

開発組織の採用代行を依頼するならOffersがおすすめです。

お問合せはこちら

https://lp.offers.jp/concierge-contact-new

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする