採用の理由を聞く際に重要なポイントとは?経営者や人事担当者が知るべき中途採用の転職理由

Offers HR Magazine編集部 2024年6月25日

Offers HR Magazine編集部

目次

採用活動において、候補者の転職理由を適切に理解することは非常に重要です。本記事では、採用の理由を効果的に聞き出すポイントや、中途採用における転職理由の特徴について、経営者や人事担当者向けに詳しく解説します。

採用の理由とは

採用の理由が重要な理由

採用の理由を理解することは、以下の点で重要です:

  1. 候補者の動機や価値観の把握:転職理由を深く理解することで、候補者が何を重視し、何を求めているかを明確に把握できます。これは、その人物が組織にフィットするかどうかを判断する上で非常に重要な情報となります。
  2. 組織とのフィット感の確認:候補者の価値観や目標が、組織の文化や方向性と合致しているかを確認することができます。これにより、長期的な視点での採用判断が可能になります。
  3. 長期的な定着可能性の予測:転職理由を理解することで、その候補者が自社で長期的に活躍できる可能性を予測することができます。頻繁な転職を繰り返す可能性が高い候補者を見極めることも可能です。
  4. 候補者のキャリアプランの理解:転職理由から、候補者の将来のキャリアプランや成長意欲を読み取ることができます。これは、その人物の潜在的な可能性を評価する上で重要な要素となります。
  5. 採用後のマネジメントへの活用:転職理由を理解することで、採用後のマネジメントや育成計画に活かすことができます。例えば、前職で感じていた不満を解消するような環境づくりや、キャリアアップの機会を提供するといった対応が可能になります。

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法によると、採用の理由を適切に把握することで、より効果的な採用プロセスを構築できるとされています。特に、面接質問の設計や評価基準の設定において、転職理由の理解は重要な役割を果たします。

企業が採用理由を明確にする利点

企業側が採用理由を明確にすることにも、以下のような利点があります:

  1. 適切な人材の採用につながる:自社が求める人材像や、その人材を必要とする理由を明確にすることで、より適切な候補者を見つけやすくなります。
  2. 採用後のミスマッチを防ぐ:採用理由を明確にすることで、候補者との期待値のすり合わせが容易になり、採用後のミスマッチを減らすことができます。
  3. 効率的な採用活動が可能になる:明確な採用理由があることで、採用プロセスの各段階(書類選考、面接など)で何を重視すべきかが明確になり、効率的な採用活動が可能になります。
  4. 組織の成長戦略との整合性が確保できる:採用理由を組織の成長戦略と結びつけて考えることで、長期的な視点での人材獲得が可能になります。
  5. 採用ブランディングの強化につながる:明確な採用理由は、企業の魅力や特徴を外部に伝える重要な要素となります。これにより、優秀な人材を惹きつける採用ブランディングの強化につながります。

採用を加速する技術・採用広報の目的・進め方・メリットでは、採用理由の明確化が効果的な採用広報につながることが指摘されています。特に、採用広報の目的設定や、ターゲット候補者へのアプローチ方法を考える上で、採用理由の明確化は重要な役割を果たします。

採用の理由を聞く際のポイント

効果的な質問の仕方

採用の理由を効果的に聞き出すための質問方法には、以下のようなものがあります:

  1. オープンエンドな質問を心がける 例:「前職を離れようと思った理由について、詳しく教えていただけますか?」 この質問方法では、候補者が自由に回答できるため、より深い洞察が得られる可能性があります。また、候補者の話し方や表現方法からも、多くの情報を読み取ることができます。
  2. 具体的なエピソードを求める 例:「前職で最も達成感を感じた経験はどのようなものですか?」 具体的なエピソードを聞くことで、候補者の価値観や仕事に対する姿勢をより深く理解することができます。また、その経験が自社でも活かせるかどうかを判断する材料にもなります。
  3. 将来のキャリアプランに関する質問 例:「5年後、10年後のご自身のキャリアをどのように描いていますか?」 この質問により、候補者の長期的なビジョンや成長意欲を把握することができます。また、そのキャリアプランが自社で実現可能かどうかを検討する機会にもなります。
  4. 価値観や興味に関する質問 例:「仕事をする上で、最も大切にしていることは何ですか?」 候補者の価値観を理解することで、組織文化とのフィット感を判断しやすくなります。また、モチベーション管理や適切な業務アサインにも役立ちます。
  5. 当社への応募理由を聞く 例:「数ある企業の中から、なぜ当社に興味を持たれたのでしょうか?」 この質問により、候補者が自社のどのような点に魅力を感じているかを理解できます。また、候補者の自社理解度や志望度を測ることもできます。

中途採用の面接でよく聞かれる質問とその回答例:成功するための質問回答集では、面接時の効果的な質問例が多数紹介されています。これらの質問を参考にしつつ、自社の状況や求める人材像に合わせてカスタマイズすることが重要です。

注意すべき点

採用の理由を聞く際には、以下の点に注意が必要です:

  1. プライバシーに配慮する:個人的な事情や前職の内部情報など、答えにくい質問は避けるべきです。候補者の心理的安全性を確保することが、率直な回答を得るために重要です。
  2. 差別的な質問を避ける:年齢、性別、国籍、宗教などに関する質問は、法的問題を引き起こす可能性があります。これらの属性に基づく差別は厳に慎むべきです。
  3. 誘導的な質問をしない:「〇〇という理由で転職を考えたのではないですか?」といった誘導的な質問は避けるべきです。候補者の本音を引き出すためには、中立的な立場で質問することが重要です。
  4. 候補者の回答を深掘りする姿勢を持つ:表面的な回答だけでなく、「なぜそう思ったのか」「具体的にはどのような状況だったのか」といった質問で深掘りすることが重要です。
  5. 非言語コミュニケーションにも注目する:言葉だけでなく、表情や身振り手振りなどの非言語コミュニケーションからも多くの情報を読み取ることができます。

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説では、特にエンジニア採用における注意点が詳しく解説されています。エンジニア特有の転職理由(技術的な挑戦、最新技術への興味など)を理解し、適切に対応することが重要です。

採用の理由とハローワーク

ハローワークの利用方法

ハローワークは、求人企業と求職者をマッチングさせる公的機関です。以下のような利用方法があります:

  1. 求人情報の登録と公開:自社の求人情報をハローワークに登録することで、幅広い求職者にアプローチすることができます。
  2. 求職者との面接設定:ハローワークを通じて、適切な候補者との面接をセッティングすることができます。
  3. 採用に関する各種助成金の活用:ハローワークを通じて採用を行うことで、各種助成金を受けられる可能性があります。
  4. 求人条件の相談や助言:ハローワークの担当者から、地域の労働市場の状況や適切な求人条件について、アドバイスを受けることができます。

ハローワークでの採用理由の聞き方

ハローワークを通じた採用の場合、以下のような点に注意して採用理由を聞くことが重要です:

  1. 求職者の背景を十分に理解する:ハローワークを利用する求職者は、様々な背景を持っています。失業中の方、転職を考えている方、新卒で就職先を探している方など、それぞれの状況を考慮した質問が必要です。
  2. 職業安定法に基づいた適切な質問を行う:ハローワークを通じた採用の場合、特に法令遵守に注意が必要です。差別的な質問や不適切な個人情報の収集は避けるべきです。
  3. 求職者の希望条件と企業のニーズのすり合わせを行う:ハローワークを利用する求職者は、明確な希望条件を持っていることが多いです。それらの条件と自社の求人内容とのマッチングを丁寧に行うことが重要です。
  4. 長期的な就業可能性を確認する:ハローワークを通じた採用の場合、特に長期的な雇用を前提としていることが多いです。候補者の長期的なキャリアプランと自社での就業可能性をしっかりと確認することが重要です。

中途採用における採用の理由

中途採用の特徴

中途採用には、以下のような特徴があります:

  1. 即戦力としての期待:中途採用者は、これまでの職務経験を活かして即座に成果を出すことが期待されます。
  2. 多様な経験やスキルの獲得:異なる企業文化や業務プロセスを経験した人材を採用することで、組織に新しい視点や知識をもたらすことができます。
  3. 組織の活性化:新しい人材の加入により、既存の社員の刺激になり、組織全体の活性化につながる可能性があります。
  4. 柔軟な人材確保:必要なスキルや経験を持つ人材を、必要なタイミングで採用できる柔軟性があります。

正社員採用で上手くいかない!?ハイレイヤーエンジニアの採用方法では、特にハイレベルな人材の中途採用について詳しく解説されています。ハイレイヤーエンジニアの採用では、技術力だけでなく、リーダーシップやプロジェクトマネジメント能力なども重要な評価ポイントとなります。

中途採用の転職理由

中途採用における一般的な転職理由には、以下のようなものがあります:

  1. キャリアアップの希望:より高いポジションや責任ある立場を求めて転職を考える人は多いです。
  2. 給与・待遇の改善:現在の給与や待遇に不満を感じ、より良い条件を求めて転職を考える場合があります。
  3. 職場環境や企業文化の不満:人間関係の問題や、企業の方針・文化との不一致から転職を考える人もいます。
  4. ワークライフバランスの追求:長時間労働や休暇が取りにくいなど、私生活との両立が難しい環境から、より柔軟な働き方を求めて転職する場合があります。
  5. 新しい挑戦や成長の機会を求めて:現在の仕事に物足りなさを感じ、新しいスキルを習得したり、異なる業界にチャレンジしたりするために転職を考える人もいます。
  6. 会社の将来性への不安:現在の会社の業績や成長性に不安を感じ、より安定した、または成長性の高い企業への転職を考える場合があります。
  7. 家庭の事情(転居など):結婚や家族の介護など、個人的な事情により転職が必要になることもあります。

大手企業の中途採用は難しいのか?難易度、採用プロセス、面接対策、履歴書の書き方、必要な応募条件について徹底解説では、大手企業への転職理由の特徴が分析されています。

大手企業への転職では、安定性や福利厚生の充実、ブランド力などが魅力となる一方で、競争の激しさや組織の硬直性などがデメリットとして挙げられることがあります。

中途採用の転職サイトの活用法

転職サイトを効果的に活用するためには、以下のポイントに注意しましょう:

  1. 自社の求人情報を魅力的に作成する:職務内容や求める人材像を明確に記載し、企業の魅力や特徴を効果的にアピールすることが重要です。
  2. 各転職サイトの特徴を理解し、適切なサイトを選択する:業界特化型のサイトや、ハイクラス人材向けのサイトなど、目的に応じて適切なサイトを選ぶことが大切です。
  3. スカウト機能を積極的に活用する:多くの転職サイトでは、条件に合う候補者に直接アプローチできるスカウト機能があります。これを活用することで、より効率的な採用活動が可能になります。
  4. レジュメデータベースを効果的に検索する:キーワードや条件を適切に設定し、求める人材を効率的に見つけ出すことが重要です。
  5. 応募者との迅速なコミュニケーションを心がける:応募者からの問い合わせや応募に対して、迅速かつ丁寧に対応することで、企業イメージの向上につながります。

エンジニア、デザイナー、PM採用を無料で進められるサービスのような専門職向けの転職サイトも、効果的に活用することが重要です。特定の職種に特化したサイトを利用することで、より適切な候補者にリーチすることができます。

中途採用の転職時期について

転職時期については、以下のような傾向があります:

  1. 年度末・年度始め(3月〜4月):多くの企業で人事異動や組織変更が行われるこの時期は、求人が増加する傾向があります。新年度のスタートに合わせて転職を考える人も多いです。
  2. ボーナス支給後(7月、12月):ボーナスの支給を待って転職を考える人が多いため、これらの時期の前後で転職市場が活性化します。
  3. 年末年始:年を越して新たな挑戦を考える人が増加するため、12月後半から1月にかけて転職活動を始める人が多くなります。
  4. GW明け:長期休暇を機に転職を考える人が増加し、5月以降に転職市場が活性化する傾向があります。

中途採用が多い会社の特徴とは?労働市場で即戦力を求め、キャリアアップを目指す方におすすめの企業選びガイドでは、中途採用が活発な企業の特徴が解説されています。成長産業や新規事業を展開している企業、グローバル展開を進めている企業などが、積極的に中途採用を行う傾向があります。

転職フェアの活用方法

転職フェアは、多数の求職者と直接接触できる貴重な機会です。以下のポイントを押さえて活用しましょう:

  1. 自社の魅力を効果的にアピールする:企業ブースでは、自社の強みや特徴、社風などを分かりやすく説明できるよう準備しておくことが重要です。
  2. 具体的な求人情報を準備する:現在募集中のポジションや、求める人材像を具体的に提示できるよう準備しておきましょう。
  3. その場で簡単な面談を行い、適性を見極める:短時間でも、候補者の経験やスキル、志向性などを確認できるよう、効率的な質問項目を準備しておくことが大切です。
  4. フォローアップの仕組みを整備する:フェア後のフォローアップを確実に行えるよう、連絡先の交換や次のステップの案内などを適切に行いましょう。
  5. 他社の採用活動を観察し、自社の戦略に活かす:他社のブースや説明会を観察することで、業界の動向や効果的な採用手法のヒントを得ることができます。

中途採用と新卒採用の違い

中途採用と新卒採用には、以下のような違いがあります:

  1. 即戦力vs育成重視:中途採用では即戦力としての活躍が期待されるのに対し、新卒採用では長期的な育成を前提とすることが多いです。
  2. 経験・スキル重視vs潜在能力重視:中途採用では具体的な経験やスキルが重視されますが、新卒採用では将来の成長可能性や潜在能力が重視されます。
  3. 通年採用vs一括採用:中途採用は通年で行われることが多いのに対し、新卒採用は一定の時期に一括で行われることが一般的です。
  4. 個別対応vs一律対応:中途採用では候補者ごとに個別の対応が必要になりますが、新卒採用では比較的一律の対応が可能です。
  5. 職種・部門別採用vs総合職採用:中途採用では特定の職種や部門で採用されることが多いのに対し、新卒採用では総合職として採用されることが一般的です。

新卒エンジニア採用のための完全ガイド:新卒エンジニア求人、面接、インターン、キャリアパスまで徹底解説では、新卒エンジニア採用の特徴が詳しく解説されています。新卒エンジニアの採用では、技術力だけでなく、学習能力や柔軟性、チームワーク力なども重要な評価ポイントとなります。

転職回数が多い場合の対策

転職回数が多い候補者を評価する際は、以下の点に注意しましょう:

  1. 各転職の理由を丁寧に聞き取る:単に転職回数が多いことを否定的に捉えるのではなく、それぞれの転職に至った経緯や理由を詳しく聞くことが重要です。
  2. スキルや経験の積み重ねを評価する:転職を通じて多様なスキルや経験を獲得している可能性があります。それらが自社にとってどのような価値があるかを見極めましょう。
  3. 多様な環境での適応力を見極める:頻繁な転職経験は、新しい環境への適応力の高さを示している可能性があります。
  4. 長期的なキャリアビジョンを確認する:今後のキャリアをどのように考えているか、自社での長期的な貢献の意思があるかを確認しましょう。
  5. 自社での定着可能性を慎重に判断する:過去の転職理由と自社の環境を照らし合わせ、定着の可能性を慎重に判断することが重要です。

50代の転職成功戦略:経験を活かし、新たなキャリアを切り開く方法では、特に年齢が高い転職者の評価ポイントが解説されています。50代の転職者の場合、豊富な経験やネットワークが強みとなる一方で、新しい環境への適応力や柔軟性が課題となることがあります。

まとめ

採用の理由を適切に聞き取り、理解することは、効果的な人材採用と組織づくりの基礎となります。本記事で紹介した様々なポイントを押さえ、自社の状況に合わせた最適な中途採用戦略を構築し、実行していくことが重要です。また、採用後の人材育成や評価も忘れてはいけません。中途採用者の転職理由を踏まえた上で、適切なオンボーディングや育成計画を立案することで、長期的な定着と活躍を支援することができます。

採用の理由を適切に理解し、効果的な中途採用を実現することは、組織の持続的な成長と競争力強化につながります。常に変化する労働市場や求職者のニーズに柔軟に対応しながら、自社にとって最適な人材を見出し、育成していく努力を続けることが、これからの採用活動には求められています。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする