SES還元率とは?エンジニア派遣会社選びのポイント

Offers HR Magazine編集部 2024年7月2日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

SES(System Engineering Service)における還元率は、エンジニアの給与や待遇に直結する重要な要素です。本記事では、SES還元率の概念から、高還元率のメリット、そして企業がSES還元率を考慮する際のポイントまで、経営者や採用担当者の視点から詳しく解説します。

SESとは?

SESは、IT業界で広く利用されているビジネスモデルです。このセクションでは、SESの基本的な仕組みと市場動向について説明します。

SESの基本的な仕組み

SESとは?エンジニア派遣のメリット・デメリットと見分け方によると、SESには以下のような特徴があります:

  1. エンジニアをクライアント企業に派遣
  2. プロジェクトベースでの技術サービス提供
  3. 通常3ヶ月から1年程度の契約期間
  4. クライアント企業の指揮命令下で業務を遂行

SESは、クライアント企業にとっては必要な技術力を柔軟に確保できるメリットがあり、エンジニアにとっては多様なプロジェクトに携わることでスキルアップの機会を得られるという利点があります。

SESの市場動向

2024年現在、IT人材の需要は依然として高く、SES市場も拡大傾向にあります。経済産業省の調査によると、2030年には最大約79万人のIT人材が不足すると予測されています。この人材不足を背景に、SESの重要性はますます高まっていると言えるでしょう。

高還元SESとは?

高還元SESは、エンジニアに対して高い割合の報酬を還元するSESモデルを指します。このセクションでは、高還元SESの定義と還元率の計算方法について解説します。

高還元SESの定義

高還元SESとは、一般的に以下のような特徴を持つSESモデルを指します:

  1. エンジニアへの還元率が業界平均より高い
  2. 透明性の高い料金体系
  3. エンジニアの満足度向上を重視

高還元SESは、エンジニアの待遇改善と企業の競争力強化を両立させる可能性を秘めています。

還元率の計算方法とその影響

SESの還元率は、以下の式で計算されます:

還元率 = エンジニアの報酬 ÷ クライアント企業からの収入

例えば、クライアント企業からの収入が月100万円で、エンジニアの報酬が70万円の場合、還元率は70%となります。

還元率が高いほど、エンジニアの満足度や生産性が向上する傾向にあります。エンジニア年収はなぜ高い?採用成功の秘訣を解説でも触れられているように、適切な報酬はエンジニアの採用と定着に大きな影響を与えます。

高還元SESのメリット

高還元SESには、企業とエンジニアの双方にとって様々なメリットがあります。ここでは、主なメリットについて詳しく解説します。

優秀なエンジニアの獲得と定着

高い還元率は、優秀なエンジニアを惹きつける強力な魅力となります。エンジニア採用が難しい理由とその解決策:採用課題から成功法まで徹底解説でも指摘されているように、エンジニア採用の競争は激化しています。高還元SESは、この競争を勝ち抜くための有効な戦略となり得るのです。

エンジニアのモチベーション向上

適切な報酬は、エンジニアのモチベーション向上に直結します。高いモチベーションは、以下のような効果をもたらします:

  • 生産性の向上
  • 品質の改善
  • イノベーションの促進

人事の評価はどう変わる?人材育成と人材紹介の違いを徹底解説でも触れられているように、適切な評価と報酬は人材育成にも大きく寄与します。

企業ブランドの向上

高還元SESを実践する企業は、エンジニア業界で高い評価を得やすくなります。これは、以下のような効果をもたらします:

  1. 口コミによる人材獲得の促進
  2. 企業イメージの向上
  3. クライアント企業からの信頼獲得

採用を加速する技術・採用広報の目的・進め方・メリットでも解説されているように、採用広報は企業ブランディングと密接に関連しています。高還元SESは、この採用広報の強力なツールとなり得るのです。

コスト削減と生産性向上

一見すると矛盾するように思えるかもしれませんが、高還元SESは長期的にはコスト削減につながる可能性があります。その理由は以下の通りです:

  1. エンジニアの定着率向上による採用コストの削減
  2. モチベーション向上による生産性の向上
  3. 優秀なエンジニアの獲得による品質向上とプロジェクト成功率の上昇

高還元SESは、短期的なコスト増加を伴う可能性がありますが、長期的には企業の競争力強化と収益性向上に寄与する可能性が高いのです。

高還元SESのデメリット

高還元SESには多くのメリットがある一方で、いくつかの課題や懸念点も存在します。ここでは、それらのデメリットについて詳しく解説します。

利益率の低下

高還元SESの最も明白なデメリットは、企業の利益率が低下する可能性があることです。特に、以下のような状況で影響が大きくなります:

  1. 市場の競争が激しい場合
  2. 経済状況が悪化した場合
  3. プロジェクトの採算性が低い場合

経営キャッシュフローの重要性とは?管理方法、投資、財務、営業それぞれの基本でも触れられているように、キャッシュフロー管理は企業経営の要です。高還元SESを採用する際は、慎重な財務計画が必要となります。

価格競争力の低下

高還元率を維持するために、クライアント企業への請求額を高く設定せざるを得ない場合があります。これは、以下のような問題を引き起こす可能性があります:

  1. 価格競争での不利
  2. 新規クライアントの獲得困難
  3. 既存クライアントの離脱

SES料金はどのくらい?月額金額シミュレーションなど利用まとめでは、SES料金の相場が詳しく解説されています。高還元SESを検討する際は、市場相場を十分に研究する必要があります。

経営の柔軟性低下

高還元率を維持するためには、固定費を抑える必要があります。これは、以下のような課題をもたらす可能性があります:

  1. 新規事業への投資困難
  2. 技術研修やスキルアップ支援の縮小
  3. オフィス環境や福利厚生の質の低下

IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチでも指摘されているように、人材育成への投資は企業の競争力維持に不可欠です。高還元SESを採用する際は、人材育成との両立を慎重に検討する必要があります。

エンジニアの期待値上昇

高還元率を一度導入すると、エンジニアの期待値が上昇し、それを下げることが困難になる可能性があります。これは、以下のような問題を引き起こす可能性があります:

  1. 市場環境の変化に応じた柔軟な報酬調整の困難
  2. エンジニア間の不公平感の発生
  3. 過度な報酬競争の誘発

中途採用の給料設計: 新卒との比較、基本給の決定方法、給与交渉のポイントでは、適切な給与設計の重要性が解説されています。高還元SESを導入する際は、長期的な視点での給与設計が不可欠です。

高還元SESを選ぶ際のポイント

高還元SESを導入するか、あるいは高還元SES企業と取引するかを検討する際は、以下のポイントを慎重に評価することが重要です。

還元率の算出方法を確認する

還元率の計算方法は企業によって異なる場合があります。以下の点を確認しましょう:

  1. 還元率の計算基準(総売上か粗利か)
  2. 社会保険料や福利厚生費の扱い
  3. ボーナスや手当の計算方法

SESと客先常駐の違いとは?メリット・デメリットを徹底解説でも触れられているように、SESの契約形態によって還元率の考え方が異なる場合があります。

高還元を実現できる理由を確かめる

高還元率を実現している企業には、それを可能にする理由があるはずです。以下のような点を確認しましょう:

  1. 経営効率化の取り組み
  2. 独自の営業戦略
  3. 技術的な強み

経営戦略とは?成功する企業の羅針盤では、効果的な経営戦略の重要性が解説されています。高還元SESも、適切な経営戦略に基づいて実現されるべきです。

企業の安定性をチェック

高還元率を維持するためには、企業の財務基盤が安定していることが重要です。以下の点を確認しましょう:

  1. 財務諸表の健全性
  2. 業界での評判
  3. 取引先の多様性

ベンチャー企業とは何か?スタートアップ支援と求人の現状でも触れられているように、企業の成長段階によって財務状況は大きく異なります。企業の成長段階に応じた評価が必要です。

エンジニアの評価と育成制度を確認

高還元率だけでなく、エンジニアの評価と育成にも注目しましょう。以下の点を確認することをおすすめします:

  1. スキル評価の仕組み
  2. キャリアパスの明確さ
  3. 研修制度の充実度

エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドでは、エンジニアの評価方法について詳しく解説されています。適切な評価制度は、高還元SESと組み合わせることで、より効果的な人材戦略となります。

クライアント企業との関係性を確認

高還元SESを実現するためには、クライアント企業との良好な関係性が不可欠です。以下の点を確認しましょう:

  1. 長期的な取引関係の有無
  2. クライアント企業の多様性
  3. 高単価案件の獲得能力

エンジニア案件探しの最適な方法:フリーランス、リモート、ソフトウェアエンジニアの採用情報を徹底解説では、質の高い案件獲得の重要性が指摘されています。高還元SESの実現には、高品質な案件の安定的な確保が欠かせません。

高還元SESを選択する際は、単に還元率の高さだけでなく、総合的な観点から企業を評価することが重要です。

SES企業の比較例

ここでは、いくつかのSES企業を比較し、高還元SESの実態について考察します。なお、以下の比較は一般的な傾向を示すものであり、個別の企業の実際の状況とは異なる可能性があります。

各SES企業の還元率比較

企業名

還元率

特徴

A社

75%

高還元率を売りにしているが、福利厚生は最小限

B社

65%

中程度の還元率だが、充実した研修制度あり

C社

80%

業界トップクラスの還元率だが、案件の質にばらつきあり

D社

70%

バランスの取れた還元率と福利厚生

福利厚生の有無と内容

高還元率だけでなく、福利厚生の内容も重要な評価ポイントです。

  1. A社:最小限の法定福利のみ
  2. B社:充実した研修制度、健康診断補助あり
  3. C社:リモートワーク手当、書籍購入補助あり
  4. D社:社員旅行、資格取得支援制度あり

ウェルビーイング経営とは?社員の満足、生産性とのつながりを徹底解説でも触れられているように、福利厚生は従業員の満足度と生産性に大きな影響を与えます。

実際の給与シミュレーション

以下は、経験5年のJavaエンジニアの月額給与シミュレーション例です:

  1. A社:45万円(基本給のみ)
  2. B社:39万円(基本給)+ 研修手当2万円
  3. C社:48万円(基本給)+ リモートワーク手当1万円
  4. D社:42万円(基本給)+ 資格手当3万円

SESエンジニアの働き方やメリット・デメリットとは?エンジニア派遣の会社選びのポイントでは、SESエンジニアの給与体系について詳しく解説されています。

従業員の評判と満足度

各社の口コミサイトやSNSでの評判を調査した結果、以下のような傾向が見られました:

  1. A社:給与面での満足度は高いが、長時間労働への不満あり
  2. B社:キャリアアップへのサポートに対する評価が高い
  3. C社:高給与を評価する声が多いが、案件の質にばらつきがあるとの指摘も
  4. D社:総合的な満足度が高く、長期勤続者が多い

30歳エンジニアキャリアについて(出典:開発組織の採用/組織の質問サービス Offers Q&A)では、エンジニアのキャリア形成における企業選びの重要性が指摘されています。

まとめ

SES還元率は、エンジニアの待遇や企業の競争力に大きな影響を与える重要な要素です。高還元SESには多くのメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。企業は自社の状況や市場環境を慎重に分析し、適切な還元率を設定することが重要です。

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説でも指摘されているように、エンジニア採用は複雑な要素が絡み合う課題です。高還元SESは、この課題に対する一つの解決策となる可能性を秘めています。

最後に、高還元SESの導入を検討する際は、以下の点を念頭に置くことをおすすめします:

  1. 還元率だけでなく、総合的な待遇を考慮する
  2. 長期的な視点での財務計画を立てる
  3. エンジニアの育成と評価制度を充実させる
  4. クライアント企業との良好な関係性を構築する
  5. 定期的に市場動向を調査し、必要に応じて戦略を見直す

SES還元率は、エンジニア採用と定着の重要な要素ですが、それだけで全てが解決するわけではありません。総合的な人材戦略の一部として、高還元SESを位置づけることが成功への近道となるでしょう。

Offersは2.5万人の開発人材のデータベースを保有し、750社に利用されているサービスです。利用者はスタートアップ、メガベンチャーに所属する成長意欲の高い、もしくはテックリードなどのハイレベル人材がいるため、スタートアップ企業との相性が高く、ご好評いただいております。

エンジニア採用に悩む企業の皆様、Offersを活用することで、高還元SESに匹敵する優秀な人材の獲得が可能になるかもしれません。ぜひ一度、お問い合わせください。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする