SES転職エンジニア派遣のやめ時と成功法

Offers HR Magazine編集部 2024年7月3日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。今回は、SES(System Engineering Service)からの転職を考えているエンジニアの方々に向けて、転職のタイミングや成功のポイントについて詳しく解説します。

SES転職は、キャリアアップや労働環境の改善を目指すエンジニアにとって重要な選択肢の一つです。しかし、その決断には慎重な検討が必要です。本記事では、SESの基本的な理解から転職の理由、効果的な転職活動の進め方まで、幅広くカバーしていきます。

SESとは何か?基本的な理解

SES転職を考える前に、まずSESについて正しく理解することが重要です。SESは、IT業界で広く利用されているエンジニア派遣の一形態ですが、その特徴や他の雇用形態との違いを知ることで、転職の判断材料となります。

SESの定義と特徴

SESは「System Engineering Service」の略称で、IT企業がクライアント企業にエンジニアを派遣するサービスを指します。SESの主な特徴は以下の通りです:

  1. エンジニアが客先に常駐して業務を行う
  2. 準委任契約に基づく場合が多い
  3. プロジェクト単位での契約が一般的
  4. 技術力や経験に応じて単価が設定される
  5. 比較的短期間でさまざまな案件に携わることができる

SESとは?エンジニア派遣のメリット・デメリットと見分け方について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。SESの基本的な仕組みや特徴を理解することで、転職を考える際の判断材料が増えるでしょう。

SESと他の形態との違い

SESと他の雇用形態との違いを理解することは、転職先を検討する上で重要です。主な違いは以下の通りです:

  1. 正社員との違い
    • 雇用の安定性:SESは契約ベースのため、正社員に比べて雇用の安定性が低い
    • キャリアパス:正社員は社内でのキャリアパスが明確な場合が多いが、SESは自己管理が必要
    • 福利厚生:正社員に比べて、SESは福利厚生が充実していない場合がある
  2. フリーランスとの違い
    • 契約形態:SESは所属企業と雇用契約を結ぶが、フリーランスは個人事業主として活動
    • 案件の獲得:SESは所属企業が案件を提供するが、フリーランスは自ら案件を獲得する必要がある
    • 収入の安定性:SESはフリーランスに比べて収入が安定しやすい
  3. SIer(システムインテグレーター)との違い
    • 業務範囲:SESは主に人材派遣、SIerはシステム開発全体を請け負う
    • キャリアパス:SIerは社内でのキャリアアップの機会が多い傾向にある
    • プロジェクト規模:SIerは大規模プロジェクトを扱うことが多い

SIerとSESの違いとは?エンジニア派遣会社の選び方では、SIerとSESの違いについてより詳細に解説しています。転職先としてSIerを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

SESから転職したい理由

SESからの転職を考える理由は人それぞれですが、一般的に以下のような要因が挙げられます。これらの理由に共感する部分があれば、転職を真剣に検討する良いタイミングかもしれません。

スキルアップの限界

SESは多様な案件に携わることができるメリットがありますが、一方で深い専門性を身につけにくいというデメリットもあります。以下のような状況に当てはまる場合、スキルアップの限界を感じている可能性があります:

  • 同じような案件ばかりで、新しい技術に触れる機会が少ない
  • 短期案件が多く、一つの技術を深く掘り下げる時間がない
  • 自己学習の時間が取れず、最新技術のキャッチアップが難しい

エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドでは、エンジニアのスキルレベルと評価基準について詳しく解説しています。自身のスキルレベルを客観的に評価し、今後の成長の方向性を考える参考にしてください。

労働環境の問題

SESの労働環境には、以下のような問題が生じる可能性があります:

  1. 長時間労働:クライアント先の都合に合わせた勤務となり、残業が多くなりがち
  2. 不安定な就業場所:案件ごとに勤務地が変わる可能性がある
  3. 帰属意識の低下:所属企業とクライアント企業の間で板挟みになりやすい
  4. コミュニケーションの難しさ:クライアント先の社員との関係構築に苦労する場合がある

エンジニア・PMのリモートワークや働き方に関する声では、エンジニアやプロジェクトマネージャーの働き方に関する実際の声を聞くことができます。SESとは異なる働き方を知ることで、自身の理想の労働環境を考える参考になるでしょう。

キャリアパスの見直し

SESでは、以下のような理由でキャリアパスが不明確になりがちです:

  • プロジェクトごとに役割が変わり、一貫したキャリア形成が難しい
  • マネジメント経験を積む機会が限られている
  • 長期的なキャリアビジョンを描きにくい

30歳エンジニアキャリアについてでは、30代エンジニアのキャリアについての質問と回答が掲載されています。同年代のエンジニアのキャリア観を知ることで、自身のキャリアパスを見直す良いきっかけになるでしょう。

これらの理由に共感する部分が多ければ、SESからの転職を真剣に検討する時期かもしれません。次のセクションでは、SESからの転職先の選び方について詳しく見ていきましょう。

SESからの転職先の選び方

SESからの転職を決意したら、次は転職先の選択です。自身のキャリアゴールや働き方の希望に合わせて、以下のような選択肢があります。

SIerへの転職

SIer(システムインテグレーター)は、システム開発全体を請け負う企業です。SESからSIerへの転職には以下のようなメリットがあります:

  • 大規模プロジェクトに携わる機会がある
  • 技術力だけでなく、マネジメントスキルも身につけられる
  • キャリアパスが比較的明確

一方で、以下のようなデメリットもあります:

  • 責任が重くなる可能性がある
  • 残業が多くなる傾向がある
  • 特定の業界や技術に特化する可能性がある

SIerとSESの違いとは?エンジニア派遣会社の選び方では、SIerとSESの違いについて詳しく解説しています。SIerへの転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

自社開発企業への転職

自社でプロダクトやサービスを開発している企業への転職も魅力的な選択肢です。メリットとしては以下のようなものがあります:

  • 一つのプロダクトを深く理解し、長期的に関わることができる
  • 最新技術を積極的に取り入れる傾向がある
  • スタートアップであれば、幅広い業務に携わることができる

デメリットとしては:

  • 企業の業績に左右される可能性がある
  • スタートアップの場合、雇用の安定性が低いこともある
  • 特定の技術スタックに特化する可能性がある

スタートアップが優秀な人材を獲得するための採用戦略:40代・30代の転職者に選ばれる企業になるにはでは、スタートアップ企業の採用戦略について解説しています。自社開発企業、特にスタートアップへの転職を考えている方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

社内SEへの転職

社内SE(システムエンジニア)として、企業の情報システム部門で働くという選択肢もあります。メリットとしては:

  • 雇用の安定性が高い
  • ワークライフバランスが取りやすい
  • 特定の業界や企業を深く理解できる

デメットとしては:

  • 最新技術に触れる機会が少ない可能性がある
  • キャリアアップの機会が限られる場合がある
  • 給与水準が他の選択肢に比べて低い可能性がある

他のSES企業への転職

現在のSES企業に不満がある場合、他のSES企業への転職も選択肢の一つです。メリットとしては:

  • これまでのSES経験を直接活かせる
  • 多様な案件に携わる機会が増える可能性がある
  • 条件の良い企業を選ぶことで、待遇改善が期待できる

デメリットとしては:

  • 根本的な働き方は変わらない
  • 企業によっては、これまでと同じ問題に直面する可能性がある

SESエンジニアの働き方やメリット・デメリットとは?エンジニア派遣の会社選びのポイントでは、SESエンジニアの働き方について詳しく解説しています。他のSES企業への転職を検討している方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

転職先を選ぶ際は、自身のキャリアゴールや価値観、ライフスタイルなどを総合的に考慮することが重要です。次のセクションでは、効果的な転職活動の進め方について詳しく見ていきましょう。

効果的な転職活動の進め方

SESからの転職を成功させるためには、計画的かつ戦略的な転職活動が重要です。以下のステップを参考に、効果的な転職活動を進めていきましょう。

自己分析とスキルの棚卸し

転職活動の第一歩は、自己分析とスキルの棚卸しです。以下の点について深く考えてみましょう:

  1. 自分の強み・弱み
  2. これまでのSES経験で身につけたスキル
  3. 今後伸ばしたいスキル
  4. 理想の働き方やキャリアパス

エンジニアの職務経歴書では、何が評価され、どの部分をしっかりとアピールすることが求められるのか?という記事では、職務経歴書作成のポイントが解説されています。自己分析の結果を職務経歴書に効果的に反映させるヒントが得られるでしょう。

応募書類の作成

自己分析が終わったら、次は応募書類の作成です。SESからの転職では、以下の点に特に注意して書類を作成しましょう:

  1. 職務経歴書
    • SESでの経験を具体的に記述する
    • プロジェクトごとの役割や成果を明確に示す
    • 身につけたスキルや技術を詳細に記載する
  2. エントリーシート
    • 転職理由を前向きに説明する
    • SES経験を活かせる点をアピールする
    • 志望動機を具体的に記述する
  3. ポートフォリオ(必要に応じて)
    • SESで関わったプロジェクトの中で、公開可能な範囲で成果物を示す
    • 個人的に取り組んだプロジェクトがあれば積極的にアピールする

GitHubリポジトリ、採用担当者はチェックする?という記事では、採用担当者のGitHubリポジトリの見方について解説されています。ポートフォリオとしてGitHubを活用する際の参考になるでしょう。

面接対策

SESからの転職では、以下のような質問が面接で出やすいです。事前に対策を立てておきましょう:

  1. SESでの経験について
    • 「SESでどのようなプロジェクトに携わってきましたか?」
    • 「SESでの経験を、どのように活かせると思いますか?」
  2. 転職理由について
    • 「なぜSESから転職しようと思ったのですか?」
    • 「当社を志望した理由は何ですか?」
  3. 技術力について
    • 「SESで身につけたスキルは何ですか?」
    • 「新しい技術にどのように対応していますか?」
  4. キャリアプランについて
    • 「今後どのようなキャリアを目指していますか?」
    • 「当社でどのように成長したいと考えていますか?」

中途採用の面接でよく聞かれる質問とその回答例:成功するための質問回答集では、面接でよく聞かれる質問とその回答例が紹介されています。SESからの転職を考えている方も、参考にしてみてください。

転職エージェントの活用

SESからの転職では、転職エージェントの活用も効果的です。以下のような点でサポートを受けられます:

  1. 市場動向の把握
  2. 履歴書・職務経歴書の添削
  3. 面接対策
  4. 条件交渉

ただし、エージェントを選ぶ際は以下の点に注意しましょう:

  • IT業界、特にSESからの転職に強いエージェントを選ぶ
  • 複数のエージェントを比較検討する
  • エージェントの提案をそのまま受け入れるのではなく、自身のキャリアプランと照らし合わせて判断する

人材マッチングプラットフォームとサービスの選び方と最適なシステム導入方法についてでは、人材マッチングサービスの選び方について解説されています。転職エージェントを選ぶ際の参考にしてください。

効果的な転職活動を進めることで、SESからの転職成功の可能性が高まります。次のセクションでは、SES経験を活かす転職成功のポイントについて詳しく見ていきましょう。

SES経験を活かす転職成功のポイント

SESでの経験は、適切にアピールすることで大きな強みとなります。以下のポイントを押さえて、SES経験を転職成功につなげましょう。

職務経歴を具体的に説明する

SESでの職務経歴を説明する際は、以下の点を意識して具体的に説明しましょう:

  1. プロジェクトの概要
    • プロジェクトの規模(人数、期間、予算など)
    • 使用した技術スタック
    • 自身の役割と責任
  2. 直面した課題とその解決方法
    • 技術的な課題
    • チーム内でのコミュニケーション課題
    • クライアントとの調整における課題
  3. 成果と学んだこと
    • プロジェクトの成功にどのように貢献したか
    • 身につけたスキルや知識
    • 成長したポイント

SESでの経験は、多様なプロジェクトに柔軟に対応できる能力の証明になります。この点を強調することで、転職先での即戦力としての価値をアピールできるでしょう。

実績とスキルのアピール方法

SESでの実績とスキルをアピールする際は、以下の方法が効果的です:

  1. 数値化できる実績の提示
    • 担当したプロジェクト数
    • 関わったシステムの規模(ユーザー数、取引額など)
    • 生産性向上や費用削減の具体的な数値
  2. 技術スキルの明確化
    • 使用経験のある言語やフレームワークのリスト
    • 各技術の経験年数や習熟度
    • 取得している資格や認定
  3. ソフトスキルの強調
    • クライアントとのコミュニケーション能力
    • チーム内での調整力
    • 短期間での環境適応力

エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドでは、エンジニアのスキル評価基準について詳しく解説されています。この記事を参考に、自身のスキルレベルを客観的に評価し、アピールポイントを整理してみてください。

コミュニケーションスキルの重要性

SES経験者のコミュニケーションスキルは、転職市場で高く評価されます。以下の点をアピールしましょう:

  1. クライアント対応力
    • 要件のヒアリング能力
    • 提案力
    • トラブル対応の経験
  2. チーム内でのコミュニケーション
    • 異なる背景を持つメンバーとの協働経験
    • 技術的な説明能力
    • ナレッジの共有方法
  3. ドキュメンテーションスキル
    • 設計書や報告書の作成能力
    • わかりやすい文書作成のコツ

自分が得意としない領域へのフィードバックはどうしていますか?という記事では、エンジニアのフィードバックスキルについて議論されています。コミュニケーションスキルを磨く際の参考になるでしょう。

SES経験を活かした転職を成功させるためには、これらのポイントを意識して自身の強みを整理し、効果的にアピールすることが重要です。次のセクションでは、実際のSESから転職に成功した事例を見ていきましょう。

SESから転職成功事例

SESからの転職に成功した方々の事例を見ることで、自身の転職活動のヒントを得ることができます。ここでは、さまざまな転職先への成功事例を紹介します。

SIerへの転職事例

Aさん(28歳、男性)

  • SES経験:3年
  • 転職理由:大規模プロジェクトに携わりたい、マネジメントスキルを身につけたい
  • 成功のポイント:
    1. SESで培った多様な技術スキルをアピール
    2. クライアント対応の経験を活かしたコミュニケーション力をアピール
    3. 自己学習でプロジェクト管理の基礎知識を身につけた

Aさんは、SESでの経験を活かしつつ、自己学習でスキルアップを図ることで、大手SIerへの転職に成功しました。SESでの多様な経験が、SIerでの即戦力として評価されました。

自社開発企業への転職事例

Bさん(32歳、女性)

  • SES経験:5年
  • 転職理由:一つのプロダクトに長期的に関わりたい、最新技術を使いたい
  • 成功のポイント:
    1. 個人開発のサイドプロジェクトをポートフォリオとして活用
    2. SESで培った柔軟な対応力と素早い学習能力をアピール
    3. 転職先の企業理念や製品に対する深い理解と共感を示した

Bさんは、SESの経験に加えて個人的な取り組みを積極的にアピールすることで、急成長中のテック企業への転職に成功しました。スタートアップが優秀な人材を獲得するための採用戦略:40代・30代の転職者に選ばれる企業になるにはという記事では、スタートアップ企業の採用戦略について解説されています。自社開発企業への転職を考えている方は、参考にしてみてください。

社内SEへの転職事例

Cさん(35歳、男性)

  • SES経験:7年
  • 転職理由:ワークライフバランスの改善、特定の業界への専門性を高めたい
  • 成功のポイント:
    1. SESで経験した多様な業界知識をアピール
    2. システム全体を俯瞰する能力を強調
    3. 長期的なキャリアビジョンと企業への貢献意欲を示した

Cさんは、SESでの幅広い経験を活かしつつ、特定の業界に特化したいという意欲を示すことで、大手製造業の社内SEとしての転職に成功しました。SESで培った適応力と幅広い知識が、社内SEとしての即戦力につながりました。

他のSES企業への転職事例

Dさん(30歳、男性)

  • SES経験:4年
  • 転職理由:より良い条件の企業に移りたい、スキルアップの機会を増やしたい
  • 成功のポイント:
    1. これまでのSES経験を詳細に分析し、強みを明確化
    2. 転職先のSES企業の特徴や強みをよく研究
    3. 自身のキャリアプランと企業の方針のマッチングを強調

Dさんは、現在のSES企業での経験を丁寧に分析し、より自身のキャリアプランに合った企業を選ぶことで、条件の良いSES企業への転職に成功しました。SES料金はどのくらい?月額金額シミュレーションなど利用まとめという記事では、SES企業の料金体系について解説されています。SES企業を比較検討する際の参考になるでしょう。

これらの事例から、SESからの転職成功には以下の共通点があることがわかります:

  1. SESでの経験を具体的かつ効果的にアピールする
  2. 転職先の企業研究を徹底する
  3. 自身のキャリアビジョンを明確にし、企業とのマッチングを重視する
  4. 継続的な学習と自己啓発に取り組む

次のセクションでは、転職後のキャリアパスについて考えていきましょう。

転職後のキャリアパスを考える

SESから転職した後も、継続的なキャリア開発が重要です。ここでは、転職後のキャリアパスについて考えていきましょう。

スキルアップのための学習方法

  1. 社内研修の活用
    • 新しい職場で提供される研修プログラムに積極的に参加する
    • 社内勉強会やナレッジ共有セッションを活用する
  2. 外部リソースの活用
    • オンライン学習プラットフォーム(Udemy、Coursera等)を利用する
    • 技術書や技術ブログを定期的に読む
    • 業界カンファレンスやミートアップに参加する
  3. 実践的な学習
    • 社内プロジェクトで新しい技術にチャレンジする
    • サイドプロジェクトや個人開発で新しいスキルを磨く
    • オープンソースプロジェクトへの貢献を通じて学ぶ
  4. 資格取得
    • 業界で認知度の高い資格の取得を目指す
    • 資格学習を通じて体系的な知識を身につける

IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチでは、IT人材の育成方法について詳しく解説されています。この記事を参考に、自身に合った学習方法を見つけてみてください。

長期的なキャリアプランの立て方

  1. 自己分析
    • 自身の強み、弱み、興味関心を定期的に見直す
    • 転職先での経験を踏まえて、キャリアの方向性を再考する
  2. 業界動向の把握
    • 最新の技術トレンドをチェックする
    • 自社や競合他社の動向を把握する
    • 業界全体の将来予測を研究する
  3. キャリアパスの可視化
    • 5年後、10年後のキャリアゴールを設定する
    • そのゴールに到達するために必要なスキルや経験を洗い出す
    • 具体的なマイルストーンを設定する
  4. メンターの活用
    • 社内外でキャリアの相談ができる先輩や上司を見つける
    • 定期的にキャリア相談の機会を持つ
  5. ネットワーキング
    • 社内外の人脈を積極的に構築する
    • 業界イベントや勉強会に参加し、情報交換の機会を増やす

エンジニアとビジネスの関係性について考え方・理由を聞かせてくださいという記事では、エンジニアとしてのキャリアとビジネス視点の関係性について議論されています。長期的なキャリアプランを考える際の参考になるでしょう。

転職後のキャリアパスを考える際は、以下の点に注意しましょう:

  • 柔軟性を持つ: 技術の進化や市場の変化に応じて、キャリアプランを柔軟に修正する姿勢を持つことが重要です。
  • 継続的な学習: 技術の進歩が速いIT業界では、継続的な学習が不可欠です。常に新しい技術やトレンドにアンテナを張り、学び続ける姿勢を持ちましょう。
  • バランスの取れたスキル開発: 技術スキルだけでなく、コミュニケーションスキルやビジネススキルなど、総合的なスキル開発を心がけましょう。
  • キャリアの多様性: 専門性を深めることも重要ですが、同時に幅広い経験を積むことも考慮しましょう。多様な経験が、将来的なキャリアの選択肢を広げることにつながります。

SESからの転職は、キャリアの大きな転換点となります。この機会を活かし、より充実したキャリアを築いていくことが重要です。転職後も継続的に自己研鑽に励み、キャリアプランを見直していくことで、エンジニアとしての成長を続けることができるでしょう。

まとめ

SES転職は、エンジニアのキャリアにおいて重要な選択肢の一つです。本記事では、SESの基本的な理解から転職の理由、効果的な転職活動の進め方、SES経験を活かすポイント、転職成功事例、そして転職後のキャリアパスまで幅広く解説しました。

SESからの転職を成功させるためのポイントは、自身の経験とスキルを適切に評価し、効果的にアピールすること、そして明確なキャリアビジョンを持つことです。また、転職後も継続的な学習と成長を心がけることが、長期的なキャリア成功につながります。

転職を考えているエンジニアの皆さんは、本記事を参考に自身のキャリアを見つめ直し、より充実したエンジニア人生を歩んでいただければ幸いです。キャリアの選択に正解はありません。自分自身と向き合い、納得のいく選択をすることが何よりも大切です。

最後に、エンジニア、デザイナー、PM採用を無料で進められるサービスもありますので、エンジニア採用を検討している方はぜひ活用してみてください。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする