【2024年7月最新】採用方法のトレンドとは?多様化の手引き一覧

Offers HR Magazine編集部 2024年7月3日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

企業の成長と発展には、優秀な人材の確保が不可欠です。しかし、労働市場の変化や技術の進歩に伴い、採用方法も急速に多様化しています。本記事では、2024年7月時点での最新の採用方法のトレンドを紹介し、企業が効果的に人材を獲得するための手引きを提供します。

採用方法の基本と重要性

採用方法は企業の成長戦略において重要な役割を果たします。適切な人材を見つけ、組織に迎え入れることは、企業の競争力を高める上で欠かせません。ここでは、採用方法の基本的な概念と、その重要性について解説します。

採用方法の定義と概要

採用方法とは、企業が必要とする人材を見つけ出し、選考し、雇用するまでの一連のプロセスを指します。これには、求人広告の掲載から面接、offer出しまでの様々なステップが含まれます。効果的な採用方法は、企業の成長戦略と密接に結びついており、適切な人材を適切なタイミングで獲得することが重要です。

採用方法が多様化する背景

採用方法の多様化には、いくつかの要因があります。

  • 労働市場の変化:少子高齢化による労働力不足
  • テクノロジーの進歩:AI、ビッグデータの活用
  • 働き方の多様化:リモートワーク、副業の普及
  • 世代間の価値観の違い:ミレニアル世代、Z世代の台頭

これらの要因により、従来の採用方法だけでは優秀な人材を獲得することが難しくなっています。

企業にとっての採用方法の重要性

適切な採用方法は、企業の成長と競争力維持に直結します。以下に、採用方法が企業にとって重要である理由をいくつか挙げます。

  • 人材の質の向上:優秀な人材を獲得することで、組織全体のパフォーマンスが向上します。
  • コスト削減:効率的な採用プロセスにより、採用にかかるコストを抑えられます。
  • 企業文化の維持・強化:適切な人材を選ぶことで、企業文化を維持・強化できます。
  • イノベーションの促進:多様な背景を持つ人材を採用することで、新しいアイデアが生まれやすくなります。

採用方法を適切に選択し、実行することは、企業の長期的な成功に大きな影響を与える。そのため、常に最新のトレンドを把握し、自社に合った採用方法を見出すことが重要だ。

代表的な採用方法の紹介

採用方法は時代とともに進化し、多様化しています。ここでは、現在主流となっている代表的な採用方法を紹介します。各方法の特徴を理解し、自社に適した方法を選択することが、効果的な採用活動につながります。

求人広告

求人広告は、最も一般的な採用方法の一つです。新聞や雑誌、インターネットの求人サイトなどに掲載し、広く候補者を募集します。近年では、Indeed、LinkedIn、Glassdoorなどのオンラインプラットフォームが主流となっています。

合同企業説明会(転職フェア)

複数の企業が一堂に会し、求職者に直接アピールする機会です。対面でのコミュニケーションにより、企業文化や雰囲気を伝えやすいのが特徴です。2024年現在、オンライン開催も増えており、地理的制約を超えた参加が可能になっています。

人材紹介

専門の人材紹介会社を通じて、企業のニーズに合った候補者を紹介してもらう方法です。人材紹介会社のネットワークと専門知識を活用できるため、特定のスキルや経験を持つ人材の採用に効果的です。

ハローワーク

公共職業安定所(ハローワーク)を通じての採用方法です。無料で利用できる点が魅力ですが、専門性の高い職種や管理職の採用には不向きな場合があります。地域の求職者とマッチングしやすい特徴があります。

自社のWebサイト

自社のホームページに求人情報を掲載する方法です。企業ブランディングと直接リンクしており、自社に興味を持つ候補者を直接採用できる利点があります。SEO対策やコンテンツマーケティングと組み合わせることで、効果を高められます。

リファラル採用

従業員の紹介による採用方法です。採用代行は、派遣会社に依頼するよりも採用のコントロールがしやすいため効果的です。採用代行は採用のプロが採用を外部から支援するため、多くの企業の採用のナレッジをインストールしてくれます。採用代行に興味がある方はこちら

従業員のネットワークを活用するため、企業文化にフィットしやすい人材を見つけやすいという利点があります。信頼できる人材を低コストで採用できる可能性が高いです。

ソーシャルリクルーティング(SNS)

SNSを活用した採用方法です。FacebookやTwitter、Instagramなどのプラットフォームを使って、求人情報を発信したり、候補者とコミュニケーションを取ったりします。特に若い世代へのリーチに効果的です。

大学や専門学校の就職課

新卒採用の主要な方法の一つです。大学や専門学校と提携し、学生に直接アプローチする機会を得られます。インターンシップと組み合わせることで、より効果的な採用活動が可能になります。

インターンシップ

学生や若手社会人に実際の業務を体験してもらう制度です。企業にとっては人材の適性を見極める機会となり、参加者にとっては業界や仕事内容を理解する良い機会となります。

ヘッドハンティング

専門のヘッドハンターを通じて、特定のスキルや経験を持つ人材を直接スカウトする方法です。経営層や高度な専門職の採用に適しています。競合他社から優秀な人材を獲得できる可能性もあります。

アルムナイ採用

過去に自社で働いていた元従業員を再雇用する方法です。企業文化を理解している人材を採用できる利点があります。また、外部での経験を活かして新しい視点をもたらす可能性もあります。

ダイレクトリクルーティング

企業が直接候補者にアプローチする方法です。LinkedInなどのプロフェッショナルネットワークを活用し、必要なスキルや経験を持つ人材を見つけ出します。ピンポイントで適切な人材にアプローチできる利点があります。

人材派遣

人材派遣会社を通じて、一定期間労働者を雇用する方法です。短期的な人材ニーズに対応できる柔軟性が特徴です。正社員採用の前段階としても活用されることがあります。

これらの採用方法は、それぞれ特徴や適した場面が異なります。企業は自社のニーズや状況に応じて、最適な方法を選択または組み合わせることが重要です。次のセクションでは、各採用方法のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

各採用方法のメリット・デメリット

採用方法を選択する際は、各方法のメリットとデメリットを理解し、自社の状況や目的に合わせて最適な方法を選ぶことが重要です。ここでは、先ほど紹介した各採用方法のメリットとデメリットを詳しく解説します。

求人広告のメリット・デメリット

メリット:

  • 広範囲の候補者にリーチできる
  • コストパフォーマンスが比較的高い
  • 自社のブランディングにも活用できる

デメリット:

  • 応募者の質にばらつきがある
  • 競合他社との差別化が難しい
  • 応募者の選考に時間がかかる

合同企業説明会のメリット・デメリット

メリット:

  • 多くの候補者と直接対話できる
  • 企業の雰囲気を直接伝えられる
  • 他社との比較が容易になる

デメリット:

  • 準備に時間とコストがかかる
  • 一度に多くの情報を提供する必要がある
  • オンライン開催の場合、対面でのコミュニケーションの利点が失われる

人材紹介のメリット・デメリット

メリット:

  • 専門性の高い人材を効率的に見つけられる
  • 紹介会社のネットワークを活用できる
  • 選考プロセスの一部を外部委託できる

デメリット:

  • コストが比較的高い
  • 紹介会社の質によって結果が左右される
  • 企業の求める人材像を正確に伝える必要がある

ハローワークのメリット・デメリット

メリット:

  • 無料で利用できる
  • 地域の求職者とマッチングしやすい
  • 公的機関のため信頼性が高い

デメリット:

  • 専門性の高い職種や管理職の採用には不向き
  • 応募者の質にばらつきがある
  • 企業側の選考プロセスに時間がかかる

自社Webサイトのメリット・デメリット

メリット:

  • 自社に興味のある候補者を直接採用できる
  • 企業ブランディングと連動させやすい
  • 情報の更新が容易

デメリット:

  • 十分な露出を得るためにはSEO対策などが必要
  • 単独では応募者数が限られる可能性がある
  • Webサイトの管理・運営にコストがかかる

リファラル採用のメリット・デメリット

メリット:

  • 企業文化にフィットしやすい人材を採用できる
  • 採用コストを抑えられる
  • 従業員のモチベーション向上につながる

デメリット:

  • 社内のネットワークの範囲内に限定される
  • 多様性が失われる可能性がある
  • 不適切な紹介により社内の人間関係に影響が出る可能性がある

ソーシャルリクルーティングのメリット・デメリット

メリット:

  • 若い世代へのリーチに効果的
  • リアルタイムでのコミュニケーションが可能
  • コストを抑えられる

デメリット:

  • SNSの特性上、情報の拡散や誤解が生じやすい
  • プラットフォームの運用に専門知識が必要
  • プライバシーの問題に注意が必要

大学や専門学校の就職課のメリット・デメリット

メリット:

  • 新卒採用に特化した方法
  • 学校側の推薦を受けられる可能性がある
  • インターンシップなどと連携しやすい

デメリット:

  • 特定の学校に偏る可能性がある
  • 中途採用には適さない
  • 学校側との関係構築に時間がかかる

インターンシップのメリット・デメリット

メリット:

  • 実際の業務を通じて適性を見極められる
  • 学生に自社の魅力を直接アピールできる
  • 将来の採用につながりやすい

デメリット:

  • 受け入れ態勢の整備にコストがかかる
  • 短期間では十分な評価が難しい
  • 法的規制に注意が必要

ヘッドハンティングのメリット・デメリット

メリット:

  • 高度なスキルや経験を持つ人材を獲得できる
  • 競合他
  • 合他社からの人材獲得も可能
  • ピンポイントで必要な人材にアプローチできる

デメリット:

  • コストが非常に高い
  • 倫理的な問題が生じる可能性がある
  • 既存の従業員のモチベーションに影響を与える可能性がある

アルムナイ採用のメリット・デメリット

メリット:

  • 企業文化を理解している人材を採用できる
  • 再教育にかかるコストを抑えられる
  • 外部での経験を活かした新しい視点を得られる

デメリット:

  • 過去の人間関係が影響する可能性がある
  • 新しい視点や多様性が失われる可能性がある
  • 退職理由によっては再雇用が難しい場合がある

ダイレクトリクルーティングのメリット・デメリット

メリット:

  • 必要なスキルや経験を持つ人材に直接アプローチできる
  • 採用のコントロールが容易
  • 競合他社からの人材獲得も可能

デメリット:

  • アプローチした人材が興味を示さない可能性がある
  • 時間と労力がかかる
  • プライバシーへの配慮が必要

人材派遣のメリット・デメリット

メリット:

  • 短期的な人材ニーズに柔軟に対応できる
  • 正社員採用の前段階として活用できる
  • 専門スキルを持つ人材を即戦力として活用できる

デメリット:

  • 長期的な人材育成が難しい
  • コストが割高になる可能性がある
  • 派遣社員と正社員の待遇差に注意が必要

これらのメリット・デメリットを踏まえ、自社の状況や採用ニーズに合わせて最適な採用方法を選択することが重要だ。次のセクションでは、適切な採用方法の選び方について詳しく解説する。

適切な採用方法の選び方

採用方法の選択は、企業の成長戦略や人材ニーズによって大きく異なります。ここでは、様々な状況に応じた採用方法の選び方について解説します。企業の規模、業界、求める人材の特性などを考慮し、最適な採用方法を見つけることが重要です。

ケース別の採用方法の選び方

採用の目的や状況によって、最適な採用方法は変わってきます。以下に、代表的なケースとそれに適した採用方法を紹介します。

  1. 新卒採用の場合
    • 大学や専門学校の就職課との連携
    • インターンシップの実施
    • 合同企業説明会への参加
  2. 即戦力となる中途採用の場合
    • 人材紹介サービスの利用
    • ダイレクトリクルーティング
    • ヘッドハンティング
  3. 大量採用の場合
    • 求人広告の活用
    • ハローワークの利用
    • リファラル採用の推進
  4. 特殊なスキルを持つ人材の採用の場合
    • ヘッドハンティング
    • 専門性の高い人材紹介サービスの利用
    • ソーシャルリクルーティング

コスト重視の場合の選び方

限られた予算内で効果的に採用を行いたい場合は、以下の方法が適しています。

  • ハローワークの活用
  • 自社Webサイトでの求人掲載
  • リファラル採用の推進
  • SNSを活用したソーシャルリクルーティング

これらの方法は、比較的低コストで実施できる一方で、質の高い候補者を見つけるためには工夫が必要です。例えば、自社Webサイトでの求人掲載の場合、SEO対策やコンテンツマーケティングを併用することで、より多くの適切な候補者にリーチできる可能性が高まります。

スピード重視の場合の選び方

急いで人材を確保する必要がある場合は、以下の方法が効果的です。

  • 人材紹介サービスの利用
  • ダイレクトリクルーティング
  • 人材派遣の活用
  • リファラル採用

特に人材紹介サービスやダイレクトリクルーティングは、即戦力となる人材を短期間で見つけられる可能性が高いです。ただし、スピードを重視するあまり、選考プロセスが疎かにならないよう注意が必要です。

マッチ度重視の場合の選び方

企業文化との相性や長期的な定着を重視する場合は、以下の方法が適しています。

  • リファラル採用
  • インターンシップ
  • アルムナイ採用
  • 自社Webサイトを通じた採用

これらの方法は、候補者が企業の文化や環境をよく理解した上で応募できるため、ミスマッチを減らすことができます。特にリファラル採用は、既存の従業員が企業文化をよく理解した上で候補者を紹介するため、高いマッチ度が期待できます。

難易度の高い職種の場合の選び方

エンジニアやデータサイエンティストなど、高度なスキルを持つ人材を採用する場合は、以下の方法が効果的です。

これらの方法を組み合わせることで、より効果的に難易度の高い職種の人材を獲得できる可能性が高まります。また、エンジニア、デザイナー、PM採用を無料で進められるサービスこちらを活用することも、効率的な採用につながるでしょう。

適切な採用方法を選ぶ際は、自社の状況や目的を明確にし、それぞれの方法のメリット・デメリットを十分に検討することが重要です。また、複数の方法を組み合わせることで、より効果的な採用活動を展開できる可能性があります。

次のセクションでは、2024年現在の最新の採用トレンドについて詳しく見ていきましょう。

最新の採用トレンド

採用市場は常に変化しており、新しいトレンドが次々と生まれています。2024年7月現在、以下のようなトレンドが注目されています。これらのトレンドを理解し、自社の採用戦略に取り入れることで、より効果的な人材獲得につながる可能性があります。

ダイレクトリクルーティングの拡大

ダイレクトリクルーティングは、企業が直接候補者にアプローチする方法です。LinkedInなどのプロフェッショナルネットワークの普及により、この方法がますます一般的になっています。

特徴:

  • 必要なスキルや経験を持つ人材に直接アプローチできる
  • 採用のコントロールが容易
  • パッシブ求職者(現在転職を考えていない人材)にもリーチできる

実施のポイント:

  1. 明確なターゲット設定
  2. パーソナライズされたメッセージの作成
  3. 継続的なリレーションシップ構築

リファラル採用の重要性

従業員による紹介採用は、質の高い人材を低コストで獲得できる方法として注目されています。スカウト返信率が4倍!カルチャーマッチも促進するリファラル採用に見られるように、その効果は高く評価されています。

特徴:

  • 企業文化にフィットしやすい人材を採用できる
  • 採用コストを抑えられる
  • 従業員のエンゲージメント向上にもつながる

実施のポイント:

  1. 従業員へのインセンティブ制度の設計
  2. 紹介プロセスの簡素化
  3. 社内コミュニケーションの活性化

ソーシャルリクルーティングの普及

SNSを活用した採用方法が一般化しています。特に若い世代へのリーチに効果的です。

特徴:

  • 広範囲の候補者にリーチできる
  • リアルタイムでのコミュニケーションが可能
  • 企業ブランディングにも活用できる

実施のポイント:

  1. 各SNSの特性を理解した戦略立案
  2. 定期的な情報発信
  3. エンゲージメント率の高いコンテンツ作成

カジュアル面談の増加

正式な面接の前に、気軽な雰囲気で会社や仕事の内容について話し合うカジュアル面談が増えています。

特徴:

  • 候補者と企業の相互理解を深められる
  • ミスマッチを早期に防げる
  • 候補者の本音を引き出しやすい

実施のポイント:

  1. リラックスした雰囲気づくり
  2. 双方向のコミュニケーションを心がける
  3. フォローアップの徹底

ミートアップの利用

業界や職種に特化したイベント(ミートアップ)を通じて、潜在的な候補者とつながる機会が増えています。

特徴:

  • 関心の高い候補者と直接交流できる
  • 企業の技術力やカルチャーをアピールできる
  • 業界内でのネットワーク構築にも役立つ

実施のポイント:

  1. ターゲットとなる業界・職種の選定
  2. 魅力的なプレゼンテーションの準備
  3. 参加者とのフォローアップ

採用ピッチ資料の活用

従来の求人票に代わり、スタートアップ企業を中心に採用ピッチ資料が活用されています。

特徴:

  • 企業のビジョンや文化を視覚的に伝えられる
  • 候補者の興味を引きやすい
  • SNSなどでの拡散性が高い

実施のポイント:

  1. ビジュアル重視の資料作成
  2. 具体的な数値やストーリーの盛り込み
  3. 定期的な更新と改善

SNSのDM活用

TwitterやInstagramのダイレクトメッセージ(DM)を使って、候補者に直接アプローチする企業が増えています。

特徴:

  • カジュアルなコミュニケーションが可能
  • 若い世代へのリーチに効果的
  • リアルタイムでの対応が可能

実施のポイント:

  1. パーソナライズされたメッセージの作成
  2. プライバシーへの配慮
  3. フォローアップの徹底

これらのトレンドは、テクノロジーの進化や働き方の変化、そして新しい世代の価値観を反映しています。しかし、トレンドに振り回されるのではなく、自社の状況や求める人材像を常に念頭に置きながら、適切な方法を選択することが重要です。

次のセクションでは、これらのトレンドも踏まえた上で、採用方法を成功させるためのポイントについて解説します。

採用方法を成功させるポイント

採用方法の選択や実施だけでなく、その成功のためには戦略的なアプローチが必要です。ここでは、採用方法を効果的に実施し、優秀な人材を確保するためのポイントを解説します。

求める人物像の明確化(ペルソナ設定)

採用活動の成功には、まず求める人物像を明確にすることが重要です。これはペルソナ設定とも呼ばれ、理想の候補者のプロフィールを具体的に描くプロセスです。

ペルソナ設定のポイント:

  1. スキルと経験の具体化
  2. 価値観や行動特性の定義
  3. キャリアの志向性の把握

例えば、「3年以上のPythonによる開発経験があり、アジャイル開発に精通していること。また、チームワークを重視し、新しい技術に対する学習意欲が高いこと」といった具体的な像を描きます。

ペルソナを設定することで、採用活動の方向性が明確になり、適切な採用方法の選択や効果的な求人広告の作成につながります。また、面接時の評価基準としても活用できるため、一貫性のある採用プロセスを実現できます。

複数の採用方法を併用する

単一の採用方法に頼るのではなく、複数の方法を組み合わせることで、より効果的な採用活動が可能になります。例えば、以下のような組み合わせが考えられます:

  1. 求人広告 + リファラル採用
  2. ダイレクトリクルーティング + カジュアル面談
  3. インターンシップ + ソーシャルリクルーティング

複数の方法を併用することで、以下のメリットが得られます:

  • 幅広い候補者層へのリーチ
  • リスクの分散
  • 各方法の長所を活かした相乗効果

ただし、リソースの配分には注意が必要です。効果測定を行いながら、最適な組み合わせを見つけることが重要です。

分析・改善を繰り返す

採用活動は一度実施して終わりではありません。継続的な分析と改善が、長期的な成功につながります。以下のようなサイクルを回すことで、採用方法の効果を最大化できます:

  1. データ収集:応募者数、面接通過率、採用決定率などのデータを収集
  2. 分析:収集したデータを分析し、各採用方法の効果を評価
  3. 改善:分析結果に基づいて、採用方法や選考プロセスを改善
  4. 実施:改善した方法を実践
  5. 再評価:再び1に戻り、サイクルを繰り返す

このPDCAサイクルを回すことで、自社に最適な採用方法を見つけ出し、継続的に改善していくことができます。

また、採用管理システムの導入ガイド:比較、価格、機能、口コミ、運用、おすすめ、選び方、効果、導入事例まで完全解説を参考に、適切な採用管理システムを導入することで、このプロセスをより効率的に進められます。

その他、採用方法を成功させるためのポイントとして、以下のような点も重要です:

これらのポイントを意識しながら採用活動を進めることで、より効果的な人材獲得が可能になります。また、採用活動は人事部門だけでなく、経営層や現場の管理職を含めた全社的な取り組みとして捉えることが重要です。

最後に、採用市場や技術トレンドは常に変化しています。最新の情報を常にキャッチアップし、自社の採用戦略に反映させていくことが、長期的な採用成功につながります。

まとめ

本記事では、2024年7月時点での採用方法のトレンドと多様化する採用手法について詳しく解説しました。採用方法の選択は、企業の成長戦略や人材ニーズによって大きく異なりますが、適切な方法を選び、効果的に実施することで、優秀な人材の獲得につながります。

重要なのは、自社の状況や目的を明確にし、それに合わせて最適な採用方法を選択し、継続的に改善していくことです。また、最新のトレンドや技術を取り入れながらも、基本的な採用のプロセスや人材育成の重要性を忘れないことが大切です。

採用活動は企業の未来を左右する重要な取り組みです。本記事で紹介した様々な手法やポイントを参考に、自社に最適な採用戦略を構築し、成功につなげていただければ幸いです。

最後に、採用方法の選択や実施にお悩みの方は、エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」をぜひご検討ください。専門知識を持つコンサルタントが、貴社の採用成功をサポートいたします。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする