サステナビリティ企業の取り組み事例と経営メリットとは?

Offers HR Magazine編集部 2024年6月30日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

近年、企業の社会的責任が強く問われる中、サステナビリティへの取り組みは企業経営において欠かせない要素となっています。本記事では、サステナビリティの基本概念から、企業にとってのメリット、具体的な取り組み事例まで、幅広く解説していきます。

サステナビリティとは何か

サステナビリティという言葉を耳にする機会が増えていますが、その本質的な意味を理解している人は意外と少ないかもしれません。ここでは、サステナビリティの基本概念と、企業経営におけるその重要性について詳しく見ていきましょう。

サステナビリティの基本概念

サステナビリティとは、「持続可能性」を意味する言葉です。環境、社会、経済の3つの側面から、現在の世代の需要を満たしつつ、将来の世代の能力を損なうことなく発展を続けることを指します。

具体的には以下のような要素が含まれます:

  1. 環境保全:地球温暖化対策、生物多様性の保護、資源の有効活用など
  2. 社会的公正:人権尊重、労働環境の改善、地域社会との共生など
  3. 経済的繁栄:持続可能な経済成長、イノベーションの促進など

サステナビリティの考え方は、1987年の国連ブルントラント委員会で提唱された「持続可能な開発」の概念に端を発しています。以来、国際社会における重要なテーマとして発展を続けてきました。

企業におけるサステナビリティの重要性

企業にとって、サステナビリティへの取り組みは単なる社会貢献活動ではありません。経営戦略の中核に位置づけるべき重要な要素となっています。その理由としては、以下のような点が挙げられます:

  1. ステークホルダーからの要請: 投資家、消費者、従業員など、様々なステークホルダーがサステナビリティへの取り組みを重視するようになっています。
  2. リスク管理: 気候変動や資源枯渇などの環境問題、人権問題などの社会課題は、企業経営にとって大きなリスク要因となります。サステナビリティへの取り組みは、これらのリスクを軽減する効果があります。
  3. 新たな事業機会の創出: サステナビリティ関連の課題解決は、新たな製品やサービスの開発につながる可能性があります。
  4. 長期的な企業価値の向上: サステナビリティを重視する企業は、長期的な視点で経営を行うことができ、結果として企業価値の向上につながります。

企業理念とは何か?スタートアップ企業における重要性とはにあるように、サステナビリティへの取り組みは企業理念とも密接に関連しています。サステナビリティを企業理念に組み込むことで、より一貫性のある経営が可能となるでしょう。

サステナビリティ経営のメリット

サステナビリティを重視した経営には、様々なメリットがあります。ここでは、主要なメリットについて詳しく解説していきます。

企業ブランド価値の向上

サステナビリティへの取り組みは、企業のブランド価値向上に大きく寄与します。具体的には以下のような効果が期待できます:

  1. 消費者からの支持: 環境や社会に配慮した製品やサービスを求める消費者が増加しています。サステナビリティに積極的な企業は、これらの消費者から支持を得やすくなります。
  2. 投資家からの評価: ESG投資の拡大に伴い、サステナビリティへの取り組みは投資判断の重要な基準となっています。積極的な取り組みは、投資家からの評価向上につながります。
  3. メディア露出の増加: サステナビリティに関する先進的な取り組みは、メディアに取り上げられる機会が増え、ポジティブな広告効果が期待できます。
  4. 採用市場での競争力向上: 特に若い世代の求職者は、企業のサステナビリティへの姿勢を重視する傾向があります。積極的な取り組みは、優秀な人材の獲得につながります。

スタートアップが優秀な人材を獲得するための採用戦略:40代・30代の転職者に選ばれる企業になるにはにあるように、サステナビリティへの取り組みは、人材獲得の面でも大きなアドバンテージとなります。

コスト削減と業務効率の向上

サステナビリティへの取り組みは、短期的にはコストがかかるように見えるかもしれません。しかし、長期的には以下のようなコスト削減と業務効率の向上につながる可能性があります:

  1. エネルギー効率の向上: 省エネ設備の導入や再生可能エネルギーの活用により、エネルギーコストを削減できます。
  2. 資源の有効活用: 廃棄物の削減やリサイクルの推進により、原材料コストを削減できます。
  3. サプライチェーンの最適化: サステナビリティを考慮したサプライチェーン管理により、長期的な調達コストの削減と安定化が期待できます。
  4. イノベーションの促進: サステナビリティを考慮した製品開発は、新たな技術やプロセスの革新につながり、結果として業務効率の向上に寄与します。

リスク管理と法令順守の強化

サステナビリティへの取り組みは、企業のリスク管理能力を高め、法令順守の体制を強化します:

  1. 環境リスクの軽減: 気候変動対策や廃棄物管理の強化により、環境関連のリスクを軽減できます。
  2. レピュテーションリスクの管理: サステナビリティへの積極的な取り組みは、企業イメージの向上につながり、レピュテーションリスクを軽減します。
  3. 法規制への対応: 環境規制や労働関連法規の強化が進む中、サステナビリティへの取り組みは将来の法規制への対応力を高めます。
  4. サプライチェーンリスクの管理: サプライヤーの環境・社会面での評価を行うことで、サプライチェーン全体のリスクを管理できます。

従業員エンゲージメントの向上

サステナビリティへの取り組みは、従業員のモチベーションと帰属意識を高める効果があります:

  1. 企業への誇り: 社会に貢献する企業で働くことへの誇りが、従業員の満足度を高めます。
  2. 目的意識の醸成: サステナビリティ目標の達成に向けた取り組みが、従業員に明確な目的意識を与えます。
  3. スキル開発の機会: サステナビリティ関連のプロジェクトへの参加が、新たなスキル開発の機会となります。
  4. 健康的な職場環境: 従業員の健康と福祉を重視するサステナビリティの取り組みが、働きやすい職場環境の創出につながります。

ウェルビーイング経営とは?社員の満足、生産性とのつながりを徹底解説にあるように、サステナビリティへの取り組みは、従業員のウェルビーイングにも大きく貢献します。

持続可能なイノベーションの推進

サステナビリティを重視することで、長期的かつ持続可能なイノベーションを推進することができます:

  1. 新製品・サービスの開発: 環境や社会の課題解決に向けた新たな製品やサービスの開発機会が生まれます。
  2. ビジネスモデルの革新: サーキュラーエコノミーなど、サステナビリティを考慮した新しいビジネスモデルの創出につながります。
  3. 技術革新: 環境負荷の低減や社会課題の解決に向けた技術開発が促進されます。
  4. 異業種連携: サステナビリティ課題の解決に向けて、異業種との連携や協業が生まれやすくなります。

サステナビリティへの取り組み方

サステナビリティ経営を実践するためには、組織全体で体系的に取り組む必要があります。ここでは、サステナビリティへの効果的な取り組み方について解説します。

ステークホルダーとの対話

サステナビリティ経営の第一歩は、ステークホルダーとの対話です:

  1. ステークホルダーの特定: 自社にとって重要なステークホルダー(顧客、従業員、株主、地域社会など)を特定します。
  2. 対話の機会の創出: 定期的なアンケート、ヒアリング、意見交換会などを通じて、ステークホルダーの期待や懸念を把握します。
  3. マテリアリティの特定: ステークホルダーとの対話を通じて、自社にとって重要なサステナビリティ課題(マテリアリティ)を特定します。
  4. フィードバックの反映: 対話で得られた意見や提案を、経営戦略や事業計画に反映させます。

OKR目標設定の基礎から運用方法まで:フレームワーク、成功事例、テンプレートを活用した戦略的マネジメントガイドにあるように、ステークホルダーとの対話を通じて特定された課題を、OKRなどの目標管理手法に組み込むことも効果的です。

サステナビリティ目標の設定

具体的なサステナビリティ目標を設定することで、組織全体の取り組みを方向づけることができます:

  1. 中長期目標の設定: 5年、10年先を見据えた中長期的なサステナビリティ目標を設定します。
  2. KPIの設定: 目標の達成度を測定するための具体的なKPI(主要業績評価指標)を設定します。
  3. 部門別目標への落とし込み: 全社的な目標を、各部門の具体的な目標や行動計画に落とし込みます。
  4. 定期的な進捗管理: 目標の達成状況を定期的に確認し、必要に応じて戦略や施策を見直します。

社内教育と啓発活動

サステナビリティへの取り組みを組織全体に浸透させるためには、社内教育と啓発活動が重要です:

  1. トップのコミットメント: 経営トップがサステナビリティへの強いコミットメントを示し、メッセージを発信します。
  2. 研修プログラムの実施: 全従業員を対象としたサステナビリティに関する研修プログラムを実施します。
  3. 部門別の専門研修: 各部門の業務特性に応じた、より専門的なサステナビリティ研修を実施します。
  4. 社内コミュニケーションの強化: イントラネットや社内報を活用し、サステナビリティに関する情報を定期的に発信します。

IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチにあるように、オンラインやeラーニングを活用したサステナビリティ教育も効果的です。これにより、時間や場所の制約なく、多くの従業員がサステナビリティについて学ぶ機会を得ることができます。

外部評価と報告の重要性

サステナビリティへの取り組みを外部に適切に発信し、評価を受けることも重要です:

  1. サステナビリティレポートの作成: 年次のサステナビリティレポートを作成し、取り組みの進捗や成果を公表します。
  2. 国際的なイニシアチブへの参加: 国連グローバル・コンパクトなど、国際的なサステナビリティイニシアチブへの参加を検討します。
  3. ESG評価への対応: DJSI(ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス)などのESG評価に積極的に対応します。
  4. ステークホルダーダイアログの実施: 外部有識者を招いたステークホルダーダイアログを実施し、その内容を公開します。

業種別のサステナビリティ事例

サステナビリティへの取り組みは、業種によって特徴が異なります。ここでは、主要な業種別のサステナビリティ事例を紹介します。

製造業界の取り組み

製造業では、環境負荷の低減と資源の有効活用が主要なテーマとなっています:

  1. 循環型生産システムの構築: パナソニックは、使用済み家電製品を回収し、新製品の原材料として再利用する「資源循環システム」を構築しています。
  2. 再生可能エネルギーの活用: ソニーは、2040年までに自社の事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄う目標を掲げています。
  3. サプライチェーンの持続可能性向上: トヨタ自動車は、サプライヤーと協力して「グリーン調達ガイドライン」を策定し、サプライチェーン全体での環境負荷低減に取り組んでいます。

IT業界の取り組み

IT業界では、デジタル技術を活用したサステナビリティソリューションの提供が特徴的です:

  1. データセンターの省エネ化: グーグルは、AI技術を活用してデータセンターの冷却システムを最適化し、エネルギー効率を大幅に向上させています。
  2. 循環型ITの推進: 富士通は、使用済みIT機器のリユース・リサイクルを推進する「ICTリサイクルセンター」を運営しています。
  3. 社会課題解決型のITソリューション: 日立製作所は、IoTやAIを活用した「Lumada」ソリューションにより、様々な社会課題の解決に貢献しています。

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説にあるように、IT業界では、サステナビリティへの取り組みが人材採用戦略とも密接に関連しています。

飲食・小売業界の取り組み

飲食・小売業界では、食品ロスの削減や持続可能な調達が重要なテーマとなっています:

  1. フードロスの削減: イオンは、販売期限の近い商品を割引販売する「見切り販売」を積極的に行い、食品廃棄物の削減に取り組んでいます。
  2. 持続可能な調達: スターバックスは、「C.A.F.E. Practices」という独自の調達基準を設け、環境や社会に配慮したコーヒー豆の調達を行っています。
  3. プラスチック削減: セブン&アイ・ホールディングスは、店舗でのプラスチック製レジ袋の無料配布を中止し、環境配慮型の素材を使用した有料袋を導入しています。

不動産・建設業界の取り組み

不動産・建設業界では、環境性能の高い建築物の開発や都市の持続可能性向上が主要テーマです:

  1. グリーンビルディングの開発: 三井不動産は、環境性能の高いオフィスビルの開発を推進し、LEED認証の取得を積極的に進めています。
  2. 木材利用の推進: 大和ハウス工業は、国産材を活用した木造住宅の開発・普及に力を入れ、森林資源の持続可能な利用を促進しています。
  3. スマートシティの開発: 三菱地所は、丸の内エリアで「大丸有SDGs ACT5」プロジェクトを展開し、都市の持続可能性向上に取り組んでいます。

指標とガイドライン

サステナビリティへの取り組みを評価・管理するためには、適切な指標やガイドラインの活用が不可欠です。ここでは、主要な指標とガイドラインについて解説します。

GRIスタンダードの概要

GRI(Global Reporting Initiative)スタンダードは、サステナビリティ報告の国際基準です:

  1. 構成: 「共通スタンダード」と「項目別スタンダード」から構成されています。
  2. 報告原則: ステークホルダーの包含、サステナビリティの文脈、重要性、完全性などの原則に基づいています。
  3. 開示項目: 経済、環境、社会の3分野について、詳細な開示項目が設定されています。
  4. 柔軟性: 組織の規模や業種に応じて、必要な開示項目を選択できる柔軟性があります。

DJSIの概要

DJSI(Dow Jones Sustainability Index)は、企業のサステナビリティパフォーマンスを評価する株価指数です:

  1. 評価対象: 世界の大手企業約2,500社を対象に評価を行います。
  2. 評価項目: 経済、環境、社会の3分野について、約80-100の質問項目で評価します。
  3. インデックス構成: 評価結果に基づき、各業種のトップ企業がインデックスに選定されます。
  4. 投資指標としての活用: 機関投資家によるESG投資の指標として広く活用されています。

ISO14001認証の活用方法

ISO14001は、環境マネジメントシステムの国際規格です:

  1. PDCAサイクル: 計画(Plan)、実行(Do)、確認(Check)、改善(Act)のサイクルに基づいています。
  2. 環境方針の策定: 組織のトップマネジメントが環境方針を定め、全従業員に周知します。
  3. 環境側面の特定: 組織の活動が環境に与える影響(環境側面)を特定し、評価します。
  4. 継続的改善: 定期的な内部監査と外部審査により、システムの有効性を確認し、継続的な改善を図ります。

採用KPIに関してのテンプレートはこちらにあるように、これらの指標やガイドラインを活用し、サステナビリティに関する具体的なKPIを設定することが重要です。

最新のトレンドと動向

サステナビリティの分野は急速に進化しており、常に新しいトレンドや動向が生まれています。ここでは、2024年時点での最新トレンドについて解説します。

カーボンニュートラルへの取り組み

カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現に向けた取り組みが加速しています:

  1. 脱炭素技術への投資: 水素エネルギー、CCUS(CO2回収・利用・貯留)など、脱炭素技術への投資が増加しています。
  2. サプライチェーン全体での取り組み: Scope3(サプライチェーンでの間接排出)も含めた排出量削減が求められています。
  3. カーボンプライシングの導入: 炭素税や排出量取引制度の導入が世界的に広がっています。

サーキュラーエコノミーの普及

資源を循環させ、廃棄物を最小限に抑える「サーキュラーエコノミー」の考え方が広がっています:

  1. プロダクト・アズ・ア・サービス: 製品を所有するのではなく、サービスとして利用するビジネスモデルが普及しています。
    1. 例えば、フィリップスの「ライト・アズ・ア・サービス」では、照明機器そのものではなく、照明サービスを提供しています。
  2. リサイクル技術の進化: ケミカルリサイクルなど、より高度なリサイクル技術の開発と実用化が進んでいます。
  3. シェアリングエコノミーの拡大: カーシェアリングや民泊など、遊休資産を活用するビジネスモデルが拡大しています。

再生可能エネルギーの活用

再生可能エネルギーの導入が急速に進んでいます:

  1. コスト競争力の向上: 太陽光発電や風力発電のコストが大幅に低下し、従来の化石燃料発電と競争力を持つようになっています。
  2. 企業のRE100参加: 事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す「RE100」への参加企業が増加しています。
  3. グリーン水素の普及: 再生可能エネルギーを用いて製造される「グリーン水素」への注目が高まっています。

経済産業省の調査によると、2030年には最大約79万人のIT人材が不足すると予測されています。この人材不足に対応するためにも、IT企業はサステナビリティへの取り組みを強化し、魅力的な企業として人材を惹きつける必要があります。

サステナビリティと人材採用

サステナビリティへの取り組みは、人材採用においても重要な要素となっています。特に若い世代の求職者は、企業のサステナビリティへの姿勢を重視する傾向があります。

サステナビリティ重視の採用戦略

  1. サステナビリティ方針の明確化: 企業のサステナビリティに対する方針や取り組みを、採用情報や企業ウェブサイトで明確に示します。
  2. サステナビリティ関連の職種創出: CSR専門職やサステナビリティマネージャーなど、サステナビリティに特化した職種を設けることで、この分野に関心の高い人材を惹きつけます。
  3. インターンシッププログラムの活用: サステナビリティプロジェクトに特化したインターンシッププログラムを提供し、若い人材の獲得につなげます。
  4. 社会貢献活動への参加機会: 従業員が参加できる社会貢献活動やボランティア活動の機会を提供し、それを採用活動でアピールします。

魅力的な企業になるためのポイント

  1. 透明性の確保: サステナビリティへの取り組みの進捗や課題を正直に開示し、信頼性を高めます。
  2. イノベーションの推進: サステナビリティ課題の解決に向けた新しい技術やビジネスモデルの開発に積極的に取り組みます。
  3. 従業員の参画促進: サステナビリティ活動への従業員の参加を促し、その取り組みを対外的にアピールします。
  4. ワークライフバランスの重視: 柔軟な働き方や充実した福利厚生など、従業員のウェルビーイングを重視する姿勢を示します。

新しい世代の価値観に対応する

  1. パーパス(存在意義)の明確化: 企業の存在意義や社会的価値を明確に示し、それに共感する人材を惹きつけます。
  2. 多様性と包摂性の重視: ジェンダー、年齢、国籍などの多様性を尊重し、インクルーシブな職場環境づくりに取り組みます。
  3. 継続的な学習機会の提供: サステナビリティに関する研修や学習プログラムを充実させ、従業員の成長機会を提供します。
  4. フィードバック文化の醸成: 自分が得意としない領域へのフィードバックはどうしていますか?という質問にあるように、オープンなフィードバック文化を醸成し、継続的な改善を促進します。

まとめ

サステナビリティ企業の取り組みは、単なる社会貢献活動ではなく、企業の長期的な成長と競争力強化に不可欠な要素となっています。

環境・社会・経済の調和を図りながら、イノベーションを推進し、ステークホルダーとの対話を重ねることで、持続可能な社会の実現と企業価値の向上を同時に達成することができます。

経営戦略とは?成功する企業の羅針盤にあるように、サステナビリティを経営戦略の中核に据えることで、企業は社会と共に持続的に成長していくことができるでしょう。

今後も、技術革新や社会の変化に柔軟に対応しながら、サステナビリティへの取り組みをさらに進化させていくことが求められます。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする