PMの仕事内容と必要なスキルとは?求人情報も紹介

Offers HR Magazine編集部 2024年7月9日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

プロジェクトマネージャー(PM)の仕事は、ビジネスの成功に不可欠な役割を果たしています。本記事では、PMの仕事内容や必要なスキル、キャリアパスなどを詳しく解説します。PMを目指す方や、PMの採用を考えている企業の方々にとって、有益な情報となるでしょう。

プロジェクトマネージャー(PM)の役割と主な仕事内容

プロジェクトマネージャー(PM)の仕事は、組織の目標達成に向けて、様々なリソースを効果的に活用し、プロジェクトを成功に導くことです。PMの役割は多岐にわたり、チームのリーダーシップから細かな進捗管理まで、幅広い責任を担います。ここでは、PMの基本的な役割と主な仕事内容について詳しく見ていきましょう。

PMの基本的な役割

PMの基本的な役割は、プロジェクトの全体像を把握し、目標達成に向けて効率的に進めることです。具体的には以下のような役割があります:

  • プロジェクトの計画立案と実行
  • チームメンバーの管理とモチベーション維持
  • ステークホルダーとのコミュニケーション
  • リスク管理とタスクの優先順位付け
  • プロジェクトの予算管理

PMの仕事は、これらの役割を適切にこなしながら、プロジェクトを成功に導くことです。

プロジェクトの立ち上げから完了まで

PMの仕事は、プロジェクトの立ち上げから完了まで、全てのフェーズにおいて重要です。各フェーズでのPMの主な役割は次のとおりです:

  1. 立ち上げ:プロジェクトの目的や範囲を定義し、ステークホルダーの特定を行います。
  2. 計画:詳細なプロジェクト計画を作成し、必要なリソースを見積もります。
  3. 実行:チームを指揮し、タスクの割り当てと進捗管理を行います。
  4. 監視・コントロール:プロジェクトの進捗を常に監視し、必要に応じて軌道修正を行います。
  5. 完了:プロジェクトの成果を評価し、教訓を次のプロジェクトに活かします。

各フェーズでPMの仕事内容は異なりますが、一貫してプロジェクトの成功に向けて尽力することが求められます。

主要な業務内容

PMの日々の業務は多岐にわたります。主な業務内容には以下のようなものがあります:

  • プロジェクト計画の作成と更新
  • チームミーティングの開催とファシリテーション
  • タスクの割り当てと進捗管理
  • リスク分析と対策立案
  • ステークホルダーへの報告と調整
  • 予算管理とコスト分析
  • 品質管理と成果物のレビュー

これらの業務を通じて、PMはプロジェクトの円滑な進行と目標達成を支援します。PMの仕事は、これらの業務を効果的にこなすことで、組織の成功に大きく貢献します。

プロジェクトマネージャー(PM)の必要なスキル

プロジェクトマネージャー(PM)として成功するためには、多様なスキルが必要です。技術的な知識だけでなく、ソフトスキルも重要な役割を果たします。ここでは、PMに求められる主要なスキルについて詳しく解説します。

管理スキル

PMの仕事において、管理スキルは不可欠です。以下のような能力が求められます:

  • プロジェクト計画立案能力
  • タスク管理とスケジューリング能力
  • リソース配分と最適化能力
  • リスク管理能力
  • 変更管理能力

これらのスキルを磨くことで、PMの仕事をより効果的に遂行できるようになります。例えば、プロジェクト管理ツールを活用して、タスクの進捗を視覚化し、チーム全体で共有することで、効率的な管理が可能になります。

コミュニケーションスキル

PMの仕事の成否は、コミュニケーション能力に大きく左右されます。以下のようなスキルが重要です:

  • 効果的なプレゼンテーション能力
  • アクティブリスニング
  • チーム内のコンフリクト解決能力
  • ステークホルダーとの交渉能力
  • 明確かつ簡潔な文書作成能力

PMの仕事では、様々な背景を持つ人々とコミュニケーションを取る必要があります。技術者から経営陣まで、相手に応じた適切なコミュニケーションスタイルを選択できることが重要です。

問題解決能力

プロジェクトの進行中には、予期せぬ問題が発生することがあります。PMには、これらの問題を効果的に解決する能力が求められます:

  • 問題の根本原因分析能力
  • 創造的思考力
  • 意思決定能力
  • ストレス耐性
  • 柔軟性と適応力

PMの仕事では、常に問題解決のリーダーシップを取ることが期待されます。例えば、チーム内で意見の対立が生じた場合、PMは冷静に状況を分析し、建設的な解決策を提案する必要があります。

IT知識と技術

近年、多くのプロジェクトがITと密接に関連しているため、PMにもある程度のIT知識が求められます:

  • プロジェクト管理ソフトウェアの使用能力
  • データ分析とレポーティング能力
  • クラウドサービスの理解
  • アジャイル開発手法の知識
  • サイバーセキュリティの基本的理解

これらの知識は、PMの仕事の効率を大きく向上させます。例えば、データ分析スキルを活用することで、プロジェクトの進捗や成果を定量的に評価し、より説得力のある報告が可能になります。

エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」では、ITスキルを持つPM人材の採用をサポートしています。技術的な背景を持つPMは、エンジニアとのコミュニケーションがスムーズで、プロジェクトの技術的側面も理解できるため、特に需要が高まっています。

プロジェクトマネージャー(PM)の年収と就業状況

プロジェクトマネージャー(PM)の年収は、経験や業界、地域によって大きく異なります。ここでは、PMの年収の傾向と、就業状況について詳しく見ていきましょう。

平均年収とその要因

PMの平均年収は、一般的に高水準にあります。2024年の調査によると、日本におけるPMの平均年収は約800万円から1,000万円の範囲にあることが報告されています。ただし、この数字は以下の要因によって大きく変動します:

  • 経験年数
  • プロジェクトの規模と複雑さ
  • 業界
  • 保有資格
  • 会社の規模

PMの仕事の責任の重さと、求められるスキルの高さが、比較的高い年収の要因となっています。特に、大規模なプロジェクトを成功に導いた経験を持つPMは、高い報酬を得る傾向にあります。

業界別の年収差

PMの年収は、業界によって大きく異なります。一般的に、以下の業界でPMの年収が高い傾向にあります:

  1. IT・通信業界
  2. 金融業界
  3. コンサルティング業界
  4. 製造業(特に自動車・電機)
  5. 建設・不動産業界

例えば、IT業界のPMの平均年収は、他の業界と比較して15-20%程度高いことが報告されています。これは、IT業界におけるPMの仕事の重要性と、技術的な専門知識の需要の高さを反映しています。

地域別の年収差

PMの年収は、勤務地域によっても差があります:

地域

相対的な年収水準

東京

100% (基準)

大阪

90-95%

名古屋

85-90%

その他の地方都市

80-85%

東京でのPMの仕事は、一般的に最も高い年収を得られる傾向にあります。これは、東京に本社を置く大企業や、大規模プロジェクトが多いことが要因です。ただし、地方でも高度な専門性を持つPMには、東京並みの好条件を提示する企業も増えています。

プロジェクトマネージャーの求人動向

PMの求人市場は、全体的に好調を維持しています。特に以下の分野での需要が高まっています:

  • デジタルトランスフォーメーション(DX)関連プロジェクト
  • アジャイル開発プロジェクト
  • クラウド移行プロジェクト
  • IoTやAI関連プロジェクト

これらの分野では、技術的な知識とPMの仕事のスキルを兼ね備えた人材が特に求められています。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」では、これらの最新のトレンドに対応したPM人材の採用をサポートしています。

また、近年では、リモートワークや副業を前提としたPMの求人も増加しています。これにより、地方在住のPMでも、都市部の高待遇案件に応募できるチャンスが広がっています。

プロジェクトマネージャー(PM)のキャリアパス

プロジェクトマネージャー(PM)のキャリアパスは、個人の志向や組織の構造によって様々です。ここでは、一般的なPMのキャリアステップと、各段階でのPMの仕事の特徴について解説します。

初期段階のキャリアステップ

PMキャリアの初期段階では、以下のようなポジションを経験することが多いです:

  1. プロジェクトコーディネーター
  2. アシスタントプロジェクトマネージャー
  3. ジュニアプロジェクトマネージャー

この段階でのPMの仕事は、主に以下のような内容です:

  • プロジェクト文書の作成と管理
  • ミーティングのスケジュール調整と議事録作成
  • タスクの進捗管理
  • シニアPMのサポート

初期段階では、プロジェクト管理の基本を学び、チーム内でのコミュニケーションスキルを磨くことが重要です。この時期に、PMPなどの資格取得を目指す人も多いです。

中期キャリアステップ

キャリア中期のPMは、より大きな責任を担うようになります:

  1. プロジェクトマネージャー
  2. シニアプロジェクトマネージャー
  3. プログラムマネージャー

この段階でのPMの仕事には、以下のようなものが含まれます:

  • プロジェクト全体の計画立案と実行
  • チームのリーダーシップ
  • ステークホルダーマネジメント
  • リスク管理と問題解決
  • 複数のプロジェクトの調整(プログラムマネージャーの場合)

中期キャリアのPMは、技術的なスキルだけでなく、戦略的思考力やリーダーシップスキルの向上が求められます。また、業界や企業特有のプロセスや方法論に精通することも重要です。

上級キャリアステップと役職

PMキャリアの上級段階では、より広範囲な責任を持つ役職に就くことが多くなります:

  1. ポートフォリオマネージャー
  2. PMO(Project Management Office)ディレクター
  3. CTO(Chief Technology Officer)
  4. COO(Chief Operating Officer)

この段階でのPMの仕事は、組織全体のプロジェクト戦略に関わるものとなります:

  • 複数のプログラムやプロジェクトの統括
  • 組織のプロジェクト管理プロセスの最適化
  • プロジェクトポートフォリオの戦略的管理
  • 経営陣とのコミュニケーションと意思決定

上級PMは、ビジネス戦略とプロジェクト管理を結びつける重要な役割を果たします。技術的な知識に加え、ビジネスアクメンと優れたコミュニケーション能力が求められます。

PMの仕事は、キャリアステージによって大きく変化します。初期は実務的なタスクが中心ですが、キャリアが進むにつれて、戦略的な意思決定や組織全体の方向性に影響を与える立場になっていきます。

エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」では、各キャリアステージに応じたPM人材の採用をサポートしています。経験豊富なシニアPMから、将来性のある若手PMまで、企業のニーズに合わせた人材マッチングを提供しています。

プロジェクトマネージャー(PM)に役立つ資格と研修

プロジェクトマネージャー(PM)として成長するためには、適切な資格取得と継続的な学習が重要です。ここでは、PMに役立つ主要な資格と研修プログラムについて解説します。

プロジェクトマネジメント技術者試験(PMBOK)

プロジェクトマネジメント技術者試験は、日本におけるPM資格の代表格です。この試験は、PMBOKガイド(プロジェクトマネジメント知識体系ガイド)に基づいており、以下の特徴があります:

  • レベル:レベル1からレベル4まで段階的に設定
  • 出題範囲:プロジェクト統合管理、スコープ管理、タイム管理、コスト管理など
  • 認知度:日本国内での認知度が高く、多くの企業で評価される

この資格は、PMの仕事に必要な体系的な知識を習得できるため、特に日本企業でのキャリアアップを目指す方におすすめです。

Project Management Professional (PMP)

PMPは、米国PMI(Project Management Institute)が認定する国際的に認知された資格です:

  • 対象:中級以上のPM経験者
  • 要件:学歴に応じた実務経験(学士の場合3年以上)と35時間以上の専門教育
  • 試験内容:プロジェクト立ち上げ、計画、実行、監視・コントロール、終結の5つのプロセス群

PMP資格は、グローバルに活躍するPMの仕事を目指す方に特に有用です。多国籍企業や海外プロジェクトに携わる機会が増える可能性が高まります。

その他の有用な資格

PMの専門性を高める他の資格には以下のようなものがあります:

  1. PRINCE2(PRojects IN Controlled Environments 2)
    • 特徴:英国政府が開発したプロジェクト管理手法
    • 適性:政府系プロジェクトや欧州でのPM業務
  2. アジャイルプロジェクトマネジメント認定資格(PMI-ACP)
    • 特徴:アジャイル手法に特化した資格
    • 適性:IT業界やソフトウェア開発プロジェクト
  3. ITIL(Information Technology Infrastructure Library)
    • 特徴:ITサービスマネジメントのベストプラクティス
    • 適性:IT系のプロジェクトや運用管理

これらの資格は、PMの仕事の幅を広げ、特定の分野や手法に関する専門性を示すのに役立ちます。

おすすめの研修プログラム

資格取得に加えて、継続的な学習も重要です。以下のような研修プログラムがおすすめです:

  1. リーダーシップ研修
    • 内容:チームマネジメント、モチベーション向上技法
    • メリット:チームの生産性向上につながる
  2. ネゴシエーションスキル研修
    • 内容:交渉技術、コンフリクト解決
    • メリット:ステークホルダーとの関係構築に有効
  3. アジャイル開発手法研修
    • 内容:スクラム、カンバンなどの手法
    • メリット:柔軟なプロジェクト管理能力の向上
  4. データ分析・可視化研修
    • 内容:BI(Business Intelligence)ツールの活用
    • メリット:データドリブンな意思決定能力の向上
  5. クラウドサービス活用研修
    • 内容:主要クラウドプラットフォームの機能と活用法
    • メリット:最新のIT環境でのプロジェクト管理スキル習得

これらの研修を通じて、PMは常に最新のトレンドやテクノロジーに触れ、PMの仕事の質を向上させることができます。

エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」では、これらの資格や研修経験を持つPM人材の採用もサポートしています。継続的に学習し、スキルアップを図るPM人材は、多くの企業から高い評価を受けています。

プロジェクトマネージャー(PM)の仕事のやりがいと難しさ

プロジェクトマネージャー(PM)の仕事は、多くのやりがいと同時に様々な難しさも伴います。ここでは、PMの仕事の魅力と課題、そして実際の成功体験と失敗体験について詳しく見ていきましょう。

仕事のやりがい

PMの仕事には、以下のようなやりがいがあります:

  1. プロジェクトの成功による達成感
    • 大規模なプロジェクトを成功に導いたときの喜びは格別です。
    • チームメンバーの成長を見届けられることも大きな喜びです。
  2. 多様な課題解決の機会
    • 日々新しい課題に直面し、創造的な解決策を見出す過程は知的刺激に満ちています。
    • 問題解決能力が磨かれ、個人としての成長を実感できます。
  3. 幅広い知識とスキルの習得
    • 技術、ビジネス、人材管理など、多岐にわたる分野の知識を身につけられます。
    • 常に新しいトレンドや技術に触れる機会があります。
  4. 組織への大きな貢献
    • プロジェクトの成功が直接的に組織の成長や利益につながります。
    • 経営陣と直接やり取りする機会も多く、会社の意思決定に関与できます。
  5. 多様な人々との協働
    • 異なる専門性を持つ人々とチームを組み、共通の目標に向かって働くことができます。
    • 国際プロジェクトでは、異文化交流の機会も得られます。

これらのやりがいは、PMの仕事を魅力的なものにしています。特に、大規模なプロジェクトを成功に導いたときの達成感は、他の職種では味わえない特別なものです。

仕事の難しさ

一方で、PMの仕事には以下のような難しさも存在します:

  1. 複雑な利害関係の調整
    • 異なる部署や外部のステークホルダーの要求を満たすことが求められます。
    • 時に相反する要求の間でバランスを取る必要があります。
  2. 厳しい納期とプレッシャー
    • プロジェクトの遅延は大きな損失につながるため、常に時間との戦いになります。
    • 予算や品質の制約の中でプロジェクトを進める必要があります。
  3. 予期せぬリスクへの対応
    • 計画通りに進まないことが常であり、柔軟な対応が求められます。
    • 突発的な問題に対して迅速な意思決定が必要です。
  4. チームメンバーのモチベーション維持
    • 長期プロジェクトでは、チームの士気を保つことが課題になります。
    • メンバー間の対立や不和を解決する必要もあります。
  5. 技術の急速な進化への対応
    • 特にIT関連のプロジェクトでは、最新技術の理解と導入が求められます。
    • 新技術導入に伴うリスクも管理する必要があります。

これらの難しさは、PMの仕事の挑戦的な側面を表しています。しかし、これらの困難を乗り越えることで、PMとしての能力が磨かれていきます。

成功体験と失敗体験

実際のPMの経験から、以下のような成功体験と失敗体験が報告されています:

成功体験の例:

  1. 大規模なシステム統合プロジェクトを予定より早く、予算内で完了させた。
    • 成功要因:綿密な計画立案と、リスクの先行対応
    • 学び:事前の準備と継続的なリスク管理の重要性
  2. 多国籍チームでの製品開発プロジェクトを成功に導いた。
    • 成功要因:文化の違いを考慮したコミュニケーション戦略
    • 学び:多様性を活かしたチームビルディングの効果

失敗体験の例:

  1. 新規技術導入プロジェクトが大幅に遅延し、予算超過となった。
    • 失敗要因:技術の成熟度評価の甘さと、リスク管理の不足
    • 学び:新技術導入時の綿密な事前調査の必要性
  2. ステークホルダー間の対立により、プロジェクトが中断した。
    • 失敗要因:初期段階でのステークホルダー分析の不足
    • 学び:プロジェクト開始前の徹底的なステークホルダー分析の重要性

これらの経験は、PMの仕事の複雑さと、継続的な学習の必要性を示しています。成功体験からは自信を得られ、失敗体験からは貴重な教訓を学ぶことができます。

エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」では、これらの実践的な経験を持つPM人材の採用をサポートしています。成功と失敗の両方を経験したPMは、より総合的な判断力を持ち、企業に大きな価値をもたらす可能性が高いです。

プロジェクトマネージャー(PM)向けの採用ポイント

プロジェクトマネージャー(PM)の採用は、企業の成功に直結する重要な課題です。ここでは、PM採用の際に重視すべきポイント、効果的な面接質問例、そして採用後のOJT(On-the-Job Training)の進め方について詳しく解説します。

採用の際に重視すべきスキルや経験

PMを採用する際には、以下のようなスキルや経験を重視することをおすすめします:

  1. プロジェクト管理経験
    • 類似規模・複雑さのプロジェクト経験
    • 多様な業界でのプロジェクト経験
  2. リーダーシップスキル
    • チームマネジメント能力
    • コンフリクトの解決能力
    • モチベーション維持の実績
  1. コミュニケーションスキル
    • 多様なステークホルダーとの折衝経験
    • プレゼンテーション能力
    • 文書作成能力
  2. 問題解決能力
    • 複雑な問題への対処実績
    • 創造的な解決策の提案能力
  3. 技術的知識
    • 業界特有の技術トレンドの理解
    • プロジェクト管理ツールの活用能力
  4. ビジネス感覚
    • 戦略的思考能力
    • コスト管理能力
    • ROI(投資対効果)の理解
  5. 柔軟性と適応力
    • 変化するビジネス環境への対応能力
    • アジャイル手法などの新しい管理手法の習得
  6. 資格保有
    • PMP、PMBOK、PRINCE2などの関連資格

これらのスキルや経験は、PMの仕事を効果的に遂行する上で重要です。特に、技術的知識とビジネス感覚の両方を備えたPMは、高い価値を持つ人材といえるでしょう。

効果的な面接質問例

PM候補者の適性を見極めるための効果的な面接質問例を紹介します:

  1. プロジェクト管理経験に関する質問
    • 「最も複雑だったプロジェクトについて、その課題と解決策を教えてください。」
    • 「予算や納期の制約がある中で、どのようにプロジェクトの質を維持しましたか?」
  2. リーダーシップに関する質問
    • 「チーム内の対立を解決した経験を詳しく教えてください。」
    • 「プロジェクトメンバーのモチベーションを高めるために、どのような工夫をしていますか?」
  3. コミュニケーションスキルに関する質問
    • 「技術的でない相手に、複雑な技術概念を説明する方法を教えてください。」
    • 「ステークホルダー間で意見の相違があった場合、どのように合意形成を図りますか?」
  4. 問題解決能力に関する質問
    • 「プロジェクトが予定通りに進まなかった時、どのように対処しましたか?」
    • 「リソースが不足している状況で、どのようにプロジェクトを進めますか?」
  5. 技術的知識に関する質問
    • 「最近注目している技術トレンドは何ですか?それがプロジェクト管理にどう影響すると思いますか?」
    • 「好んで使用するプロジェクト管理ツールとその理由を教えてください。」
  6. ビジネス感覚に関する質問
    • 「プロジェクトのROIをどのように計算し、評価していますか?」
    • 「プロジェクトが会社の戦略目標にどう貢献するか、どのように評価していますか?」
  7. 柔軟性と適応力に関する質問
    • 「アジャイル開発とウォーターフォール開発、それぞれの長所と短所をどう考えますか?」
    • 「急激な要件変更があった場合、どのように対応しますか?」

これらの質問を通じて、候補者のPMの仕事に対する理解度や適性を評価することができます。回答の具体性や、過去の経験に基づいた例示を求めることで、より深い洞察を得ることができるでしょう。

採用後のOJT(On-the-Job Training)の進め方

PMを採用した後の効果的なOJTは、以下のようなステップで進めることをおすすめします:

  1. オリエンテーション(1-2週間)
    • 会社の文化、ビジョン、戦略の理解
    • 主要なステークホルダーとの顔合わせ
    • 社内システムやツールの使用方法の習得
  2. シャドーイング(2-4週間)
    • 経験豊富なPMに同行し、実際のプロジェクト進行を観察
    • 社内特有のプロセスや慣行の理解
    • 質問や疑問点の解消
  3. 小規模プロジェクトの担当(1-2ヶ月)
    • 比較的小規模で低リスクのプロジェクトを任せる
    • 必要に応じてメンターのサポートを受ける
    • プロジェクト完了後のレビューと振り返り
  4. 徐々に責任範囲を拡大(3-6ヶ月)
    • より大規模で複雑なプロジェクトへの参画
    • チームリーダーとしての役割の付与
    • 定期的なフィードバックセッションの実施
  5. 継続的な学習とスキルアップ
    • 社内外の研修プログラムへの参加
    • 業界のカンファレンスや勉強会への参加奨励
    • 最新のプロジェクト管理手法やツールの学習機会の提供
  6. パフォーマンス評価とキャリアパスの設定
    • 定期的なパフォーマンスレビュー
    • 長期的なキャリア目標の設定と支援
    • 成長に応じた新たな挑戦の機会の提供

このようなOJTプロセスを通じて、新しいPMがPMの仕事に円滑に適応し、その能力を最大限に発揮できるようサポートすることが重要です。

エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」では、PM人材の採用だけでなく、採用後のオンボーディングやOJTに関するアドバイスも提供しています。効果的な育成プログラムにより、採用したPM人材が早期に成果を出せるよう支援しています。

まとめ

プロジェクトマネージャー(PM)の仕事は、組織の成功に不可欠な役割を果たしています。本記事では、PMの仕事内容、必要なスキル、キャリアパス、そして採用のポイントについて詳しく解説しました。

PMの仕事は挑戦的ですが、同時に大きなやりがいもあります。継続的な学習と経験の蓄積により、PMはキャリアを通じて成長し続けることができます。

>> PM採用を進めたいならこちら

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする