エンジニア年収はなぜ高い?採用成功の秘訣を解説

Offers HR Magazine編集部 2024年6月29日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。近年、エンジニアの年収に注目が集まっています。

IT業界の急速な発展に伴い、エンジニアの需要が高まる一方で、人材不足が深刻化しています。この状況が、エンジニアの年収を押し上げる要因となっているのです。

エンジニアの年収は、他の職種と比較して高水準にあることが多くの調査で明らかになっています。しかし、単にエンジニアというだけで高収入が保証されるわけではありません。

エンジニアの年収が高い理由や、年収を上げるための方法、そして高年収エンジニアの共通点など、エンジニアの年収に関する様々な側面を詳しく見ていきましょう。

また、エンジニアの採用に悩む企業にとっても、エンジニアの年収事情を理解することは非常に重要です。優秀なエンジニアを獲得し、維持するためには、適切な報酬設計が欠かせません。本記事では、エンジニアの年収に関する最新の情報と、採用成功のための秘訣を解説していきます。

エンジニアの年収の現状

エンジニアの年収は、経験年数や専門分野、勤務地域などによって大きく異なります。しかし、全体的な傾向として、他の職種と比較して高水準にあることが多くの調査で明らかになっています。ここでは、様々な角度からエンジニアの年収の現状を詳しく見ていきましょう。

年齢別に見るエンジニアの平均年収

エンジニアの年収は、年齢や経験年数に応じて上昇する傾向にあります。一般的に、次のような年齢別の平均年収が報告されています:

  • 20代前半:300万円〜400万円
  • 20代後半:400万円〜500万円
  • 30代前半:500万円〜600万円
  • 30代後半:600万円〜700万円
  • 40代以上:700万円〜1,000万円以上

ただし、これはあくまで平均値であり、個人のスキルや実績、勤務先企業によって大きく異なる点に注意が必要です。特に、優秀なエンジニアの場合、この平均値を大きく上回る年収を得ている例も少なくありません。

職種別のエンジニアの平均年収

エンジニアと一口に言っても、その専門分野によって年収に差があります。以下に、主な職種別の平均年収を示します:

  1. Webエンジニア:450万円〜600万円
  2. アプリケーションエンジニア:500万円〜700万円
  3. インフラエンジニア:450万円〜650万円
  4. データサイエンティスト:600万円〜800万円
  5. AIエンジニア:600万円〜1,000万円以上
  6. セキュリティエンジニア:550万円〜750万円

特に、AI(人工知能)やデータサイエンスなどの最先端技術分野のエンジニアの年収が高い傾向にあります。これは、これらの分野の専門家に対する需要が高く、供給が追いついていないことが主な理由です。

業種別のエンジニアの平均年収

エンジニアの年収は、勤務する業界によっても異なります。一般的に、次のような傾向が見られます:

  1. IT・通信業界:500万円〜800万円
  2. 金融・保険業界:600万円〜1,000万円
  3. 製造業:450万円〜700万円
  4. インターネット・広告業界:550万円〜900万円
  5. ゲーム業界:500万円〜800万円

金融業界やインターネット業界など、IT技術への投資が積極的な業界でエンジニアの年収が高い傾向にあります。これらの業界では、高度な技術力を持つエンジニアの需要が特に高いためです。

フリーランスエンジニアの年収事情

近年、フリーランスとして活動するエンジニアも増加しています。フリーランスエンジニアの年収は、スキルレベルやプロジェクトの種類、稼働時間などによって大きく異なりますが、一般的に次のような範囲で推移しています:

  • 経験の浅いフリーランスエンジニア:300万円〜500万円
  • 中堅フリーランスエンジニア:500万円〜800万円
  • ベテランフリーランスエンジニア:800万円〜1,500万円以上

フリーランスの場合、高い時給単価を設定できる反面、仕事の安定性や福利厚生面でのデメリットもあります。また、営業活動や経費管理など、エンジニアリング以外のスキルも求められます。

エンジニア案件探しの最適な方法:フリーランス、リモート、ソフトウェアエンジニアの採用情報を徹底解説では、フリーランスエンジニアの案件獲得方法や、リモートワークの可能性について詳しく解説しています。フリーランスとしてのキャリアを考えているエンジニアにとって、参考になる情報が多く含まれています。

エンジニアの年収は、全体的に見れば他の職種と比較して高水準にあると言えます。しかし、その具体的な金額は個人のスキルや経験、勤務先企業、専門分野などによって大きく異なります。エンジニアとしてキャリアを歩む上で、自身の市場価値を正確に把握し、それに見合った報酬を得られるよう努力することが重要です。

次のセクションでは、なぜエンジニアの年収が高いのか、その理由について詳しく見ていきましょう。

エンジニアの年収が高い理由

エンジニアの年収が他の職種と比較して高い水準にある理由は複数存在します。ここでは、その主な要因について詳しく解説していきます。

需要の高さと人材不足

エンジニアの年収が高い最大の理由は、需要の高さと人材不足です。デジタル化が急速に進む現代社会において、あらゆる業界でIT技術の重要性が高まっています。それに伴い、エンジニアの需要も年々増加しています。

経済産業省の調査によると、2030年には最大で約79万人のIT人材が不足すると予測されています。この深刻な人材不足は、エンジニアの年収を押し上げる大きな要因となっています。

企業は優秀なエンジニアを確保するために、高い給与を提示せざるを得ない状況にあります。特に、AI、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの最先端技術に精通したエンジニアの争奪戦は激しさを増しており、これらの分野のエンジニアの年収は特に高くなる傾向にあります。

専門性の高さと責任の重さ

エンジニアの仕事は高度な専門知識と技術を必要とします。最新の技術トレンドに常に追従し、複雑な問題を解決する能力が求められます。また、エンジニアが開発するシステムやアプリケーションは、企業の事業運営に直接影響を与えるため、その責任は非常に重大です。

例えば、金融システムや医療システムなどのミッションクリティカルなシステムを扱うエンジニアは、小さなミスが大きな損失や事故につながる可能性があります。このような高い専門性と重い責任が、エンジニアの年収を押し上げる要因となっています。

年収が上がりやすい職種とその特徴

エンジニアの中でも、特に年収が上がりやすい職種があります。以下に、代表的な職種とその特徴を紹介します:

  1. AIエンジニア
    • 機械学習や深層学習などの高度な技術を駆使
    • ビッグデータ解析や自然言語処理などの幅広い知識が必要
    • 多くの業界で需要が高く、人材が不足している
  2. セキュリティエンジニア
    • サイバーセキュリティの重要性が増す中で需要が高まっている
    • 常に最新の脅威に対応する必要があり、継続的な学習が不可欠
    • 企業の機密情報を扱うため、高い信頼性と倫理観が求められる
  3. クラウドエンジニア
    • クラウドサービスの設計、構築、運用を担当
    • AWS、Azure、Google Cloudなどの主要プラットフォームの知識が必要
    • クラウド移行を進める企業が増加し、需要が高まっている
  4. データサイエンティスト
    • ビッグデータの分析や機械学習モデルの構築を行う
    • 統計学やプログラミングスキルに加え、ビジネス知識も求められる
    • データ駆動型の意思決定が重視される中で、需要が急増している
  5. ブロックチェーンエンジニア
    • 分散型台帳技術を活用したシステムの開発を行う
    • 暗号技術やP2Pネットワークに関する深い知識が必要
    • フィンテックやサプライチェーン管理など、応用分野が拡大している

これらの職種は、技術の進歩が速く、常に新しい知識やスキルの習得が求められます。そのため、継続的な学習とスキルアップが年収上昇につながりやすい傾向にあります。

エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドでは、エンジニアのスキルレベルと評価基準について詳しく解説しています。自身のスキルレベルを客観的に評価し、キャリアアップの方向性を検討する際に参考になるでしょう。

エンジニアの年収が高い理由は、このように需要と供給のバランス、専門性の高さ、責任の重さなど、複数の要因が絡み合っています。

しかし、単にエンジニアであるというだけで高収入が保証されるわけではありません。

常に最新の技術トレンドをキャッチアップし、自身のスキルを磨き続けることが、高年収を維持・向上させるための鍵となります。

次のセクションでは、エンジニアとして年収を上げるための具体的な方法について見ていきましょう。

エンジニアとして年収を上げる方法

エンジニアとしてキャリアを歩む上で、年収を上げていくことは重要な目標の一つです。ここでは、エンジニアの年収を上げるための具体的な方法について詳しく解説していきます。

スキルアップと資格取得

エンジニアの年収を上げる最も基本的な方法は、自身のスキルを継続的に向上させることです。技術の進歩が速いIT業界では、常に新しい知識やスキルを習得し続けることが不可欠です。

  1. 最新技術のキャッチアップ
    • オンライン学習プラットフォーム(Udemy、Coursera等)の活用
    • 技術書の読破
    • 技術カンファレンスやセミナーへの参加
  2. プログラミング言語の習得
    • 需要の高い言語(Python、JavaScript、Go言語等)の学習
    • 複数の言語を扱えるマルチリンガルエンジニアになる
  3. 資格取得
    • AWS認定ソリューションアーキテクト
    • Google認定プロフェッショナルクラウドアーキテクト
    • 情報処理安全確保支援士
    • データベーススペシャリスト

資格取得は、自身のスキルレベルを客観的に示すことができる有効な手段です。ただし、資格取得だけでなく、実践的なスキルを磨くことも重要です。

IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチでは、効果的なIT人材育成の方法について詳しく解説しています。自己学習だけでなく、組織的な人材育成の観点からも参考になる情報が含まれています。

上流工程へのステップアップ

エンジニアの年収を上げる効果的な方法の一つは、上流工程へステップアップすることです。具体的には以下のようなキャリアパスが考えられます:

  1. アーキテクト
    • システム全体の設計を担当
    • 技術選定や最適なアーキテクチャの提案を行う
    • 高度な技術力と幅広い知識が求められる
  2. プロジェクトマネージャー(PM)
    • プロジェクト全体の管理と責任を担う
    • チームマネジメントやスケジュール管理が主な仕事
    • 技術力に加えてマネジメントスキルが必要
  3. テックリード
    • 技術面でのリーダーシップを発揮
    • チーム全体の技術力向上を図る
    • 最新技術の導入や技術的な意思決定を行う

上流工程の仕事は、より大きな責任を伴いますが、それに応じて年収も高くなる傾向があります。ただし、単に技術力だけでなく、コミュニケーション能力やリーダーシップなど、ソフトスキルの向上も重要です。

待遇の良い企業への転職

自社内でのキャリアアップに限界を感じた場合、転職も年収アップの有効な選択肢となります。特に、以下のような企業は、エンジニアに対して高い待遇を提供していることが多いです:

  • 大手IT企業やGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)
  • 急成長中のスタートアップ企業
  • フィンテック企業や大手金融機関のIT部門
  • 外資系コンサルティングファームのIT部門

転職を考える際は、単に年収だけでなく、技術力を高められる環境かどうか、ワークライフバランス、福利厚生なども総合的に検討することが大切です。

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法では、企業側の中途採用の視点から、採用プロセスや評価基準について詳しく解説しています。転職を考えているエンジニアにとっても、企業の採用基準を理解する上で参考になる情報が含まれています。

フリーランスとして独立する

高度なスキルを持つエンジニアにとって、フリーランスとして独立することも年収アップの選択肢の一つです。フリーランスのメリットとしては以下が挙げられます:

  1. 高い時給単価の設定が可能
    • スキルと実績に応じて柔軟に単価を設定できる
    • 特殊なスキルを持つ場合、非常に高い単価での契約も可能
  2. 複数のプロジェクトの掛け持ちが可能
    • 時間の使い方を自由に決められる
    • 多様な経験を積むことができる
  3. 技術選択の自由度が高い
    • 自身の興味のある技術や最先端の技術に携われる機会が増える

ただし、フリーランスには以下のようなデメリットもあります:

  • 仕事の安定性が低い
  • 福利厚生がない
  • 営業活動や経費管理など、エンジニアリング以外の業務も必要

フリーランスとして成功するためには、高い技術力に加えて、ビジネススキルや自己管理能力も求められます。

エンジニアの年収を上げるためには、技術力の向上、キャリアパスの選択、働き方の選択など、様々な要素を総合的に考慮する必要があります。自身のスキルや志向、ライフスタイルに合わせて、最適な方法を選択することが重要です。

次のセクションでは、高年収エンジニアに共通する特徴について見ていきましょう。

高年収エンジニアの共通点

高年収を実現しているエンジニアには、いくつかの共通点が見られます。これらの特徴を理解し、自身のキャリアに活かすことで、年収アップの可能性を高めることができるでしょう。

向上心が高く常に学び続ける

高年収エンジニアの最も顕著な特徴は、強い向上心を持ち、常に新しいことを学び続けている点です。IT業界の技術進歩は非常に速く、数年前に最先端だった技術が今では当たり前になっていることも珍しくありません。

  1. 自己投資を惜しまない
    • 技術書や有料のオンライン講座への投資
    • 技術カンファレンスやワークショップへの積極的な参加
    • 個人プロジェクトでの新技術の実践
  2. 幅広い技術に興味を持つ
    • 自身の専門分野以外の技術にも関心を持つ
    • 関連する技術分野の基礎知識を身につける
    • 技術の組み合わせによる新しい可能性を探る
  3. 業界動向に敏感
    • 技術ブログや業界ニュースを日常的にチェック
    • 新しい技術やフレームワークの登場にいち早く反応
    • 技術トレンドの変化を予測し、先回りして学習

エンジニアとビジネスの関係性について考え方・理由を聞かせてくださいでは、エンジニアがビジネス視点を持つことの重要性について議論されています。技術だけでなく、ビジネスへの理解を深めることも、高年収エンジニアになるための重要な要素の一つと言えるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

高年収エンジニアは、技術力だけでなく、高いコミュニケーション能力を持っています。これは、チーム内での協力や、他部署との連携、クライアントとの折衝など、様々な場面で重要となります。

  1. 技術を非エンジニアにも分かりやすく説明できる
    • 専門用語を避け、平易な言葉で説明する能力
    • 図や比喩を用いて複雑な概念を視覚化する能力
    • 相手の理解度に合わせて説明の深さを調整する能力
  2. 積極的に意見を発信する
    • 会議やミーティングでの建設的な意見提供
    • 問題点や改善案の明確な提示
    • 自身の考えを論理的に説明する能力
  3. チームワークを重視する
    • 他のメンバーと協力して問題解決にあたる
    • 知識や経験を積極的に共有する
    • 他者の意見を尊重し、建設的な議論を行う

自分が得意としない領域へのフィードバックはどうしていますか?では、エンジニアが自身の専門外の領域にどのようにアプローチするかについて議論されています。高年収エンジニアは、このような状況でも効果的なコミュニケーションを取る能力を持っています。

マネジメントスキルを持っている

多くの高年収エンジニアは、技術力に加えてマネジメントスキルも備えています。プロジェクトマネージャーやテックリードとしての役割を担うことで、より高い年収を得ることができます。

  1. リーダーシップ
    • チームメンバーのモチベーション維持
    • 明確なビジョンと目標の設定
    • 適切なタスク分配と進捗管理
  2. 問題解決能力
    • プロジェクトの課題を早期に特定し解決する
    • リスク管理と対策立案
    • クリティカルシンキングとデシジョンメイキング
  3. ビジネス視点
    • 技術的な決定がビジネスに与える影響を理解
    • コストと効果のバランスを考慮した提案
    • 経営層とのコミュニケーション

マネージャーとしてやってよかったことを教えてくださいでは、実際のマネージャー経験者の声が紹介されています。マネジメントスキルの重要性と、それがエンジニアのキャリアにもたらす価値について理解を深めることができるでしょう。

需要の高い技術を習得している

高年収エンジニアは、市場で需要の高い技術を習得しています。これらの技術は時代とともに変化するため、常にアップデートが必要です。

  1. クラウドコンピューティング
    • AWS、Azure、Google Cloudなどの主要プラットフォームの習熟
    • クラウドネイティブアプリケーションの開発
    • サーバーレスアーキテクチャの理解と実装
  2. AI・機械学習
    • TensorFlowやPyTorchなどのフレームワークの使用
    • 自然言語処理や画像認識などの応用技術
    • ビッグデータ処理と分析
  3. サイバーセキュリティ
    • ネットワークセキュリティの理解
    • 暗号化技術の適用
    • セキュリティ監査とリスク評価
  4. DevOps
    • CI/CDパイプラインの構築と運用
    • コンテナ技術(Docker、Kubernetes)の活用
    • インフラストラクチャ・アズ・コード(IaC)の実践

これらの技術は、多くの企業で高い需要があり、それに伴って高い報酬が提示されることが多いです。

デジタル人材採用の調査 2023 採用観点編〜積極採用しているスキルレベルについてミドル層と答えた方が84.0%〜では、企業が求めるデジタル人材のスキルレベルについて詳しく分析されています。この情報は、エンジニアが自身のスキルを市場ニーズに合わせて磨いていく上で非常に有用です。

高年収エンジニアになるためには、技術力の向上だけでなく、コミュニケーション能力やマネジメントスキルの習得、そして市場ニーズに合わせた技術の習得が重要です。これらの要素をバランスよく磨いていくことで、エンジニアとしての市場価値を高め、より高い年収を実現することができるでしょう。

次のセクションでは、エンジニアの給料が上がらない場合の対策について見ていきます。

エンジニアの給料が上がらない場合の対策

エンジニアとしてキャリアを積んでいるにもかかわらず、思うように給料が上がらないケースもあります。ここでは、そのような状況に陥る理由と、それを打開するための対策について詳しく解説します。

給料が上がらない理由

  1. スキルの陳腐化
    • 最新技術へのキャッチアップが遅れている
    • 同じ技術や環境での仕事に長期間従事している
    • 業界のトレンドについていけていない
  2. 市場価値の低下
    • 専門分野の需要が減少している
    • より低コストで同等のスキルを持つ人材が増加している
    • 自身のスキルセットが一般化し、希少性が失われている
  3. 会社の評価制度の問題
    • 年功序列型の給与体系
    • 技術力よりも勤続年数が重視される評価制度
    • エンジニアの市場価値を適切に反映していない給与設計
  4. 自己アピール不足
  5. 自身の成果や貢献を適切に上司や人事部門に伝えられていない
    • 給与交渉のスキルが不足している
    • 自身の市場価値を正確に把握できていない
  1. キャリアプランの不明確さ
    • 長期的なキャリア目標が設定されていない
    • スキルアップの方向性が定まっていない
    • 昇進や昇格に向けた具体的な行動計画がない

これらの要因が単独で、あるいは複合的に作用することで、エンジニアの給料が思うように上がらない状況が生まれます。しかし、適切な対策を講じることで、この状況を打開することは十分に可能です。

企業選びの重要性

給料が上がらない状況を改善するための一つの方法は、適切な企業を選ぶことです。以下のような特徴を持つ企業は、エンジニアの年収向上に有利な環境を提供していることが多いです:

  1. 技術力を重視する企業文化
    • エンジニアの技術力や貢献度を適切に評価する仕組みがある
    • 技術勉強会やカンファレンス参加を奨励している
    • 最新技術の導入に積極的である
  2. 成果主義の評価制度
    • 年齢や勤続年数ではなく、実績と能力で評価する
    • 明確なキャリアパスと昇進・昇格の基準がある
    • 定期的なスキル評価と給与見直しの機会がある
  3. エンジニアの市場価値を理解している
    • 業界水準の給与を提示している
    • スキルセットに応じた柔軟な給与設定が可能
    • 定期的な市場調査を行い、給与水準を調整している
  4. 成長機会の豊富さ
    • 挑戦的なプロジェクトへの参加機会がある
    • 社内外の研修制度が充実している
    • 新しい役割や責任を任せてもらえる機会がある

ホワイト企業の中途採用情報:札幌、東京、大阪、福岡、名古屋の主要都市とIT業界の求人、年収、福利厚生などを徹底解説では、エンジニアにとって魅力的な企業の特徴や、各地域のIT業界の求人傾向について詳しく解説されています。企業選びの参考になる情報が多く含まれているので、ぜひ参照してみてください。

転職エージェントの活用

給料アップを目指して転職を考える場合、転職エージェントの活用も効果的な選択肢の一つです。以下のような点で、転職エージェントは有用です:

  1. 市場価値の把握
    • 自身のスキルセットの市場価値を客観的に評価してもらえる
    • 同様のスキルを持つエンジニアの相場感を知ることができる
  2. キャリアプランの相談
    • 長期的なキャリア目標に基づいた転職先の提案を受けられる
    • 自身のスキルや経験を活かせる最適なポジションを見つけやすい
  3. 企業情報の入手
    • 表面的な情報だけでなく、企業の内部事情や文化についても詳しい情報を得られる
    • 非公開求人へのアクセスが可能
  4. 給与交渉のサポート
    • 適切な給与水準の交渉をサポートしてもらえる
    • 条件面での調整や交渉のコツをアドバイスしてもらえる
  5. 面接対策
    • 企業ごとの面接傾向や評価ポイントについてアドバイスを受けられる
    • 模擬面接などで実践的な準備ができる

ただし、転職エージェントを利用する際は、複数のエージェントを比較検討し、自身のニーズに合った信頼できるエージェントを選ぶことが重要です。また、エージェントの助言は参考にしつつも、最終的な判断は自身で行うことを忘れないでください。

エンジニア採用が難しい理由とその解決策:採用課題から成功法まで徹底解説では、企業側のエンジニア採用の課題と解決策について詳しく解説されています。この情報は、エンジニアが自身の市場価値を高め、より良い条件での転職を実現するためのヒントとなるでしょう。

エンジニアの給料が上がらない状況は、決して固定的なものではありません。自身のスキルを客観的に評価し、市場のニーズに合わせてスキルアップを図り、適切な企業選びや転職戦略を立てることで、年収アップの可能性を高めることができます。

重要なのは、常に自身の市場価値を意識し、それを高めるための行動を継続的に取ることです。技術力の向上はもちろん、コミュニケーション能力やビジネススキルの強化、業界動向への敏感さなど、総合的なスキルアップを目指すことが、エンジニアとしての長期的な成功と高収入につながります。

まとめ

エンジニアの年収は、技術の進歩と需要の高まりを反映して、全体的に高水準にあります。しかし、高収入を得るためには、継続的なスキルアップと戦略的なキャリア構築が不可欠です。最新技術の習得、コミュニケーション能力の向上、マネジメントスキルの獲得など、多面的な成長が求められます。

また、適切な企業選びや転職戦略も重要です。エンジニアとしての市場価値を常に意識し、それを高める努力を続けることが、長期的な成功と高収入につながるのです。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする