中途採用の内定保留のリスクと伝え方のポイント

Offers HR Magazine編集部 2024年6月28日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

中途採用における内定保留は、候補者と企業の双方にとって微妙な状況を生み出します。本記事では、内定保留のリスクや適切な伝え方について詳しく解説します。

中途採用時に内定保留を考えるべきタイミングと理由

中途採用の内定保留は、慎重に検討すべき選択肢です。ここでは、内定保留を考えるべきタイミングと、その背景にある理由について詳しく見ていきましょう。

他社の選考結果を待ちたい場合

複数の企業から内定を得ている、または他社の選考結果を待っている場合、内定保留を検討することがあります。この状況では以下の点を考慮する必要があります:

  1. 各企業の魅力度比較
  2. キャリアパスの違い
  3. 待遇面の差異
  4. 企業文化との適合性
  5. 将来的な成長可能性

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法によると、企業側も候補者の比較評価を行っています。双方にとって最適な選択をするためには、ある程度の時間が必要な場合もあるでしょう。

現職の引き留めに遭った場合

内定を得た後、現在の職場から引き留めの提案を受けることもあります。この場合、以下の点を慎重に検討する必要があります:

  • 現職での新たな役割や責任
  • 給与や待遇の改善提案
  • 長期的なキャリア展望の違い
  • 職場環境や人間関係の再評価
  • 転職の本質的な理由の再確認

内定を得たことで現職場での価値が再認識されたケースでは、慎重な判断が求められます。

しかし、ジョブホッパーというだけで転職が不利になる可能性は実際ありますか?の議論にあるように、頻繁な転職は将来的なキャリアに影響を与える可能性もあるため、安易な決定は避けるべきでしょう。

家族の同意を得たい場合

中途採用の決断は、個人だけでなく家族にも大きな影響を与えます。特に以下のような状況では、家族の同意を得るために時間が必要な場合があります:

  1. 転居を伴う転職の場合
  2. 大幅な給与変更がある場合
  3. 職種や業界の変更が伴う場合
  4. 勤務形態が大きく変わる場合(例:フルリモートへの移行)
  5. 長期的なキャリアプランの変更

中途採用の給料設計: 新卒との比較、基本給の決定方法、給与交渉のポイントに示されているように、給与面での変化は家族の生活に直接影響を与えます。慎重な検討と家族との十分な対話が必要です。

内定保留を考えるこれらのタイミングは、キャリアの重要な岐路に立っていることを意味します。次のセクションでは、内定保留のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

内定保留のメリットとデメリット

内定保留には、候補者にとってのメリットとデメリットが存在します。ここでは、両面から詳細に分析し、内定保留の判断材料を提供します。

メリット

内定保留には以下のようなメリットがあります:

  1. 十分な検討時間の確保
    • 複数の選択肢を比較検討できる
    • 冷静な判断が可能になる
  2. より良い条件の獲得チャンス
    • 他社からの好条件のオファーを待つことができる
    • 現職での条件交渉の余地が生まれる
  3. 家族や周囲との相談時間の確保
    • 重要な決断に関して、周囲の意見を聞く時間ができる
    • 家族の理解と支援を得やすくなる
  4. 市場価値の再確認
    • 自身の市場価値を客観的に評価できる
    • キャリアパスの再考機会となる
  5. リスク回避の可能性
    • 拙速な決断によるミスマッチを防げる
    • 企業の詳細調査の時間が得られる

中途採用が多い会社の特徴とは?労働市場で即戦力を求め、キャリアアップを目指す方におすすめの企業選びガイドによると、中途採用が活発な企業では、候補者の慎重な選択を尊重する傾向があります。内定保留によって、より良いマッチングの可能性が高まるかもしれません。

デメリット

一方で、内定保留には以下のようなデメリットも存在します:

  1. 企業側の印象悪化
    • 意思決定能力や熱意を疑われる可能性がある
    • 次点の候補者が採用される恐れがある
  2. 内定取り消しのリスク
    • 長期の保留は内定取り消しにつながる可能性がある
    • 企業の採用計画変更により、ポジションが無くなるケースも
  3. 心理的ストレス
    • 決断を先延ばしすることによる不安や焦りが生じる
    • 現職での業務モチベーション低下につながる恐れがある
  4. キャリアの空白期間
    • 保留期間が長引くと、キャリアの空白期間と見なされる可能性がある
    • 次の転職活動時に不利になるケースも
  5. 他の機会の喪失
    • 保留している間に、他の魅力的な求人を逃す可能性がある
    • 市場動向の変化により、条件が悪化するリスクがある

面接や採用フローの中で「応募者として」嬉しかったことの議論にあるように、企業側は候補者の積極性や意欲を重視します。内定保留が長引くと、これらの印象が薄れてしまう可能性があることを認識しておく必要があります。

内定保留の判断は、これらのメリットとデメリットを慎重に比較検討した上で行うべきです。次のセクションでは、内定保留を適切に伝える方法について解説します。

内定保留の適切な伝え方

内定保留を伝える際は、企業との良好な関係を維持しつつ、自身の立場を明確に説明することが重要です。ここでは、電話とメールによる伝え方のポイントを詳しく解説します。

電話で伝える場合

電話での伝達は、即時的なコミュニケーションが可能で、ニュアンスも伝わりやすいメリットがあります。以下のポイントに注意しましょう:

  1. 適切なタイミングの選択
    • 企業の担当者が対応可能な時間帯を選ぶ
    • 急な連絡は避け、事前にアポイントを取るのが望ましい
  2. 明確で簡潔な説明
    • 保留の理由を簡潔に説明する
    • 曖昧な表現は避け、具体的な状況を伝える
  3. 感謝の気持ちの表明
    • 内定を出していただいたことへの感謝を必ず伝える
    • 選考プロセスでの丁寧な対応にも言及する
  4. 保留期間の提示
    • 具体的な保留期間を提案する
    • 無理のない範囲で、できるだけ短期間を設定する
  5. 質問への準備
    • 企業側からの質問に備え、答えを準備しておく
    • 誠実かつ前向きな姿勢で応答する

中途採用の面接でよく聞かれる質問とその回答例:成功するための質問回答集を参考に、想定される質問への回答を事前に準備しておくと良いでしょう。

メールで伝える場合

メールでの伝達は、整理された情報を正確に伝えられる利点がありますが、表現には十分注意が必要です。以下のポイントを押さえましょう:

  1. 適切な件名の設定
    • 例:「内定に関するご相談」「内定のご返答について」
  2. 丁寧な挨拶と感謝の言葉
    • 冒頭で丁寧な挨拶と感謝の意を表す
    • 選考プロセス全体への感謝も忘れずに
  3. 明確な状況説明
    • 保留を希望する理由を簡潔かつ明確に説明
    • 個人的な事情は必要最小限に留める
  4. 具体的な保留期間の提示
    • 「○月○日までに」など、具体的な期日を提案
    • 無理のない範囲で、できるだけ短期間を設定
  5. 今後のコミュニケーション方法の提案
    • 連絡方法や頻度について自分から提案する
    • 企業側の希望も確認する姿勢を示す
  6. 前向きな姿勢の表明
    • 企業への興味や入社への意欲を改めて伝える
    • 保留期間中も誠実に検討することを約束する
  7. 締めくくりの挨拶
    • 丁寧な締めくくりの言葉を添える
    • 必要に応じて、電話での説明の機会も提案する

エンジニア、デザイナー、PM採用を無料で進められるサービスこちらを活用している企業の場合、オンラインでのコミュニケーションに慣れている可能性が高いです。メールでの伝達も受け入れられやすいかもしれません。

内定保留の伝え方は、その後の関係性に大きな影響を与えます。誠実かつ丁寧なコミュニケーションを心がけ、企業側の立場も考慮した対応が求められます。次のセクションでは、内定保留をする際の注意点について詳しく見ていきましょう。

内定保留をする際の注意点

内定保留を申し出る際には、いくつかの重要な注意点があります。ここでは、企業側への配慮、タイミング、そして正直なコミュニケーションの重要性について詳しく解説します。

企業側に迷惑をかけないための配慮

内定保留は企業側にも影響を与えるため、以下の点に注意が必要です:

  1. 採用計画への影響の最小化
    • 保留期間は可能な限り短くする
    • 企業の採用スケジュールを考慮する
  2. 誠実な態度の維持
    • 内定保留の理由を明確に説明する
    • 曖昧な態度や言い訳は避ける
  3. 代替案の提示
    • 可能であれば、企業側への協力案を提案する
    • 例:保留期間中の課題対応や情報収集など
  4. 他の候補者への配慮
    • 長期の保留は他の候補者の機会を奪う可能性がある
    • この点を認識し、迅速な決断を心がける
  5. 企業の評判への配慮
    • SNSや口コミサイトでの不適切な発言は控える
  6. 内定保留の事実を不用意に拡散しない

中途採用社員の新人扱いはいつまで続くのか?研修期間や評価、フォロー体制について詳しく解説にあるように、企業側も新入社員の受け入れに多くのリソースを割いています。内定保留がこれらの計画に影響を与える可能性を認識しておくことが重要です。

タイミングと伝えるタイミング

内定保留を伝えるタイミングは非常に重要です。以下の点に注意しましょう:

  1. 早めの連絡
    • 内定を受けてから可能な限り早く連絡する
    • 遅くとも1週間以内には意思表示をすべき
  2. 企業の都合への配慮
    • 可能であれば、企業の勤務時間内に連絡する
    • 金曜日の夕方や週末前は避ける
  3. 入社予定日との関係
    • 入社予定日が近い場合は、より迅速な連絡が必要
    • 入社準備に影響を与える可能性を考慮する
  4. 他の候補者の選考状況への配慮
    • 企業が他の候補者を検討中の可能性を考慮する
    • 長期の保留は避け、具体的な期限を提示する
  5. 自身の状況変化への対応
    • 状況が変わった場合は速やかに連絡する
    • 保留期間中でも、決断ができた時点で連絡する

適切なタイミングでの連絡は、企業との良好な関係維持に不可欠です。中途採用の入社日に関する完全ガイド:挨拶から入社日変更までの全てのポイントを参考に、入社日の変更が企業にどのような影響を与えるか理解しておくことも大切です。

正直なコミュニケーションの重要性

内定保留の際、正直で透明性のあるコミュニケーションは極めて重要です:

  1. 真摯な態度
    • 嘘や言い訳は避け、率直に状況を説明する
    • 自身の考えや懸念を隠さず伝える
  2. 具体的な説明
    • 漠然とした理由ではなく、具体的な状況を説明する
    • 例:「他社の選考結果を待っている」「家族との相談が必要」など
  3. 前向きな姿勢の表明
    • 保留中も真剣に検討していることを伝える
    • 企業への興味や入社意欲を改めて表明する
  4. 質問への誠実な回答
    • 企業側からの質問に対し、誠実に回答する
    • 不明な点は「確認して再度連絡する」と伝える
  5. 継続的なコミュニケーション
    • 保留期間中も定期的に状況を報告する
    • 進展があれば速やかに連絡する

面接でのアトラクトとは?効果的な採用戦略で述べられているように、採用プロセスは双方向のコミュニケーションです。正直で誠実な態度は、たとえ今回の採用に至らなくても、将来的な良好な関係につながる可能性があります。

内定保留をする際は、これらの注意点を十分に考慮し、慎重かつ誠実な対応を心がけましょう。次のセクションでは、内定保留を伝えるための具体的な例文を紹介します。

内定保留を伝えるための具体的な例文

内定保留を伝える際の適切な言葉遣いは、企業との良好な関係維持に不可欠です。ここでは、電話やメールでの伝え方、そして保留後の承諾や辞退の際の例文を紹介します。

電話を使った場合の例文

電話での伝達は、即時的なコミュニケーションが可能です。以下のような例文を参考にしてください:

「お世話になっております。

先日は内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。

大変申し訳ないのですが、現在他社の選考も進めており、もう少し時間をいただきたいと考えております。

具体的には、今月末までに最終的な返答をさせていただきたいのですが、いかがでしょうか。」

この例文のポイントは以下の通りです:

  • 感謝の気持ちを先に伝える
  • 保留の理由を簡潔に説明する
  • 具体的な返答期限を提案する

大手企業の中途採用は難しいのか?難易度、採用プロセス、面接対策、履歴書の書き方、必要な応募条件について徹底解説にあるように、大手企業の場合は特に丁寧な対応が求められます。

メールを使った場合の例文

メールでの伝達は、より整理された形で情報を伝えられます。

以下は例文です:

件名:内定に関するご相談

○○株式会社 人事部
△△様

お世話になっております。先日内定をいただきました●●でございます。

この度は、貴社より内定をいただき、誠にありがとうございます。大変光栄に存じます。

しかしながら、現在他社での選考も最終段階に入っており、比較検討の時間をいただきたく存じます。つきましては、大変恐縮ではございますが、今月末までお時間をいただけませんでしょうか。

貴社への入社を第一志望として考えておりますが、慎重に判断したいと考えております。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご検討いただけますと幸いです。

何かご不明な点がございましたら、お手数ですがご連絡ください。

何卒よろしくお願い申し上げます。

●● ●●

このメール例文のポイントは:

  • 丁寧な言葉遣いと構成
  • 感謝の意を表明
  • 具体的な保留理由と期間の提示
  • 企業への興味を改めて表明

エンジニアの職務経歴書では、何が評価され、どの部分をしっかりとアピールすることが求められるのか?の議論にあるように、自己アピールは重要ですが、内定保留の連絡時は控えめに抑えるべきでしょう。

内定保留後に承諾する場合の例文

保留後に入社を決意した場合は、以下のような例文が適切です:

「お世話になっております。先日は内定保留のお願いを快くお聞きいただき、ありがとうございました。熟考の結果、貴社への入社を決意いたしました。改めて、入社の機会をいただき心より感謝申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。」

内定保留後に辞退する場合の例文

残念ながら辞退する場合は、以下のような例文を参考にしてください:

「お世話になっております。先日は内定保留のお願いを快くお聞きいただき、誠にありがとうございました。

慎重に検討いたしましたが、諸般の事情により、今回は辞退させていただくことになりました。

貴重な機会をいただきながらこのような結果となり、大変申し訳ございません。

選考過程でいただいたアドバイスや経験は、今後のキャリアに生かしていく所存です。本当にありがとうございました。」

これらの例文は、状況に応じて適切にカスタマイズすることが重要です。

採用KPIに関してのテンプレートはこちらを参考に、企業側の採用目標や評価基準を意識した対応を心がけましょう。

適切な言葉遣いと誠実な態度は、たとえ辞退する場合でも、将来的な関係構築につながる可能性があります。次のセクションでは、内定保留が可能な期間とその目安について詳しく見ていきます。

>> 採用KPI管理の資料ダウンロードはこちら

内定保留が可能な期間とその目安

内定保留の期間は、企業によって異なり、また状況に応じて変化します。ここでは、一般的な目安と、短期間での対応が求められるケースについて詳しく解説します。

企業によって異なる期間の目安

内定保留の期間は、以下の要因によって大きく異なります:

  1. 企業の規模と採用方針
    • 大手企業:比較的長期の保留(1〜2ヶ月程度)を許容する傾向
    • 中小企業・ベンチャー:短期間(2週間〜1ヶ月程度)を求める傾向
  2. 採用の緊急性
    • 欠員補充の場合:短期間での決断を求められる
    • 中長期的な人材確保:比較的長期の保留を許容する可能性
  3. 業界の特性
    • IT業界:人材不足により、比較的長期の保留を許容する傾向
    • 伝統的な業界:短期間での決断を求める傾向
  4. 選考時期
    • 年度末近く:新年度の人員計画に影響するため、短期決断を求められる
    • オフシーズン:比較的長期の保留を許容する可能性
  5. ポジションの重要度
    • 経営層・管理職:慎重な決断を尊重し、長期保留を許容する傾向
    • 一般職:比較的短期間での決断を求める傾向

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説によると、特にIT業界では人材獲得競争が激しく、優秀な候補者に対しては比較的長期の保留を許容する傾向があります。

一般的な目安として、以下のような期間が考えられます:

企業規模・業界

一般的な保留期間の目安

大手企業

1〜2ヶ月

中小企業

2週間〜1ヶ月

IT・ベンチャー

1〜3ヶ月

伝統的業界

1〜2週間

ただし、これはあくまで目安であり、個別の状況によって大きく異なる場合があります。

短期間での対応が求められるケース

以下のような状況では、より短期間での決断が求められます:

  1. 入社予定日が迫っている場合
    • 特に、新年度開始直前の内定では、速やかな決断が必要
  2. 他の候補者が待機している場合
    • 企業が次点の候補者を保留している可能性がある
  3. 業務の繁忙期に入る直前の採用
    • 例:小売業の年末商戦前、観光業の夏季シーズン前など
  4. プロジェクトベースの採用
    • 特定のプロジェクト参加を前提とした採用の場合、開始時期に合わせた決断が必要
  5. 緊急の欠員補充
    • 突発的な退職や事業拡大に伴う緊急採用の場合

これらのケースでは、通常1週間程度、長くても2週間以内の決断が求められることが多いです。

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法を参考に、企業の採用プロセスや戦略を理解し、適切な対応を心がけましょう。

内定保留の期間は、企業と候補者の相互理解と信頼関係に基づいて決定されるべきです。

常に誠実なコミュニケーションを心がけ、状況の変化があれば速やかに報告することが重要です。

次のセクションでは、内定保留に伴うリスク管理について詳しく見ていきましょう。

内定保留のリスク管理

内定保留には様々なリスクが伴います。ここでは、企業側の印象管理と内定取り消しの可能性について詳しく解説し、効果的なリスク管理の方法を提案します。

企業側の印象管理

内定保留は、企業側に良くない印象を与える可能性があります。以下の点に注意してリスクを最小限に抑えましょう:

  1. 誠実な態度の維持
    • 保留の理由を明確かつ正直に説明する
    • 曖昧な態度や言い訳は避ける
  2. 感謝の気持ちの表明
    • 内定をいただいたことへの感謝を忘れずに伝える
    • 選考プロセス全体に対する感謝も表現する
  3. 継続的なコミュニケーション
    • 保留期間中も定期的に状況報告を行う
    • 進展があれば速やかに連絡する
  4. 企業への関心の表明
    • 保留中も企業研究を続けていることをアピール
    • 具体的な質問をすることで、真剣さを示す
  5. プロフェッショナルな対応
    • 感情的にならず、冷静かつ論理的な対応を心がける
    • ビジネスマナーを徹底する

面接や採用フローの中で「応募者として」嬉しかったことの議論にあるように、企業側も候補者の態度や対応を重視しています。内定保留時も、好印象を維持することが重要です。

内定取り消しの可能性

内定保留が長引くと、内定取り消しのリスクが高まります。以下の点に注意しましょう:

  1. 保留期間の厳守
    • 当初提示した保留期間を必ず守る
    • 延長が必要な場合は、早めに相談する
  2. 企業の採用計画への配慮
    • 企業の採用スケジュールや人員計画を考慮する
    • 必要以上に長期の保留は避ける
  3. 他の候補者の存在を意識
    • 次点の候補者がいる可能性を常に念頭に置く
    • 自身の優位性を維持するための努力を怠らない
  4. 市場動向の把握
    • 業界の採用動向や経済状況の変化に注意を払う
    • 企業の経営状況や業績にも目を配る
  5. 法的リスクの理解
    • 内定は法的拘束力を持つ場合がある
    • 安易な内定辞退は法的問題につながる可能性があることを認識する

中途採用で未経験者が成功するための具体的なポイントと事例、未経験者受け入れ時の注意点にあるように、特に未経験者の場合は、内定取り消しのリスクがより高くなる可能性があります。自己研鑽を続け、価値を高め続けることが重要です。

内定保留のリスクを最小限に抑えるためには、以下のような対策が効果的です:

  • 保留期間中も企業とのコンタクトを維持する
  • 定期的に状況報告を行い、透明性を保つ
  • 企業の採用担当者との良好な関係を構築する
  • 自身のスキルアップや業界知識の向上に努める
  • 他の選択肢も並行して検討し、リスク分散を図る

内定保留は慎重に検討すべき選択肢ですが、適切に管理すれば、キャリア選択の幅を広げるチャンスにもなります。次のセクションでは、内定保留後の最良の対応方法について詳しく見ていきましょう。

内定保留後の最良の対応方法

内定保留を申し出た後の対応は、最終的な結果に大きな影響を与えます。ここでは、迅速な返答と感謝の表明、そして引き続きのコミュニケーションの重要性について詳しく解説します。

迅速な返答と感謝の表明

内定保留後、決断に至った際は速やかに企業に連絡することが重要です。以下のポイントに注意しましょう:

  1. 決断後の即時連絡
    • 決断に至った時点で、可能な限り早く連絡する
    • 遅くとも翌営業日には連絡を入れる
  2. 丁寧な感謝の言葉
    • 内定と保留の機会を与えてくれたことへの感謝を表す
    • 選考プロセス全体に対する感謝も忘れずに
  3. 決断理由の簡潔な説明
    • 承諾の場合:入社への意欲と抱負を伝える
    • 辞退の場合:理由を簡潔かつ誠実に説明する
  4. 今後のステップの確認
    • 承諾の場合:入社手続きや今後の予定を確認する
    • 辞退の場合:必要な手続きや書類の有無を確認する
  5. 前向きな姿勢の表明
    • 承諾の場合:今後の貢献への意欲を示す
    • 辞退の場合:将来的な関係維持への希望を伝える

中途採用の入社式に関する完全ガイド:服装や挨拶、流れから色の選び方まで詳しく解説を参考に、承諾の場合は入社に向けての準備も早めに始めましょう。

引き続きのコミュニケーションの重要性

内定保留期間中も、企業との良好なコミュニケーションを維持することが極めて重要です:

  1. 定期的な状況報告
    • 週1回程度、簡潔な状況報告を行う
    • 進展がなくても、検討中であることを伝える
  2. 質問や疑問点の明確化
    • 企業や職務に関する具体的な質問を投げかける
    • 回答を真摯に受け止め、検討材料とする
  3. 企業情報の継続的な収集
    • 企業のニュースや業界動向に注目し、話題にする
    • 自身の関心や理解度の深まりを示す
  4. 誠実な態度の維持
    • 他社の選考状況も含め、オープンに状況を共有する
    • 隠し立てせず、透明性のある対応を心がける
  5. 柔軟性の提示
    • 可能な範囲で、企業側の要望に応える姿勢を示す
    • 例:追加の面談や課題提出への対応など

エンジニア・PMのリモートワークや働き方に関する声にあるように、特にリモートワークが主流の企業では、効果的なコミュニケーション能力が重視されます。内定保留中のやり取りも、そのスキルを示す機会と捉えましょう。

内定保留後の対応は、単に結果を伝えるだけでなく、企業との関係性を長期的に維持するための重要な機会です。たとえ今回の入社に至らなくても、将来的なキャリアチャンスにつながる可能性があることを忘れずに、プロフェッショナルな対応を心がけましょう。

まとめ

中途採用における内定保留は、慎重に検討すべき重要な選択肢です。適切なタイミングと方法で伝え、企業側との良好なコミュニケーションを維持することが成功の鍵となります。

内定保留のリスクを認識しつつ、自身のキャリアにとって最良の決断を下すことが重要です。常に誠実で透明性のある対応を心がけ、長期的な視点でキャリア構築を考えましょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする