日本のスタートアップランキング2024:注目の企業と業界トレンド

Offers HR Magazine編集部 2024年6月26日

Offers HR Magazine編集部

目次

日本のスタートアップシーンは、近年目覚ましい発展を遂げています。新しいビジネスモデルや革新的な技術を持つ企業が次々と登場し、日本経済に新たな活力をもたらしています。

本記事では、Forbes JAPANが発表した「日本の起業家ランキング2024」を基に、注目のスタートアップ企業やトレンドについて詳しく解説します。さらに、これらの企業の成功要因や、スタートアップランキングが持つ意義、そして企業がこのランキングをどのように活用できるかについても深く掘り下げていきます。

スタートアップランキングとは

スタートアップとは、新しいビジネスモデルや革新的な技術を持ち、急速な成長を目指す新興企業のことを指します。これらの企業は、既存の市場に変革をもたらしたり、全く新しい市場を創造したりすることで、経済成長の原動力となっています。

Forbes JAPANの「日本の起業家ランキング」は、このようなスタートアップ企業の中でも特に注目すべき起業家や企業を毎年選出しています。このランキングは、日本のスタートアップエコシステムの現状を反映する重要な指標の一つとして、投資家、起業家、そして一般の人々からも注目を集めています。

参考:https://forbesjapan.com/feat/startup/

ランキングの基準

Forbes JAPANのランキングは、以下の5つの主要な基準に基づいて選定されています:

  1. グローバルで活躍できるか
  2. 時価総額1000億円を超えられるか
  3. 成功への時間軸を重視した事業の実績・成長性
  4. 経営者・経営チームの成熟度
  5. 社会課題解決に取り組んでいるか

これらの基準は、単なる財務指標だけでなく、企業の将来性や社会的インパクトも重視していることがわかります。グローバルな視点や社会課題への取り組みが評価される点は、現代のビジネス環境において非常に重要です。

日本のスタートアップランキングトップ10(2024年版)

2024年版のランキングトップ10は以下の通りです:

  1. 慎 泰俊(五常・アンド・カンパニー)
  2. 小川 嶺(タイミー)
  3. 磯野 謙 / 川戸健司 / 長谷川雅也(自然電力)
  4. 長尾 昂(京都フュージョニアリング)
  5. 加藤勇志郎(キャディ)
  6. 角田 望(LegalOn Technologies)
  7. 富岡 仁 / 佐野元紀(Telexistence)
  8. 宮城 徹 / 水野智規(UPSIDER)
  9. 多田智裕(AIメディカルサービス)
  10. 山野智久(アソビュー)

これらの企業は、フィンテック、人材サービス、再生可能エネルギー、核融合エネルギー、不動産テック、リーガルテック、ロボティクス、HR Tech、医療AI、レジャー・エンターテインメントなど、多岐にわたる分野で革新的なサービスや技術を提供しています。

各企業の特徴を詳しく見ていきましょう:

  1. 五常・アンド・カンパニー(フィンテック): 東南アジアを中心に、金融サービスへのアクセスが限られている人々に向けてデジタル金融サービスを提供しています。AI技術を活用した与信モデルにより、従来の銀行では融資を受けられなかった層にもサービスを提供しています。
  2. タイミー(人材サービス): 「瞬間求人」という新しい雇用形態を提案し、労働市場に変革をもたらしています。スマートフォンアプリを通じて、企業と働き手をリアルタイムでマッチングすることで、柔軟な働き方を実現しています。
  3. 自然電力(再生可能エネルギー): 再生可能エネルギーの開発・運営を行っています。太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー事業を展開し、持続可能な社会の実現に貢献しています。
  4. 京都フュージョニアリング(核融合エネルギー): 核融合エネルギーの実用化を目指す研究開発型スタートアップです。クリーンで無尽蔵なエネルギー源として期待される核融合の実現に向けて、革新的な技術開発を行っています。
  5. キャディ(不動産テック): 不動産取引のデジタル化を推進しています。AI技術を活用して不動産価格の推定を行うほか、オンラインでの不動産取引プラットフォームを提供しています。
  6. LegalOn Technologies(リーガルテック): AI技術を活用して法務業務の効率化を支援しています。契約書のレビューや法的リスクの分析などを自動化することで、企業の法務部門の業務効率を大幅に向上させています。
  7. Telexistence(ロボティクス): 遠隔操作可能なロボットの開発を行っています。人間の動作をリアルタイムで再現できるロボットにより、物理的な距離の制約を超えた労働を可能にしています。
  8. UPSIDER(HR Tech): AI技術を活用した採用支援サービスを提供しています。候補者の適性や企業との相性を分析し、効率的なマッチングを実現しています。
  9. AIメディカルサービス(医療AI): 内視鏡画像診断支援AIの開発を行っています。医師の診断をサポートすることで、がんの早期発見や医療の質の向上に貢献しています。
  10. アソビュー(レジャー・エンターテインメント): レジャー・アクティビティの予約プラットフォームを運営しています。消費者と体験提供事業者をつなぐことで、レジャー市場の活性化に貢献しています。

これらの企業は、それぞれの分野で革新的なアプローチを取り入れ、社会課題の解決や新しい価値の創造に取り組んでいます。

日本のスタートアップランキングに登場する企業の特徴

成長のスピード

ランキングに登場する企業の多くは、急速な成長を遂げています。例えば、タイミーは創業からわずか数年で大きな成功を収め、労働市場に新しい風を吹き込んでいます。このような急成長は、スタートアップ企業の特徴の一つであり、革新的なビジネスモデルや技術が市場に受け入れられた結果といえます。

成長のスピードが速い理由としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. スケーラブルなビジネスモデル:多くのスタートアップは、デジタル技術を活用したスケーラブルなビジネスモデルを採用しています。これにより、初期投資を抑えつつ、急速な事業拡大が可能となっています。
  2. アジャイルな組織運営:スタートアップは一般的に組織が小さく、意思決定が速いため、市場の変化に迅速に対応できます。この機動性が、急速な成長を支えています。
  3. 積極的な資金調達:多くのスタートアップは、ベンチャーキャピタルなどから積極的に資金を調達しています。これにより、成長に必要な投資を迅速に行うことができます。

技術革新

AIメディカルサービスやTelexistenceのように、AI技術やロボティクスを活用して既存の産業に革新をもたらす企業が多く見られます。これらの企業は、最先端の技術を実用化し、社会に大きなインパクトを与えています。

技術革新を推進している要因としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. 産学連携:多くのスタートアップが大学や研究機関と連携し、最新の研究成果を事業化しています。例えば、京都フュージョニアリングは京都大学発のスタートアップです。
  2. オープンイノベーション:大企業とスタートアップの協業が活発化しており、両者の強みを活かした技術開発が行われています。
  3. グローバルな技術トレンドへの対応:日本のスタートアップも、AI、ブロックチェーン、量子コンピューティングなど、世界的な技術トレンドを積極的に取り入れています。

市場のニーズへの対応力

キャディやLegalOn Technologiesなどは、不動産業や法務分野といった従来型の産業にテクノロジーを導入し、効率化や利便性の向上を実現しています。これは、市場のニーズを的確に捉え、革新的なソリューションを提供する能力の表れと言えるでしょう。

市場ニーズへの高い対応力の背景には、以下のような要因があります:

  1. 顧客中心のアプローチ:多くのスタートアップは、顧客のフィードバックを積極的に取り入れ、製品やサービスを改善しています。
  2. データ駆動型の意思決定:AIやビッグデータ分析を活用し、市場動向や顧客ニーズをリアルタイムで把握し、迅速な対応を行っています。
  3. ニッチ市場への特化:大企業が見落としがちな小さな市場ニーズに着目し、そこに特化したソリューションを提供しています。

資金調達成功例

多くの企業がランキング入賞後に大きく飛躍しており、東証グロース市場で時価総額TOP3に入る企業の創業者も過去のランキングに登場しています。これは、ランキングに選出されることが投資家からの注目を集め、資金調達の成功につながっていることを示唆しています。

資金調達に成功している要因としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. 明確なビジョンと成長戦略:投資家を惹きつける明確なビジョンと具体的な成長戦略を持っています。
  2. トラクションの証明:急速な成長や顧客獲得などの実績を示すことで、事業の可能性を投資家に示しています。
  3. 経営チームの質:経験豊富で信頼できる経営チームを構築することで、投資家の信頼を獲得しています。
  4. 市場の大きさ:大きな市場を狙っていることや、新しい市場を創造する可能性を示すことで、投資家の興味を引いています。

日本のスタートアップランキングの変動要因

市場環境の変化

コロナ禍を経て、リモートワークやデジタル化が加速したことで、HR TechやSaaS分野のスタートアップが注目を集めています。UPSIDERやLegalOn Technologiesの成功は、このトレンドを反映しているといえるでしょう。

市場環境の変化が及ぼす影響としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. デジタルトランスформーション(DX)の加速:コロナ禍を契機に、多くの企業がDXを推進しています。これにより、DXを支援するスタートアップへの需要が高まっています。
  2. 働き方改革:リモートワークの普及により、HR Techやコミュニケーションツールを提供するスタートアップが成長しています。
  3. ヘルスケア産業の変革:パンデミックを経て、遠隔医療やデジタルヘルスケアへの注目が高まっています。AIメディカルサービスのような医療AIスタートアップの重要性が増しています。

政府の支援策

日本政府は「J-Startup」プログラムなどを通じて、有望なスタートアップの支援を行っています。このような支援策が、スタートアップの成長を後押しし、ランキングの変動に影響を与えている可能性があります。

政府の支援策の影響としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. 資金調達の円滑化:政府系ファンドによる出資や、補助金・助成金の提供により、スタートアップの資金調達が容易になっています。
  2. 規制緩和:特区制度やサンドボックス制度の導入により、革新的なビジネスモデルの実証が容易になっています。
  3. グローバル展開支援:JETROなどを通じた海外展開支援により、日本のスタートアップの国際競争力が高まっています。

投資家の動向

ベンチャーキャピタルや大企業からの投資が活発化しており、特にAIやディープテック分野への投資が増加しています

この傾向が、AIメディカルサービスや京都フュージョニアリングなどの企業のランクインにつながっていると考えられます。

投資家の動向の変化としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)の増加:大企業が自社の新規事業開発や外部イノベーション取り込みを目的として、スタートアップへの投資を増やしています。
  2. 海外投資家の参入:日本のスタートアップエコシステムの成熟に伴い、海外のベンチャーキャピタルや機関投資家の日本市場への関心が高まっています。
  3. インパクト投資の拡大:社会課題解決と経済的リターンの両立を目指すインパクト投資が増加しており、社会性の高いスタートアップへの投資が増えています。
  4. シード・アーリーステージ投資の活性化:エンジェル投資家やシードアクセラレーターの増加により、創業間もない企業への投資機会が増えています。

競合他社の動き

スタートアップ間の競争も激しくなっています。例えば、フィンテック分野では五常・アンド・カンパニーが1位を獲得していますが、他にも多くの企業が参入しており、競争が激化しています。

競合状況の変化としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. 大企業の参入:既存の大企業がスタートアップ的な手法を取り入れ、新規事業を立ち上げるケースが増えています。これにより、スタートアップにとっての競争環境が厳しくなっています。
  2. グローバル競争の激化:海外の大手テック企業や成功したスタートアップが日本市場に参入するケースが増えており、国内スタートアップにとって競争が激しくなっています。
  3. 業界横断的な競争:テクノロジーの発展により、異なる業界のプレイヤーが同じ市場で競合するケースが増えています。例えば、フィンテック分野では、従来の金融機関とITベンチャーが競合しています。
  4. M&Aの増加:成長したスタートアップが他のスタートアップを買収するケースや、大企業がスタートアップを買収するケースが増えており、競争環境が急速に変化しています。

成功しているスタートアップの共通点

リーダーシップの重要性

ランキングに登場する起業家たちは、強力なリーダーシップを持っています。彼らは明確なビジョンを持ち、それを実現するために組織を動かす力を持っています。

成功するスタートアップのリーダーに共通する特徴としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. ビジョンの明確さ:長期的な視点を持ち、会社が目指す方向性を明確に示すことができます。
  2. 迅速な意思決定能力:不確実性の高い環境下で、迅速かつ適切な意思決定を行うことができます。
  3. 柔軟性と適応力:市場環境の変化に合わせて、戦略を柔軟に変更することができます。
  4. コミュニケーション能力:ビジョンや戦略を従業員、投資家、顧客に効果的に伝えることができます。
  5. 情熱と粘り強さ:困難な状況でも諦めずに、目標に向かって突き進む情熱と粘り強さを持っています。

ビジネスモデルの確立

成功しているスタートアップは、革新的なビジネスモデルを確立しています。例えば、タイミーは「瞬間求人」という新しい雇用形態を提案し、労働市場に変革をもたらしています。

効果的なビジネスモデルの特徴としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. 顧客価値の明確化:顧客にとって明確な価値を提供し、その価値に対して適切な対価を得られるモデルを構築しています。
  2. スケーラビリティ:初期投資を抑えつつ、急速な成長が可能なモデルを採用しています。多くの場合、デジタル技術を活用してこれを実現しています。
  3. 収益の再現性:一度限りではなく、継続的に収益を上げられるモデルを構築しています。サブスクリプションモデルなどがその例です。
  4. 差別化要因の明確化:競合他社と明確に差別化できる要素を持っています。技術的優位性や特許などの知的財産がこれに該当します。
  5. ネットワーク効果の活用:ユーザー数が増えるほどサービスの価値が向上するようなモデルを採用しています。プラットフォーム型のビジネスがこれに該当します。

市場調査とリサーチ

多くのスタートアップが、徹底的な市場調査とリサーチを行っています。これにより、顧客ニーズを的確に捉え、製品やサービスの開発に活かしています。

効果的な市場調査とリサーチの方法としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. 定量・定性調査の併用:アンケート調査などの定量的手法と、インタビューやフォーカスグループなどの定性的手法を組み合わせて、多角的に市場を分析しています。
  2. ユーザーテストの実施:プロトタイプや初期版の製品を実際のユーザーに試してもらい、フィードバックを得ています。
  3. データ分析の活用:ウェブサイトのアクセスログやアプリの使用状況など、様々なデータを分析して顧客行動を理解しています。
  4. 競合分析:競合他社の製品やサービス、戦略を分析し、自社の位置づけを明確にしています。
  5. トレンド分析:業界のトレンドや技術の進化を常に追跡し、将来の市場動向を予測しています。

適切な資金管理

成功しているスタートアップは、資金を効率的に活用しています。必要な投資を行いながらも、無駄な支出を抑え、持続可能な成長を実現しています。

効果的な資金管理の方法としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. キャッシュフロー管理:収支のバランスを常に把握し、資金繰りの見通しを立てています。
  2. 段階的な投資:事業の成長段階に応じて、適切なタイミングで必要な投資を行っています。
  3. コスト最適化:固定費を抑え、変動費中心の柔軟な費用構造を維持しています。
  4. 複数の資金調達手段の活用:エクイティファイナンス、デットファイナンス、補助金など、様々な資金調達手段を適切に組み合わせています。
  5. 財務指標の管理:売上高成長率、粗利率、顧客獲得コストなど、重要な財務指標を常にモニタリングしています。

スタートアップランキングのメリットとデメリット

メリット

  1. 注目度の向上:ランキングに選出されることで、メディアや投資家からの注目が集まります。これにより、ブランド認知度が向上し、新規顧客の獲得や優秀な人材の採用が容易になります。
  2. 資金調達の機会:ランキング入りが投資家の信頼獲得につながり、資金調達が容易になる可能性があります。特に、海外の投資家にとっては、日本市場における信頼できる指標となります。
  3. 人材採用の促進:優秀な人材がランキング上位の企業に興味を持つため、採用活動に有利に働きます。特にエンジニアやデザイナーなど、高度な専門性を持つ人材の獲得に効果的です
  4. パートナーシップの機会:大企業や他のスタートアップとの協業機会が増える可能性があります。ランキング入りが信頼性の証明となり、ビジネス展開が容易になります。
  5. モチベーション向上:ランキング入りは従業員のモチベーション向上につながります。自社の成長や社会的認知が目に見える形で示されることで、チームの一体感が高まります。

デメリット

  1. プレッシャーの増加:ランキング入りにより期待が高まり、プレッシャーが増加する可能性があります。特に、次年度以降もランキングを維持しなければならないというプレッシャーは大きいでしょう。
  2. 競争の激化:ランキングに選出されることで、競合他社からの注目も集まり、競争が激化する可能性があります。模倣されるリスクも高まります。
  3. 短期的成果への偏重:ランキングを意識するあまり、短期的な成果に注力しすぎてしまう危険性があります。長期的な視点での事業開発や、リスクの高い新規事業への挑戦が疎かになる可能性があります。
  4. 評価基準への過度の適合:ランキングの評価基準に過度に適合しようとするあまり、本来の事業戦略や企業理念から外れてしまう危険性があります。
  5. 人材の流動性増加:ランキング入りにより、従業員の市場価値が高まり、他社からのヘッドハンティングが増える可能性があります。優秀な人材の流出リスクが高まります。
  6. 過度な期待:投資家や顧客が、ランキングに基づいて非現実的な期待を抱く可能性があります。これが満たされない場合、信頼を失う危険性があります。
  7. リソースの分散:ランキング維持のためのPR活動や対外的なコミュニケーションに多くのリソースを割かれ、本来の事業活動に支障が出る可能性があります。

スタートアップランキングの信憑性とその評価方法

信憑性の確保

Forbes JAPANのランキングは、複数の専門家による評価や、客観的なデータに基づいて作成されています。これにより、ある程度の信憑性が確保されています。

信憑性を高めるための取り組みとしては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. 多角的な評価基準:財務指標だけでなく、技術力、社会的インパクト、経営者の資質など、多角的な視点から評価を行っています。
  2. 外部専門家の参画:ベンチャーキャピタリスト、アカデミア、経営コンサルタントなど、多様な分野の専門家が評価に参加しています。
  3. データの客観性:公開情報や第三者機関による調査データなど、客観的なデータを活用しています。
  4. 過去の実績:過去のランキングで選出された企業の多くが実際に成功を収めており、ランキングの予測精度の高さが示されています。

評価方法の透明性

ランキングの選定基準は公開されていますが、具体的な評価プロセスについてはさらなる透明性が求められる可能性があります。

透明性を高めるための方策としては、以下のようなポイントが考えられます:

  1. 詳細な評価基準の公開:各評価項目の重み付けや、具体的な評価指標を公開することで、評価プロセスの透明性を高めることができます。
  2. 評価者の開示:評価に携わった専門家のプロフィールを公開することで、評価の信頼性を高めることができます。
  3. フィードバックの機会:評価対象となった企業に対して、評価結果のフィードバックを行うことで、評価プロセスの公平性を担保できます。
  4. 第三者機関による監査:ランキングの作成プロセスを第三者機関が監査することで、客観性と透明性を高めることができます。

ランキングの影響力

ランキングは業界内で一定の影響力を持っており、投資家や人材の動向に影響を与えています。しかし、あくまでも一つの指標であり、企業の真の価値を測る唯一の基準ではないことに注意が必要です。

ランキングの影響力については、以下のような点に留意する必要があります:

  1. 多様性の考慮:ランキングだけでなく、他の評価指標や業界動向も併せて考慮することが重要です。
  2. 時間的変化の認識:ランキングは特定の時点での評価であり、企業の状況は常に変化しています。過去のランキングに過度に依存せず、最新の情報を常に収集する必要があります。
  3. 業界特性の考慮:ランキングの評価基準が全ての業界に equally適合するわけではありません。各業界の特性を踏まえた解釈が必要です。
  4. 個別企業の実態把握:ランキングはあくまでも概況を示すものです。個別企業の投資判断や採用判断を行う際は、より詳細な調査が必要です。

企業がスタートアップランキングを活用する方法

投資判断の材料とする

投資家は、ランキングを参考にしつつ、自身の判断基準と照らし合わせて投資判断を行うことができます。ただし、ランキングだけでなく、企業の財務状況や成長戦略なども総合的に評価することが重要です。

効果的な活用方法としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. スクリーニングツールとしての利用:ランキングを初期のスクリーニングツールとして活用し、詳細な調査対象を絞り込むことができます。
  2. 業界動向の把握:ランキングの変動を分析することで、成長産業や有望な技術分野を特定することができます。
  3. 比較分析の基準:ランキング上位企業の特徴や戦略を分析することで、投資先選定の基準を明確化できます。
  4. デューデリジェンスの補完:ランキングの評価基準を参考に、自社のデューデリジェンスプロセスを補完・強化することができます。

競合分析として役立てる

ランキングに登場する企業の特徴や戦略を分析することで、自社の位置づけを把握し、改善点を見出すことができます。例えば、ランキング上位企業の成功要因を研究し、自社の戦略に活かすことができるでしょう。

具体的な活用方法としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. ベンチマーキング:ランキング上位企業の業績や成長率を自社と比較し、改善すべき点を特定します。
  2. 事業モデルの研究:上位企業のビジネスモデルを分析し、自社のモデル改善のヒントを得ます。
  3. 技術トレンドの把握:ランキング企業が注力している技術分野を分析し、今後の技術開発の方向性を検討します。
  4. 人材戦略の参考:上位企業の採用戦略や組織文化を研究し、自社の人材マネジメントの改善に活かします。

採用活動の参考にする

ランキングは、優秀な人材を引きつけるための強力なツールとなります。ランキング上位企業の採用戦略や組織文化を参考にすることで、自社の採用活動を改善することができます。

例えば、エンジニアの採用に苦戦している企業は、ランキング上位企業の採用手法を研究し、自社の採用プロセスに取り入れることができます。具体的には、技術力だけでなく、企業のビジョンや成長機会を明確に伝えることが重要です。

また、中途採用を強化したい企業は、ランキング上位企業の中途採用戦略を参考にすることができます。例えば、柔軟な勤務形態や明確なキャリアパスの提示など、中途採用者にとって魅力的な条件を整備することが重要です。

具体的な活用方法としては、以下のようなポイントが挙げられます:

  1. 採用ブランディング:ランキング入りを自社の採用ブランディングに活用し、優秀な人材の関心を引きつけます。
  2. 採用チャネルの多様化:ランキング上位企業が活用している採用チャネル(例:テックイベントへの参加、大学との連携など)を研究し、自社の採用チャネルを拡大します。
  3. 評価基準の見直し:ランキング上位企業の人材評価基準を参考に、自社の採用基準を見直します。
  4. オンボーディングプロセスの改善:新入社員の定着率向上のため、ランキング上位企業のオンボーディングプロセスを参考にします。
  5. リファラル採用の強化:従業員の紹介による採用(リファラル採用)は、優秀な人材を効率的に獲得する方法として注目されています。ランキング上位企業のリファラル採用プログラムを参考に、自社のプログラムを強化することができます。

まとめ

日本のスタートアップランキングは、急速に発展する日本のスタートアップエコシステムを反映する重要な指標の一つです。ランキングに登場する企業は、革新的な技術やビジネスモデルを持ち、社会に大きなインパクトを与えています。

しかし、ランキングはあくまでも一つの指標であり、企業の真の価値を測る唯一の基準ではありません。企業は、ランキングを参考にしつつも、自社の強みや独自性を活かした戦略を立てることが重要です。

スタートアップの成功には、強力なリーダーシップ、革新的なビジネスモデル、適切な資金管理など、さまざまな要素が必要です。これらの要素を総合的に評価し、継続的な改善を行うことが、長期的な成功につながるでしょう。

最後に、スタートアップの成功には優秀な人材の確保が不可欠です。

エンジニアやデザイナー、PMの採用に苦戦している企業は、Offersのようなプラットフォームを活用することで、効率的に優秀な人材を見つけることができます

日本のスタートアップシーンは今後もさらなる発展が期待されます。このランキングを通じて、より多くの人々がスタートアップの可能性に気づき、新たなイノベーションが生まれることを期待しています。

企業は、ランキングを一つの指標として活用しつつ、自社の独自性と強みを磨き、持続可能な成長を実現することが重要です。そうすることで、日本のスタートアップエコシステム全体の発展に貢献し、グローバル市場での競争力を高めていくことができるでしょう。

・スタートアップで人事・採用担当者不在
・経営者が忙しく、採用できない
・開発組織の責任者が不在、もしくは忙しい
という企業の皆様は、Offersの採用代行プランがございますので、ぜひご検討ください。

>> お問合せ

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする