企業行動指針の作成方法と評価人事の役割とは?

Offers HR Magazine編集部 2024年7月2日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

企業行動指針は、組織の価値観や目標を明確にし、従業員の行動を導く重要なツールです。本記事では、企業行動指針の意義から作成方法、さらには評価人事の役割まで、最新の情報を交えて詳しく解説します。

行動指針とは何か?

企業行動指針は、組織の理念や価値観を具体的な行動レベルに落とし込んだものです。従業員が日々の業務で判断に迷った際の指針となり、組織全体の方向性を示す羅針盤の役割を果たします。

行動指針の主な特徴は以下の通りです:

  1. 具体的で分かりやすい表現
  2. 組織の核となる価値観の反映
  3. 全従業員に適用可能な普遍性
  4. 定期的な見直しと更新

経営理念はどのように作成するのが効果的?定義、活用方法、組織づくり事例では、経営理念と行動指針の関係性について詳しく解説されています。行動指針は経営理念を具現化したものと言えるでしょう。

行動指針の重要性

企業行動指針は、組織にとって以下のような重要な役割を果たします:

  1. 意思決定の基準提供
  2. 組織文化の形成と強化
  3. 従業員のモチベーション向上
  4. 対外的な企業イメージの確立

適切に設計された行動指針は、組織の一体感を醸成し、生産性の向上にも寄与します。

行動指針の構成要素

一般的な企業行動指針は、以下のような要素で構成されます:

  • ビジョン:組織が目指す未来像
  • ミッション:組織の存在意義
  • バリュー:組織が大切にする価値観
  • 具体的な行動規範:日々の業務における指針

これらの要素を適切に組み合わせることで、効果的な行動指針が完成します。

行動指針が必要な理由

企業行動指針が必要とされる背景には、現代のビジネス環境の複雑化があります。グローバル化やテクノロジーの進化により、企業は常に変化に適応することを求められています。

意思決定の迅速化

行動指針は、従業員の意思決定を迅速化します。明確な指針があることで、個々の判断に迷う時間を削減し、組織全体の効率を高めることができます。

組織の一体感醸成

共通の行動指針を持つことで、部署や役職を超えた組織の一体感が生まれます。これは特に大規模な組織や多国籍企業において重要です。

リスク管理

適切な行動指針は、法令遵守やエシカルな行動を促進し、企業のリスク管理にも貢献します。昨今の企業不祥事の多くは、明確な行動指針の欠如が一因となっています。

人材採用と育成

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説でも触れられているように、明確な行動指針は優秀な人材の採用と育成にも役立ちます。企業の価値観に共感する人材を惹きつけ、長期的な人材育成の基盤となるのです。

行動指針と他の類似概念の違い

企業行動指針は、他の類似概念と混同されることがあります。ここでは、主な類似概念との違いを明確にします。

企業理念との違い

企業理念が組織の存在意義や大局的な方向性を示すのに対し、行動指針はより具体的な日々の行動レベルの指針を提供します。

項目

企業理念

行動指針

抽象度

高い

低い

対象期間

長期的

中短期的

主な目的

存在意義の明示

具体的行動の指針

ミッションステートメントとの違い

ミッションステートメントが組織の使命を端的に表現するのに対し、行動指針はその使命を達成するための具体的な行動指針を提供します。

社内規則との違い

社内規則が遵守すべき具体的なルールを定めるのに対し、行動指針はより広範囲な判断基準を提供します。行動指針は社内規則の上位概念と言えるでしょう。

企業理念とは何か?スタートアップ企業における重要性とはでは、企業理念と行動指針の関係性についてより詳しく解説されています。両者を適切に連携させることで、より強力な組織文化を構築できるのです。

行動指針の作り方

効果的な企業行動指針を作成するには、以下のステップを踏むことをおすすめします。

1. 現状分析

まず、自社の現状を客観的に分析します。SWOT分析などのフレームワークを用いて、組織の強み、弱み、機会、脅威を洗い出しましょう。

2. ステークホルダーの意見収集

経営陣だけでなく、従業員や顧客、取引先などさまざまなステークホルダーの意見を収集します。多様な視点を取り入れることで、より包括的な行動指針が作成できます。

3. 核となる価値観の特定

収集した情報を基に、組織の核となる価値観を特定します。これらの価値観が行動指針の基礎となります。

4. 具体的な行動への落とし込み

特定した価値観を、日々の業務で実践可能な具体的な行動に落とし込みます。抽象的な表現は避け、誰もが理解できる明確な言葉を使用しましょう。

5. フィードバックと修正

作成した行動指針案について、社内外からフィードバックを収集し、必要に応じて修正を加えます。

6. 正式化と周知

最終的な行動指針を正式に決定し、全社に周知します。社内報やイントラネットなど、複数の手段を用いて浸透を図りましょう。

OKR目標設定の基礎から運用方法まで:フレームワーク、成功事例、テンプレートを活用した戦略的マネジメントガイドで紹介されているOKRの手法は、行動指針の作成にも応用できます。組織の目標と個人の行動を紐づけることで、より実効性の高い行動指針が作成できるでしょう。

行動指針の作成は、組織の未来を左右する重要なプロセスです。十分な時間と労力を割いて取り組むことをおすすめします。

行動指針の具体例

ここでは、いくつかの企業の行動指針の具体例を紹介します。これらの例を参考に、自社に適した行動指針を考えてみましょう。

グーグルの行動指針

グーグルの有名な行動指針「Don't be evil(邪悪になるな)」は、シンプルながら強力なメッセージを持っています。

具体的な行動指針:

  1. ユーザーを第一に考える
  2. 最高を目指し、それで満足しない
  3. 速く行動する
  4. 民主主義はウェブ上でも機能する
  5. 携帯電話で答えを見つける必要はない
  6. お金を稼ぐことに罪悪感を持つ必要はない
  7. 常に新しい情報がある
  8. 情報のニーズは国境を越える
  9. スーツを着なくてもまじめに仕事はできる
  10. 素晴らしいだけでは足りない

アップルの行動指針

アップルの行動指針は、創業者スティーブ・ジョブズの哲学を色濃く反映しています。

  1. シンプルを追求する
  2. 責任を持つ
  3. 協力し合う
  4. 革新を追求する
  5. 誠実であれ

日本企業の行動指針例

日本企業の行動指針は、しばしば「〇〇精神」や「〇〇イズム」といった形で表現されます。

トヨタ自動車の「豊田綱領」:

  1. 産業報国
  2. 清廉潔白
  3. 温情友愛
  4. 礼儀謙譲
  5. 研究努力

ウェルビーイング経営とは?社員の満足、生産性とのつながりを徹底解説で紹介されているように、最近では従業員のウェルビーイングを重視した行動指針を掲げる企業も増えています。時代に合わせた行動指針の更新も重要です。

行動指針を従業員に浸透させる方法

行動指針を作成しただけでは不十分です。従業員に浸透させ、日々の業務で実践されてこそ、その価値が発揮されます。以下に、効果的な浸透策をいくつか紹介します。

1. トップマネジメントによる率先垂範

経営陣自らが行動指針を体現することが、最も効果的な浸透策です。言葉だけでなく、行動で示すことが重要です。

2. 定期的な研修やワークショップの実施

新入社員研修はもちろん、定期的に全従業員を対象とした研修やワークショップを開催しましょう。行動指針の意味を深く理解し、具体的な実践方法を学ぶ機会を提供します。

3. 評価制度への組み込み

人事の評価はどう変わる?人材育成と人材紹介の違いを徹底解説でも触れられているように、行動指針を人事評価の項目に組み込むことで、従業員の意識を高めることができます。

4. 社内コミュニケーションツールの活用

イントラネットやSlackなどの社内コミュニケーションツールを活用し、行動指針に関する情報を定期的に発信します。成功事例の共有も効果的です。

5. 表彰制度の導入

行動指針を体現した従業員を表彰する制度を設けることで、モチベーション向上と好事例の可視化を図ることができます。

6. 物理的な視覚化

オフィス内に行動指針を掲示したり、従業員のデスクに小さなカードを置いたりするなど、物理的に目に触れる機会を増やします。

7. ストーリーテリングの活用

行動指針に基づいた成功体験や失敗談を、ストーリー形式で共有します。具体的なエピソードは記憶に残りやすく、理解も深まります。

1on1のストック、進行方法はどうしているか。またどんな人が業務改善、成果に繋げてますか

(出典:開発組織の採用/組織の質問サービス Offers Q&A で紹介されているように、1on1ミーティングを活用して行動指針の浸透度合いを確認し、個別のフォローアップを行うことも効果的です。

行動指針の浸透には時間がかかります。粘り強く、多角的なアプローチを継続することが成功の鍵となります。

行動指針を用いた成功事例

ここでは、行動指針を効果的に活用し、成功を収めた企業の事例を紹介します。これらの事例から、自社の行動指針策定や運用のヒントを得ることができるでしょう。

1. ザッポス(Zappos)

オンライン靴販売で知られるザッポスは、「Deliver WOW Through Service(サービスを通じて驚きを届ける)」という行動指針を掲げています。この指針に基づき、従業員は顧客満足度を最優先に考え、時には会社の損失を顧みず、顧客のために最善を尽くす行動を取ります。

結果として、ザッポスは顧客ロイヤルティの高さで知られる企業となり、業績も大きく向上しました。2009年にはアマゾンに約12億ドルで買収されています。

2. パタゴニア(Patagonia)

アウトドア用品メーカーのパタゴニアは、「環境に与える悪影響を最小限に抑える」という行動指針を持っています。この指針に基づき、リサイクル素材の使用や修理サービスの提供、環境保護活動への寄付など、様々な取り組みを行っています。

この一貫した姿勢が、環境意識の高い顧客からの支持を集め、ブランド価値の向上と売上増加につながっています。2022年には創業者が会社の株式を気候変動対策のための信託に寄付するという画期的な決断を行い、話題となりました。

3. ユニリーバ(Unilever)

多国籍企業のユニリーバは、「持続可能な生活の実現」を行動指針の一つに掲げています。この指針に基づき、環境負荷の低減、社会貢献、健康的な生活の促進など、幅広い取り組みを行っています。

特筆すべきは、この行動指針を経営戦略の中核に据え、具体的な数値目標を設定していることです。例えば、「2020年までに10億人の健康と福祉の改善を支援する」といった目標を掲げ、実際に達成しています。

この取り組みは、企業の社会的責任(CSR)の模範例として高く評価され、ブランドイメージの向上と新興国市場での成長につながっています。

4. 資生堂

日本を代表する化粧品メーカーである資生堂は、「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(ビューティーイノベーションでよりよい世界を)」という行動指針を掲げています。この指針に基づき、単に化粧品を販売するだけでなく、美を通じた社会貢献を目指しています。

具体的には、がん患者向けのメイクアップ講座の開催や、高齢者の QOL(Quality of Life)向上のための研究開発など、美容の力を活用した幅広い活動を展開しています。

この取り組みは、企業の社会的価値を高めるとともに、新たな市場開拓にもつながっています。経営戦略とは?成功する企業の羅針盤でも触れられているように、行動指針を経営戦略と結びつけることで、より大きな成果を上げることができるのです。

5. メルカリ

フリマアプリで急成長を遂げたメルカリは、「Go Bold(大胆にやろう)」「All for One(全ては成功のために)」「Be a Pro(プロフェッショナルであれ)」という3つの行動指針を掲げています。

これらの指針は、スタートアップ特有の挑戦的な社風と、プロフェッショナリズムの両立を目指すものです。この行動指針に基づき、従業員は積極的にチャレンジし、失敗を恐れず新しいアイデアを提案することが奨励されています。

結果として、メルカリは急速な事業拡大と、革新的なサービスの継続的な開発を実現しています。スタートアップとは何か?定義からビジネスモデル、日本の成功例や支援、資金調達、アイデア、エコシステムまで徹底解説でも触れられているように、明確な行動指針はスタートアップの成長に大きく寄与するのです。

これらの成功事例から、以下のような共通点が見出せます:

  1. 行動指針が企業の核となる価値観を明確に表現している
  2. 行動指針が具体的な行動や施策に落とし込まれている
  3. 経営陣が率先して行動指針を体現している
  4. 行動指針が経営戦略と密接に結びついている
  5. 行動指針が社内外に明確に発信されている

行動指針は、単なるスローガンではありません。企業の価値観を体現し、具体的な行動に結びつけることで、大きな成果をもたらす可能性を秘めています。

まとめ

企業行動指針は、組織の価値観を具体化し、従業員の行動を導く重要なツールです。適切に策定・運用することで、組織の一体感醸成や生産性向上、さらには企業価値の向上にもつながります。

本記事で紹介した方法論や事例を参考に、自社に最適な行動指針を作成し、効果的に運用していくことをおすすめします。

マネジメント経営を成功させるために。組織、事業、戦略の実践方法でも強調されているように、行動指針はマネジメントの重要なツールの一つです。組織の成長と成功のために、行動指針を積極的に活用していきましょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする