SES交流会とは何か?成功するための企業説明会の活用方法

Offers HR Magazine編集部 2024年7月5日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

近年、IT業界では人材の流動性が高まり、企業間のネットワーキングがますます重要になっています。その中で注目を集めているのが「SES交流会」です。SES交流会は、システムエンジニアリングサービス(SES)業界のプロフェッショナルが一堂に会し、情報交換や人脈形成を行う貴重な機会となっています。本記事では、SES交流会の意義や活用方法、成功のポイントについて詳しく解説していきます。

SES交流会とは?

SES交流会は、システムエンジニアリングサービス(SES)業界に携わる企業や個人が集まり、情報交換や人脈形成を行うイベントです。これらの交流会は、業界の最新動向を把握し、新たなビジネスチャンスを見出す絶好の機会となっています。

SES交流会の目的

SES交流会の主な目的は以下の通りです:

  • 業界内の最新情報共有
  • 新規ビジネスチャンスの発掘
  • 人脈形成と関係強化
  • 技術トレンドの把握
  • 採用活動の促進

SES交流会のメリット

SES交流会に参加することで、以下のようなメリットが得られます:

  • 最新の技術情報の取得
  • 同業他社とのネットワーキング
  • 潜在的なクライアントとの出会い
  • 業界動向の把握
  • 自社のブランディング向上

SES交流会は、単なる情報交換の場にとどまらず、ビジネスの発展や個人のキャリアアップにも大きく寄与する重要なイベントとなっています。

参加するべき理由

SES交流会への参加は、企業にとっても個人にとっても多くのメリットがあります。以下、具体的な参加理由について詳しく見ていきましょう。

新規開拓のチャンス

SES交流会は、新規プロジェクトやパートナーシップを見つける絶好の機会です。多くの企業や個人が集まるこの場で、自社のサービスや技術力をアピールすることで、新たなビジネスチャンスを掴むことができます。

情報交換で最新の業界動向を把握

SES業界は技術の進歩が速く、常に最新の情報をキャッチアップする必要があります。SES交流会では、最新の技術トレンドや市場動向について、第一線で活躍する専門家から直接情報を得ることができます。これらの情報は、自社のビジネス戦略立案に大いに役立ちます。

人脈形成の重要性

SES交流会における人脈形成は、将来的なビジネスチャンスを広げる上で非常に重要です。業界内での信頼関係を築くことで、新たな協業の可能性が生まれたり、人材紹介につながったりする可能性があります。

SES交流会の種類

SES交流会には、主に以下の2種類があります:

オフライン交流会

オフライン交流会は、参加者が実際に一堂に会して行われる交流会です。直接対面でのコミュニケーションが可能なため、より深い関係性を構築しやすいという特徴があります。

オフラインSES交流会の特徴:

  • 直接的なコミュニケーションが可能
  • 非言語コミュニケーションも活用できる
  • 名刺交換やプレゼンテーションなど、リアルな交流ができる
  • 懇親会などを通じて、よりカジュアルな雰囲気での交流が可能

オンライン交流会

コロナ禍以降、急速に普及したのがオンラインでのSES交流会です。地理的な制約を超えて参加できるため、より多くの人々との交流が可能になりました。

オンラインSES交流会の特徴:

  • 地理的制約がなく、全国各地から参加可能
  • 移動時間やコストの削減
  • チャット機能を活用した質疑応答が可能
  • 録画機能により、後から内容を振り返ることができる

どちらの形式のSES交流会も、それぞれに特徴があり、参加者のニーズや状況に応じて選択することが重要です。

SES交流会のスケジュール

SES交流会は、年間を通じて様々な規模で開催されています。効果的に参加するためには、事前に年間スケジュールを把握し、計画的に参加することが重要です。

年間スケジュールの確認方法

SES交流会の年間スケジュールは、主に以下の方法で確認することができます:

  1. 主催団体の公式ウェブサイト
  2. 業界専門のメールニュースレター
  3. SNS(LinkedIn、Twitter等)での告知
  4. 業界誌やウェブメディアの情報

特に大規模なSES交流会は、数ヶ月前から告知が始まることが多いため、定期的にこれらの情報源をチェックすることをお勧めします。

SES交流会への参加方法

SES交流会への参加は、通常以下の手順で行います。

参加登録の手順

  1. 公式ウェブサイトやSNSで開催情報を確認
  2. オンライン登録フォームに必要事項を入力
  3. 参加費の支払い(有料の場合)
  4. 登録完了メールの受信
  5. 当日の参加案内を確認

多くのSES交流会では、オンラインでの事前登録が必要です。人気のイベントは早々に定員に達することもあるため、興味のあるイベントは早めに登録することをお勧めします。

準備しておくべきもの

SES交流会に参加する際は、以下のものを準備しておくと良いでしょう:

  • 名刺(オフライン交流会の場合)
  • 企業パンフレットやサービス資料
  • 自己紹介や会社紹介の準備
  • 質問事項のリスト
  • ノートPCやタブレット(オンライン交流会の場合)

特に名刺は多めに用意し、自社のサービスや強みを簡潔に説明できるよう準備しておくことが重要です。

成功する参加のためのポイント

SES交流会で成功を収めるためには、以下のポイントに注意しましょう。

効果的な名刺交換のコツ

名刺交換は、SES交流会における重要なコミュニケーションツールです。以下のポイントを心がけましょう:

  • 相手の目を見て笑顔で挨拶する
  • 自己紹介を簡潔に行う
  • 相手の名刺を丁寧に扱う
  • その場で名刺の情報を確認し、メモを取る

交流会での話題の選び方

SES交流会では、適切な話題選びが重要です。以下のような話題が効果的です:

  • 業界の最新トレンド
  • 技術的な課題や解決策
  • 自社の得意分野や成功事例
  • 参加者の経歴や専門分野

ただし、機密情報や競合他社の批判は避けるようにしましょう。

フォローアップの重要性

SES交流会後のフォローアップは、関係構築において非常に重要です。以下のようなアクションを取ることをお勧めします:

  1. 交流会から2-3日以内にフォローアップメールを送る
  2. LinkedIn等のSNSでつながりを持つ
  3. 情報共有や協力の可能性について具体的に提案する
  4. 定期的にコンタクトを取り、関係性を維持する

適切なフォローアップを行うことで、SES交流会での出会いを実際のビジネスチャンスにつなげることができます。

SES交流会の活用事例

SES交流会を効果的に活用している企業や個人の事例を紹介します。これらの事例から、SES交流会の潜在的な価値と活用方法について学ぶことができるでしょう。

事例1:新規プロジェクト獲得

A社は、SES交流会への積極的な参加を通じて、大手IT企業との新規プロジェクトを獲得することに成功しました。交流会で築いた人脈を活かし、自社の技術力をアピールしたことが決め手となりました。

事例2:技術パートナーシップの構築

B社とC社は、SES交流会で出会い、互いの強みを生かしたパートナーシップを結びました。B社の優れたAI技術とC社の豊富な業界経験を組み合わせることで、革新的なソリューションを開発することができました。

事例3:人材採用の成功

D社は、SES交流会を人材採用の場として活用し、高度なスキルを持つエンジニアの採用に成功しました。交流会での直接的なコミュニケーションが、互いの期待値のすり合わせに役立ちました。

これらの事例から、SES交流会が単なる情報交換の場にとどまらず、具体的なビジネス成果につながる可能性を秘めていることがわかります。

SES交流会の今後の展望

SES業界を取り巻く環境は常に変化しており、それに伴いSES交流会の形態や内容も進化を続けています。ここでは、SES交流会の今後の展望について考察します。

オンライン・オフラインのハイブリッド化

今後は、オンラインとオフラインを組み合わせたハイブリッド型のSES交流会が主流になると予想されます。これにより、地理的制約を超えた参加が可能になると同時に、直接的な交流の機会も確保されます。

形式

メリット

デメリット

オンライン

地理的制約がない、コスト削減

直接的な交流が難しい

オフライン

直接的な交流が可能、深い関係構築

参加に時間とコストがかかる

ハイブリッド

両方のメリットを活かせる

運営の複雑さ

テーマの多様化

SES業界の多様化に伴い、SES交流会のテーマもより専門的かつ多様化していくと考えられます。例えば、AI・機械学習、クラウドコンピューティング、IoTなど、特定の技術領域に特化したSES交流会が増加するでしょう。これにより、参加者はより自分の興味や専門性に合わせたイベントを選択できるようになります。

グローバル化の進展

日本のSES業界もグローバル化が進んでおり、今後はSES交流会も国際的な広がりを見せると予想されます。海外のSES企業や技術者との交流の機会が増えることで、グローバルな視点でのビジネス展開や技術交流が可能になるでしょう。

テクノロジーの活用

VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの最新テクノロジーを活用したSES交流会も登場すると考えられます。これにより、より臨場感のある交流や、複雑な技術の可視化が可能になり、コミュニケーションの質が向上する可能性があります。

SES交流会成功のための準備

SES交流会で成功を収めるためには、事前の準備が非常に重要です。以下に、効果的な準備のポイントをまとめます。

1. 目的の明確化

SES交流会に参加する前に、以下のような具体的な目的を設定しましょう:

  • 新規クライアントの開拓
  • 技術パートナーの発掘
  • 最新技術トレンドの把握
  • 人材採用

目的を明確にすることで、交流会での行動計画が立てやすくなります。

2. 自社・自己アピールの準備

短時間で効果的に自社や自己をアピールするための準備をしましょう。以下の点に注意してください:

  • 自社の強みや特徴を簡潔に説明できるようにする
  • 具体的な成功事例やプロジェクト実績を用意する
  • 自己紹介を30秒程度にまとめる

3. 情報収集

参加予定のSES交流会について、事前に以下の情報を収集しておきましょう:

  • 参加企業や個人のプロフィール
  • イベントのタイムテーブル
  • 主要な講演やセッションの内容

これらの情報を把握しておくことで、効率的に交流を進めることができます。

4. 質問事項の準備

興味のある企業や個人に対する質問事項をあらかじめ準備しておくと、スムーズな会話につながります。以下のような質問を考えておくとよいでしょう:

  • 最近取り組んでいる技術やプロジェクトについて
  • 業界の課題やトレンドに対する見解
  • 協業の可能性について

5. フォローアップ計画の立案

SES交流会後のフォローアップ方法について、あらかじめ計画を立てておきましょう。例えば:

  • 交換した名刺の整理方法
  • フォローアップメールのテンプレート作成
  • SNSでのつながり方の検討

事前に計画を立てておくことで、交流会後の迅速かつ効果的なフォローアップが可能になります。

SES交流会でのプレゼンテーション技法

多くのSES交流会では、参加企業や個人がプレゼンテーションを行う機会があります。効果的なプレゼンテーションは、新たなビジネスチャンスを生み出す可能性があります。以下に、SES交流会でのプレゼンテーション成功のポイントをまとめます。

1. 簡潔で印象的な内容

SES交流会でのプレゼンテーションは通常短時間で行われるため、内容を簡潔にまとめることが重要です。以下の点に注意しましょう:

  • 核となるメッセージを1-2つに絞る
  • 専門用語を避け、わかりやすい言葉で説明する
  • 具体的な数字や事例を用いて説明する

2. ビジュアルの活用

文字ばかりのスライドは避け、グラフや図表、画像を効果的に使用しましょう。視覚的な情報は理解を促進し、記憶に残りやすいです。

3. ストーリー性のある構成

単なる情報の羅列ではなく、聴衆を引き込むストーリー性のある構成を心がけましょう。例えば:

  • 課題提起から解決策の提案へ
  • 過去の失敗から学んだ教訓と成功事例
  • 未来のビジョンとそれを実現するための戦略

4. インタラクティブな要素の導入

可能であれば、聴衆との対話や質疑応答の時間を設けましょう。これにより、プレゼンテーションがより記憶に残り、その後の交流のきっかけにもなります。

5. フォローアップ情報の提供

プレゼンテーションの最後に、詳細情報の入手方法や連絡先を明確に示しましょう。これにより、興味を持った参加者との後続のコミュニケーションが容易になります。

SES交流会におけるオンラインコミュニケーションのコツ

オンラインで行われるSES交流会では、対面とは異なるコミュニケーションスキルが求められます。以下に、オンラインSES交流会で効果的にコミュニケーションを行うためのコツをまとめます。

1. 技術的な準備

  • 安定したインターネット接続を確保する
  • カメラとマイクの動作確認を事前に行う
  • 適切な照明と背景に注意する

2. 非言語コミュニケーションの活用

対面でのコミュニケーションと比べ、オンラインでは非言語情報が伝わりにくいため、以下の点に注意しましょう:

  • カメラを見て話す
  • 表情豊かに、ジェスチャーを適度に使う
  • 声のトーンや話すスピードに変化をつける

3. チャット機能の活用

多くのオンラインプラットフォームにはチャット機能があります。これを効果的に活用しましょう:

  • 質問や意見をタイムリーに投稿する
  • 関連リンクや資料を共有する
  • プレゼンターへの支持や励ましのコメントを送る

4. 積極的な参加

オンラインSES交流会では、積極的に参加することが重要です:

  • 質疑応答の時間には積極的に質問する
  • ブレイクアウトルームなどの小グループディスカッションに積極的に参加する
  • 他の参加者の意見に対して建設的なコメントをする

5. フォローアップの工夫

オンラインSES交流会後のフォローアップも、対面とは異なるアプローチが必要です:

  • イベント中に交換した連絡先を迅速に整理する
  • LinkedInなどのプロフェッショナルSNSでつながりを持つ
  • オンライン会議ツールを活用した個別フォローアップミーティングを提案する

これらのコツを押さえることで、オンラインSES交流会でも効果的なネットワーキングと情報交換が可能になります。

まとめ

SES交流会は、SES業界のプロフェッショナルにとって貴重な情報交換と人脈形成の場です。適切な準備と戦略的なアプローチにより、新たなビジネスチャンスの発見や技術革新の促進につながる可能性を秘めています。オンライン・オフライン問わず、積極的に参加し、得られた知見や人脈を自社の成長に活かしていくことが重要です。SES交流会を通じて、業界全体の発展に貢献しつつ、自社のビジネスを成長させていく姿勢が、今後のSES業界で成功を収めるカギとなるでしょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする