奨学金返還支援制度がある、導入している企業一覧

Offers HR Magazine編集部 2024年6月30日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

昨今、優秀な人材確保のための施策として、奨学金返還支援制度を導入する企業が増えています。

特に、渋谷を中心としたスタートアップ企業では、この制度を活用して人材獲得に力を入れています。本記事では、奨学金返還支援制度の概要や、導入企業の一覧、そのメリットについて詳しく解説します。

奨学金返還支援制度とは?

Show Image

奨学金返還支援制度は、企業が従業員の奨学金返還を支援する制度です。この制度を通じて、企業は優秀な人材を確保し、従業員は経済的負担を軽減することができます。スタートアップが優秀な人材を獲得するための採用戦略:40代・30代の転職者に選ばれる企業になるにはにあるように、特にスタートアップ企業にとって、この制度は重要な採用戦略の一つとなっています。

制度の概要

奨学金返還支援制度の主な特徴は以下の通りです:

  1. 企業が従業員の奨学金返還を一部または全額負担
  2. 月々の給与に上乗せする形で支給されることが多い
  3. 一定期間の勤務を条件とすることが一般的
  4. 支援額や期間は企業によって異なる

この制度は、資金調達を成功させるための具体的な方法と事例:投資家との関係構築からクラウドファンディングまでで紹介されているような、スタートアップ企業の資金調達戦略とも密接に関連しています。人材確保のための投資として位置付けられるからです。

導入のメリット

奨学金返還支援制度を導入することで、企業には以下のようなメリットがあります:

  1. 優秀な人材の確保:経済的支援は大きな採用アピールポイントとなります。
  2. 従業員の定着率向上:経済的負担が軽減されることで、長期的な勤務を促進します。
  3. 企業イメージの向上:社会貢献度の高い企業として認知されます。
  4. 従業員のモチベーション向上:経済的支援は従業員の仕事へのモチベーションを高めます。
  5. 多様性の促進:異なる経済的背景を持つ人材の採用が容易になります。

採用を加速する技術・採用広報の目的・進め方・メリットでも触れられているように、この制度は効果的な採用広報のツールともなり得ます。

奨学金返還支援制度を導入している企業一覧

Show Image

ここでは、奨学金返還支援制度を導入している企業の一覧を、業界別に紹介します。特に渋谷を中心としたスタートアップ企業に焦点を当てていきます。

IT・テクノロジー業界

  1. サイバーエージェント
    • 支援内容:月額上限2万円、最大3年間
    • 特徴:インターンシップ参加者も対象
  2. メルカリ
    • 支援内容:年間上限24万円、最大5年間
    • 特徴:返還額の半額を支援
  3. ラクスル
    • 支援内容:月額上限3万円、期間の制限なし
    • 特徴:入社後すぐに利用可能
  4. フリー
    • 支援内容:年間上限30万円、最大10年間
    • 特徴:クラウド会計ソフトのリーディングカンパニー
  5. ビズリーチ
    • 支援内容:月額上限5万円、最大5年間
    • 特徴:HR Tech企業として注目を集める

これらの企業は、エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説にあるような、総合的な採用戦略の一環として奨学金返還支援制度を導入しています。

フィンテック業界

  1. マネーフォワード
    • 支援内容:年間上限36万円、最大10年間
    • 特徴:フィンテック企業として先進的な取り組み
  2. Findy
    • 支援内容:月額上限3万円、期間の制限なし
    • 特徴:エンジニア特化型の転職プラットフォーム
  3. FOLIO
    • 支援内容:年間上限24万円、最大5年間
    • 特徴:投資の民主化を目指す企業
  4. クラウドクレジット
    • 支援内容:月額上限2万円、最大3年間
    • 特徴:ソーシャルレンディングのパイオニア
  5. Zaim
    • 支援内容:年間上限30万円、最大5年間
    • 特徴:家計簿アプリで知られる企業

これらのフィンテック企業は、スタートアップ ファイナンスの完全ガイド:資金調達、投資、融資、ファンド、エクイティの基本と成功例・失敗例で紹介されているような、革新的な金融サービスを提供しています。

ヘルスケア・医療業界

  1. メドレー
    • 支援内容:月額上限5万円、最大5年間
    • 特徴:医療×ITで注目を集める企業
  2. Ubie
    • 支援内容:年間上限36万円、最大10年間
    • 特徴:AIを活用した問診システムを開発
  3. MICIN
    • 支援内容:月額上限3万円、期間の制限なし
    • 特徴:オンライン診療プラットフォームを提供
  4. Holoeyes
    • 支援内容:年間上限24万円、最大5年間
    • 特徴:VR/AR技術を医療に活用
  5. CureApp
    • 支援内容:月額上限4万円、最大3年間
    • 特徴:治療アプリの開発・提供を行う

ヘルスケアスタートアップの採用戦略とは?成功事例と共に徹底解説にあるように、これらの企業は革新的な医療サービスの提供と人材確保の両立を目指しています。

教育・EdTech業界

  1. アトラエ
    • 支援内容:年間上限36万円、最大10年間
    • 特徴:HR Tech企業として急成長
  2. Schoo
    • 支援内容:月額上限3万円、最大5年間
    • 特徴:オンライン学習プラットフォームを運営
  3. StudySapuri
    • 支援内容:年間上限30万円、最大5年間
    • 特徴:リクルートグループのEdTech企業
  4. Progate
    • 支援内容:月額上限4万円、最大3年間
    • 特徴:プログラミング学習サービスを提供
  5. キャリアカレッジ
    • 支援内容:年間上限24万円、最大5年間
    • 特徴:社会人向けのオンライン大学を運営

これらの企業は、IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチで紹介されているような、先進的な教育手法を自社の人材育成にも活用しています。

その他の注目企業

  1. ウォンテッドリー
    • 支援内容:月額上限5万円、最大5年間
    • 特徴:直接採用型の求人プラットフォームを運営
  2. マクアケ
    • 支援内容:年間上限36万円、最大10年間
    • 特徴:クラウドファンディングプラットフォームを提供
  3. ココナラ
    • 支援内容:月額上限3万円、期間の制限なし
    • 特徴:スキルのシェアリングエコノミーを推進
  4. クラウドワークス
    • 支援内容:年間上限30万円、最大5年間
    • 特徴:フリーランス向けの仕事マッチングサービスを運営
  5. ナウキャスト
    • 支援内容:月額上限4万円、最大3年間
    • 特徴:ビッグデータ解析で経済指標を提供

これらの企業は、スタートアップとは何か?定義からビジネスモデル、日本の成功例や支援、資金調達、アイデア、エコシステムまで徹底解説で紹介されているような、革新的なビジネスモデルを展開しています。

奨学金返還支援制度を導入する際の注意点

Show Image

奨学金返還支援制度を導入する際には、いくつかの注意点があります。ここでは、主要な注意点について解説します。

法的・税制的な注意点

  1. 給与として扱われる場合の税務処理
    • 奨学金返還支援金は通常、給与として扱われます。
    • 源泉徴収や社会保険料の計算に影響するため、適切な処理が必要です。
  2. 福利厚生としての位置づけ
    • 一定の条件を満たせば、福利厚生費として扱うことも可能です。
    • この場合、従業員の課税所得にならない可能性があります。
  3. 労働契約との関係
    • 支援制度の条件(勤続年数など)が不当に長期にわたる場合、労働基準法に抵触する可能性があります。
  4. 就業規則への記載
    • 制度を導入する場合は、就業規則に明記する必要があります。

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法にあるような、総合的な採用戦略の一環として、これらの法的・税制的な側面も考慮する必要があります。

制度設計の工夫

  1. 支援額の設定
    • 業界水準や自社の財務状況を考慮し、適切な支援額を設定します。
    • 段階的に増額する仕組みを取り入れるのも一案です。
  2. 支援期間の決定
    • 通常3〜5年程度の期間を設定することが多いですが、企業の状況に応じて決定します。
  3. 対象者の選定
  4. 返還条件の設定
    • 一定期間内に退職した場合の返還条件を明確にします。
    • ただし、過度に厳しい条件は避けるべきです。
  5. 他の福利厚生制度との調整
    • 既存の福利厚生制度との整合性を確認します。
    • 必要に応じて、他の制度の見直しも検討します。

導入後の運用

  1. 定期的な制度の見直し
  2. 従業員への周知徹底
    • 制度の内容や利用方法を定期的に従業員に周知します。
    • 新入社員研修や社内報などを活用し、情報を常に更新します。
  3. 個別相談窓口の設置
    • 奨学金返還に関する個別相談に対応できる窓口を設置します。
    • プライバシーに配慮した対応が重要です。
  4. 利用状況のモニタリング
    • 制度の利用状況を定期的に確認し、効果を測定します。
    • 必要に応じて、制度の改善や拡充を検討します。
  5. 社外への PR

採用活動の強化に役立てる

Show Image

奨学金返還支援制度は、採用活動の強化に大きく貢献します。ここでは、この制度を活用した採用戦略について詳しく解説します。

優秀な人材の確保

  1. 採用市場での差別化
    • 奨学金返還支援制度は、他社との差別化ポイントになります。
    • 特に新卒採用において、大きなアピールポイントとなります。
  2. 経済的不安の解消
    • 奨学金返還の負担が軽減されることで、より多くの優秀な人材にアプローチできます。
    • 経済的な理由で就職を躊躇していた層にもアプローチが可能になります。
  3. 長期的なキャリア形成の支援
    • 奨学金の返還負担が軽減されることで、従業員は長期的なキャリア形成に集中できます。
    • これにより、より高いスキルを持つ人材の育成が可能になります。
  4. 多様性の促進
  5. 採用ブランディングの強化
    • 社会貢献度の高い企業として認知されることで、企業ブランドの向上につながります。
    • これにより、より幅広い層からの応募が期待できます。

社員満足度の向上

  1. 経済的ストレスの軽減
    • 奨学金返還の負担が軽減されることで、従業員の経済的ストレスが減少します。
    • これにより、仕事に集中しやすい環境が整います。
  2. 会社への帰属意識の向上
    • 会社からの支援を受けることで、従業員の帰属意識が高まります。
    • 長期的な勤務意欲の向上につながる可能性があります。
  3. ワークライフバランスの改善
  4. キャリア開発への投資
    • 奨学金返還の負担が軽減されることで、自己啓発やスキルアップへの投資が可能になります。
    • これにより、従業員の成長と会社の発展の好循環が生まれます。
  5. モチベーションの向上
    • 会社からの支援を受けることで、仕事へのモチベーションが向上します。
    • 結果として、業績向上にもつながる可能性があります。

制度活用のベストプラクティス

  1. 採用説明会での積極的なアピール
    • 奨学金返還支援制度を前面に押し出した採用説明会を開催します。
    • 具体的な支援内容や利用者の声を紹介することで、制度の魅力を伝えます。
  2. インターンシップとの連携
  3. SNSを活用した情報発信
    • 制度の詳細や利用者の体験談をSNSで積極的に発信します。
    • 若年層へのリーチを高めるため、TikTokやInstagramなども活用します。
  4. 社員紹介制度との組み合わせ
  5. 制度利用者のキャリアパスの可視化
    • 制度を利用して入社した社員のキャリアパスを明確に示します。
    • 長期的なキャリア形成のビジョンを提示することで、応募者の不安を解消します。
  6. 地方自治体との連携
    • 地方創生の観点から、地方自治体と連携した奨学金返還支援制度を検討します。
    • これにより、Uターン・Iターン就職の促進にもつながります。
  7. 大学との産学連携
    • 大学と連携し、在学中から制度の周知を図ります。
    • インターンシップや共同研究などと組み合わせることで、より効果的な人材確保が可能になります。

まとめ

奨学金返還支援制度は、優秀な人材の確保と社員満足度の向上に大きく貢献する重要な施策です。

特に渋谷を中心としたスタートアップ企業にとっては、人材獲得競争において大きな武器となります。

制度の導入に際しては、法的・税制的な注意点を踏まえつつ、自社の状況に合わせた制度設計を行うことが重要です。また、導入後も定期的な見直しと改善を行い、より効果的な制度運用を目指すことが求められます。

スタートアップ企業の成功を目指すための5か年計画の立て方と実行方法にあるように、人材戦略は企業の成長戦略と密接に関連しています。

奨学金返還支援制度を含む総合的な人材戦略を立案・実行することで、企業の持続的な成長と発展を実現することができるでしょう。

最後に、この制度は単なる福利厚生ではなく、社会貢献の一環としても捉えることができます。

教育の機会均等と人材の多様性促進に寄与する本制度は、企業の社会的責任(CSR)の観点からも高く評価される取り組みです。

渋谷のスタートアップ企業が率先してこの制度を導入・拡充することで、日本の教育と雇用の未来に大きな影響を与えることができるでしょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする