企業説明会の成功法は?内容、運用方法とは

Offers HR Magazine編集部 2024年7月1日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。今回は、企業説明会の成功方法とエンジニアの年収アップについて詳しく解説します。企業説明会は、優秀な人材を獲得するための重要な機会です。特にエンジニア採用において、効果的な説明会の実施は極めて重要となっています。

企業説明会は、単なる情報提供の場ではありません。それは、企業の魅力を最大限に伝え、優秀な人材との出会いを創出する貴重な機会です。

特にエンジニア採用において、企業説明会の成功は、質の高い人材の獲得につながり、ひいては企業の技術力向上や成長に直結します。

企業説明会とは何か?

企業説明会は、企業が自社の情報を求職者に直接伝える機会です。単なる情報提供の場ではなく、企業と求職者が互いを知り、理解を深める重要な接点となります。特にエンジニア採用において、企業説明会の重要性は年々高まっています。

企業説明会の目的

企業説明会の主な目的は以下の通りです:

  1. 企業情報の提供
    • 会社の歴史や理念
    • 事業内容や将来のビジョン
    • 職場環境や企業文化
  2. 採用情報の共有
    • 募集職種や業務内容
    • 求める人材像
    • 選考プロセスの説明
  3. 企業ブランディング
    • 企業の魅力や強みのアピール
    • 他社との差別化ポイントの強調
  4. 直接的なコミュニケーション
    • 質疑応答を通じた相互理解
    • 社員との対話機会の提供
  5. 優秀な人材の発掘
    • 説明会参加者の中から potential な人材を見出す

特にエンジニア向けの企業説明会では、技術的な内容や開発環境、キャリアパスなどに焦点を当てることが重要です。エンジニア年収はなぜ高い?採用成功の秘訣を解説という記事では、エンジニアの年収や採用戦略について詳しく解説されています。この情報を企業説明会に活用することで、より効果的なプレゼンテーションが可能になるでしょう。

企業説明会の重要性

企業説明会が重要である理由は以下の点が挙げられます:

  1. 直接的な情報発信: ウェブサイトや求人広告では伝えきれない、企業の雰囲気や文化を直接伝えることができます。
  2. 双方向のコミュニケーション: 求職者からの質問に即座に回答することで、より深い理解を促進できます。
  3. 人材の質の向上: 企業の魅力を効果的に伝えることで、より優秀な人材の応募を促すことができます。
  4. ミスマッチの防止: 詳細な情報提供により、求職者と企業のミスマッチを事前に防ぐことができます。
  5. 採用コストの削減: 効果的な説明会を行うことで、採用活動全体の効率化につながります。
  6. 企業イメージの向上: well-organized な説明会は、企業の評判向上にも寄与します。

企業説明会は、単なる情報提供の場ではなく、企業と求職者が互いを知り、理解を深める重要な機会です。特にエンジニア採用において、技術力や開発環境、キャリアパスなどを具体的に伝えることが、優秀な人材の獲得につながります。

エンジニア採用イベントの成功の秘訣とは?という記事では、エンジニア向けの採用イベントの成功ポイントが詳しく解説されています。これらの情報を参考に、より効果的な企業説明会を企画・実施することが可能になるでしょう。

次のセクションでは、成功する企業説明会のための準備について詳しく見ていきます。

企業説明会の準備

企業説明会の成功は、入念な準備から始まります。特にエンジニア向けの説明会では、技術的な内容や開発環境、キャリアパスなどに焦点を当てた準備が重要になります。ここでは、効果的な企業説明会を実施するための準備について詳しく解説します。

資料準備のポイント

  1. 会社概要の明確化
    • ミッション・ビジョン・バリューの明確な提示
    • 事業内容や市場ポジションの説明
    • 財務状況や成長率などのデータ提示
  2. 技術スタックの詳細
    • 使用言語やフレームワークの一覧
    • 開発環境やツールの説明
    • 技術選定の理由や方針
  3. プロジェクト事例の紹介
    • 具体的な開発事例の提示
    • 技術的チャレンジとその解決方法
    • プロジェクトの成果や影響
  4. キャリアパスの明示
    • エンジニアのキャリアステップ
    • スキルアップ支援制度
    • 社内ローテーション制度
  5. 福利厚生と待遇
    • 給与体系や評価制度
    • 働き方の柔軟性(リモートワークなど)
    • 健康支援や家族向け制度
  6. 社風や文化の表現
    • 社員インタビューの掲載
    • オフィス環境の写真
    • 社内イベントの様子
  7. 採用プロセスの明確化
    • 選考ステップの詳細
    • 必要なスキルや経験
    • 入社後のオンボーディング流れ

これらの情報を、視覚的にわかりやすくまとめることが重要です。グラフ、チャート、イラストなどを効果的に使用し、情報の整理と視認性の向上を図りましょう。

エンジニアの職務経歴書では、何が評価され、どの部分をしっかりとアピールすることが求められるのか?という記事では、エンジニアの職務経歴書作成のポイントが解説されています。これらの情報を参考に、求職者が求める情報を的確に盛り込んだ資料を作成することが可能になるでしょう。

プレゼンテーションの構成

効果的なプレゼンテーションの構成例は以下の通りです:

  1. オープニング(5分):
    • 挨拶と自己紹介
    • 本日の説明会の概要
  2. 会社紹介(10分):
    • ミッション・ビジョン・バリュー
    • 事業内容と市場ポジション
    • 成長の軌跡と今後の展望
  3. 技術環境(15分):
    • 使用技術とその選定理由
    • 開発手法とプロセス
    • 技術的チャレンジと解決事例
  4. キャリアと成長(10分):
    • キャリアパスの説明
    • 教育・研修制度
    • 社内ローテーション制度
  5. 働き方と文化(10分):
    • 働き方の特徴(リモートワークなど)
    • 社内コミュニケーションの特徴
    • 社員の声や日常風景の紹介
  6. 採用情報(10分):
    • 募集職種と業務内容
    • 求める人材像
    • 選考プロセスの説明
  7. 質疑応答(20分):
    • 参加者からの質問への回答
  8. クロージング(5分):
    • まとめと次のステップの案内

この構成はあくまで一例です。企業の特性や参加者の属性に応じて、柔軟にアレンジすることが重要です。特にエンジニア向けの説明会では、技術的な内容により多くの時間を割くなど、対象に合わせた調整が必要になるでしょう。

質問への対応方法

企業説明会では、参加者からの質問に適切に対応することが極めて重要です。以下のポイントに注意しましょう:

  1. 事前準備
    • よくある質問とその回答をリスト化
    • 技術的な質問への回答者を事前に決定
    • 最新の企業情報や業界動向の把握
  2. 丁寧かつ簡潔な回答
    • 質問の本質を理解し、的確に回答
    • 専門用語の使用は必要最小限に
    • 具体例を交えてわかりやすく説明
  3. 正直な対応
    • わからない質問には素直に「確認して後ほど回答する」と伝える
    • 企業の課題についても率直に説明し、改善への取り組みを示す
  4. ポジティブな表現
    • 課題や弱みを説明する際も、改善の方向性を示す
    • 企業の強みや魅力を適切にアピール
  5. 質問者への配慮
    • 質問の意図を十分に理解してから回答
    • 質問者の背景や興味に合わせて回答をカスタマイズ
  6. フォローアップ
    • その場で回答できなかった質問は、後日メールなどで回答
    • 質問内容を分析し、次回の説明会に反映

面接や採用フローの中で「応募者として」嬉しかったことという記事では、応募者視点での採用プロセスの評価ポイントが紹介されています。これらの情報を参考に、質問対応の質を向上させることが可能です。

企業説明会の成功は、入念な準備から始まります。参加者のニーズを的確に捉え、わかりやすく魅力的な情報提供を心がけることで、優秀なエンジニア人材の獲得につながるでしょう。次のセクションでは、効果的な企業説明会の運営方法について詳しく見ていきます。

効果的な企業説明会の運営方法

企業説明会を効果的に運営するためには、綿密な計画と柔軟な対応が求められます。特にエンジニア向けの説明会では、技術的な内容を適切に伝えつつ、参加者との有意義なコミュニケーションを図ることが重要になります。ここでは、効果的な企業説明会の運営方法について詳しく解説します。

時間の管理

  1. タイムテーブルの作成と遵守
    • セクションごとに適切な時間配分を設定
    • 予定時間の5-10分前に各セクションを終了
    • タイムキーパーを設置し、進行状況を管理
  2. 柔軟な時間調整
    • 参加者の反応や質問の量に応じて、適宜時間を調整
    • 重要なポイントには十分な時間を確保
    • 予備時間を設けて、不測の事態に対応
  3. 効率的な情報提供
    • 核心を突いた簡潔な説明
    • 視覚資料を活用し、理解を促進
    • 詳細情報は資料やウェブサイトで補完
  4. 質疑応答の時間確保
    • プレゼンテーション後に十分な質疑時間を設定
    • 個別対応の時間も確保
  5. 休憩時間の適切な設定
    • 長時間の説明会の場合、適宜休憩を挿入
    • 休憩時間を利用した informal な交流の機会を提供

時間管理は、参加者の集中力維持と情報の適切な伝達に不可欠です。特にエンジニア向けの説明会では、技術的な内容に十分な時間を割きつつ、全体のバランスを取ることが重要です。

参加者とのコミュニケーション

  1. 双方向のコミュニケーション
    • 一方的な説明を避け、参加者との対話を促進
    • 質問を積極的に募り、参加者の関心事を把握
    • インタラクティブなセッションの導入(例:ライブコーディングデモ)
  2. 参加者の背景への配慮
    • 参加者の技術レベルや興味に合わせた説明
    • 専門用語の使用は適切に、必要に応じて解説を加える
    • 多様な経歴や興味を持つ参加者に配慮した内容設計
  3. 非言語コミュニケーションの活用
    • アイコンタクトや適切なジェスチャーの使用
    • 声の抑揚や話すスピードの調整
    • 参加者の反応を観察し、理解度を確認
  4. 質問への丁寧な対応
    • 質問の本質を理解し、的確に回答
    • 技術的な質問には具体例を交えて説明
    • 回答できない質問には誠実に対応し、フォローアップを約束
  5. 参加者同士の交流促進
    • グループディスカッションやワークショップの導入
    • 社員と参加者の交流時間の設定
    • ネットワーキングタイムの確保

エンジニアとビジネスの関係性について考え方・理由を聞かせてくださいという記事では、エンジニアとビジネスの関係性について深い洞察が提供されています。この情報を活用することで、技術とビジネスの両面から参加者とのコミュニケーションを図ることができるでしょう。

フォローアップの重要性

  1. 迅速なフォローアップ
    • 説明会終了後24時間以内に参加者へお礼メールを送信
    • 未回答の質問への回答を提供
    • 追加資料や関連情報のリンクを共有
  2. 個別フォローアップ
    • 特に興味を示した参加者への個別連絡
    • 職種や興味に応じたカスタマイズ情報の提供
    • 次のステップ(面接、職場見学など)の案内
  3. フィードバックの収集と分析
    • 参加者アンケートの実施
    • 収集したフィードバックの分析と次回への反映
    • 社内での振り返りミーティングの実施
  4. 継続的な関係構築
    • ニュースレターやブログ更新の案内
    • 技術イベントやハッカソンへの招待
    • SNSやGitHubでのつながりの維持
  5. 採用プロセスとの連携
    • 説明会参加者の情報を採用システムに反映
    • 選考プロセスの進捗状況の適切な共有
    • 不採用の場合も丁寧なフィードバックを提供

フォローアップは、企業説明会の効果を最大化する重要なステップです。適切なフォローアップにより、参加者との関係を深め、優秀な人材の獲得につながる可能性が高まります。

面接でのアトラクトとは?効果的な採用戦略という記事では、応募者を惹きつけるための効果的な戦略が解説されています。これらの戦略を企業説明会のフォローアップにも応用することで、より強力な採用戦略を構築することができるでしょう。

効果的な企業説明会の運営は、綿密な計画と柔軟な対応の両立が鍵となります。参加者との有意義なコミュニケーションを図り、適切なフォローアップを行うことで、エンジニア採用の成功率を高めることができるでしょう。次のセクションでは、近年急速に普及しているオンライン企業説明会の特徴について見ていきます。

オンライン企業説明会の特徴

新型コロナウイルスの影響もあり、オンライン形式の企業説明会が急速に普及しています。特にエンジニア採用においては、テクノロジーを活用したオンライン説明会が効果的な手段となっています。ここでは、オンライン企業説明会の特徴や効果的な実施方法について詳しく解説します。

オンライン説明会のメリットとデメリット

メリット:

  1. 地理的制約の解消
    • 全国各地、さらには海外からの参加が可能
    • 移動時間やコストの削減
  2. 参加のしやすさ
    • 気軽に参加できるため、より多くの候補者にリーチ可能
    • 仕事や学業の合間に参加しやすい
  3. コスト削減
    • 会場費や印刷費などの経費削減
    • 運営スタッフの削減
  4. データの活用
    • 参加者の行動データを容易に収集・分析可能
    • チャット機能を利用した質問の整理と分析
  5. 柔軟な運営
    • 複数回の開催や小規模セッションの実施が容易
    • 録画を活用した非同期型の説明会も可能

デメリット:

  1. 直接的な交流の欠如
    • face-to-face でのコミュニケーションの欠如
    • 企業の雰囲気や文化を直接感じにくい
  2. 技術的トラブル
    • 接続問題やシステムトラブルのリスク
    • 参加者側の環境による視聴品質の差
  3. 集中力の維持
    • 長時間のオンライン参加による集中力低下
    • 他の作業との並行作業によう注意散漫
  4. セキュリティリスク
    • 機密情報の漏洩リスク
    • なりすまし参加のリスク
  5. 参加者の反応把握の難しさ
    • 非言語コミュニケーションの読み取りが困難
    • 参加者の理解度や興味の度合いの把握が難しい

エンジニア・PMのリモートワークや働き方に関する声という記事では、リモートワークに関するエンジニアの生の声が紹介されています。これらの意見を参考に、オンライン説明会の設計や運営方法を最適化することができるでしょう。

技術的な準備と運用

  1. 適切なプラットフォームの選択
    • Zoom、Google Meet、Microsoft Teamsなどの比較検討
    • 参加者数、機能、使いやすさを考慮した選定
  2. 安定したインターネット環境の確保
    • 有線LANの使用や高速Wi-Fiの確保
    • バックアップ回線の準備
  3. 音声・映像機器の整備
    • 高品質なマイクとカメラの使用
    • 適切な照明設備の準備
  4. 画面共有の最適化
    • プレゼンテーション資料の事前チェック
    • 画面共有の切り替えをスムーズに行う練習
  5. セキュリティ対策
    • パスワード保護やウェイティングルームの設定
    • 参加者の身元確認プロセスの構築
  6. トラブルシューティング体制
    • 技術サポート担当者の配置
    • トラブル時の代替手段の準備(例:電話での参加)
  7. 事前テストの実施
    • 本番と同じ環境での総合リハーサル
    • 参加者向けの接続テスト機会の提供

効果的なオンラインプレゼンテーションの方法

  1. インタラクティブ性の確保
    • 定期的な質問タイムの設定
    • 投票機能やブレイクアウトルームの活用
  2. 視覚的要素の強化
    • 動画やアニメーションを活用した説明
    • 図表やインフォグラフィックスの効果的な使用
  3. 話し方の工夫
    • カメラを見て話すことで eye contact を意識
    • 声の抑揚や間の取り方に注意
  4. 集中力維持の工夫
    • 20-30分ごとにブレイクや切り替えを入れる
    • 参加者に簡単なタスクやエクササイズを与える
  5. チャット機能の活用
    • モデレーターを置いてチャットを管理
    • 頻出質問をリアルタイムで整理し回答
  6. バーチャル会社見学
    • オフィスや開発環境の動画ツアー
    • 社員インタビューの事前録画映像の活用
  7. フォローアップ資料の準備
    • 説明会の録画や資料の事後共有
    • 追加質問受付のための専用フォームの設置

GitHubリポジトリ、採用担当者はチェックする?という記事では、エンジニア採用における GitHub の重要性が議論されています。オンライン説明会でも、GitHub や他のポートフォリオサイトの活用方法について言及することで、技術力のアピールにつながるでしょう。

オンライン企業説明会は、従来の対面形式とは異なるアプローチが必要です。技術的な準備を万全にし、オンラインならではの特性を活かしたプレゼンテーションを行うことで、効果的な説明会を実現できます。参加者との双方向のコミュニケーションを重視し、エンジンニア採用におけるオンライン説明会の可能性を最大限に引き出すことが重要です。

次のセクションでは、企業説明会の効果を測定し、改善につなげるための方法について詳しく見ていきます。

参加者の評価とフィードバックの収集方法

企業説明会の効果を測定し、継続的に改善していくためには、参加者からの評価とフィードバックを適切に収集・分析することが重要です。特にエンジニア採用においては、技術的な内容や開発環境に関する具体的なフィードバックが貴重な情報源となります。ここでは、効果的なフィードバック収集と活用方法について詳しく解説します。

アンケートの作成方法

  1. 質問項目の設計
    • 全体の満足度(5段階評価など)
    • 各セクション(会社紹介、技術説明など)の評価
    • 説明の分かりやすさ
    • 質疑応答の充実度
    • 今後の応募意欲
    • 改善点や要望(自由記述)
  2. 技術関連の質問
    • 技術スタックへの興味度
    • 開発環境の魅力度
    • 技術的チャレンジへの共感度
    • 求める技術情報(自由記述)
  3. 回答のしやすさへの配慮
    • 簡潔で明確な質問文
    • 適切な選択肢の提供
    • 回答時間の目安を提示(例:5分程度)
  4. 匿名性の確保
    • 率直な意見を得るため、匿名回答を基本とする
    • 個人情報の取り扱いに関する明確な説明
  5. インセンティブの検討
    • 回答者へのちょっとした特典(技術書籍のPDFなど)
    • 抽選での面談機会の提供
  6. タイミングの考慮
    • 説明会直後にリンクを共有
    • リマインダーの送信(1-2日後)
  7. オンライン・オフラインの両対応:
    • オンラインフォーム(Google Forms、SurveyMonkeyなど)の活用
    • オフライン説明会の場合は紙のアンケートも用意

アンケートの設計において、エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドという記事を参考にすると、エンジニアの能力評価に関する質問を効果的に設計できるでしょう。

フィードバックを改善に活かす方法

  1. データの集計と分析
    • 定量的データの統計分析
    • 自由記述のテキストマイニング
    • 過去のデータとの比較分析
  2. 課題の特定と優先順位付け
    • 低評価項目の洗い出し
    • 頻出する改善要望の整理
    • 影響度と実現可能性による優先順位付け
  3. 改善策の立案
    • 社内チームでのブレインストーミング
    • 外部専門家からのアドバイス取得
    • ベストプラクティスの研究と適用
  4. アクションプランの作成
    • 具体的な改善施策の決定
    • 実施スケジュールの策定
    • 担当者の割り当て
  5. PDCAサイクルの実践
    • 改善策の実施(Do)
    • 効果の測定(Check)
    • さらなる改善策の検討(Act)
  6. フィードバックの共有
    • 経営陣への報告と承認取得
    • 関連部署との情報共有
    • 改善策の進捗状況の定期的な共有
  7. 参加者へのフォローアップ
    • 改善策の実施報告
    • 次回説明会への招待
  8. 継続的なモニタリング
    • 定期的なアンケート実施
    • 長期的なトレンド分析

フィードバックを効果的に活用することで、企業説明会の質を継続的に向上させることができます。特にエンジニア採用においては、技術トレンドの変化が速いため、定期的なフィードバック収集と迅速な改善が重要です。

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説という記事では、エンジニア採用の総合的な戦略が解説されています。この情報を参考に、フィードバックを単なる説明会の改善だけでなく、採用戦略全体の最適化に活用することが可能です。

フィードバックの収集と活用は、企業説明会の改善サイクルの核心部分です。参加者の声に真摯に耳を傾け、迅速かつ的確に改善策を講じることで、より魅力的で効果的な企業説明会を実現できるでしょう。次のセクションでは、実際の企業説明会の成功事例と失敗事例を見ていきます。

企業説明会の事例紹介

企業説明会の効果を最大化するためには、他社の事例から学ぶことが非常に有効です。ここでは、エンジニア採用に焦点を当てた企業説明会の成功事例と失敗事例を紹介し、そこから得られる教訓を解説します。

成功事例

  1. テックカンパニーA社の事例
    • 成功ポイント
      • 最先端技術のライブデモンストレーション
      • 社内エンジニアによる技術セッション
      • GitHub上での公開プロジェクトの紹介
    • 結果
      • 参加者の満足度98%
      • 応募率が前年比150%増加
    • 教訓: 実際の技術力を可視化することで、エンジニアの興味を強く惹きつけることができます。
  2. スタートアップB社の事例
    • 成功ポイント
      • CEOと現役エンジニアによる対談形式の説明会
      • 技術的チャレンジと失敗談の率直な共有
      • 参加者との双方向Q&Aセッション
    • 結果
      • SNSでの高評価と自発的な拡散
      • 高スキルエンジニアからの応募増加
    • 教訓: 透明性の高い情報共有と双方向コミュニケーションが、信頼関係構築に効果的です。
  3. 大手IT企業C社のオンライン説明会
    • 成功ポイント
      • バーチャルオフィスツアーの実施
      • ブレイクアウトルームを利用した少人数交流
      • チャットボットによる即時質問対応
    • 結果
      • 従来の2倍の参加者数を獲得
      • 地方在住エンジニアからの応募増加
    • 教訓: オンラインの特性を活かした工夫により、より広範囲の人材にリーチできます。

これらの成功事例から、技術力の可視化、透明性の高いコミュニケーション、そして参加者との双方向的な交流が、エンジニア向け企業説明会の成功の鍵となることがわかります。

ホワイト企業の中途採用情報:札幌、東京、大阪、福岡、名古屋の主要都市とIT業界の求人、年収、福利厚生などを徹底解説という記事では、ホワイト企業の採用戦略が紹介されています。これらの情報を参考に、自社の強みを効果的にアピールする説明会を設計することができるでしょう。

失敗事例とその教訓

  1. テクノロジー企業D社の事例
    • 問題点
      • 技術的な内容が薄く、一般的な企業説明が中心
      • エンジニアの質問に対する回答が不明確
    • 結果
      • 参加者からの低評価
      • エンジニア応募者数の激減
    • 教訓: エンジニア向け説明会では、技術的な内容を十分に盛り込み、具体的な回答ができる準備が必要です。
  2. スタートアップE社のオンライン説明会
    • 問題点
      • 技術的トラブルにより、説明会の大半が中断
      • バックアッププランの欠如
    • 結果
      • 参加者の不満と信頼度の低下
      • SNSでのネガティブな評判拡散
    • 教訓: オンライン説明会では、入念な技術的準備とトラブル対応策の用意が不可欠です。
  3. 大手企業F社の新卒向け説明会
    • 問題点
      • 一方的なプレゼンテーションが長時間続く
      • 若手エンジニアの生の声が欠如
    • 結果
      • 参加者の集中力低下と退屈さの訴え
      • 応募に至るコンバージョン率の低下
    • 教訓: 参加者の興味を維持するためには、多様なセッションと双方向のコミュニケーションが重要です。

これらの失敗事例から、技術的な準備不足、一方的なコミュニケーション、そして参加者のニーズへの無理解が、企業説明会の失敗につながることがわかります。

エンジニア採用ができない企業の特徴:採用プロセスから企業文化、給与体系まで徹底解析という記事では、エンジニア採用に失敗する企業の特徴が分析されています。これらの情報を参考に、自社の説明会の問題点を洗い出し、改善することが可能です。

企業説明会の成功と失敗の事例から学ぶことで、より効果的な説明会の設計と運営が可能になります。

特にエンジニア採用においては、技術的な内容の充実、双方向のコミュニケーション、そして参加者のニーズへの的確な対応が重要です。これらの要素を適切に組み合わせることで、魅力的で効果的な企業説明会を実現し、優秀なエンジニア人材の獲得につなげることができるでしょう。

まとめ

企業説明会は、優秀なエンジニア人材を獲得するための重要な機会です。効果的な準備、運営、そしてフィードバックの活用により、説明会の質を継続的に向上させることができます。

技術力の可視化、透明性の高いコミュニケーション、参加者との双方向的な交流が成功の鍵となります。これらの要素を適切に組み合わせ、自社の強みを効果的にアピールすることで、優秀なエンジニア人材の獲得につながるでしょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする