【2024年7月最新】中途採用エントリーシートの書き方と成功の秘訣

Offers HR Magazine編集部 2024年7月4日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。本記事では、中途採用におけるエントリーシートの重要性や効果的な書き方について詳しく解説します。転職を考えている方や、より良いキャリアを目指す方々にとって、有益な情報となるでしょう。

転職活動において、中途採用のエントリーシートは非常に重要な役割を果たします。それは単なる書類ではなく、あなたの経歴や能力、そして志望動機を企業に伝える貴重な機会です。2024年の転職市場では、より戦略的なアプローチが求められており、エントリーシートの質が採用プロセスの成否を左右することも珍しくありません。

本記事では、中途採用エントリーシートの重要性から具体的な作成方法、注意点まで幅広く解説します。エントリーシートを通じて自身の魅力を最大限に伝え、希望の企業への道を切り開くためのヒントを提供します。

中途採用におけるエントリーシートの重要性

中途採用におけるエントリーシートは、応募者と企業をつなぐ重要な橋渡し役を果たします。それは単なる形式的な書類ではなく、あなたの経歴、スキル、そして志望動機を効果的に伝える絶好の機会です。多くの企業が、このエントリーシートを通じて応募者の第一印象を形成し、面接対象者を選考します。

エントリーシートと履歴書の違い

エントリーシートと履歴書は、一見似ているように思えますが、その役割と内容には明確な違いがあります。履歴書が主に客観的な事実(学歴、職歴など)を記載するのに対し、エントリーシートはより詳細な自己PRや志望動機を記入する場となります。

  • 履歴書:
    • 基本情報(氏名、住所、連絡先)
    • 学歴
    • 職歴
    • 資格・スキル
  • エントリーシート:
    • 志望動機
    • 自己PR
    • 学生時代に力を入れたこと
    • 職務経験の詳細
    • 将来のキャリアプラン

中途採用のエントリーシートでは、特に職務経験や獲得したスキルの詳細な記述が重要になります。これらの情報を通じて、企業はあなたが組織にもたらす価値を判断します。

エントリーシートが必要な理由と役割

企業がエントリーシートを要求する主な理由は、応募者の適性や熱意を効率的に評価するためです。特に中途採用の場合、応募者の経歴や専門性が多岐にわたるため、標準化された形式で情報を収集することが重要になります。

エントリーシートの役割:

  1. 応募者の基本的な文章力や論理的思考力の評価
  2. 企業文化との適合性の判断
  3. 応募者の熱意や志望度の測定
  4. 面接での質問事項の準備材料

2024年の採用トレンドとして、中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法に関する新しいアプローチが注目されています。このような変化の中で、エントリーシートの重要性はますます高まっています。

エントリーシートの市販と入手方法

中途採用のエントリーシートは、通常各企業が独自のフォーマットを用意しています。市販のエントリーシートは主に新卒採用向けのものが多く、中途採用には適さない場合があります。

エントリーシートの入手方法:

  1. 企業のウェブサイトからダウンロード
  2. 転職サイトや求人広告からアクセス
  3. 企業の人事部門に直接問い合わせ

中途採用のエントリーシートは、各企業の求める人材像や職種によって大きく異なります。そのため、汎用的なフォーマットよりも、応募する企業が提供するものを使用することが望ましいでしょう。

企業がエントリーシートから読み取るポイント

企業は中途採用のエントリーシートを通じて、応募者の多面的な評価を行います。単なる経歴の確認だけでなく、応募者の思考プロセスや価値観、そして企業との適合性を判断する重要な材料となります。

応募者の文章力と説明力

エントリーシートは、応募者の文章力と説明力を直接的に評価できる貴重な機会です。企業は以下のような点に注目します:

  • 論理的な文章構成
  • 簡潔かつ的確な表現力
  • 専門用語の適切な使用
  • 文法や誤字脱字の有無

特に中途採用では、職務経験を効果的に説明する能力が重視されます。自身の経験や成果を具体的かつ分かりやすく伝える力は、ビジネスの場面でも重要なスキルとして評価されます。

応募者の企業適合性

企業は、エントリーシートを通じて応募者と自社の文化や価値観との適合性を判断します。以下のような点が評価されます:

  • 企業理念や事業内容への理解度
  • 応募者の価値観や働き方の志向
  • キャリアプランと企業の成長戦略との整合性

中途採用の給料設計: 新卒との比較、基本給の決定方法、給与交渉のポイントに関する理解も、企業適合性の一つの指標となります。自身のキャリアプランと企業の方針が合致していることを示すことが重要です。

応募者の人柄と志望動機の一貫性

企業は、エントリーシートを通じて応募者の人柄や志望動機の一貫性を確認します。以下のような点に注目します:

  • 経歴と志望動機の整合性
  • 自己PRと職務経験の一貫性
  • 将来のキャリアビジョンの明確さ

中途採用のエントリーシートでは、これまでのキャリアと今後の展望が論理的につながっていることが重要です。単なる転職理由だけでなく、なぜその企業で働きたいのか、どのように貢献できるのかを明確に示すことが求められます。

エントリーシートに記載する内容

中途採用のエントリーシートには、通常以下のような項目が含まれます。各項目で何を記載すべきか、効果的な書き方のポイントを解説します。

志望動機の書き方

志望動機は、エントリーシートの中でも特に重要な項目です。ここでは、なぜその企業で働きたいのか、自身のキャリアプランとどのように合致しているのかを明確に示す必要があります。

効果的な志望動機の書き方:

  1. 企業研究を徹底し、その企業の特徴や強みを理解する
  2. 自身のキャリアゴールと企業の方針や事業展開との関連性を示す
  3. 具体的な貢献プランや、その企業でしか得られない経験を明記する
  4. 熱意と実現可能性のバランスを取る

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法を理解し、企業が求める人材像に合わせた志望動機を作成することが大切です。

自己PRの書き方

自己PRでは、自身の強みや特徴を企業のニーズに合わせて効果的にアピールします。中途採用のエントリーシートでは、特に職務経験を通じて培ったスキルや成果を具体的に示すことが重要です。

効果的な自己PRの書き方:

  • 具体的な実績や数字を用いて説明する
  • 自身の強みがどのように企業に貢献できるかを明確にする
  • 独自の視点や問題解決能力をアピールする
  • 職務経験だけでなく、個人的な成長や学びも含める

例えば、「前職では売上を20%増加させた」といった具体的な成果や、「クライアントとの信頼関係構築に優れている」といった定性的な強みを、実例を交えて説明することが効果的です。

過去の職務経験とスキルの記載方法

中途採用のエントリーシートでは、過去の職務経験とそこで獲得したスキルを詳細に記載することが求められます。この部分は、あなたの実務能力を直接的に示す重要な項目です。

効果的な職務経験とスキルの記載方法:

  1. 役職や担当業務を明確に記述する
  2. 具体的なプロジェクト名や成果を数値で示す
  3. 獲得したスキルや知識を、応募職種との関連性を考慮して記載する
  4. 業界特有の専門用語や技術を適切に使用する

エンジニア案件探しの最適な方法:フリーランス、リモート、ソフトウェアエンジニアの採用情報を徹底解説を参考に、IT業界特有のスキルや経験を効果的にアピールすることも重要です。

学生時代に力を入れたことの書き方

中途採用であっても、学生時代の経験は応募者の基本的な資質や成長過程を示す重要な情報です。特に、現在の職務や志望動機につながる経験を中心に記載します。

学生時代の経験の効果的な書き方:

  • 現在の仕事やキャリアにつながる活動を中心に記述する
  • リーダーシップや課題解決能力を示すエピソードを含める
  • 学業以外の活動(サークル、ボランティア、アルバイトなど)も適切に記載する
  • 学んだ教訓や成長した点を明確に示す

例えば、「学生時代のプログラミングコンテストでの入賞経験が、現在のITエンジニアとしてのキャリアの基礎となった」といった記述は、学生時代の経験と現在のキャリアを効果的に結びつけています。

企業に好印象を与えるエントリーシートのポイント

企業に好印象を与える中途採用のエントリーシートには、いくつかの重要なポイントがあります。これらを押さえることで、あなたの魅力を最大限に引き出し、面接への招待につながる可能性が高まります。

質問の意図を汲み取る方法

エントリーシートの各質問には、企業側の意図が隠れています。この意図を正確に理解し、適切に回答することが重要です。

質問の意図を汲み取るためのポイント:

  1. 質問の背景にある企業の課題や期待を想像する
  2. 同業他社の求人情報も参考にし、業界全体のトレンドを把握する
  3. 質問のキーワードに注目し、企業が重視している点を推測する
  4. 可能であれば、知人や転職エージェントに質問の意図を確認する

例えば、「あなたの強みは何ですか?」という質問の裏には、「その強みが我が社でどのように活かせるか」を知りたいという意図があります。このような意図を理解した上で回答を作成することが大切です。

自己分析と企業研究の重要性

中途採用のエントリーシートを効果的に作成するためには、綿密な自己分析と企業研究が不可欠です。これらの準備作業を通じて、自身の強みと企業のニーズのマッチングを明確に示すことができます。

自己分析のポイント:

  • これまでのキャリアを振り返り、成功体験や課題を整理する
  • 自身のスキルや能力を客観的に評価する
  • 価値観やキャリアビジョンを明確にする
  • 他者からのフィードバックを参考にする

企業研究のポイント:

  • 企業の理念や事業内容を深く理解する
  • 最新のニュースや業界動向を把握する
  • 可能であれば、社員や元社員からの情報を収集する
  • 競合他社との違いや独自性を理解する

スカウト返信率が4倍!カルチャーマッチも促進するリファラル採用のトレンドを踏まえ、企業文化との適合性も重要な研究ポイントとなります。

読み手を意識した書き方の工夫

エントリーシートは、人事担当者や採用責任者が読むことを常に意識して作成する必要があります。読み手にとって分かりやすく、印象に残る文章を心がけましょう。

読み手を意識した書き方のコツ:

  1. 簡潔で明瞭な文章を心がける
  2. 専門用語は適切に使用し、必要に応じて説明を加える
  3. 段落分けや箇条書きを効果的に活用し、読みやすさを向上させる
  4. 具体的なエピソードや数字を用いて、説得力を高める

例えば、「前職では顧客満足度向上に貢献した」という抽象的な表現よりも、「前職で担当した100社の顧客満足度を平均15%向上させ、リピート率を2倍に増加させた」といった具体的な表現の方が、読み手に強い印象を与えます。

結論から書き出すテクニック

中途採用のエントリーシートでは、結論から書き出すテクニックが効果的です。このアプローチは、読み手の注目を即座に引き、あなたの主張を明確に伝えることができます。

結論から書き出すテクニックの実践方法:

  • 各設問の回答の冒頭で、主張や結論を簡潔に述べる
  • その後、詳細な説明や具体例を加えて主張を補強する
  • 最後に再度結論を強調し、印象付ける

例えば、志望動機を書く際に「貴社のAI技術開発に私のデータサイエンスのスキルを活かし、革新的な製品開発に貢献したいと考えています」と冒頭で述べ、その後に具体的な経験や能力の説明を加えるといった方法が効果的です。

誤字脱字を防ぐ方法

誤字脱字は、せっかくの優れた内容も台無しにしてしまう可能性があります。中途採用のエントリーシートでは、プロフェッショナルとしての丁寧さも評価されるため、細心の注意を払う必要があります。

誤字脱字を防ぐ効果的な方法:

  1. 文章作成後、時間を置いてから再度確認する
  2. 音読して違和感のある箇所をチェックする
  3. スペルチェック機能を利用する(ただし、過信は禁物)
  4. 第三者に確認してもらう

特に、企業名や人名、専門用語などは細心の注意を払ってチェックしましょう。また、中途採用の面接にふさわしいスーツ選び:色、マナー、小物、男女別のポイントを徹底解説にあるように、エントリーシートの見た目も重要です。フォントや行間、余白などにも気を配り、読みやすさを確保しましょう。

エントリーシート作成の際の注意点

中途採用のエントリーシート作成には、いくつかの重要な注意点があります。これらを意識することで、より効果的なエントリーシートを作成することができます。

エントリーシートのボリュームと文字数

エントリーシートのボリュームと文字数は、企業によって指定がある場合とない場合があります。指定がある場合は、その範囲内で最大限の情報を盛り込むよう心がけましょう。指定がない場合は、以下のポイントを参考にしてください。

エントリーシートのボリュームと文字数のガイドライン:

  • 一つの設問に対して、400〜800字程度を目安にする
  • 簡潔さと十分な情報量のバランスを取る
  • 重要な情報から優先的に記載し、冗長な表現は避ける
  • 箇条書きや段落分けを効果的に使い、読みやすさを確保する

中途採用者の年末調整の手順と注意点 - 還付金、書き方、国民年金、退職金、住民税、自分で行う方法、乙欄、個人事業主、社会保険料控除について解説のように、必要な情報を漏れなく、かつ簡潔に記載することが重要です。

手書きとパソコン作成のどちらが良いか

中途採用のエントリーシートを手書きで作成するか、パソコンで作成するかは、企業の指定に従うのが基本です。指定がない場合は、以下の点を考慮して決定しましょう。

手書きのメリット:

  • 個性や誠意が伝わりやすい
  • 丁寧さや几帳面さをアピールできる

パソコン作成のメリット:

  • 読みやすく、見やすい
  • 修正や再利用が容易
  • プロフェッショナルな印象を与えやすい

2024年現在、多くの企業がパソコン作成を推奨または許可しています。特にIT業界や大手企業では、パソコン作成が一般的です。ただし、業界や企業文化によっては手書きを好む場合もあるので、事前に確認することをおすすめします。

郵送時の注意点とマナー

エントリーシートを郵送する場合は、以下の点に注意しましょう。

郵送時の注意点とマナー:

  1. 指定された締切日に余裕を持って投函する
  2. 封筒の表書きは丁寧に記入し、宛先を正確に記載する
  3. 封筒の裏面に差出人の住所と氏名を忘れずに記入する
  4. 書類が折れないよう、適切なサイズの封筒を使用する
  5. 簡易書留など、配達記録の残る方法で送付することを検討する

また、中途採用の入社日に関する完全ガイド:挨拶から入社日変更までの全てのポイントにあるように、エントリーシート提出後の流れも意識しておくと良いでしょう。

悩んだときの解決方法

中途採用のエントリーシート作成に悩んだ時は、以下の方法を試してみましょう。

第三者による添削のメリット

第三者による添削は、自分では気づかなかった視点や改善点を発見する絶好の機会です。

第三者添削のメリット:

  • 客観的な視点からのフィードバックが得られる
  • 文章の分かりやすさや論理性を向上させられる
  • 業界経験者からの助言を得られる可能性がある
  • 誤字脱字や不適切な表現を発見しやすい

添削を依頼する際は、信頼できる同僚や先輩、または専門家に依頼することをおすすめします。

転職エージェントの活用方法

転職エージェントは、中途採用のエントリーシート作成に関する豊富な知識と経験を持っています。彼らのサポートを活用することで、より効果的なエントリーシートを作成できる可能性が高まります。

転職エージェント活用のポイント:

  1. 複数のエージェントに相談し、多様な意見を聞く
  2. 業界や職種に精通したエージェントを選ぶ
  3. エントリーシートの添削だけでなく、企業研究や面接対策のアドバイスも求める
  4. エージェントの助言を鵜呑みにせず、自分の言葉で表現することを心がける

人材マッチングプラットフォームとサービスの選び方と最適なシステム導入方法についてを参考に、自分に合った転職支援サービスを選ぶことも重要です。

よくある質問とその回答

中途採用のエントリーシート作成に関して、よくある質問とその回答をまとめました。

内容の重複は問題ないか

Q: エントリーシートの異なる項目で内容が重複してしまうのですが、問題ありませんか?

A: 内容の重複自体は大きな問題ではありません。むしろ、重要なポイントを異なる角度から繰り返し伝えることで、印象を強めることができます。ただし、単純な繰り返しは避け、各項目の趣旨に沿った形で情報を提示することが重要です。

例えば、「自己PR」と「職務経験」で同じ経験を取り上げる場合、自己PRではその経験から得られた自身の強みに焦点を当て、職務経験では具体的な業務内容や成果に重点を置くといった工夫が効果的です。

記載する際のフォーマットについて

Q: エントリーシートを記載する際のフォーマットに決まりはありますか?

A: 基本的には企業が指定するフォーマットに従うべきです。指定がない場合は、以下の点に注意してフォーマットを整えましょう:

  • フォントは読みやすいものを選び、サイズは10〜12ポイント程度にする
  • 余白を適切に取り、詰めすぎない
  • 段落分けを明確にし、読みやすさを確保する
  • 重要なポイントは太字や下線で強調する(ただし、使いすぎに注意)
  • 全体的に統一感のあるデザインを心がける

採用管理システムの導入ガイド:比較、価格、機能、口コミ、運用、おすすめ、選び方、効果、導入事例まで完全解説にあるように、多くの企業が採用管理システムを導入しています。そのため、データとして読み取りやすい明瞭なフォーマットを心がけることも重要です。

企業ごとのエントリーシートの違い

Q: 企業によってエントリーシートの内容や形式が異なりますが、どのように対応すべきですか?

A: 企業ごとにエントリーシートの内容や形式が異なるのは一般的です。以下の点に注意して対応しましょう:

  1. 各企業の指定フォーマットを厳守する
  2. 質問の意図を正確に理解し、それに沿った回答を心がける
  3. 企業の特性や業界の特徴を考慮し、適切な情報を盛り込む
  4. 共通する項目(自己PRや志望動機など)は、ベースとなる文章を準備しつつ、各企業に合わせてカスタマイズする

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法を参考に、各企業の採用プロセスや評価基準を理解した上でエントリーシートを作成することが効果的です。

まとめ

中途採用のエントリーシートは、あなたのキャリアの次のステップを決定づける重要な書類です。本記事で解説した点を意識し、丁寧に作成することで、面接への扉を開く可能性が高まります。自己分析と企業研究を徹底し、自身の強みと企業のニーズを適切にマッチングさせることが成功への鍵となります。エントリーシートは単なる書類ではなく、あなたの熱意とプロフェッショナリズムを伝える貴重な機会です。この機会を最大限に活用し、理想のキャリアへの第一歩を踏み出してください。

以上、中途採用のエントリーシートに関する詳細な解説と実践的なアドバイスをお届けしました。転職活動の成功を心よりお祈りしています。

追加情報:エントリーシート作成のベストプラクティス

最後に、中途採用のエントリーシート作成におけるベストプラクティスをいくつか紹介します。これらの点を意識することで、より印象的で効果的なエントリーシートを作成することができるでしょう。

  1. ストーリー性を持たせる 自己PRや職務経歴の記述では、単なる事実の羅列ではなく、あなたのキャリアの成長や方向性が見えるストーリーを構築しましょう。例えば、「前職での経験が、いかに志望企業でのポジションに適しているか」といった流れで記述することで、読み手に強い印象を与えることができます。
  2. 数値やデータを効果的に使用する 具体的な数値やデータを用いることで、あなたの実績や能力をより説得力のある形で示すことができます。例えば、「売上を20%増加させた」「チーム生産性を35%向上させた」といった具体的な数字は、あなたの貢献度を明確に示します。
  3. キーワードを適切に使用する 求人票や企業の公式サイトなどで使用されているキーワードを、自然な形でエントリーシートに盛り込みましょう。これにより、企業が求める人材像とあなたのマッチング度が高いことをアピールできます。
  4. 未来志向の姿勢を示す 中途採用のエントリーシートでは、過去の実績だけでなく、将来的にどのように企業に貢献できるかを示すことも重要です。自身のキャリアプランと企業の成長戦略を結びつけて説明することで、長期的な価値を提供できる人材であることをアピールしましょう。
  5. 文化適合性を示す ウェルビーイング経営とは?社員の満足、生産性とのつながりを徹底解説にあるように、多くの企業が社員の満足度や組織文化を重視しています。エントリーシートでは、あなたの価値観や働き方の志向性が企業文化とマッチしていることを示すことも効果的です。
  6. 継続的学習の姿勢を示す 技術や市場が急速に変化する現代では、継続的な学習と自己成長の姿勢が高く評価されます。最新の資格取得や自己啓発の取り組みなどを記載することで、学習意欲の高さをアピールしましょう。
  7. デジタルスキルをアピールする デジタル人材採用の調査 2023 採用観点編〜積極採用しているスキルレベルについてミドル層と答えた方が84.0%〜の調査結果が示すように、多くの企業がデジタルスキルを重視しています。自身のデジタルスキルや、それを活用した実績を効果的にアピールしましょう。
  8. 独自の視点や創造性を示す 中途採用では、新しい視点や創造性が求められることも多いです。過去の経験で、独自のアイデアや創造的なアプローチで問題を解決した事例があれば、それを強調しましょう。
  9. グローバルな視点を示す 国際的な事業展開を行っている企業の場合、グローバルな視点や経験が評価されます。海外での就業経験や、多国籍チームでの協働経験などがあれば、それらを積極的にアピールしましょう。
  10. エントリーシートの一貫性を保つ エントリーシート全体を通して、一貫したメッセージや印象を与えることが重要です。自己PR、志望動機、職務経験など、各セクションが相互に補完し合い、あなたの強みや適性を総合的に示すよう心がけましょう。

これらのベストプラクティスを意識しながら、中途採用のエントリーシートを作成することで、あなたの魅力を最大限に引き出し、面接獲得の可能性を高めることができるでしょう。エントリーシートは、あなたと企業を結ぶ重要な架け橋です。時間をかけて丁寧に作成し、自信を持って提出しましょう。

最後に、エンジニア、デザイナー、PM採用を無料で進められるサービスこちらを活用することで、より効率的かつ効果的な転職活動を行うことができます。自身のスキルや経験を最大限に活かせる環境で、新たなキャリアをスタートさせましょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする