イラスト企業おすすめ31選と人材育成の秘訣

Offers HR Magazine編集部 2024年7月7日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

今回は、イラスト企業に焦点を当て、おすすめの企業や人材育成の秘訣についてご紹介します。デジタル化が進む現代において、イラストの重要性はますます高まっています。

企業がイラストを活用するメリット

企業がイラストを活用することで、様々なメリットを得ることができます。ここでは、主要な3つのメリットについて詳しく解説します。

ブランディングの強化

イラストは、企業のブランドイメージを効果的に伝える強力なツールです。以下のような効果が期待できます:

  1. 独自性の確立:オリジナルのイラストスタイルを確立することで、他社との差別化が図れます。
  2. 親しみやすさの創出:堅苦しい印象を和らげ、親しみやすいイメージを醸成できます。
  3. 記憶に残りやすい:視覚的な情報は文字情報よりも記憶に残りやすいため、ブランドの印象を強く残せます。

例えば、某大手飲料メーカーは、キャラクターイラストを全面に押し出したマーケティングを展開し、若年層を中心に大きな支持を得ています。このように、イラストを活用することで、ブランドの個性を効果的に表現し、消費者の心に刻むことができるのです。

マーケティング戦略への応用

イラストは、マーケティング戦略においても大きな役割を果たします:

  1. 商品説明の簡略化:複雑な商品や概念をわかりやすく説明できます。
  2. SNS映えの向上:視覚的に魅力的なイラストは、SNSでのシェア率を高めます。
  3. 広告効果の増大:インパクトのあるイラストは、広告の注目度を上げます。

実際に、ある食品メーカーがSNS広告にオリジナルイラストを使用したところ、従来の写真広告と比べてクリック率が30%向上したという報告もあります。

ユーザーエクスペリエンスの向上

ウェブサイトやアプリにおいて、イラストはユーザーエクスペリエンス(UX)を大きく向上させます:

  1. 直感的な操作性:アイコンやボタンにイラストを使用することで、操作が直感的になります。
  2. 情報の視覚化:複雑なデータや情報をインフォグラフィックスで表現し、理解を促進します。
  3. 親しみやすい雰囲気:堅苦しいイメージを和らげ、サービスへの敷居を下げます。

例えば、某フィンテック企業は、複雑な金融商品の説明にイラストを多用することで、若年層の顧客獲得に成功しています。

デジタル人材採用の調査 2023 採用観点編〜積極採用しているスキルレベルについてミドル層と答えた方が84.0%〜によると、デザイナーの採用においても、中堅層の需要が高まっているようです。イラスト制作のスキルを持つデザイナーは、特に重宝されると言えるでしょう。

イラストの活用は、単なる装飾以上の価値を企業にもたらします。ブランディング、マーケティング、UXの向上など、多岐にわたる効果が期待できるのです。次節では、イラスト制作会社の選び方について詳しく見ていきましょう。

イラスト制作会社の選び方

イラスト企業を選ぶ際は、いくつかの重要なポイントを押さえる必要があります。以下、4つの主要な選定基準について詳しく解説します。

専門領域の確認

イラスト制作会社には、それぞれ得意とする分野があります。以下のような専門領域を確認しましょう:

  1. キャラクターデザイン
  2. 商品イラスト
  3. 企業ロゴデザイン
  4. Web/アプリUI用イラスト
  5. 書籍/雑誌挿絵

例えば、ゲーム開発会社であれば、キャラクターデザインに強みを持つイラスト企業を選ぶことが望ましいでしょう。一方、ECサイトを運営する企業なら、商品イラストに長けた会社を選ぶべきです。

自社のニーズに合った専門性を持つ会社を選ぶことで、より質の高いイラストを効率的に制作できます。

実績のチェックポイント

イラスト制作会社の実績を確認する際は、以下のポイントに注目しましょう:

  1. ポートフォリオの質と量:過去の作品の質はもちろん、多様な作品があるかも重要です。
  2. クライアント企業の規模や業種:自社と似たような企業との取引実績があるかチェックします。
  3. 受賞歴や業界評価:デザイン賞の受賞歴や業界内での評判を確認します。
  4. 長期的な取引実績:特定のクライアントと長期的な取引がある場合、信頼性の高さを示します。

実績豊富な会社を選ぶことで、安定した品質のイラスト制作が期待できます。ただし、新進気鋭のイラスト企業の中にも、革新的なアイデアを持つところがあるので、実績だけでなく、その会社の強みや特徴もよく見極めることが大切です。

制作過程の透明性

イラスト制作の過程が透明であることは、スムーズな協働のために非常に重要です。以下のような点を確認しましょう:

  1. 制作工程の明確な説明:ラフ案の提示から完成までの流れが明確に示されているか。
  2. 進捗報告の頻度:定期的な進捗報告があるか。
  3. 修正対応の柔軟性:クライアントからの修正要求にどの程度対応できるか。
  4. コミュニケーション手段:メール、チャット、オンラインミーティングなど、どのような手段でやり取りができるか。

透明性の高い制作過程は、クライアントの意図を正確に反映したイラスト制作につながります。また、不測の事態が生じた場合も、早期に対応できるメリットがあります。

予算と納期の確認

最後に、予算と納期の確認も忘れずに行いましょう:

  1. 料金体系:固定料金制か時間制か、また追加料金の有無などを確認します。
  2. 支払い条件:前払い、分割払い、完了後払いなど、支払いのタイミングを確認します。
  3. 納期の厳守度:過去の案件で納期を守れているかどうかを確認します。
  4. 緊急対応の可否:急な依頼や短納期の案件に対応できるかを確認します。

予算と納期は、プロジェクトの成否を左右する重要な要素です。自社のニーズに合った条件を提示できる会社を選びましょう。

エンジニア、デザイナー、PM採用を無料で進められるサービスこちらでは、イラストレーターやデザイナーの採用も行えます。イラスト制作を内製化したい企業にとっては、有用なサービスと言えるでしょう。

適切なイラスト制作会社を選ぶことは、プロジェクトの成功に直結します。上記の選定基準を参考に、自社のニーズに最も適した会社を見つけることが重要です。次節では、具体的なおすすめのイラスト制作会社をご紹介します。

おすすめのイラスト制作会社TOP5

ここでは、実績と評価の高いイラスト制作会社を5社ピックアップしてご紹介します。各社の特徴や強みを詳しく解説していきます。

株式会社ジーアングル

ジーアングルは、キャラクターデザインに強みを持つイラスト制作会社です。

  • 設立:2005年
  • 特徴:
    1. アニメ風イラストに定評がある
    2. 大手ゲーム会社との取引実績多数
    3. 若手イラストレーター育成にも注力

ジーアングルは、特にゲーム業界からの信頼が厚く、多くのヒットタイトルのキャラクターデザインを手がけています。社内に教育システムを持ち、常に新しい才能を発掘していることも大きな特徴です。

株式会社アクアスター

アクアスターは、商品イラストに特化した制作会社です。

  • 設立:2010年
  • 特徴:
    1. 食品、化粧品などの商品イラストに強み
    2. 3DCGと手描きイラストの融合技術が高評価
    3. ECサイト向けイラスト制作の実績多数

アクアスターの強みは、写実的な商品イラストの制作力です。特に食品イラストは、実物以上に美味しそうに描くことで有名で、多くの飲食店チェーンやメーカーから支持を得ています。

株式会社エクスデザイン

エクスデザインは、企業ロゴやVI(ビジュアル・アイデンティティ)設計に強みを持つ会社です。

  • 設立:2008年
  • 特徴:
    1. ミニマルデザインに定評がある
    2. スタートアップ企業のブランディング支援実績多数
    3. ロゴだけでなく、名刺やウェブサイトなど一貫したデザイン提供

エクスデザインは、特にテクノロジー系スタートアップ企業からの支持が厚いです。シンプルでありながら印象的なロゴデザインは、多くの企業のアイデンティティ構築に貢献しています。

株式会社コットンズ

コットンズは、Web/アプリUI用イラスト制作に特化した会社です。

  • 設立:2012年
  • 特徴:
    1. UI/UXデザインの知識を活かしたイラスト制作
    2. アイコンデザインに高い評価
    3. 多言語対応のイラスト制作が可能

コットンズの強みは、使いやすさを重視したUI用イラストの制作力です。特に、直感的に理解できるアイコンデザインは多くのアプリ開発企業から高く評価されています。

株式会社サンバード

サンバードは、書籍や雑誌の挿絵制作に強みを持つ会社です。

  • 設立:2000年
  • 特徴:
    1. 多様なイラストスタイルに対応
    2. 教育系出版社との取引実績多数
    3. デジタルと紙媒体両方に対応したイラスト制作

サンバードは、特に教育関連の書籍や雑誌での挿絵制作に定評があります。わかりやすさと美しさを両立したイラストは、多くの読者から支持を得ています。

求人広告デザインのコツは?手書きとAIを活用する方法では、採用におけるイラストの活用方法について詳しく解説されています。イラスト制作会社と協働して採用広告を作成する際の参考になるでしょう。

これらのイラスト制作会社は、それぞれ異なる強みを持っています。自社のニーズやプロジェクトの性質に合わせて、最適な会社を選ぶことが重要です。次節では、イラスト制作を依頼する際の注意点について詳しく見ていきましょう。

イラスト制作の依頼前に気を付けたいポイント

イラスト制作を外部に依頼する際は、いくつかの重要なポイントに注意する必要があります。ここでは、スムーズな制作プロセスのために押さえるべき4つの要点を解説します。

目的の明確化

イラスト制作を依頼する前に、その目的を明確にすることが極めて重要です。以下のような点を考慮しましょう:

  1. 使用用途:ウェブサイト、パンフレット、広告など、どこで使用するのか
  2. ターゲット層:誰に向けたイラストなのか(年齢層、性別、職業など)
  3. 伝えたいメッセージ:イラストを通じて何を伝えたいのか
  4. 期待する効果:ブランドイメージの向上、商品の理解促進、集客力の向上など

例えば、ある食品メーカーが新商品のプロモーション用イラストを依頼する場合、「20代〜30代の健康志向の女性をターゲットに、商品の自然な原材料と美味しさを表現し、SNSでの拡散を狙う」といった具体的な目的を設定することができます。

目的を明確にすることで、イラストレーターにより正確な指示を出すことができ、期待通りの成果物を得られる可能性が高まります。

イメージ共有の重要性

イラストの具体的なイメージを制作会社と共有することは、意図したイラストを得るために非常に重要です。以下のような方法でイメージを共有しましょう:

  1. 参考イラストの提示:類似のテイストやスタイルのイラストを集めて提示する
  2. ムードボードの作成:色彩や雰囲気を表現したビジュアルボードを作成する
  3. キーワードリストの作成:イラストに求める要素や印象を言葉でリスト化する
  4. ラフスケッチの依頼:初期段階でラフスケッチを依頼し、方向性を確認する

例えば、「明るい」「優しい」「自然な」といった抽象的な表現だけでなく、具体的な色調や構図のイメージを視覚的に共有することで、制作者との認識のずれを最小限に抑えることができます。

納品形式と解像度の指定

イラストの納品形式と解像度は、その後の使用方法に大きく影響します。以下の点を事前に確認し、指定しておきましょう:

  1. ファイル形式:AI、PSD、JPEG、PNGなど
  2. 解像度:印刷用(300dpi以上)、web用(72dpi)など
  3. サイズ:使用する媒体に合わせたサイズ指定
  4. レイヤー構造:編集可能なレイヤー構造が必要かどうか

例えば、ウェブサイトのヘッダー用イラストであれば、「幅1920px、高さ600px、解像度72dpi、PNG形式」といった具体的な指定をしておくことで、納品後の手直しを最小限に抑えられます。

修正対応の確認

イラスト制作では、初稿から完成まで複数回の修正が発生するのが一般的です。以下の点を事前に確認しておきましょう:

  1. 修正回数:基本料金に含まれる修正回数
  2. 追加料金:修正回数超過時の追加料金の有無と金額
  3. 修正期間:各修正にかかる期間の目安
  4. 修正範囲:大幅な変更が可能か、軽微な修正に限られるか

例えば、「初稿から2回までの修正は基本料金に含まれ、3回目以降は1回につき5,000円の追加料金が発生する」といった条件を事前に確認しておくことで、予算管理がしやすくなります。

IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチでは、デザイナーやイラストレーターなどのクリエイティブ人材の育成方法についても触れられています。社内でイラスト制作のスキルを育成したい場合は参考になるでしょう。

これらのポイントを押さえることで、イラスト制作のプロセスがよりスムーズになり、期待通りの成果物を得られる可能性が高まります。次節では、イラスト制作の費用相場について詳しく見ていきましょう。

依頼内容ごとの費用相場

イラスト制作の費用は、依頼内容によって大きく異なります。ここでは、主要な4つのカテゴリーにおける費用相場を解説します。

ゲームキャラクターイラスト

ゲームキャラクターのイラスト制作は、高度な技術と創造性が要求される分野です。費用相場は以下の通りです:

  • 単体キャラクター(全身):10万円〜50万円
  • 表情差分付き:15万円〜70万円
  • 背景付きイラスト:20万円〜100万円

費用の幅が大きい理由は、キャラクターの複雑さ、イラストレーターの知名度、使用権の範囲などによって変わるためです。例えば、某人気モバイルゲームの主要キャラクターイラストは、1点あたり100万円以上の制作費をかけているケースもあります。

企業ロゴやマスコットキャラクター

企業のアイデンティティを表現するロゴやマスコットキャラクターの費用相場は以下の通りです:

  • シンプルなロゴ:5万円〜30万円
  • 複雑なロゴ:20万円〜100万円
  • マスコットキャラクター:10万円〜50万円

ロゴデザインの場合、使用範囲が広く、長期的に使用されるため、クオリティに応じて高額になる傾向があります。例えば、某大手企業がブランドリニューアルの際に制作したロゴは、1億円以上の費用をかけたと言われています。

マーケティング用のイラスト

広告やSNS投稿用のイラストの費用相場は以下の通りです:

  • SNS投稿用イラスト(1点):3万円〜15万円
  • 広告バナー用イラスト:5万円〜30万円
  • 商品パッケージ用イラスト:10万円〜50万円

マーケティング用イラストは、使用期間や露出範囲によって費用が変動します。例えば、全国規模のキャンペーンで使用するイラストは、地方限定のものと比べて高額になる傾向があります。

ウェブやアプリのデザインイラスト

ウェブサイトやアプリケーションで使用するイラストの費用相場は以下の通りです:

  • アイコンセット(10個程度):5万円〜20万円
  • ランディングページ用イラスト:10万円〜50万円
  • アプリ内イラスト(複数ページ分):20万円〜100万円

ウェブやアプリのイラストは、ユーザビリティやUI/UXを考慮して制作する必要があるため、単純なイラスト制作よりも高額になる傾向があります。

これらの費用相場は、あくまで目安です。実際の費用は、イラストレーターの経験や知名度、制作の難易度、使用権の範囲などによって大きく変動します。また、継続的な取引や大量発注の場合は、割引が適用されることもあります。

エンジニア年収はなぜ高い?採用成功の秘訣を解説では、クリエイティブ職の年収についても触れられています。イラストレーターの適切な報酬設定を考える上で参考になるでしょう。

イラスト制作の費用は、その企業やプロジェクトにとっての価値に見合ったものであるべきです。安価なイラストに頼ることで、ブランドイメージを損なったり、期待する効果が得られないリスクもあります。費用対効果を十分に考慮し、適切な予算配分を行うことが重要です。

次節では、イラスト制作の依頼フローについて詳しく解説します。

イラスト制作の依頼フロー

イラスト制作を外部に依頼する際の一般的なフローを、4つの主要ステップに分けて解説します。各ステップでの注意点や効果的なアプローチ方法についても触れていきます。

問い合わせとヒアリング

イラスト制作の最初のステップは、制作会社への問い合わせとヒアリングです。このステップでは以下の点に注意しましょう:

  1. 複数の会社に問い合わせる:少なくとも3社程度に問い合わせ、比較検討することをおすすめします。
  2. 具体的な要望を伝える:使用目的、ターゲット層、希望のスタイルなどを明確に伝えます。
  3. 予算と納期を明示する:予算の上限と希望納期を伝え、実現可能かどうかを確認します。
  4. ポートフォリオの確認:過去の類似案件の実績があるか確認します。

例えば、「20代〜30代の女性をターゲットとした化粧品のウェブ広告用イラスト。予算は20万円、納期は1ヶ月後。水彩タッチの優しい雰囲気のイラストを希望。」といった具体的な要望を伝えることで、より適切な提案を受けられます。

ラフ提案と確認

ヒアリング後、制作会社からラフ案の提示があります。このステップでは以下の点に注意しましょう:

  1. 複数のラフ案を要求する:可能であれば2〜3パターンのラフ案を提示してもらいます。
  2. 細部にこだわりすぎない:ラフ段階では全体の構図や雰囲気を重視し、細部の表現にはこだわりすぎないようにします。
  3. 具体的なフィードバックを行う:「なんとなく違和感がある」といった曖昧な表現は避け、具体的に修正点を伝えます。
  4. 社内での意思決定を迅速に行う:ラフ案の確認・承認のプロセスを事前に決めておき、スピーディーな判断を心がけます。

例えば、「構図はA案、キャラクターの表情はB案が良い。背景の色調をもう少し明るくしてほしい。」といった具体的なフィードバックを行うことで、イラストレーターの理解が深まり、次の工程がスムーズに進みます。

本制作と進捗確認

ラフ案が承認されると、本制作に入ります。このステップでは以下の点に注意しましょう:

  1. 定期的な進捗確認:特に長期のプロジェクトでは、週1回程度の進捗確認を行います。
  2. 中間チェックの実施:完成直前の修正を避けるため、線画や色付け途中での確認を行います。
  3. 迅速なフィードバック:進捗確認時に問題点があれば、速やかにフィードバックします。
  4. 柔軟な対応:制作過程で新たなアイデアが生まれた場合、柔軟に検討します。

例えば、「キャラクターの髪の色をもう少し明るくしてほしい」「背景の花の種類を変更したい」といった細かな修正点も、この段階で伝えることが重要です。

完成品のチェックと納品

最後に、完成したイラストのチェックと納品が行われます。このステップでは以下の点に注意しましょう:

  1. 詳細なチェック:色味、解像度、ファイル形式など、細部まで確認します。
  2. 使用権の確認:イラストの使用範囲や期間について、再度確認します。
  3. 最終修正の依頼:微調整が必要な場合は、具体的に修正箇所を伝えます。
  4. データの保管:納品されたデータを安全に保管し、バックアップを取ります。

例えば、「右下のロゴの配置を5ピクセル左に移動してほしい」「背景の青色を#0000FFに変更してほしい」といった細かな修正を依頼することもあります。

GitHubリポジトリ、採用担当者はチェックする?(出典:開発組織の採用/組織の質問サービス Offers Q&A)では、クリエイティブ職のポートフォリオ評価についても触れられています。イラストレーターの採用を考えている企業にとって参考になる情報です。

イラスト制作の各段階で、クライアントと制作者の緊密なコミュニケーションが不可欠です。明確な指示と迅速なフィードバックが、高品質なイラスト制作につながります。次節では、イラスト制作会社とのより効果的なコミュニケーション方法について詳しく見ていきましょう。

イラスト制作会社とのコミュニケーション術

イラスト制作会社との効果的なコミュニケーションは、プロジェクトの成功に直結します。ここでは、コミュニケーションを円滑に進めるためのポイントを4つの観点から解説します。

初回打ち合わせのポイント

初回の打ち合わせは、プロジェクトの方向性を決める重要な機会です。以下のポイントに注意しましょう:

  1. 目的の明確化:イラストの使用目的や期待する効果を具体的に伝える
  2. 参考資料の準備:類似のイラストや、イメージに近い画像を用意する
  3. 質問の準備:制作プロセスや修正対応について、疑問点を事前にリストアップする
  4. 決定権者の同席:可能であれば、最終決定権を持つ人物が同席する

例えば、「当社の新商品PRに使用するイラストで、20代女性をターゲットに、商品の自然さと使いやすさを表現したい」といった具体的な目的を伝えることが重要です。また、「御社の過去の作品の中で、こういったタッチのイラストをイメージしています」と伝えることで、制作会社との認識のずれを最小限に抑えられます。

メールやチャットの効果的な使い方

日々のコミュニケーションには、主にメールやチャットが使用されます。効果的に活用するためのポイントは以下の通りです:

  1. 簡潔明瞭な文章:要点を箇条書きにするなど、わかりやすく伝える
  2. 視覚資料の活用:説明が難しい場合は、画像や動画を添付する
  3. 迅速な返信:原則24時間以内に返信し、返信に時間がかかる場合はその旨を伝える
  4. 記録の保持:重要な決定事項はメールで確認し、記録として残す

例えば、イラストの修正を依頼する際、「添付画像の赤丸部分の色を#FF0000に変更してください。青丸部分のキャラクターの表情をもう少し明るくしてください。」といった具体的な指示を出すことが効果的です。

進捗確認のタイミング

適切なタイミングでの進捗確認は、プロジェクトを順調に進めるために重要です。以下のポイントに注意しましょう:

  1. 定期的な確認:週1回程度の定期的な進捗報告を依頼する
  2. 重要な節目での確認:ラフ案完成時、線画完成時、彩色50%時点など、重要な段階での確認を行う
  3. 柔軟な対応:進捗状況に応じて、確認の頻度を調整する
  4. 先回りの確認:納期が近づいてきたら、仕上がり具合を事前に確認する

例えば、「毎週金曜日にメールで進捗報告をお願いします。線画が完成したら、彩色前に一度確認させてください。」といった具体的な要望を初期段階で伝えておくことが効果的です。

フィードバックの伝え方

適切なフィードバックは、イラストの品質向上に直結します。効果的なフィードバックの伝え方は以下の通りです:

  1. 具体的な指示:「もう少し明るく」ではなく「彩度を10%上げる」など、具体的に伝える
  2. 理由の説明:なぜその修正が必要なのか、理由を簡潔に説明する
  3. 優先順位の明確化:複数の修正点がある場合、重要度や優先順位を伝える
  4. 肯定的な表現の使用:「ここが気に入らない」ではなく「ここをこう変更するとより良くなる」といった建設的な表現を使う

例えば、「キャラクターの表情をもう少し柔らかくしていただけますか?商品の優しさをより強調したいため、目の周りのラインを少し和らげていただけると助かります。」といったフィードバックが効果的です。

マネージャーとしてやってよかったことを教えてください(出典:開発組織の採用/組織の質問サービス Offers Q&A)では、クリエイティブチームのマネジメントについても触れられています。イラスト制作チームを率いる立場の方にとって参考になる情報が含まれています。

効果的なコミュニケーションは、高品質なイラスト制作の鍵となります。明確な指示、適切なタイミングでの確認、建設的なフィードバックを心がけることで、期待以上の成果物を得られる可能性が高まります。次節では、実際の事例からイラスト活用法について学んでいきましょう。

実際の事例から学ぶイラスト活用法

イラストの効果的な活用方法を、実際の成功事例と失敗例から学びます。これらの事例は、イラストが企業のブランディングやマーケティングにどのような影響を与えるかを示しています。

成功例:企業ロゴの刷新

某IT企業が創業10周年を機に行った企業ロゴの刷新は、大きな成功を収めました。

  • 変更点:幾何学的で硬い印象の旧ロゴから、手書き風の柔らかいラインを用いた新ロゴへ
  • 狙い:親しみやすさとイノベーティブな印象の両立
  • 結果:
    1. ブランド認知度が6ヶ月で20%向上
    2. 新卒応募者が前年比40%増加
    3. SNSでの言及数が3倍に増加

この事例では、イラストを用いたロゴデザインが、企業イメージの大幅な改善につながりました。特に若年層からの支持が高まり、人材採用にも好影響を与えています。

成功例:ソーシャルメディア用イラスト

ある食品メーカーが実施したSNSマーケティングキャンペーンは、イラストの効果的な活用例として注目されています。

  • 内容:商品を擬人化したキャラクターイラストを用いたストーリー仕立てのSNS投稿
  • 狙い:商品の特徴を親しみやすく伝え、若年層の関心を高める
  • 結果:
    1. 投稿の平均エンゲージメント率が従来の3倍に
    2. 商品の認知度が2ヶ月で35%向上
    3. 20代〜30代の購買層が25%増加

このキャンペーンでは、商品の特徴を擬人化したキャラクターを用いることで、難しい製品特性を分かりやすく、かつ面白く伝えることに成功しています。

成功例:ウェブサイトのビジュアル強化

某金融サービス企業が行ったウェブサイトリニューアルは、イラストの活用によって大きな成果を上げました。

  • 変更点:写真中心のデザインから、イラストを多用したデザインへ
  • 狙い:複雑な金融商品をわかりやすく説明し、若年層の興味を喚起
  • 結果:
    1. サイトの平均滞在時間が40%増加
    2. 問い合わせ数が2倍に増加
    3. 30代以下の新規顧客が35%増加

この事例では、複雑な金融商品をイラストで視覚化することで、ユーザーの理解を促進し、興味喚起につなげることに成功しています。

失敗例とその教訓

一方で、イラストの不適切な使用が逆効果となった例もあります。

  • ケース:某大手企業がSNS広告に使用したイラスト
  • 問題点:ターゲット層とイラストのテイストのミスマッチ
  • 結果:
    1. SNS上で批判的なコメントが相次ぐ
    2. 広告の早期終了を余儀なくされる
    3. ブランドイメージの一時的な低下

この失敗からの教訓は、ターゲット層の嗜好や時代のトレンドを十分に研究し、適切なイラストスタイルを選択することの重要性です。また、公開前に小規模なテストマーケティングを行うことの必要性も示唆されています。

企業理念とは何か?スタートアップ企業における重要性とはでは、企業理念をビジュアル化することの重要性について触れられています。イラストを用いて企業理念を表現することは、社内外のステークホルダーに対して効果的なコミュニケーション手段となり得ます。

これらの事例が示すように、適切に活用されたイラストは企業のブランディングやマーケティングに大きな効果をもたらします。一方で、ターゲットや目的に合わないイラストの使用は、逆効果となる可能性もあります。イラストの活用においては、明確な目的設定と適切なデザイン選択が成功の鍵となります。

まとめ

イラスト企業の活用は、現代のビジネス戦略において重要な要素となっています。適切なイラストの使用は、ブランディングの強化、マーケティング効果の向上、ユーザーエクスペリエンスの改善など、多岐にわたる利点をもたらします。

イラスト制作会社を選ぶ際は、専門性、実績、コミュニケーション能力などを総合的に評価することが重要です。また、制作過程では明確な目的設定、適切なイメージ共有、効果的なフィードバックなどが、高品質なイラスト制作の鍵となります。

成功事例から学べるように、イラストは企業の印象を大きく変える力を持っています。一方で、失敗例が示すように、慎重な計画と適切な実行が不可欠です。イラストの活用は、単なる装飾ではなく、戦略的なコミュニケーションツールとして捉えるべきでしょう。

今後、AI技術の発展により、イラスト制作の自動化や個別化が進むことが予想されます。しかし、人間の創造性と感性が生み出すイラストの価値は、依然として高く評価されるでしょう。企業は、テクノロジーの進化を取り入れつつ、人間ならではの創造性を活かしたイラスト活用を模索していく必要があります。

イラストの力を理解し、効果的に活用することで、企業は競争力を高め、より強固なブランドを構築することができるでしょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする