経営破綻とは?倒産との違いや原因、予防策を解説

Offers HR Magazine編集部 2024年6月28日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

企業経営において、最も避けたい事態の一つが経営破綻です。経営破綻は企業の存続を脅かすだけでなく、従業員や取引先、さらには地域経済にも大きな影響を与えます。本記事では、経営破綻の定義から原因、予防策まで詳しく解説します。

経営破綻とは何か

経営破綻という言葉は、ビジネスニュースでよく耳にしますが、その具体的な意味を理解している人は意外と少ないかもしれません。ここでは、経営破綻の基本的な定義や関連する概念について詳しく見ていきましょう。

基本的な定義

経営破綻とは、企業が経済的に持続可能でなくなり、通常の業務を遂行できなくなる状態を指します。法的には、債務超過や支払不能の状態が続くと、経営破綻と見なされます。つまり、企業が負債を返済できず、事業の継続が困難になる状況を意味するのです。

経営破綻に陥ると、企業は以下のような状態に直面します:

  • 債務の返済が不可能になる
  • 従業員への給与支払いが困難になる
  • 取引先への支払いが滞る
  • 事業の継続が不可能になる

経営破綻は企業の終わりを意味するものではありません。しかし、この状態から回復するには、大規模な restructuring や法的手続きが必要となることがほとんどです。

経営破綻と倒産の違い

経営破綻と倒産は、しばしば混同されがちな概念です。両者は確かに関連していますが、重要な違いがあります。

項目

経営破綻

倒産

定義

企業が経済的に持続不可能な状態

法的手続きを伴う経営の終了

法的手続き

必ずしも必要ではない

必要

回復の可能性

ある

低い

影響範囲

企業内部が中心

取引先や債権者にも大きな影響

倒産は経営破綻の一形態と言えますが、全ての経営破綻が倒産に至るわけではありません。経営破綻した企業が再建に成功し、事業を継続するケースも少なくありません。

経営破綻と破産の違い

破産は、経営破綻の結果として起こりうる法的手続きの一つです。経営破綻と破産の主な違いは以下の通りです:

  • 経営破綻:企業の経済的状態を指す
  • 破産:債務を清算するための法的手続き

破産手続きは、裁判所の監督下で行われ、企業の資産を清算して債権者に分配します。一方、経営破綻は必ずしも法的手続きを伴わず、企業再建の可能性も残されています。

2024年の日本企業を取り巻く環境は、新型コロナウイルスの影響からの回復期にある一方で、インフレや為替の変動、地政学的リスクなど、様々な要因が経営を圧迫しています。このような状況下で、経営破綻のリスクは決して過小評価できません。

経営破綻の原因

経営破綻に至る原因は、企業によって千差万別です。しかし、大きく分けると外部環境要因と内部環境要因に分類することができます。これらの要因を理解することで、経営破綻のリスクを早期に察知し、対策を講じることが可能になります。

外部環境要因

外部環境要因は、企業の努力だけでは対応が難しい、外部からの影響を指します。主な外部環境要因には以下のようなものがあります:

  1. 経済の低迷
  2. 競争の激化
  3. 規制の変更
  4. 技術革新
  5. 自然災害や感染症の流行

例えば、2020年から続く新型コロナウイルスの感染拡大は、多くの企業に深刻な影響を与えました。特に観光業や飲食業などのサービス業は大きな打撃を受け、経営破綻に追い込まれる企業も少なくありませんでした。

また、デジタル化の波に乗り遅れた企業が競争力を失い、経営破綻に至るケースも増えています。2024年現在、AI技術の急速な進歩により、多くの業界で業務プロセスの大幅な変革が求められています。この変化に適応できない企業は、競争力を失う恐れがあります。

内部環境要因

内部環境要因は、企業内部の問題や意思決定に起因する要因です。主な内部環境要因には以下のようなものがあります:

  1. 経営陣の誤った戦略
  2. 資金繰りの悪化
  3. 不適切なリーダーシップ
  4. 過大な設備投資
  5. 不正会計
  6. 人材の流出

例えば、過大な設備投資は短期的には企業の成長を促進するかもしれません。しかし、市場環境の変化に対応できず、投資の回収が進まない場合、企業の財務状況を著しく悪化させる可能性があります。

また、優秀な人材の流出も経営破綻の一因となりうます。特に、技術革新が急速に進む現代において、核となる人材の喪失は企業の競争力を大きく低下させる可能性があります。

エンジニア、デザイナー、PM採用を無料で進められるサービスこちらを活用することで、優秀な人材の確保と維持が可能になります。これは経営破綻を防ぐ上で重要な要素となるでしょう。

経営破綻の原因を把握することは、その予防策を講じる上で非常に重要です。外部環境要因に対しては柔軟な対応力を養い、内部環境要因に対しては適切な管理体制を構築することが求められます。

経営破綻後に必要な手続き

経営破綻に陥った企業が取りうる法的手続きには、いくつかの選択肢があります。それぞれの手続きには特徴があり、企業の状況や目的に応じて選択されます。ここでは、主な手続きについて詳しく見ていきましょう。

民事再生

民事再生手続きは、経営破綻した企業が再建を目指すための法的手続きです。この手続きの特徴は以下の通りです:

  • 債務の一部を免除してもらい、再建計画を策定する
  • 現経営陣が引き続き経営に携わることができる
  • 比較的小規模な企業に適している

民事再生手続きを選択する企業は、事業の継続可能性が高く、再建の見込みがある場合が多いです。債権者の協力を得ながら、債務の一部免除や返済期間の延長などを行い、企業の再建を図ります。

会社更生

会社更生は、裁判所が指定する更生管財人の監督下で企業の再建を図る手続きです。主に大企業が対象となり、以下のような特徴があります:

  • 更生管財人が経営権を持つ
  • 債権者の権利が制限される
  • 株主の権利が大幅に制限される

会社更生手続きは、規模が大きく、社会的影響力の大きい企業が選択することが多いです。日本では、JAL(日本航空)の再建が会社更生法を活用した成功例として知られています。

破産

破産手続きは、企業が債務を清算するために裁判所の監督下で行われる法的手続きです。破産の特徴は以下の通りです:

  • 全ての資産を売却し、債務の返済に充てる
  • 企業活動は完全に停止する
  • 債権者への返済は優先順位に従って行われる

破産は、企業の再建が困難で、債務の返済も見込めない場合に選択されます。破産手続きにより、企業は法人格を失い、完全に消滅します。

特別清算

特別清算は、経営破綻した企業が自主的に清算を行う手続きです。主に以下のような特徴があります:

  • 債権者との合意に基づいて進められる
  • 裁判所の関与は比較的少ない
  • 株式会社のみが対象

特別清算は、債務超過ではあるものの、債権者との合意形成が可能な場合に選択されます。手続きが比較的柔軟で、債権者の同意があれば債務の一部免除も可能です。

任意整理と私的整理

任意整理と私的整理は、裁判所を通さずに債権者と交渉して債務を整理する方法です。

  • 任意整理:個人や小規模事業者が選択することが多い
  • 私的整理:主に金融機関が主導して行われる

これらの方法は、法的手続きを避けたい場合や、債権者との関係を維持したい場合に選択されます。ただし、全ての債権者の合意が必要なため、調整が難しい場合もあります。

経営破綻後の手続きは、企業の状況や目的によって適切なものを選択する必要があります。早期に専門家に相談し、最適な方法を選択することが重要です。

経営破綻の具体例

経営破綻は、様々な要因によって引き起こされます。ここでは、近年注目された経営破綻の具体例を見ていくことで、その原因や影響について理解を深めましょう。

新型コロナウイルスによる影響

新型コロナウイルスのパンデミックは、多くの企業に経済的打撃を与え、経営破綻を引き起こしました。特に観光業や飲食業が大きな影響を受けました。

例えば、2020年には老舗のデパート「近鉄百貨店」を運営する近鉄百貨店が民事再生法の適用を申請しました。コロナ禍による売り上げの激減が主な原因でした。

また、大手旅行会社のHISも2023年に債務超過に陥り、経営危機に直面しました。海外旅行需要の急減が大きな要因となりました。

これらの事例は、外部環境の急激な変化がいかに企業経営に大きな影響を与えるかを示しています。経営破綻を防ぐためには、柔軟な経営戦略と強固な財務基盤が不可欠です。

不良在庫による破綻

過剰な在庫や不良在庫の管理が不十分な場合、企業の資金繰りが悪化し、経営破綻に至ることがあります。

2019年に経営破綻した衣料品チェーン「ワールド」は、その典型的な例です。急速な店舗拡大に伴う在庫の増加と、消費者ニーズとのミスマッチによる不良在庫の蓄積が、資金繰りを圧迫し、最終的に経営破綻に至りました。

この事例から学べる教訓は以下の通りです:

  • 適切な在庫管理の重要性
  • 市場ニーズの的確な把握の必要性
  • 急速な拡大戦略のリスク

不良在庫は単なる資金の固定化だけでなく、保管コストや廃棄コストも発生させるため、企業経営に大きな負担をかけます。適切な在庫管理と需要予測は、経営破綻を防ぐ上で重要な要素となります。

技術革新への対応遅れ

急速な技術革新に対応できず、競争力を失って経営破綻に至るケースも少なくありません。

例えば、かつて携帯電話市場で圧倒的なシェアを誇っていたノキアは、スマートフォン時代の到来に対応できず、急速に市場シェアを失いました。2013年には携帯電話事業をマイクロソフトに売却し、事実上の経営破綻状態に陥りました。

この事例から、以下のような教訓を得ることができます:

  • 技術トレンドの継続的な監視の重要性
  • 柔軟な事業転換の必要性
  • 既存の成功に安住することの危険性

2024年現在、AI技術の急速な進展が様々な業界に影響を与えています。この変化に適応できない企業は、ノキアの二の舞を演じる可能性があります。

エンジニア、デザイナー、PM採用を無料で進められるサービスこちらを活用することで、最新の技術トレンドに詳しい人材を確保し、技術革新に遅れをとらないようにすることができます。

不適切な経営判断

経営陣の不適切な判断が経営破綻を招くケースも多々あります。

2001年に経営破綻した旧日本長期信用銀行(現新生銀行)の事例は、不適切な融資判断が経営破綻を招いた典型例です。バブル期に行った過剰な不動産融資が、バブル崩壊後に多額の不良債権となり、最終的に経営破綻に至りました。

この事例から学べる点は以下の通りです:

  • リスク管理の重要性
  • 短期的利益と長期的安定性のバランス
  • 経営判断の透明性と説明責任

経営判断の誤りは、企業の存続そのものを脅かす可能性があります。適切なガバナンス体制の構築と、多角的な視点からの意思決定プロセスの確立が重要です。

経営破綻を防ぐための予防策

経営破綻は、適切な予防策を講じることで回避できる可能性があります。ここでは、経営破綻を防ぐための具体的な予防策について詳しく見ていきましょう。

資金繰りの管理

資金繰りの管理は、企業の経営安定に不可欠です。現金フローを適切に管理し、予測を立てることで、突発的な資金不足を防ぐことができます。

効果的な資金繰り管理のポイントは以下の通りです:

  1. キャッシュフロー計画の策定
  2. 売掛金回収の迅速化
  3. 支払いサイトの延長交渉
  4. 在庫の適正化
  5. 固定費の見直し

特に、売掛金の回収と買掛金の支払いのバランスを取ることが重要です。売掛金の回収が遅れると、資金繰りが悪化し、最悪の場合、経営破綻につながる可能性があります。

経営計画の見直し

定期的に経営計画を見直し、市場環境の変化に対応することが重要です。適切な戦略を立てることで、リスクを最小限に抑えることができます。

経営計画見直しのポイントは以下の通りです:

  1. 市場動向の分析
  2. 競合他社の動向把握
  3. 自社の強みと弱みの再評価
  4. 中長期的な目標の設定
  5. 具体的なアクションプランの策定

経営判断の誤りは、企業の存続そのものを脅かす可能性があります。適切なガバナンス体制の構築と、多角的な視点からの意思決定プロセスの確立が重要です。

経営破綻を防ぐための予防策

経営破綻は、適切な予防策を講じることで回避できる可能性があります。ここでは、経営破綻を防ぐための具体的な予防策について詳しく見ていきましょう。

資金繰りの管理

資金繰りの管理は、企業の経営安定に不可欠です。現金フローを適切に管理し、予測を立てることで、突発的な資金不足を防ぐことができます。

効果的な資金繰り管理のポイントは以下の通りです:

  1. キャッシュフロー計画の策定
  2. 売掛金回収の迅速化
  3. 支払いサイトの延長交渉
  4. 在庫の適正化
  5. 固定費の見直し

特に、売掛金の回収と買掛金の支払いのバランスを取ることが重要です。売掛金の回収が遅れると、資金繰りが悪化し、最悪の場合、経営破綻につながる可能性があります。

経営計画の見直し

定期的に経営計画を見直し、市場環境の変化に対応することが重要です。適切な戦略を立てることで、リスクを最小限に抑えることができます。

経営計画見直しのポイントは以下の通りです:

  1. 市場動向の分析
  2. 競合他社の動向把握
  3. 自社の強みと弱みの再評価
  4. 中長期的な目標の設定
  5. 具体的なアクションプランの策定

経営計画の見直しは、単なる数字合わせではなく、企業の存続と成長のための重要な戦略立案プロセスです。外部環境の変化に柔軟に対応できる体制を整えることが、経営破綻を防ぐ上で重要となります。

ダム式経営の実践

ダム式経営とは、収益の一部を内部留保しておく経営手法です。これにより、非常時に備えることができます。

ダム式経営のメリットは以下の通りです:

  • 景気変動に対する耐性の向上
  • 突発的な支出への対応力
  • 新規投資のための資金確保
  • 金融機関からの信用力向上

ただし、過度な内部留保は株主還元や成長投資を阻害する可能性があるため、適切なバランスを取ることが重要です。

リスク管理体制の構築

企業を取り巻くリスクは多様化・複雑化しています。適切なリスク管理体制を構築することで、経営破綻につながる可能性のあるリスクを事前に特定し、対策を講じることができます。

効果的なリスク管理体制構築のポイントは以下の通りです:

  1. リスクの洗い出しと評価
  2. リスク対応策の策定
  3. モニタリング体制の整備
  4. 定期的な見直しと改善
  5. リスク管理文化の醸成

特に、サイバーセキュリティリスクや法令遵守リスクなど、近年注目されているリスクについては、専門家の助言を得ながら対策を講じることが重要です。

人材育成と組織強化

企業の競争力の源泉は人材です。継続的な人材育成と組織強化は、経営破綻を防ぐ上で重要な要素となります。

人事の評価はどう変わる?人材育成と人材紹介の違いを徹底解説を参考に、効果的な人材育成戦略を立てることができます。

人材育成と組織強化のポイントは以下の通りです:

  1. 継続的な教育・研修プログラムの実施
  2. キャリアパスの明確化
  3. 適材適所の人材配置
  4. オープンなコミュニケーション文化の醸成
  5. ダイバーシティ&インクルージョンの推進

特に、技術革新が急速に進む現代において、従業員のスキルアップは企業の競争力維持に不可欠です。IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチを参考に、効果的な IT 人材育成戦略を立てることができます。

イノベーションの推進

市場環境が急速に変化する中、既存のビジネスモデルに固執することは経営破綻のリスクを高めます。継続的なイノベーションを推進することで、新たな収益源を創出し、企業の持続可能性を高めることができます。

イノベーション推進のポイントは以下の通りです:

  1. 研究開発投資の継続
  2. オープンイノベーションの活用
  3. 失敗を許容する企業文化の醸成
  4. 多様な視点の取り入れ
  5. 顧客ニーズの深掘り

特に、スタートアップとの協業やM&Aなど、外部リソースを活用したイノベーション戦略も効果的です。スタートアップのステージごとの成長戦略を参考に、自社に適したイノベーション戦略を立てることができます。

まとめ

経営破綻は多くの企業にとって重大なリスクですが、適切な予防策を講じることで回避可能です。経営破綻の原因を理解し、早期に対策を立てることが重要です。資金繰りの管理、経営計画の見直し、リスク管理体制の構築、人材育成、イノベーションの推進など、多角的なアプローチが求められます。

企業を取り巻く環境は常に変化しており、一度立てた対策も定期的に見直す必要があります。経営者は常にアンテナを高く保ち、市場の変化に敏感に反応する必要があります。また、従業員一人ひとりが経営破綻のリスクを認識し、日々の業務の中で改善点を見出していくことも重要です。

経営破綻を防ぐことは、単に企業の存続だけでなく、従業員の生活や地域経済の安定にもつながります。長期的な視点で企業経営を行い、持続可能な成長を実現することが、現代の経営者に求められる重要な役割と言えるでしょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする