経営計画の立て方は?スタートアップ5か年計画のポイントと良品計画の中途採用戦略

Offers HR Magazine編集部 2024年6月26日

Offers HR Magazine編集部

目次

経営計画は企業の成功と持続可能な成長を実現するための重要な基盤です。特にスタートアップ企業にとっては、適切な経営計画の策定が成功への鍵となります。本記事では、経営計画の基本から、スタートアップの5か年計画、そして採用戦略まで、幅広く解説していきます。また、良品計画(無印良品)の中途採用戦略についても詳しく見ていきます。

経営計画とは何か

経営計画の基本定義

経営計画とは、企業が将来の目標を達成するために策定する具体的な行動指針です。これには短期的な目標から長期的なビジョンまで含まれ、企業の全体的な方向性を示すものとなります。

経営計画は、企業の現状分析から始まり、目標設定、戦略立案、実行計画の策定、そして評価と修正のプロセスを含みます。

経営計画の重要性

経営計画は企業の羅針盤として機能し、以下のような重要な役割を果たします:

  1. 明確な目標設定:組織全体で共有できる具体的な目標を提供します。
  2. リソースの効率的な配分:限られた経営資源を最適に配分することができます。
  3. リスク管理の向上:将来的なリスクを予測し、対策を講じることができます。
  4. ステークホルダーとのコミュニケーション強化:投資家や従業員との共通認識を形成します。
  5. 業績評価の基準提供:計画に対する実績を評価する基準となります。

経営戦略とは?成功する企業の羅針盤では、経営計画の重要性と共に、成功する企業の特徴について詳しく解説されています。この記事を参考にすることで、効果的な経営計画の立て方についての理解を深めることができます。

経営計画の種類

経営計画には主に以下の種類があります:

  1. 長期計画(3〜5年以上):企業の長期的なビジョンと方向性を示します。
  2. 中期計画(1〜3年):長期計画を実現するための具体的な戦略を示します。
  3. 短期計画(1年以内):日々の業務レベルでの具体的な行動計画を示します。
  4. 事業計画:新規事業や既存事業の拡大などの具体的な計画を示します。
  5. 財務計画:収支予測や資金調達計画などを示します。
  6. マーケティング計画:市場戦略や販売促進計画などを示します。
  7. 人事計画:採用、育成、配置などの人材に関する計画を示します。

これらの計画は互いに関連し合い、全体として一貫性のある経営計画を形成します。

経営計画の策定プロセス

現状分析

経営計画の策定は現状分析から始まります。SWOT分析やPEST分析などのツールを用いて、自社の強み、弱み、機会、脅威を明確にします。この段階では、以下の点に注目します:

  1. 市場環境:競合状況、市場規模、成長率など
  2. 自社の経営資源:人材、技術、資金、ブランド力など
  3. 顧客ニーズ:顧客の要望、不満点、潜在的なニーズなど
  4. 業界トレンド:技術革新、規制変更、社会的変化など

目標設定

現状分析を踏まえて、具体的かつ測定可能な目標を設定します。この際、OKR目標設定の基礎から運用方法まで:フレームワーク、成功事例、テンプレートを活用した戦略的マネジメントガイドで解説されているOKR(Objectives and Key Results)の手法を活用すると効果的です。OKRは以下の特徴を持ちます:

  1. 野心的な目標設定:達成が困難と思えるほどの高い目標を設定します。
  2. 具体的で測定可能:Key Resultsは数値化できる具体的な指標を用います。
  3. 透明性:組織全体で目標を共有し、進捗を可視化します。
  4. 短期間でのサイクル:通常、四半期ごとに設定と評価を行います。

戦略立案

目標達成のための戦略を立案します。この段階では、競合分析や市場調査の結果を踏まえ、自社の強みを最大限に活かせる方法を検討します。戦略立案において考慮すべき要素には以下のようなものがあります:

  1. 差別化戦略:競合他社との差別化ポイントを明確にします。
  2. 成長戦略:市場浸透、市場開拓、製品開発、多角化などの戦略を検討します。
  3. コスト戦略:効率化やコスト削減の方法を検討します。
  4. イノベーション戦略:新技術や新サービスの開発方針を定めます。
  5. アライアンス戦略:他社との協業や M&A の可能性を検討します。

アクションプランの策定

戦略を実行に移すための具体的なアクションプランを作成します。誰が、いつまでに、何をするのかを明確にします。アクションプランには以下の要素を含めます:

  1. 具体的なタスク:戦略を実現するための具体的な行動を列挙します。
  2. 担当者と責任者:各タスクの実行担当者と全体の責任者を明確にします。
  3. スケジュール:タスクの開始日、終了日、マイルストーンを設定します。
  4. 必要なリソース:人材、資金、設備などの必要なリソースを明確にします。
  5. KPI(重要業績評価指標):各タスクの成果を測定する指標を設定します。

リソース配分

人材、資金、時間などのリソースを適切に配分します。特に人材に関しては、人事の役割と評価の重要性: 効果的な人材管理と組織パフォーマンス向上のための実践ガイドを参考に、効果的な人材管理を行うことが重要です。リソース配分において考慮すべき点は以下の通りです:

  1. 優先順位付け:最も重要なプロジェクトやタスクに優先的にリソースを配分します。
  2. 柔軟性の確保:予期せぬ事態に対応できるよう、ある程度の余裕を持たせます。
  3. スキルマッチング:人材のスキルと業務内容のマッチングを考慮します。
  4. 投資対効果:各リソース配分の投資対効果を検討します。
  5. 長期的視点:短期的な成果だけでなく、長期的な成長につながるリソース配分を考えます。

モニタリングと評価

定期的に計画の進捗をモニタリングし、必要に応じて計画を修正します。KPI(重要業績評価指標)を設定し、客観的な評価を行うことが重要です。モニタリングと評価のプロセスには以下の要素を含めます:

  1. 定期的なレビュー:月次、四半期、年次などでの進捗確認を行います。
  2. KPIの測定:設定したKPIの達成度を定量的に測定します。
  3. 原因分析:計画と実績の差異が生じた場合、その原因を分析します。
  4. フィードバック:結果を関係者にフィードバックし、改善点を共有します。
  5. 計画の修正:必要に応じて計画を修正し、変化する環境に適応します。

スタートアップの経営計画

スタートアップの特徴と経営計画の違い

スタートアップ企業の経営計画は、既存の大企業とは異なる特徴を持ちます。

  1. 不確実性が高い:市場や技術の変化が激しく、予測が困難です。
  2. 急速な成長を前提としている:短期間での急成長を目指すため、柔軟な計画が必要です。
  3. ピボット(方向転換)の可能性がある:ビジネスモデルの変更を柔軟に行う必要があります。
  4. 資金調達が重要な要素となる:継続的な資金調達を前提とした計画が必要です。

スタートアップとは何か?定義からビジネスモデル、日本の成功例や支援、資金調達、アイデア、エコシステムまで徹底解説では、スタートアップの特徴や成功のポイントについて詳しく解説されています。この記事を参考にすることで、スタートアップ特有の経営計画の立て方についての理解を深めることができます。

スタートアップ 5か年計画の重要性

スタートアップにとって5か年計画は、将来のビジョンを明確にし、投資家や従業員との共通認識を形成する上で非常に重要です。スタートアップ企業の成功を目指すための5か年計画の立て方と実行方法では、具体的な5か年計画の策定方法が紹介されています。5か年計画の重要性は以下の点にあります:

  1. 長期的ビジョンの明確化:短期的な成果だけでなく、長期的な成長の方向性を示します。
  2. 投資家への説明材料:資金調達の際に、企業の成長ストーリーを説明する材料となります。
  3. 従業員のモチベーション向上:会社の将来像を共有することで、従業員のモチベーションを高めます。
  4. 戦略的な意思決定の基準:日々の意思決定の際に、長期的な方向性との整合性を確認できます。
  5. リスク管理:長期的な視点でリスクを予測し、対策を講じることができます。

具体的なスタートアップ 5か年計画の作成方法

  1. ビジョンの明確化:5年後のあるべき姿を描きます。具体的な数値目標(売上高、顧客数、市場シェアなど)と共に、社会的な価値提供の視点も含めます。
  2. マイルストーンの設定:各年度の達成目標を定めます。1年目、3年目、5年目など、節目となる時期の目標を具体的に設定します。
  3. 資金計画の策定:必要な資金と調達方法を計画します。シリーズA、B、Cなどの資金調達ラウンドのタイミングと金額を想定します。
  4. 人材計画の立案:成長に合わせた採用計画を立てます。各フェーズで必要となる人材の種類と人数を明確にし、採用戦略を立案します。
  5. 市場戦略の策定:ターゲット市場と拡大計画を明確にします。初期のニッチ市場から、どのように市場を拡大していくかのロードマップを作成します。
  6. 製品・サービス開発計画:ロードマップを作成します。初期の製品からどのように機能を拡張し、新製品を投入していくかを計画します。
  7. リスク分析:想定されるリスクと対策を検討します。競合の参入、技術の陳腐化、規制の変更などのリスクを洗い出し、対応策を準備します。

成功事例と失敗事例から学ぶ経営計画

スタートアップの成功事例や失敗事例を研究することで、より実効性の高い経営計画を策定することができます。スタートアップとユニコーン企業:成功を目指すための戦略と事例では、成功したスタートアップの戦略が紹介されています。

成功事例から学べる主なポイントは以下の通りです:

  1. 市場ニーズへの的確な対応:顧客の潜在的なニーズを捉え、それに応える製品・サービスを提供しています。
  2. スケーラビリティの確保:急速な成長に対応できるビジネスモデルと組織構造を構築しています。
  3. 迅速な意思決定と実行:市場の変化に素早く対応し、必要に応じてピボットを行っています。
  4. 強力なチームビルディング:共通のビジョンを持ち、高い専門性を持つチームを構築しています。
  5. 効果的な資金調達:成長フェーズに合わせて適切なタイミングと金額で資金調達を行っています。

一方、失敗事例から学べる教訓としては以下のようなものがあります。

  1. 市場ニーズの誤認:顧客が本当に求めているものを正確に把握できず、製品やサービスがマーケットフィットしなかった事例があります。
  2. 資金管理の失敗:急速な拡大を目指すあまり、資金を浪費し、次の資金調達までに資金が枯渇してしまった事例があります。
  3. スケーリングの失敗:急成長に組織が追いつかず、品質管理や顧客サポートが行き届かなくなった事例があります。
  4. 競合への対応遅れ:市場の変化や新たな競合の参入に対して、適切な戦略転換ができなかった事例があります。
  5. 法規制への対応不足:新しい分野でのビジネス展開において、法規制への対応が不十分だったために事業展開が制限された事例があります。

これらの成功事例と失敗事例を踏まえ、自社の状況に合わせた現実的かつ柔軟な経営計画を策定することが重要です。

経営計画と採用戦略

採用戦略の基本

採用戦略は経営計画の重要な一部です。以下の点に注意して策定します:

  1. 必要な人材の明確化:経営計画に基づいて、どのようなスキルや経験を持つ人材が必要かを明確にします。
  2. 採用チャネルの選定:求人サイト、人材紹介会社、SNS、従業員紹介など、効果的な採用チャネルを選択します。
  3. 採用プロセスの設計:書類選考、面接、適性検査などのプロセスを設計し、効率的かつ効果的な採用を実現します。
  4. 人材育成計画の策定:採用後の教育研修プログラムや、キャリアパスを明確にします。
  5. リテンション戦略の立案:優秀な人材の定着を図るための施策を計画します。

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説では、特にIT人材の採用に焦点を当てた戦略が紹介されています。

経営計画に基づく採用計画の立て方

  1. 成長計画に基づく人員計画の策定:経営計画で設定した成長目標に基づいて、必要な人員数を算出します。
  2. 職種別・スキル別の採用ニーズの特定:各部門や職種ごとに、必要なスキルセットを明確にします。
  3. 採用予算の設定:人材獲得にかかるコストを見積もり、適切な予算を設定します。
  4. 採用スケジュールの作成:経営計画のマイルストーンに合わせて、採用のタイミングを計画します。
  5. 採用方法の選択:新卒採用、中途採用、派遣、業務委託など、最適な採用方法を選択します。

良品計画の採用戦略

良品計画(無印良品)は、独自の企業文化と価値観に基づいた採用戦略で知られています。以下に、その特徴をいくつか挙げます:

  1. 企業理念に共感する人材の採用:「必要なもの」「必要な量」という企業理念に共感する人材を重視しています。
  2. 多様性を重視した採用:年齢や性別、国籍などに関わらず、多様な人材を積極的に採用しています。
  3. 店舗スタッフからの社員登用:店舗で働くパート・アルバイトスタッフから正社員への登用を積極的に行っています。
  4. グローバル人材の積極的な採用:海外展開を見据え、語学力や異文化理解力を持つ人材を採用しています。
  5. 中途採用の重視:即戦力となる中途採用者を積極的に採用し、新しい視点や専門性を組織に取り入れています。

良品計画の中途採用プロセス

良品計画の中途採用プロセスは以下のような流れになっています:

  1. エントリー:オンライン応募システムを通じて応募します。
  2. 書類選考:履歴書、職務経歴書の審査を行います。
  3. 適性検査:オンラインでの適性検査を実施します。
  4. 一次面接:人事部門との面接を行います。ここでは主に、企業理念への共感度や価値観のマッチングを確認します。
  5. 二次面接:配属予定部署の管理職との面接を行います。具体的な業務内容やスキルのマッチングを確認します。
  6. 最終面接:役員面接を行います。ここでは、長期的なキャリアビジョンや組織への貢献意欲を確認します。
  7. 内定:最終的な採用判断を行い、内定を通知します。

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法では、中途採用のプロセスや評価基準について詳しく解説されています。

良品計画の採用難易度と面接ポイント

良品計画の採用は比較的難易度が高いとされています。面接では以下のポイントが重視されます:

  1. 企業理念への共感度:「必要なもの」「必要な量」という理念をどれだけ理解し、共感しているかが重要です。
  2. 問題解決能力:シンプルで機能的な製品を生み出すための創造力と問題解決能力が求められます。
  3. チームワーク力:良品計画では、部門を超えた協力が重視されるため、チームワーク力が重要です。
  4. 柔軟性と適応力:急速に変化する市場環境に適応できる柔軟性が求められます。
  5. 過去の実績と成果:特に中途採用では、これまでの経験や実績が重視されます。

大手企業の中途採用は難しいのか?難易度、採用プロセス、面接対策、履歴書の書き方、必要な応募条件について徹底解説では、大手企業の中途採用の特徴や対策について詳しく解説されています。

中途採用における志望動機の重要性

中途採用では、志望動機が特に重要視されます。以下の点を明確に伝えることが求められます:

  1. なぜ良品計画を志望するのか:単なる待遇面での理由だけでなく、企業理念や事業内容への共感を示すことが重要です。
  2. 自身のキャリアプランと良品計画での役割がどう結びつくか:長期的なキャリアビジョンと、良品計画での役割をどのように結びつけているかを説明します。
  3. 良品計画の理念や価値観にどう共感しているか:「必要なもの」「必要な量」という理念に対する理解と共感を具体的に説明します。
  4. 自身のスキルや経験をどのように活かせるか:これまでの経験やスキルを、良品計画でどのように活かし、貢献できるかを具体的に説明します。

中途採用の面接でよく聞かれる質問とその回答例:成功するための質問回答集では、中途採用面接での効果的な回答方法が紹介されています。

経営計画の成功事例

成功事例1: 日本企業の長期経営計画

トヨタ自動車の「トヨタ環境チャレンジ2050」は、長期的な視点で環境問題に取り組む経営計画の好例です。この計画では、2050年までにCO2排出量ゼロを目指すなど、具体的な目標が設定されています。以下の特徴があります:

  1. 長期的なビジョン:30年以上先を見据えた計画を立てています。
  2. 具体的な数値目標:CO2排出量ゼロなど、明確な数値目標を設定しています。
  3. 全社的な取り組み:環境問題を全社的な課題として捉え、組織全体で取り組んでいます。
  4. イノベーションの促進:目標達成のために必要な技術革新を促進しています。
  5. ステークホルダーとの協力:サプライヤーや顧客も含めた幅広い協力体制を構築しています。

成功事例2: グローバル企業の戦略的経営計画

Appleの「サービス事業強化計画」は、ハードウェア依存からの脱却を図る戦略的な経営計画です。Apple Music、Apple TV+などのサービス事業を強化することで、安定的な収益源を確保することに成功しています。この計画の特徴は以下の通りです:

  1. 新たな収益源の創出:ハードウェア販売に依存しない新たな収益モデルを構築しています。
  2. 既存顧客基盤の活用:iPhoneなどの既存製品ユーザーをサービス利用者に転換しています。
  3. エコシステムの強化:ハードウェアとサービスを組み合わせた総合的な価値提供を行っています。
  4. 継続的な収益の確保:サブスクリプションモデルによる安定的な収益を確保しています。
  5. コンテンツ投資:オリジナルコンテンツの制作など、差別化要因を創出しています。

成功事例3: スタートアップ企業の5か年計画

Uberの初期の5か年計画は、急速な拡大と規制への対応を両立させた好例です。都市ごとの展開計画と並行して、規制当局との協力関係構築を計画に組み込んでいました。この計画の特徴は以下の通りです:

  1. 段階的な展開:都市ごとに段階的にサービスを展開し、リスクを分散しています。
  2. 規制対応の計画:各地域の規制に対応するための戦略を事前に立案しています。
  3. 迅速な市場参入:最小限の機能でのサービス開始と、順次機能追加を行う戦略を採用しています。
  4. ネットワーク効果の活用:ドライバーと乗客の双方を増やすことで、サービスの価値を向上させています。
  5. データ活用:利用データを分析し、サービス改善や新サービス開発に活用しています。

これらの成功事例から、長期的なビジョン、具体的な数値目標、柔軟な戦略転換、イノベーションの促進、ステークホルダーとの協力など、効果的な経営計画の要素を学ぶことができます。

経営計画の失敗事例

失敗事例1: 計画の過信と現状分析不足

Kodakのデジタルカメラ対応の遅れは、現状分析の不足と既存ビジネスモデルへの過信が原因でした。デジタル技術の台頭を適切に評価できず、結果的に市場シェアを大きく失いました。この事例から学べる教訓は以下の通りです:

  1. 市場トレンドの的確な把握:新技術や市場の変化を常に監視し、適切に評価することが重要です。
  2. 既存ビジネスモデルの再評価:成功している現在のビジネスモデルでも、常に見直しが必要です。
  3. イノベーションへの投資:新技術への投資を怠らず、自社の強みを活かした新事業開発が重要です。
  4. 組織の柔軟性:急速な市場変化に対応できる柔軟な組織構造が必要です。

失敗事例2: リソース不足による計画の頓挫

某ベンチャー企業の急速な海外展開計画は、人材と資金のリソース不足により頓挫しました。拡大のスピードに組織の成長が追いつかず、結果的に撤退を余儀なくされました。この事例から学べる点は以下の通りです:

  1. 現実的な成長計画:リソースの制約を考慮した実現可能な計画を立てることが重要です。
  2. 段階的な展開:一気に拡大するのではなく、段階的に展開し、リスクを分散させることが有効です。
  3. 人材育成の重要性:急成長に対応できる人材の育成と確保が不可欠です。
  4. 資金計画の重要性:成長に必要な資金を適切に見積もり、計画的に調達することが重要です。

はい、失敗事例3のモニタリングと評価の怠慢について、続けて解説いたします。

失敗事例3: モニタリングと評価の怠慢

ある小売チェーンの店舗拡大計画は、適切なモニタリングと評価が行われなかったために失敗しました。各店舗の収益性を適切に評価せずに拡大を続けた結果、経営難に陥りました。この事例から学べる教訓は以下の通りです:

  1. 定期的な進捗確認:計画の進捗を定期的に確認し、問題点を早期に発見することが重要です。
  2. KPIの設定と測定:適切なKPI(重要業績評価指標)を設定し、定期的に測定・評価することが必要です。
  3. データに基づく意思決定:感覚や直感ではなく、客観的なデータに基づいて意思決定を行うことが重要です。
  4. 柔軟な計画修正:環境の変化や進捗状況に応じて、計画を柔軟に修正する姿勢が必要です。
  5. 責任の所在の明確化:各施策の責任者を明確にし、結果に対する説明責任を持たせることが重要です。

これらの失敗事例から、経営計画の策定だけでなく、実行段階での適切なモニタリングと評価、そして柔軟な対応の重要性が浮き彫りになります。

まとめ

経営計画は企業の成功に不可欠な要素です。特にスタートアップ企業にとっては、5か年計画を含む中長期的な視点での計画策定が重要です。また、採用戦略は経営計画の重要な一部であり、良品計画のような成功企業の事例から学ぶことも有効です。

経営計画の策定にあたっては、以下の点に注意が必要です:

  1. 現状分析を徹底する:市場環境、自社の強み弱み、競合状況などを綿密に分析します。
  2. 具体的な目標設定を行う:OKR目標設定の基礎から運用方法まで:フレームワーク、成功事例、テンプレートを活用した戦略的マネジメントガイドで紹介されているOKRなどを活用し、明確で測定可能な目標を設定します。
  3. 実行可能なアクションプランを作成する:具体的なタスク、担当者、期限を明確にしたアクションプランを策定します。
  4. 適切なリソース配分を行う:人材、資金、時間などのリソースを適切に配分します。特に人材に関しては、人事の役割と評価の重要性: 効果的な人材管理と組織パフォーマンス向上のための実践ガイドを参考に、効果的な人材管理を行うことが重要です。
  5. 定期的なモニタリングと評価を実施する:計画の進捗を定期的に確認し、必要に応じて計画を修正します。

採用戦略に関しては、以下の点に注意が必要です:

  1. 経営計画と連動した採用計画を立てる:成長計画に基づいた人材ニーズを明確にします。
  2. 多様な採用チャネルを活用する:人材マッチングプラットフォームとサービスの選び方と最適なシステム導入方法についてを参考に、効果的な採用チャネルを選択します。
  3. 採用プロセスを最適化する:採用管理システムの導入ガイド:比較、価格、機能、口コミ、運用、おすすめ、選び方、効果、導入事例まで完全解説を参考に、効率的な採用プロセスを構築します。
  4. 企業文化とのマッチングを重視する:良品計画の事例のように、企業理念や価値観への共感を重視した採用を行います。
  5. 人材育成計画を策定する:IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチを参考に、採用後の育成計画も併せて策定します。

経営環境の変化が激しい現代においては、計画の柔軟な見直しと修正も重要です。スタートアップのステージごとの成長戦略で解説されているように、企業の成長段階に応じて戦略を適応させていくことが、長期的な成功につながります。

最後に、経営計画と採用戦略は密接に関連しており、両者を一体的に考えることが重要です。優秀な人材の確保と育成は、企業の持続的な成長と競争力の維持につながる重要な投資です。経営者や人事担当者の皆様は、これらの知識やテクニックを参考に、自社の経営計画と採用戦略を見直し、改善していくことをお勧めします。

HRTechの全貌:カオスマップ、企業一覧、クラウド市場の実態と展望、リクルート、サービス、料金、口コミまで徹底解説で紹介されているような最新のHRテクノロジーも積極的に活用し、効果的な採用と人材管理を実現することで、企業の持続的な成長と競争力の強化につなげていくことが可能となります。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする