企業戦略とは何か?事例と手法を徹底解説

Offers HR Magazine編集部 2024年7月1日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

企業戦略は、ビジネスの成功を左右する重要な要素です。適切な戦略を立てることで、企業は競争力を高め、持続的な成長を実現できます。本記事では、企業戦略の本質や効果的な立案方法について、具体的な事例を交えながら詳しく解説していきます。

経営戦略とは?

経営戦略は、企業が長期的な目標を達成するために立てる包括的な計画です。市場環境の分析や自社の強みを活かしながら、競争優位性を築くための道筋を示すものです。適切な経営戦略を立てることは、企業の成長と存続に不可欠な要素となっています。

経営戦略の定義

経営戦略とは、企業が目指す将来像を実現するために、経営資源を効果的に配分し、競争優位性を構築するための長期的な計画のことを指します。経営戦略とは?成功する企業の羅針盤によると、経営戦略は以下の要素を含むとされています:

  1. ビジョンと目標の設定
  2. 市場環境の分析
  3. 自社の強みと弱みの把握
  4. 競合他社との差別化
  5. 経営資源の最適配分

これらの要素を統合し、一貫性のある戦略を策定することが重要です。

経営戦略の重要性

経営戦略は、企業の方向性を定め、日々の意思決定の指針となるため、その重要性は非常に高いと言えます。適切な経営戦略を持つことで、以下のようなメリットが生まれます:

  • 経営資源の効率的な活用
  • 市場での競争優位性の確立
  • リスクの軽減と機会の最大化
  • 従業員のモチベーション向上
  • 投資家や顧客からの信頼獲得

経営戦略は企業の羅針盤であり、成功への道筋を示す重要なツールなのです。

経営戦略の種類

経営戦略は、その目的や対象範囲によって複数の種類に分類されます。それぞれの戦略は、企業の異なる側面や階層に焦点を当てており、総合的に機能することで企業全体の成功を導きます。

全社戦略

全社戦略は、企業全体の方向性を決定する最上位の戦略です。この戦略では、以下のような要素を考慮します:

  • 事業ドメインの定義
  • 新規事業への参入や既存事業からの撤退
  • M&A(合併・買収)の検討
  • 経営資源の全社的な配分

例えば、ソニーグループが家電事業からエンターテインメント事業へと軸足を移したのは、全社戦略の結果と言えるでしょう。

事業戦略

事業戦略は、個別の事業部門や製品ラインにおける競争優位性を構築するための戦略です。主に以下の点に焦点を当てます:

  • 市場でのポジショニング
  • 競合他社との差別化
  • 顧客ニーズへの対応
  • コスト競争力の向上

例えば、アップルのiPhoneは、高品質なハードウェアと使いやすいソフトウェアの組み合わせによる差別化戦略を採用しています。

機能別戦略

機能別戦略は、企業の各機能部門(マーケティング、人事、財務など)における戦略を指します。これらの戦略は、全社戦略や事業戦略を支援し、実現するための具体的な施策を含みます。

  • マーケティング戦略:ブランド構築、販売促進、価格設定など
  • 人事戦略:人材採用、育成、評価システムなど
  • 財務戦略:資金調達、投資計画、リスク管理など

HRBPとは何か?人事HRとの違いや役割を徹底解説では、人事戦略の重要性と、HRBPの役割について詳しく解説されています。

競合企業に対する戦略

競合企業に対する戦略は、市場での競争優位性を確立するための戦略です。主に以下のアプローチがあります:

  1. コストリーダーシップ戦略:最も低コストの生産者になることを目指す
  2. 差別化戦略:独自の価値を提供し、プレミアム価格を設定する
  3. 集中戦略:特定の市場セグメントに特化してニーズに応える

例えば、ウォルマートはコストリーダーシップ戦略を採用し、大規模な購買力と効率的な物流システムを活かして低価格を実現しています。

ビジネス環境の変化に対応するための戦略

ビジネス環境は常に変化しており、企業はその変化に適応する必要があります。以下のような戦略が考えられます:

  • デジタルトランスフォーメーション(DX)戦略
  • サステナビリティ戦略
  • グローバル展開戦略
  • イノベーション戦略

スタートアップのステージごとの成長戦略では、急速に変化する環境下での戦略立案について、スタートアップ企業の視点から解説されています。

経営戦略のステップ

効果的な経営戦略を立案するには、系統的なアプローチが必要です。以下に、経営戦略を策定するための主要なステップを紹介します。

経営理念・ビジョンの策定

経営戦略の出発点は、企業の存在意義や目指す姿を明確にすることです。経営理念はどのように作成するのが効果的?定義、活用方法、組織づくり事例によると、経営理念は以下の要素を含むべきとされています:

  • 企業の存在意義(パーパス)
  • 大切にする価値観(バリュー)
  • 目指す未来像(ビジョン)

経営理念やビジョンは、戦略立案の指針となるだけでなく、従業員のモチベーション向上や企業文化の形成にも重要な役割を果たします。

外部環境分析

外部環境分析は、企業を取り巻く市場環境や社会情勢を理解するためのステップです。主に以下の要素を分析します:

  1. 市場動向:市場規模、成長率、顧客ニーズの変化など
  2. 競合分析:主要競合の戦略、強み・弱みなど
  3. マクロ環境:政治、経済、社会、技術的要因(PEST分析)

例えば、EV(電気自動車)市場への参入を検討する自動車メーカーは、電池技術の進歩や環境規制の動向、競合他社の戦略などを綿密に分析する必要があります。

内部環境分析

内部環境分析は、自社の強みと弱みを客観的に評価するステップです。以下の点を中心に分析を行います:

  • 経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)の状況
  • コア・コンピタンス(他社に真似されにくい独自の強み)
  • 財務状況
  • 組織文化

マネジメント経営を成功させるために。組織、事業、戦略の実践方法では、内部環境分析の重要性と実践方法について詳しく解説されています。

戦略オプションの立案

外部環境分析と内部環境分析の結果を踏まえ、複数の戦略オプションを立案します。この段階では、以下のような点を考慮しながら、創造的なアイデアを生み出すことが重要です:

  • 市場機会の特定と活用方法
  • 自社の強みを最大限に活かす方法
  • 弱みを補完または克服する方法
  • リスクの軽減策

例えば、eコマース市場に参入を検討している企業は、自社の物流ネットワークを活かした当日配送サービスや、AIを活用したパーソナライズド推奨システムの導入など、複数の戦略オプションを検討するでしょう。

戦略の選択と実行

立案した戦略オプションの中から、最も効果的かつ実現可能性の高い戦略を選択します。選択の際は、以下の基準を考慮します:

  1. 経営理念・ビジョンとの整合性
  2. 期待される効果(ROI、市場シェア拡大など)
  3. 実現可能性(必要な資源、リスクなど)
  4. 競合他社の動向

戦略を選択したら、具体的な実行計画を立てます。この計画には、以下の要素を含めます:

  • 数値目標(KPI)の設定
  • 必要な資源の配分
  • 実行スケジュール
  • 責任者の明確化

経営計画の立て方は?スタートアップ5か年計画のポイントと良品計画の中途採用戦略では、具体的な計画立案のポイントが解説されています。

戦略のモニタリングと修正

戦略の実行後は、定期的にその進捗と効果をモニタリングし、必要に応じて修正を加えます。このプロセスには以下の要素が含まれます:

  1. KPIの測定と分析
  2. 市場環境の変化の把握
  3. 戦略の有効性の評価
  4. 修正案の検討と実施

戦略のモニタリングと修正は、PDCAサイクルの「Check」と「Act」に相当し、継続的な改善を可能にする重要なステップです。

成功する経営戦略の要素

成功する経営戦略には、いくつかの共通する要素があります。これらの要素を意識しながら戦略を立案・実行することで、より高い成果を期待できます。

コア・コンピタンスの明確化

コア・コンピタンスとは、企業の競争優位性の源泉となる独自の強みのことです。成功する企業戦略は、このコア・コンピタンスを明確に認識し、それを最大限に活用することで構築されます。

コア・コンピタンスの特徴:

  • 顧客に明確な価値を提供する
  • 競合他社が簡単に模倣できない
  • 複数の市場や製品に応用可能

例えば、アップルのコア・コンピタンスは、優れたデザインと使いやすいユーザーインターフェース、そしてハードウェアとソフトウェアの統合力にあると言えるでしょう。

イノベーションの推進

急速に変化する現代のビジネス環境において、イノベーションは企業の生存と成長に不可欠です。成功する経営戦略は、継続的なイノベーションを促進する仕組みを組み込んでいます。

イノベーション推進のポイント:

  1. 創造的な企業文化の醸成
  2. 研究開発への積極的な投資
  3. オープンイノベーションの活用
  4. 失敗を恐れない挑戦的な姿勢

スタートアップとは何か?定義からビジネスモデル、日本の成功例や支援、資金調達、アイデア、エコシステムまで徹底解説では、イノベーションを中心に据えたスタートアップ企業の戦略について詳しく解説されています。

人材戦略の重要性

優秀な人材の確保と育成は、企業戦略の成功に不可欠な要素です。人材は企業の最も重要な資産の一つであり、適切な人材戦略なくして、他の戦略の効果的な実行は困難です。

人材戦略のポイント:

  1. 戦略的な採用計画の立案
  2. 継続的な人材育成プログラムの実施
  3. 公平で透明性の高い評価システムの構築
  4. 従業員エンゲージメントの向上

人事の評価はどう変わる?人材育成と人材紹介の違いを徹底解説では、効果的な人材評価と育成の方法について詳しく解説されています。

戦略的なIT投資

デジタル化が進む現代のビジネス環境において、ITは単なる業務効率化のツールではなく、競争優位性を生み出す戦略的な資産となっています。成功する企業戦略は、ITを効果的に活用し、ビジネスモデルの革新や顧客体験の向上を実現しています。

戦略的IT投資のポイント:

  • ビジネス戦略とIT戦略の整合性確保
  • デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進
  • データ分析能力の強化
  • サイバーセキュリティの強化

例えば、アマゾンは高度なデータ分析と機械学習技術を活用し、顧客の購買行動を予測して在庫管理を最適化するなど、ITを競争優位性の源泉としています。

競争優位を築くためのフレームワーク

経営戦略を立案する際には、様々な分析フレームワークを活用することで、より体系的かつ効果的な戦略を策定することができます。ここでは、代表的な4つのフレームワークについて解説します。

SWOT分析

SWOT分析は、企業の内部環境(強み・弱み)と外部環境(機会・脅威)を分析するためのフレームワークです。

  • Strengths(強み):企業が持つ競争優位性
  • Weaknesses(弱み):改善が必要な内部要因
  • Opportunities(機会):外部環境の好機
  • Threats(脅威):外部環境のリスク要因

SWOT分析の手順:

  1. 各要素を洗い出し、マトリックス表に整理する
  2. 強みを活かし、機会を捉える戦略を考える
  3. 弱みを克服し、脅威を回避する方法を検討する

SWOT分析は、企業の現状を俯瞰的に把握し、戦略の方向性を定める上で非常に有効なツールです。

ファイブフォース分析

マイケル・ポーターが提唱したファイブフォース分析は、業界の競争環境を5つの要因から分析するフレームワークです。

  1. 既存競合との競争
  2. 新規参入の脅威
  3. 代替品・サービスの脅威
  4. 買い手(顧客)の交渉力
  5. 売り手(供給業者)の交渉力

これらの要因を分析することで、業界の魅力度や自社のポジショニングを評価し、適切な戦略を立案することができます。

例えば、スマートフォン市場では、既存競合との激しい競争や、新興メーカーの参入、ウェアラブルデバイスなどの代替品の台頭など、5つの力が複雑に絡み合っています。

PEST分析

PEST分析は、マクロ環境を4つの視点から分析するフレームワークです。

  • Political(政治的要因):規制、税制、政策など
  • Economic(経済的要因):景気動向、為替、金利など
  • Social(社会的要因):人口動態、価値観の変化など
  • Technological(技術的要因):技術革新、特許、R&D投資など

PEST分析を活用することで、企業を取り巻く外部環境の変化を包括的に把握し、中長期的な戦略立案に活かすことができます。

経済産業省の調査によると、2030年には最大約79万人のIT人材が不足すると予測されています。この予測は、PEST分析における技術的要因と社会的要因の一例と言えるでしょう。

VRIO分析

VRIO分析は、企業の経営資源や能力が持続的な競争優位性をもたらすかどうかを評価するフレームワークです。

  • Value(価値):顧客に価値を提供できるか
  • Rarity(希少性):競合他社が保有していないか
  • Imitability(模倣困難性):簡単に真似されないか
  • Organization(組織):その資源を活用する組織能力があるか

これら4つの要素を満たす経営資源や能力は、持続的な競争優位性の源泉となります。

例えば、テスラの電気自動車技術は、高い価値と希少性を持ち、特許によって保護されており(模倣困難性)、さらにそれを活用する組織能力も備えているため、VRIOの条件を満たしていると言えるでしょう。

成功企業の事例

ここでは、効果的な企業戦略を実践し、成功を収めている日本企業の事例を紹介します。これらの事例から、実際のビジネス現場での戦略の立案と実行について学ぶことができます。

ファーストリテイリング(ユニクロ)の戦略

ファーストリテイリングは、ユニクロブランドを中心に急速な成長を遂げ、世界的なアパレル企業へと発展しました。同社の成功の鍵となった戦略には以下のようなものがあります:

  1. SPA(製造小売業)モデルの採用
    • 企画から製造、販売までを一貫して行うことで、コスト削減と品質管理を実現
  2. 機能性素材の開発と商品化
    • ヒートテックやエアリズムなど、独自の機能性素材を開発し、差別化を図る
  3. グローバル展開
    • 日本市場の飽和を見越し、積極的な海外展開を推進
  4. デジタル戦略の強化
    • Eコマースの拡大やAIを活用した需要予測など、デジタル技術を積極的に導入

ファーストリテイリングの戦略は、コストリーダーシップと差別化の両立を目指したものと言えます。経営共創基盤の採用方針と組織づくり:革新的なコンサルティングファームの人材戦略では、ファーストリテイリングのような成功企業の組織戦略について詳しく解説されています。

ニトリホールディングスの戦略

ニトリホールディングスは、「住まいの豊かさを世界の人々に提供する」というビジョンのもと、独自のビジネスモデルを構築し、家具・インテリア業界でトップの座を築いています。同社の主な戦略は以下の通りです:

  1. バーティカルマーチャンダイジング
    • 製造から物流、販売までを一貫して行うことで、コスト削減と品質管理を実現
  2. 製造拠点の最適化
    • ベトナムなどの海外に製造拠点を設け、コスト競争力を強化
  3. 物流システムの効率化
    • 自社物流センターの整備や配送ルートの最適化により、効率的な物流体制を構築
  4. 品揃えの拡大
    • 家具からホームファッション、日用品まで、幅広い商品ラインナップを展開
  5. 店舗フォーマットの多様化
    • 大型店から都市型小型店まで、立地に応じた店舗展開を行う

ニトリの戦略は、垂直統合型のビジネスモデルを基盤に、効率性と顧客価値の両立を図ったものと言えます。

これらの成功企業の事例から、以下のような共通点を見出すことができます:

  • 明確なビジョンと一貫した戦略
  • バリューチェーン全体の最適化
  • 独自の強みを活かした差別化
  • 市場環境の変化への柔軟な対応
  • デジタル技術の積極的な活用

成功企業の戦略を参考にしつつ、自社の状況に合わせた独自の戦略を立案・実行することが、持続的な成長への道筋となります。

経営戦略の評価と改善

経営戦略は、策定して実行するだけでなく、定期的に評価し、必要に応じて改善していくことが重要です。ここでは、経営戦略の評価と改善のためのポイントを解説します。

KPIの設定

KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)は、戦略の進捗や成果を測定するための指標です。適切なKPIを設定することで、戦略の有効性を客観的に評価することができます。

効果的なKPI設定のポイント:

  1. 戦略目標との整合性
  2. 測定可能性
  3. アクション可能性
  4. タイムリーな測定

例えば、顧客満足度向上を目指す戦略であれば、NPS(Net Promoter Score)やCSAT(Customer Satisfaction Score)などのKPIが考えられます。

採用KPIに関してのテンプレートはこちらでは、採用戦略におけるKPI設定のテンプレートが提供されています。

PDCAサイクルの活用

PDCAサイクルは、計画(Plan)、実行(Do)、評価(Check)、改善(Act)のサイクルを回すことで、継続的な改善を図るフレームワークです。経営戦略の評価と改善にも、このPDCAサイクルを活用することが効果的です。

PDCAサイクルの各ステップ:

  1. Plan:戦略の立案とKPIの設定
  2. Do:戦略の実行
  3. Check:KPIの測定と分析
  4. Act:分析結果に基づく戦略の修正

PDCAサイクルを効果的に回すためには、サイクルの頻度(四半期ごと、半年ごとなど)を適切に設定し、組織全体で取り組む体制を整えることが重要です。

定期的な戦略レビュー

経営戦略の有効性を確保するためには、定期的な戦略レビューが欠かせません。戦略レビューでは、以下の点を中心に評価と議論を行います:

  1. KPIの達成状況
  2. 外部環境の変化(市場動向、競合の動き、技術革新など)
  3. 内部環境の変化(組織能力、リソースの状況など)
  4. 戦略の前提条件の妥当性
  5. 新たな機会やリスクの特定

戦略レビューの結果、必要に応じて戦略の修正や新たな施策の追加を行います。経営管理の基本。重要な役割と、効果的な採用戦略では、戦略レビューを含む経営管理の基本的なアプローチについて詳しく解説されています。

経営戦略の評価と改善は、企業の持続的な成長と競争力維持のために不可欠なプロセスです。市場環境の変化が激しい現代のビジネス環境においては、特にこの点に注力することが求められます。

まとめ

企業戦略は、企業の成長と生存に不可欠な要素です。本記事では、企業戦略の定義から立案のステップ、成功のための要素、そして評価と改善のプロセスまで、包括的に解説してきました。効果的な企業戦略を立案し実行することで、企業は競争優位性を築き、持続的な成長を実現することができます。

エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」では、優秀な人材の採用を通じて、企業の戦略実行を支援しています。戦略の成功には、適切な人材の確保が不可欠です。貴社の成長戦略に沿った人材採用にお悩みの際は、ぜひOffersをご活用ください。

経営戦略は企業の未来を左右する重要な要素です。本記事の内容を参考に、貴社の状況に合わせた効果的な戦略を立案・実行し、持続的な成長を実現されることを願っています。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする