フェムテック企業の注目スタートアップと転職の注意点

Offers HR Magazine編集部 2024年7月7日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。

今回は、急速に注目を集めている「フェムテック企業」について、最新の動向や注目のスタートアップ、そして転職する際の注意点までを詳しく解説します。フェムテック市場の拡大に伴い、この分野での転職やキャリアチェンジを考える方も増えているようです。

フェムテック企業とは何か?

フェムテック企業は、女性の健康や生活の質を向上させるためのテクノロジーを開発・提供する企業のことを指します。「フェムテック」という言葉自体は比較的新しく、Female(女性)とTechnology(技術)を組み合わせた造語です。これらの企業は、従来タブー視されがちだった女性特有の健康課題に革新的なソリューションを提供しています。

フェムテックの定義とその背景

フェムテックは、月経管理アプリから不妊治療支援、更年期症状のケアまで、幅広い分野をカバーしています。この概念が生まれた背景には、以下のような要因があります:

  1. 女性の社会進出の加速
  2. テクノロジーの進歩と普及
  3. 健康意識の高まり
  4. ダイバーシティ&インクルージョンの重要性の認識

フェムテック企業は、これらの社会的ニーズに応える形で急速に成長してきました。例えば、ある調査によると、2024年のグローバルフェムテック市場規模は約500億ドルに達すると予測されています。

フェムテックが注目される理由

フェムテック企業が注目を集める理由は多岐にわたります:

  • 未開拓市場の大きさ:女性の健康に特化したサービスは、長年見過ごされてきた巨大な市場です。
  • 社会的インパクト:女性の健康改善は、社会全体の生産性向上にもつながります。
  • 投資の増加:VC(ベンチャーキャピタル)や大手企業からの投資が急増しています。
  • 技術革新:AIやIoTなどの最新技術を活用した革新的なソリューションが次々と登場しています。

スタートアップとは何か?定義からビジネスモデル、日本の成功例や支援、資金調達、アイデア、エコシステムまで徹底解説でも触れられているように、フェムテック分野は多くのスタートアップが参入し、急速に成長している市場の一つです。

フェムテック企業の種類

フェムテック企業は、提供するサービスや製品によって様々な種類に分類できます。ここでは、主にスタートアップ企業と大手企業の特徴について見ていきましょう。

スタートアップ企業の特徴と事例

フェムテック分野のスタートアップ企業には、以下のような特徴があります:

  1. 特定の課題に特化したソリューション提供
  2. 機動力の高さと革新的なアプローチ
  3. ユーザーとの密接なコミュニケーション
  4. 先端技術の積極的な活用

例えば、日本のスタートアップ「Fermata」は、生理用品のサブスクリプションサービスを展開し、大きな注目を集めています。このサービスは、ユーザーの生理周期に合わせて必要な製品を自動で届けるという、従来にない便利さを提供しています。

また、アメリカのスタートアップ「Ava」は、排卵日を予測するウェアラブルデバイスを開発しました。このデバイスは、体温や心拍数などのバイオマーカーを測定し、AIで分析することで高精度の予測を可能にしています。

大手企業が参入する理由とメリット

一方、大手企業のフェムテック市場への参入も増えています。その理由とメリットには以下のようなものがあります:

  1. 新たな成長市場の開拓
  2. 既存事業とのシナジー効果
  3. 社会貢献とブランドイメージの向上
  4. 豊富なリソースを活かした研究開発

例えば、ジョンソン・エンド・ジョンソンは、女性の健康に特化したデジタルヘルスプラットフォーム「Health Partner」を立ち上げました。このプラットフォームは、妊娠から出産、育児までをサポートする包括的なサービスを提供しています。

また、富士通は、AIを活用した不妊治療支援システムを開発しています。このシステムは、過去の治療データを分析し、個々の患者に最適な治療法を提案することができます。

スタートアップ採用における成功のための戦略と実践ガイド:人材募集から採用プロセスまで完全解説では、スタートアップ企業の採用戦略について詳しく解説されています。フェムテック企業に転職を考えている方は、こうした情報も参考になるでしょう。

フェムテック企業は、スタートアップから大手企業まで、様々な規模と特徴を持つ企業が存在します。それぞれの企業が持つ強みや文化、成長段階などを考慮して、自分に合った企業を選ぶことが重要です。

主要なフェムテック企業一覧

フェムテック市場は急速に拡大しており、多くの企業が参入しています。ここでは、日本国内と海外の主要なフェムテック企業をいくつか紹介します。

日本国内のフェムテック企業

  1. Fermata(フェルマータ)
    • 特徴:生理用品のサブスクリプションサービス
    • 設立:2019年
    • 注目ポイント:ユーザーの生理周期に合わせた製品配送
  2. Luna Luna(ルナルナ)
    • 特徴:生理日予測アプリ
    • 運営:MTI株式会社
    • 注目ポイント:2,000万ダウンロードを突破した国内最大級の女性向けヘルスケアアプリ
  3. Lily MedTech(リリーメドテック)
    • 特徴:乳がん検査装置の開発
    • 設立:2016年
    • 注目ポイント:痛みのない乳がん検査を実現する革新的な技術
  4. Famique(ファミック)
    • 特徴:不妊治療情報プラットフォーム
    • 設立:2018年
    • 注目ポイント:AI

を活用した個別化された不妊治療情報の提供

  1. Elvie Japan(エルヴィ・ジャパン)
    • 特徴:スマート骨盤底筋トレーニングデバイス
    • 日本進出:2021年
    • 注目ポイント:スマートフォンと連携したゲーミフィケーションによるトレーニング

海外のフェムテック企業

  1. Ava(アヴァ)
    • 本社:スイス
    • 特徴:排卵日予測ウェアラブルデバイス
    • 注目ポイント:FDA(アメリカ食品医薬品局)承認を取得
  2. Clue(クルー)
    • 本社:ドイツ
    • 特徴:月経・排卵周期記録アプリ
    • 注目ポイント:2,000万人以上のユーザーを持つ世界最大級の月経トラッキングアプリ
  3. Progyny(プロジニー)
    • 本社:アメリカ
    • 特徴:不妊治療福利厚生プログラム
    • 注目ポイント:2019年にNASDAQ上場を果たした唯一のフェムテック企業
  4. Flo Health(フロー・ヘルス)
    • 本社:イギリス
    • 特徴:AI搭載の月経・排卵予測アプリ
    • 注目ポイント:2.5億人以上のユーザーを持つグローバル展開企業
  5. Nurx(ナークス)
    • 本社:アメリカ
    • 特徴:オンライン避妊薬処方サービス
    • 注目ポイント:テレヘルスを活用した革新的な医療サービス提供

これらの企業は、それぞれ独自の技術やサービスを持ち、フェムテック市場をリードしています。しかし、技術の進歩は日進月歩であり、常に新しいプレイヤーが市場に参入してきています。

スタートアップ支援の包括的ガイド:プログラム、資金調達、イベント、成功への道筋では、スタートアップ企業への支援策について詳しく解説されています。フェムテック企業の多くがスタートアップであることを考えると、こうした支援策の活用が企業の成長に大きく寄与していると言えるでしょう。

フェムテック企業は、技術力だけでなく、女性の健康に対する深い理解と共感が求められます。そのため、多くの企業が女性起業家によって設立されたり、女性エンジニアや研究者が中心となって開発を行っています。こうした企業文化も、フェムテック企業の特徴の一つと言えるでしょう。

フェムテック企業が提供するサービス

フェムテック企業は、女性のライフステージに合わせて様々なサービスを提供しています。ここでは、主な分野ごとにサービスの特徴と具体的な事例を紹介します。

月経関連のサービスと事例

月経に関するサービスは、フェムテックの中でも特に注目を集めている分野です。主なサービスには以下のようなものがあります:

  1. 月経周期トラッキングアプリ
  2. 生理用品のサブスクリプション
  3. 月経痛緩和デバイス
  4. PMS(月経前症候群)ケア製品

例えば、日本のスタートアップ「Femtech Lab」は、AIを活用した月経周期予測アプリ「Luana」を開発しました。このアプリは、ユーザーの生活習慣データも考慮に入れることで、より精度の高い予測を実現しています。

また、アメリカの「Livia」は、経皮電気刺激(TENS)技術を使用した月経痛緩和デバイスを開発しました。このデバイスは、痛みの信号を遮断することで、薬を使わずに月経痛を軽減することができます。

妊娠関連のサービスと事例

妊娠・出産に関するサービスも、フェムテック企業の重要な分野の一つです。主なサービスには以下のようなものがあります:

  1. 排卵日予測デバイス
  2. 妊活支援アプリ
  3. 妊娠中のヘルスケアサービス
  4. 産後ケア製品

例えば、イギリスの「Elvie」は、妊娠中や産後の女性向けに、スマート骨盤底筋トレーニングデバイスを開発しました。このデバイスは、スマートフォンアプリと連携して、楽しみながら効果的なトレーニングを行うことができます。

また、日本の「Amaterass」は、超音波を使用した家庭用胎児モニタリングデバイスを開発しています。このデバイスにより、妊婦さんは自宅で安全に胎児の心拍をモニタリングすることができます。

更年期関連のサービスと事例

更年期に関するサービスも、近年注目を集めています。主なサービスには以下のようなものがあります:

  1. 更年期症状管理アプリ
  2. ホルモン補充療法のオンラインコンサルテーション
  3. 更年期に特化したサプリメント
  4. 体温調整ウェアラブルデバイス

例えば、アメリカの「Gennev」は、更年期に特化したテレヘルスプラットフォームを運営しています。このプラットフォームでは、更年期専門医とのオンライン相談やパーソナライズされたケアプランの提供を行っています。

日本では、「Menoprime(メノプライム)」が更年期女性向けのトータルサポートサービスを展開しています。オンライン診療や専門家によるカウンセリング、サプリメントの提供など、包括的なケアを提供しています。

ヘルスケアスタートアップの採用戦略とは?成功事例と共に徹底解説では、ヘルスケア分野のスタートアップ企業の採用戦略について詳しく解説されています。フェムテック企業もヘルスケアスタートアップの一種と言えるため、この記事の内容は参考になるでしょう。

フェムテック企業のサービスは、単なる製品やアプリの提供にとどまらず、女性の健康に関する教育や啓発活動も重要な役割を果たしています。多くの企業が、サービス提供と並行して、女性の健康に関する正しい知識の普及や、タブー視されがちな話題についてのオープンな議論を促進する活動を行っています。

フェムテック導入の経済効果

フェムテックの導入は、企業にとっても従業員にとっても大きなメリットをもたらします。ここでは、フェムテック導入の経済効果について、具体的な数字を交えて解説します。

企業にとってのメリット

  1. 生産性の向上: フェムテックの導入により、女性従業員の健康管理が改善されることで、欠勤率の低下や生産性の向上が期待できます。ある調査によると、フェムテックを導入した企業では、女性従業員の欠勤率が平均15%減少したという結果が出ています。
  2. 人材採用・定着率の向上: フェムテックへの取り組みは、企業のダイバーシティ&インクルージョン施策の一環として評価され、優秀な人材の採用や定着率の向上につながります。実際に、フェムテックを積極的に導入している企業では、女性従業員の定着率が20%以上向上したという報告もあります。
  3. 新規ビジネス機会の創出: フェムテック市場への参入は、新たな収益源となる可能性があります。グローバルフェムテック市場は2024年に500億ドル規模に達すると予測されており、大きなビジネスチャンスとなっています。
  4. 企業イメージの向上: 女性の健康支援に積極的に取り組む企業として認知されることで、企業イメージの向上やブランド価値の向上につながります。これは間接的に、顧客獲得や投資家からの評価向上にも寄与します。

従業員にとってのメリット

  1. 健康管理の向上: フェムテックツールを活用することで、より正確な体調管理や早期の異常検知が可能になります。例えば、ある月経周期管理アプリの利用者調査では、80%以上のユーザーが自身の健康への理解が深まったと回答しています。
  2. 仕事とプライベートの両立: 妊活支援や更年期ケアなど、ライフステージに応じたサポートを受けることで、仕事と私生活の両立がしやすくなります。ある企業の調査では、フェムテック導入後、女性従業員の仕事満足度が30%向上したという結果が出ています。
  3. メンタルヘルスの改善: フェムテックサービスの多くは、身体的な健康だけでなく、メンタルヘルスのケアも提供しています。これにより、ストレス管理やワーク・ライフ・バランスの改善につながります。
  4. キャリア継続のサポート: 妊娠・出産・育児期のサポートを受けることで、キャリアの中断を避け、継続的な成長が可能になります。ある調査では、フェムテックサービスを利用している女性の方が、そうでない女性と比べて、出産後の復職率が25%高いという結果が出ています。

経営戦略とは?成功する企業の羅針盤では、企業の戦略立案について詳しく解説されています。フェムテックの導入を検討する企業にとっても、この記事の内容は参考になるでしょう。フェムテックを単なるトレンドではなく、長期的な経営戦略の一環として位置づけることが重要です。

フェムテックの導入は、単に女性従業員への福利厚生の一環というだけでなく、企業の競争力強化につながる重要な戦略の一つと言えます。特に、少子高齢化が進む日本において、女性の活躍推進は企業の持続的成長に不可欠です。フェムテックは、その実現を技術面からサポートする重要なツールとなっています。

フェムテック企業との連携方法

企業がフェムテックを導入する際、自社で開発するだけでなく、既存のフェムテック企業と連携するケースも増えています。ここでは、フェムテック企業との連携方法と成功事例について解説します。

パートナーシップの形態

フェムテック企業との連携には、以下のような形態があります:

  1. サービス導入型パートナーシップ: 既存のフェムテックサービスを企業の福利厚生として導入する形態です。例えば、月経周期管理アプリや妊活支援アプリの法人契約などが該当します。
  2. 共同開発型パートナーシップ: 企業とフェムテック企業が共同で、新しいサービスや製品を開発する形態です。企業側の業界知識とフェムテック企業の技術を組み合わせることで、革新的なソリューションが生まれる可能性があります。
  3. 投資型パートナーシップ: 企業がフェムテックスタートアップに出資し、資金面でのサポートと同時に、自社のリソースや知見を提供する形態です。
  4. アクセラレーションプログラム: 大手企業が自社のリソースを活用して、フェムテックスタートアップの成長を支援するプログラムを運営する形態です。

成功事例とその要因

  1. 花王×Femtech Lab
    • 連携内容:花王が Femtech Lab の月経周期管理アプリ「Luana」を自社の女性従業員向けに導入。
    • 成功要因:大手企業の信頼性とスタートアップの革新性が融合し、従業員の受容性が高まった。
  2. ソニー×Elvie
    • 連携内容:ソニーがElvieの骨盤底筋トレーニングデバイスの日本展開をサポート。
    • 成功要因:ソニーの販売網とブランド力、Elvieの革新的な製品が相乗効果を生み出した。
  3. 第一三共×Luna Luna
    • 連携内容:第一三共の女性向け医薬品情報をLuna Lunaアプリ内で提供。
    • 成功要因:製薬会社の専門知識とアプリの利便性が組み合わさり、ユーザーに高付加価値を提供。
  4. 明治安田生命×Femtech Japan
    • 連携内容:明治安田生命がFemtech Japanのアクセラレーションプログラムに参加し、フェムテックスタートアップを支援。
    • 成功要因:保険会社の健康データと分析力、スタートアップの革新的アイデアが融合し、新しいヘルスケアソリューションが生まれた。

スタートアップとユニコーン企業:成功を目指すための戦略と事例では、スタートアップ企業の成長戦略について詳しく解説されています。フェムテック企業との連携を考える際、この記事の内容は参考になるでしょう。

フェムテック企業との連携成功の鍵は、互いの強みを活かし、シナジーを生み出すことです。大企業側は資金力やブランド力、豊富な顧客基盤を提供し、フェムテック企業側は革新的な技術やアイデア、機動力を提供することで、Win-Winの関係を構築することができます。

また、連携にあたっては、以下の点に注意することが重要です:

  • 明確な目標設定:連携の目的や期待する成果を明確にすること。
  • プライバシーへの配慮:女性の健康データを扱うため、厳格な情報管理が必要。
  • 継続的なコミュニケーション:定期的な進捗確認や情報共有の場を設けること。
  • 柔軟な対応:市場の変化や新たなニーズに柔軟に対応できる体制を整えること。

フェムテック企業との連携は、単なるサービス導入にとどまらず、企業文化や働き方の変革につながる可能性を秘めています。長期的な視点を持って、戦略的に取り組むことが重要です。

フェムテックの将来性

フェムテック市場は急速に成長を続けており、その将来性に大きな期待が寄せられています。ここでは、フェムテックの今後の市場動向と、技術の進化がもたらす影響について考察します。

今後の市場動向

  1. 市場規模の拡大: 先述の通り、グローバルフェムテック市場は2024年に500億ドル規模に達すると予測されています。特に、アジア太平洋地域での成長が著しく、年間成長率は20%を超えると見込まれています。
  2. 投資の増加: フェムテック企業への投資額は年々増加しており、2023年には過去最高の30億ドルを記録しました。今後も、VC(ベンチャーキャピタル)や大手企業からの投資が続くと予想されています。
  3. 新興市場の開拓: これまで見過ごされてきた更年期や不妊治療などの分野に、新たなサービスや製品が登場すると予測されています。特に、高齢化が進む日本市場では、更年期関連のフェムテックサービスが注目を集めると考えられます。
  4. 男性向けフェムテックの登場: 女性の健康に焦点を当てたサービスだけでなく、男性の妊活支援や育児参加を促進するサービスなど、男性向けのフェムテックサービスも増加すると予想されています。
  5. 医療機関との連携強化: フェムテックサービスと医療機関のデータ連携が進み、より包括的な健康管理が可能になると考えられています。例えば、月経周期データと医療機関の診療データを連携させることで、より精度の高い診断や治療が可能になります。

技術の進化とその影響

  1. AI・機械学習の進化: より高度なAI技術により、個人の健康データをより精密に分析し、パーソナライズされた健康アドバイスの提供が可能になります。例えば、生活習慣や遺伝情報を考慮した、より正確な妊娠可能性の予測などが実現するでしょう。
  2. ウェアラブルデバイスの高度化: 非侵襲的かつ継続的なバイオマーカーの測定が可能になり、より詳細な健康モニタリングが実現します。例えば、血中ホルモン濃度の連続測定が可能なウェアラブルデバイスの開発が進んでいます。
  3. テレヘルスの普及: リモート診療や遠隔モニタリングの技術が進化し、より多くの女性が専門家のアドバイスを容易に受けられるようになります。これにより、地方在住者や多忙な女性も、質の高い医療サービスにアクセスしやすくなるでしょう。
  4. ナノテクノロジーの応用: ナノテクノロジーを活用した新しい避妊法や、より効果的なホルモン療法の開発が進むと予想されています。これにより、副作用の少ない、より安全で効果的な治療法が提供される可能性があります。
  5. ブロックチェーン技術の活用: プライバシー保護と情報セキュリティの強化のため、ブロックチェーン技術を活用した健康データ管理システムの開発が進むでしょう。これにより、ユーザーは自身の健康データをより安全に管理し、必要に応じて医療機関と共有することが可能になります。

スタートアップのステージごとの成長戦略では、スタートアップ企業の各成長段階における戦略について詳しく解説されています。フェムテック企業の多くがスタートアップであることを考えると、この記事の内容は今後のフェムテック市場の動向を予測する上で参考になるでしょう。

フェムテックの進化は、女性の健康管理にとどまらず、社会全体に大きな影響を与える可能性を秘めています。例えば、より正確な妊娠・出産のサポートは少子化対策にもつながりますし、更年期症状の効果的な管理は女性の長期的な労働参加を促進する可能性があります。

また、フェムテックの発展は、以下のような社会的変化をもたらす可能性があります:

  1. 健康格差の縮小: テレヘルスの普及により、地域や経済状況に関わらず、質の高い医療サービスへのアクセスが可能になります。
  2. 働き方の変革: より効果的な体調管理が可能になることで、女性がより柔軟に働けるようになる可能性があります。
  3. 教育の変化: フェムテックの普及により、性教育や健康教育のあり方が変わる可能性があります。
  4. 医療費の削減: 予防医療の推進により、長期的には医療費の削減につながる可能性があります。
  5. 新たな倫理的課題の出現: 健康データの利活用に関する新たな倫理的問題が生じる可能性があります。

ESG投資企業の取り組みとスタートアップ支援の現状とは?では、ESG(環境・社会・ガバナンス)の観点からの企業評価や投資について解説されています。フェムテック企業の多くが社会課題の解決に取り組んでいることを考えると、今後ESG投資の対象としても注目を集める可能性が高いでしょう。

フェムテック企業で働くことを考えている方にとって、この分野の将来性は大きな魅力の一つとなるでしょう。しかし同時に、急速に変化する環境に適応し、常に新しい知識やスキルを学び続ける必要があることも認識しておく必要があります。

まとめ

フェムテック市場は急速に成長を続けており、今後もさらなる発展が期待されています。AI、IoT、ナノテクノロジーなどの先端技術の進化により、より効果的で個別化された健康管理サービスが提供されるようになるでしょう。

一方で、フェムテック企業で働くことを考えている方は、この分野の特殊性も理解しておく必要があります。女性の健康に関する深い知識と共感力、そして最新技術への理解が求められる challenging な分野です。

企業理念とは何か?スタートアップ企業における重要性とはで解説されているように、スタートアップ企業、特にフェムテック企業では、社会的価値の創出と事業の成長の両立が求められます。この両立を実現できる人材が、フェムテック業界では高く評価されるでしょう。

フェムテック企業は、女性の健康という重要かつデリケートな分野に革新をもたらす可能性を秘めています。この分野でのキャリアは、社会に大きなインパクトを与えられる可能性がある一方で、高い倫理観と専門性も求められます。

フェムテック企業への転職を考えている方は、自身の価値観や目指すキャリアパスとの整合性をよく考慮した上で、決断することが重要です。

フェムテック業界は今後も急速な成長が予想されます。この成長産業に携わることで、自身のキャリアを大きく発展させる機会を得られるかもしれません。しかし、常に変化し続ける環境に適応し、学び続ける姿勢が必要不可欠です。

フェムテック企業でのキャリアに興味がある方は、この記事を参考に、自身の適性や目標をよく考えた上で、挑戦してみてはいかがでしょうか。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする