経営共創基盤の採用方針と組織づくり:革新的なコンサルティングファームの人材戦略

Offers HR Magazine編集部 2024年6月26日

Offers HR Magazine編集部

目次

経営共創基盤(IGPI)は、日本を代表する経営コンサルティングファームの一つとして知られています。その独自の採用方針と組織づくりは、多くの企業や人事担当者から注目を集めています。本記事では、経営共創基盤の概要から採用戦略、そして組織づくりまで、詳細に解説していきます。さらに、他の企業が学べるポイントや、最新の人事トレンドとの関連性についても触れていきます。

経営共創基盤とは何か

経営共創基盤の概要

経営共創基盤(IGPI)は、2007年に設立された独立系コンサルティングファームです。経営戦略、M&A、事業再生、人材育成など、幅広い分野でサービスを提供しています。特徴的なのは、単なるアドバイザリーにとどまらず、クライアント企業と共に経営に深く関与し、価値創造を行う「ハンズオン型」のアプローチです。

このアプローチは、経営戦略とは?成功する企業の羅針盤で説明されているように、企業の長期的な成功につながる重要な要素です。経営共創基盤は、クライアント企業の内部に入り込み、経営陣と共に戦略を練り、実行することで、より実効性の高いコンサルティングを提供しています。

経営共創基盤の歴史

設立以来、経営共創基盤は日本企業の構造改革や成長戦略の立案・実行支援で多くの実績を上げてきました。特に、大型の事業再生案件や複雑なM&A案件での成功例は、業界内外で高く評価されています。

経営共創基盤の成長は、日本企業が直面する課題と密接に関連しています。グローバル化、デジタル化、少子高齢化など、日本企業を取り巻く環境が急速に変化する中で、経営共創基盤は常に最先端の知見と手法を提供し続けてきました。

経営共創基盤の基本理念

経営共創基盤の基本理念は「共創」にあります。クライアント企業と一体となって経営課題に取り組み、持続的な価値創造を実現することを目指しています。この理念は、単にアドバイスを提供するだけでなく、クライアント企業と共に汗をかき、成果を出すことを重視しています。

この「共創」の理念は、採用や組織づくりにも反映されています。経営共創基盤では、クライアント企業との協働を重視するため、高いコミュニケーション能力と柔軟な思考力を持つ人材を求めています。

経営共創基盤の主要サービス

経営戦略コンサルティング

経営共創基盤の中核サービスの一つが経営戦略コンサルティングです。クライアント企業の現状分析から中長期的な戦略立案、そして実行支援まで一貫してサポートします。経営計画の立て方は?スタートアップ5か年計画のポイントと良品計画の中途採用戦略で解説されているように、適切な経営計画の策定は企業の成功に不可欠です。

経営共創基盤の戦略コンサルティングの特徴は、以下の点にあります:

  1. 徹底的な現状分析と課題抽出
  2. データに基づいた客観的な戦略立案
  3. 実行可能性を重視した具体的なアクションプラン策定
  4. クライアント企業との密接な協働による戦略の実行支援

これらの特徴により、経営共創基盤は単なる戦略の提案にとどまらず、実際の成果創出まで責任を持つことができます。

M&Aアドバイザリーサービス

経営共創基盤は、M&Aの戦略立案からデューデリジェンス、交渉支援、PMI(買収後統合)まで、M&Aプロセス全体をサポートします。特に、クロスボーダーM&Aにおける豊富な経験と専門知識は、多くのクライアントから高く評価されています。

M&Aアドバイザリーサービスでは、以下のような支援を提供しています:

  1. M&A戦略の立案と候補企業の選定
  2. 財務・法務・ビジネスデューデリジェンス
  3. バリュエーション(企業価値評価)
  4. 交渉戦略の立案と実行支援
  5. PMI(買収後統合)計画の策定と実行支援

これらのサービスを提供するため、経営共創基盤では財務、法務、業界専門家など、多様なバックグラウンドを持つ人材を採用し、チームを編成しています。

事業再生サポート

経営危機に直面した企業の再生支援も経営共創基盤の重要なサービスの一つです。財務リストラクチャリングから事業モデルの再構築まで、包括的なアプローチで企業の再生を支援します。

事業再生サポートでは、以下のような取り組みを行います:

  1. 財務状況の詳細分析と課題抽出
  2. 事業計画の見直しと再策定
  3. 金融機関との交渉支援
  4. 組織再編や人員再配置の計画立案
  5. 新規事業開発支援

事業再生案件では、しばしば厳しい判断や大胆な改革が必要となります。そのため、経営共創基盤では高い分析力と決断力を持つ人材を重視しています。

人材育成プログラム

経営共創基盤は、クライアント企業の人材育成にも力を入れています。IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチで紹介されているような最新の手法を取り入れ、次世代リーダーの育成を支援しています。

人材育成プログラムには、以下のような要素が含まれています:

  1. リーダーシップ開発プログラム
  2. ビジネススキル研修(財務、マーケティング、戦略立案など)
  3. イノベーション促進ワークショップ
  4. 異業種交流セミナー
  5. 個別メンタリング・コーチング

これらのプログラムを通じて、クライアント企業の人材の能力向上と組織の活性化を支援しています。

経営共創基盤の採用情報

求める人材像

経営共創基盤が求める人材像は以下のような特徴を持ちます:

  1. 論理的思考力と分析力
  2. 高いコミュニケーション能力
  3. 多様な業界・分野への好奇心
  4. チームワーク力と主体性
  5. 高い倫理観と誠実性

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説で述べられているように、適切な人材評価と採用プロセスの設計が重要です。

経営共創基盤では、これらの特性を評価するために、独自の選考プロセスを設けています。例えば、ケーススタディを用いた分析力・論理的思考力の評価や、グループディスカッションによるコミュニケーション能力とチームワーク力の評価などを行っています。

また、経営共創基盤では、多様なバックグラウンドを持つ人材を積極的に採用しています。コンサルティングファームや金融機関出身者だけでなく、事業会社での実務経験者、起業経験者、さらには理系博士号取得者なども採用しています。この多様性が、経営共創基盤の強みの一つとなっています。

採用プロセス

経営共創基盤の採用プロセスは通常、以下のステップで進められます:

  1. 書類選考
  2. 適性検査
  3. 一次面接(人事部門)
  4. 二次面接(部門長)
  5. 最終面接(役員)

各段階で、候補者の能力や適性、経営共創基盤の企業文化とのフィット感などが慎重に評価されます。

特筆すべきは、面接プロセスの中でケーススタディやプレゼンテーションを課すことがあ

る点です。これにより、候補者の実践的なスキルや思考プロセスを評価しています。また、複数の面接官による多面的な評価を行うことで、より客観的な人材評価を実現しています。

キャリアパスと成長機会

経営共創基盤では、社員の成長を重視しています。入社後は、OJTを中心とした実践的な学びの機会が豊富に用意されています。また、定期的な研修やワークショップ、外部セミナーへの参加機会なども提供されています。

キャリアパスについては、コンサルタントとしてのスキルアップはもちろん、専門分野のエキスパートへの道や、マネジメント職へのキャリアアップなど、多様な選択肢が用意されています。

具体的なキャリアパスの例としては以下のようなものがあります:

  1. ゼネラリストコンサルタント:幅広い業界・分野のプロジェクトに携わり、総合的なコンサルティングスキルを磨くパス
  2. スペシャリストコンサルタント:特定の業界や機能領域に特化し、深い専門性を持つコンサルタントとして成長するパス
  3. マネジメント職:プロジェクトマネージャーやチームリーダーとして、組織のマネジメントスキルを磨くパス
  4. 経営幹部:パートナーや役員として、経営共創基盤の経営に携わるパス

これらのキャリアパスは固定的なものではなく、個人の適性や希望、そして会社のニーズに応じて柔軟に設計されています。

経営共創基盤で働くメリット

多様なプロジェクト経験

経営共創基盤では、様々な業界のクライアントと多岐にわたるプロジェクトに携わることができます。これにより、幅広い知見と経験を短期間で獲得することが可能です。

例えば、以下のようなプロジェクトを経験することができます:

  1. 大手製造業の海外展開戦略立案
  2. IT企業の新規事業開発支援
  3. 地方銀行の経営改革プロジェクト
  4. スタートアップ企業の資金調達支援
  5. 老舗企業の事業承継プラン策定

このような多様なプロジェクト経験は、コンサルタントとしての成長を加速させるだけでなく、将来的な起業や事業会社でのキャリアにも活かすことができます。

プロフェッショナルなチームと連携

経営共創基盤には、戦略、財務、オペレーション、ITなど、様々な分野のプロフェッショナルが在籍しています。このような多様な専門家とのコラボレーションを通じて、自身のスキルを磨くことができます。

チーム編成においては、プロジェクトの性質に応じて最適な人材を配置しています。例えば、M&A案件では財務のスペシャリストと法務のエキスパートが協働し、デジタル戦略案件ではITコンサルタントとビジネスストラテジストが連携するといった具合です。

このような多様性に富んだ環境で働くことで、自身の専門性を深めると同時に、他分野の知識やスキルも吸収することができます。

継続的なスキルアップ

経営共創基盤では、社員の継続的な成長を支援するための様々な施策が用意されています。OKR目標設定の基礎から運用方法まで:フレームワーク、成功事例、テンプレートを活用した戦略的マネジメントガイドで解説されているような目標設定手法を活用し、個人の成長と組織の目標を連動させています。

具体的な成長支援施策には以下のようなものがあります:

  1. 定期的なスキル評価と成長プランの策定
  2. 社内外の専門家による研修プログラム
  3. 海外派遣プログラム
  4. 資格取得支援制度
  5. 自己啓発支援制度(書籍購入補助、外部セミナー参加費補助など)

これらの施策により、社員一人一人が自身のキャリアゴールに向けて着実に成長できる環境が整っています。

また、経営共創基盤では「ナレッジシェアリング」を重視しています。プロジェクトで得た知見や経験を社内で共有し、組織全体の知的資産を高めていく取り組みを行っています。定期的な社内勉強会や事例共有会、オンラインナレッジデータベースの整備などを通じて、個人の学びを組織の成長につなげています。

経営共創基盤の企業文化

社員の声

経営共創基盤の社員からは、以下のような声が聞かれます:

  • 「チャレンジングな環境で、常に新しいことを学べる」
  • 「クライアントの経営に深く関与できることにやりがいを感じる」
  • 「プロフェッショナルな同僚から多くのことを学べる」
  • 「フラットな組織文化で、自由に意見を言える雰囲気がある」

これらの声からは、経営共創基盤が社員の成長と自己実現を重視する文化を持っていることがうかがえます。また、クライアントとの深い関係性や、組織内のオープンなコミュニケーションも特徴的です。

企業イベントと活動

経営共創基盤では、社内の交流を深めるためのイベントや活動が定期的に開催されています。例えば、全社員参加の戦略ワークショップや、チーム別の課題解決コンペティションなどが行われています。

これらのイベントは単なる親睦を深める場ではなく、実践的なスキルを磨く機会としても機能しています。例えば、戦略ワークショップでは実際のビジネス課題を題材に議論を行い、その結果を経営陣に提言するなど、リアルな経験を積むことができます。

また、社会貢献活動にも力を入れており、プロボノ活動(専門的なスキルを活かしたボランティア活動)や環境保護活動なども行っています。これらの活動は、社員の社会的責任感を育むとともに、多様な経験を通じた成長の機会にもなっています。

ダイバーシティとインクルージョン

経営共創基盤は、多様性を重視し、インクルーシブな職場環境の創出に力を入れています。性別、国籍、経歴を問わず、多様な人材が活躍できる環境づくりを進めています。

スタートアップが優秀な人材を獲得するための採用戦略:40代・30代の転職者に選ばれる企業になるにはで述べられているように、多様な人材を惹きつける企業文化の構築が重要です。

経営共創基盤では、以下のような取り組みを行っています:

  1. 女性リーダー育成プログラムの実施
  2. 外国籍社員の積極的な採用と支援
  3. LGBTQフレンドリーな職場環境の整備
  4. 障がい者雇用の推進
  5. 年齢や経歴に関わらないキャリア機会の提供

これらの取り組みにより、多様な視点やアイデアが尊重され、イノベーティブな組織文化が醸成されています。

経営共創基盤の将来展望

新規事業の展開

経営共創基盤は、既存のコンサルティングサービスに加え、新規事業の展開も積極的に進めています。特に、デジタルトランスフォーメーション(DX)支援やサステナビリティ関連のサービスなど、時代のニーズに合わせた新しい分野への進出を図っています。

例えば、以下のような新規事業の展開が進められています:

  1. AI・データ分析を活用した経営支援サービス
  2. サステナビリティ戦略立案・実行支援
  3. デジタルマーケティング支援
  4. スタートアップエコシステム構築支援
  5. 次世代リーダー育成プログラムの外部提供

これらの新規事業展開に伴い、テクノロジーに精通した人材やサステナビリティの専門家など、新たなスキルセットを持つ人材の採用も強化しています。

グローバルな成長戦略

経営共創基盤は、アジアを中心としたグローバル展開も進めています。日本企業の海外進出支援や、海外企業の日本進出支援など、クロスボーダーの案件にも積極的に取り組んでいます。

グローバル展開の具体的な施策としては、以下のようなものがあります:

  1. アジア主要都市への拠点設立
  2. グローバル人材の積極的な採用
  3. 海外の有力コンサルティングファームとの提携
  4. クロスボーダーM&A支援の強化
  5. グローバルリーダー育成プログラムの実施

これらの施策により、日本のみならず、アジア全体で価値を創造できる組織を目指しています。

持続可能な経営の実践

経営共創基盤自身も、持続可能な経営を実践しています。環境負荷の低減や社会貢献活動など、ESG(環境・社会・ガバナンス)を重視した経営を行っています。

具体的な取り組みとしては、以下のようなものがあります:

  1. オフィスの省エネ化とペーパーレス化の推進
  2. リモートワークの積極的な導入による通勤負荷の軽減
  3. 社員のボランティア活動支援
  4. 透明性の高いガバナンス体制の構築
  5. サステナビリティ報告書の定期的な発行

これらの取り組みは、単に社会的責任を果たすだけでなく、クライアントへのサステナビリティ関連サービスの提供にも活かされています。

まとめ

経営共創基盤の採用方針と組織づくりは、以下の特徴を持っています:

  1. 高い専門性と多様性を重視した人材採用
  2. 「共創」の理念に基づいたチーム編成と組織運営
  3. 継続的な学習と成長を促進する環境づくり
  4. ダイバーシティとインクルージョンの推進
  5. 新規事業展開とグローバル化を見据えた人材育成

これらの特徴は、経営管理の基本。重要な役割と、効果的な採用戦略で解説されているような、効果的な経営管理と採用戦略の実践例と言えるでしょう。

経営共創基盤の採用方針と組織づくりから学べる点は多くあります。特に以下の点は、他の企業の人事戦略にも応用できるでしょう:

  1. 明確な企業理念と価値観に基づいた採用基準の設定
  2. 多様な経験と成長機会の提供による人材育成
  3. プロフェッショナル同士の協働を促進する組織文化の醸成
  4. 継続的な学習と自己成長を奨励する仕組みづくり
  5. ダイバーシティとインクルージョンの推進による組織の活性化

これらの要素を自社の状況に合わせて取り入れることで、より効果的な採用戦略と組織づくりが可能になるでしょう。

最後に、経営共創基盤のような先進的な採用戦略と組織づくりを実践するためには、HRTechの全貌:カオスマップ、企業一覧、クラウド市場の実態と展望、リクルート、サービス、料金、口コミまで徹底解説で紹介されているようなHRテクノロジーの活用も検討する価値があります。適切なツールを導入することで、採用プロセスの効率化や人材データの分析、従業員エンゲージメントの向上などが可能になります。

経営者や人事担当者の皆様は、経営共創基盤の事例を参考にしつつ、自社の状況や課題に合わせた採用戦略と組織づくりを検討してみてはいかがでしょうか。優秀な人材の獲得と育成は、企業の持続的な成長と競争力の維持につながる重要な投資です。長期的な視点を持ちつつ、柔軟かつ戦略的な人材マネジメントを実践することが、今後ますます重要になっていくでしょう。

経営共創基盤の事例から学べる重要なポイントは、「人材」を単なるリソースではなく、企業の成長と価値創造の源泉として捉えている点です。高度な専門性を持つプロフェッショナルを採用し、彼らが最大限の力を発揮できる環境を整備することで、クライアントに対して高付加価値のサービスを提供することが可能になります。

また、経営共創基盤の「共創」の理念は、単にクライアントとの関係性だけでなく、社内のチームワークや組織文化にも反映されています。多様なバックグラウンドを持つ人材が協働し、互いの知見を共有し合うことで、個人と組織の両方が成長していく仕組みが構築されています。

このような組織づくりは、特にコンサルティングファームやプロフェッショナルサービスファームにとって参考になる点が多いでしょう。しかし、その本質的な考え方は、業種を問わず、知識労働者の生産性向上や組織の革新性を高めたいと考えるあらゆる企業にとって有益なものです。

経営共創基盤の採用方針と組織づくりの事例は、日本企業が直面する人材戦略の課題に対する一つの解答を提示していると言えるでしょう。グローバル化、デジタル化、そして働き方改革が進む中で、いかに優秀な人材を惹きつけ、彼らの能力を最大限に引き出し、組織の成長につなげていくか。この問いに対する経営共創基盤のアプローチは、多くの示唆に富んでいます。

企業の皆様には、本記事で紹介した経営共創基盤の事例を参考に、自社の人材戦略を見直す機会としていただければ幸いです。そして、採用管理システムの導入ガイド:比較、価格、機能、口コミ、運用、おすすめ、選び方、効果、導入事例まで完全解説で紹介されているような最新のHRテクノロジーも活用しながら、より効果的な採用と人材育成の仕組みづくりに取り組んでいただくことをお勧めします。

人材は企業の最も重要な資産です。経営共創基盤の事例が示すように、適切な採用戦略と組織づくりは、企業の持続的な成長と競争力の強化につながります。今後も変化し続ける経営環境の中で、人材戦略の重要性はますます高まっていくでしょう。皆様の企業が、優秀な人材を惹きつけ、育成し、そして共に成長していく組織となることを心より願っています。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする