SES採用が難しい理由と成功のための具体策とは?

Offers HR Magazine編集部 2024年6月29日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。近年、IT業界で注目を集めるSES(システムエンジニアリングサービス)。

その採用の難しさと成功のための具体策について、本記事で詳しく解説していきます。SES採用に課題を抱える企業の方や、SESエンジニアとしての転職を考えている方は、ぜひ最後までお読みください。

SES採用の難しさ

SES採用が難しいと言われる背景には、複数の要因が絡み合っています。ここでは、SES採用を困難にしている主な理由について、詳しく見ていきましょう。

IT人材不足の現実

IT業界全体で人材不足が叫ばれる中、SES採用はより厳しい状況に置かれています。

経済産業省の調査によると、2030年には最大約79万人のIT人材が不足すると予測されています。

参考:IT人材育成の状況等について

この人材不足は、SES企業にとって以下のような影響をもたらしています:

  1. 候補者の絶対数の不足
  2. 優秀な人材の獲得競争の激化
  3. 採用コストの上昇

SES採用を成功させるためには、この人材不足の現実を直視し、戦略的なアプローチを取る必要があります。

エンジニア採用が難しい理由とその解決策:採用課題から成功法まで徹底解説では、IT人材不足の背景や具体的な対策について詳しく解説されています。

高いスキルを持つ人材の集中

SESエンジニアには、一般的に高いスキルと経験が求められます。しかし、そのような人材は大手IT企業や有名スタートアップに集中しがちです。

SES企業にとって、これは以下のような課題をもたらします:

  1. 優秀な人材のプール減少
  2. 競合他社との差別化の難しさ
  3. 給与や待遇面での競争力の低下

この状況を打破するためには、SES企業ならではの魅力を明確に打ち出し、高スキル人材にアピールする必要があります。

スタートアップが優秀な人材を獲得するための採用戦略:40代・30代の転職者に選ばれる企業になるにはでは、優秀な人材を引きつけるための具体的な戦略が紹介されています。

採用ノウハウの不足

多くのSES企業、特に中小規模の企業では、専門的な採用ノウハウが不足していることが課題となっています。これは以下のような問題を引き起こします:

  1. 効果的な求人広告の作成が難しい
  2. 適切な選考プロセスの設計ができない
  3. 面接技術の不足による優秀な人材の取りこぼし

SES採用を成功させるためには、採用のプロフェッショナルの知見を活用したり、自社の採用担当者のスキルアップを図ったりする必要があります。

採用代行は、採用プロセスの最適化に効果的です。採用代行は採用のプロが採用を外部から支援するため、多くの企業の採用のナレッジをインストールしてくれます。

SES採用の難しさは、これらの要因が複雑に絡み合って生じています。

しかし、これらの課題を正しく理解し、適切な対策を講じることで、SES採用の成功率を高めることができます。次のセクションでは、SESエンジニアの転職動機について詳しく見ていきましょう。

SESエンジニアの転職動機

SES採用を成功させるためには、SESエンジニアの転職動機を深く理解することが重要です。ここでは、SESエンジニアが転職を考える主な理由について詳しく見ていきましょう。

労働条件に関する期待

SESエンジニアの多くは、より良い労働条件を求めて転職を考えます。具体的には以下のような点が挙げられます:

  1. 給与の向上:技術力や経験に見合った報酬を求める
  2. 労働時間の改善:長時間労働からの脱却を目指す
  3. 福利厚生の充実:健康保険や年金、有給休暇などの待遇改善を期待する
  4. リモートワークの可能性:柔軟な働き方を求める

中途採用の給料設計: 新卒との比較、基本給の決定方法、給与交渉のポイントでは、中途採用における給与設計の重要性について詳しく解説されています。SES企業は、これらの期待に応えられる労働条件を提示することで、優秀なエンジニアを惹きつけることができるでしょう。

経験を活かしたい願望

多くのSESエンジニアは、自身の経験やスキルを最大限に活かせる環境を求めています。以下のような願望が転職の動機となることが多いです:

  1. 専門性の高いプロジェクトへの参加
  2. 新しい技術への挑戦機会
  3. リーダーシップを発揮できるポジション
  4. 幅広い業界での経験獲得

SES企業は、これらの願望に応えられるような多様なプロジェクトや役割を提供することで、経験豊富なエンジニアの興味を引くことができます。

エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドでは、エンジニアのキャリアパスや評価基準について詳しく解説されています。

成長環境を求める心理

SESエンジニアの中には、自身のスキルアップや成長を重視する人も多くいます。以下のような成長環境を求めて転職を考えることがあります:

  1. 継続的な学習機会の提供
  2. 最新技術に触れる機会
  3. メンターシップ制度の存在
  4. キャリアアップの明確なパス

SES企業が優秀なエンジニアを惹きつけるためには、単なる仕事の提供だけでなく、成長の機会を明確に示すことが重要です。IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチでは、IT人材の育成方法について詳しく解説されています。

SESエンジニアの転職動機を理解することで、より効果的な採用戦略を立てることができます。

次のセクションでは、これらの転職動機を踏まえた上で、SESエンジニアの求人広告の作成ポイントについて見ていきましょう。

SESエンジニアの求人広告の作成ポイント

SES採用を成功させるためには、効果的な求人広告の作成が不可欠です。ここでは、SESエンジニアの心を掴む求人広告の作成ポイントについて詳しく見ていきましょう。

ターゲットペルソナの設定

求人広告を作成する前に、まずターゲットとなるエンジニアのペルソナを明確に設定することが重要です。以下のような点を考慮してペルソナを作成しましょう:

  1. 技術スキルのレベルと種類
  2. 経験年数
  3. 希望する業務内容
  4. キャリアの志向性
  5. 価値観や働き方の希望

ペルソナを設定することで、より具体的で魅力的な求人広告を作成することができます。

エンジニア採用における人事・採用戦略とプロセス:スキル評価、リテンション対策、給与と福利厚生、ダイバーシティ、リモートワークの採用まで徹底解説では、エンジニア採用のターゲティングについて詳しく解説されています。

具体的な仕事内容の記載

SESエンジニアは、自身のスキルや経験を活かせる仕事を求めています。そのため、求人広告には具体的な仕事内容を明記することが重要です。以下のような情報を含めましょう:

  1. プロジェクトの概要と目的
  2. 使用する技術スタック
  3. チーム構成と役割
  4. 期待される成果物
  5. プロジェクトの期間

具体的な情報を提供することで、応募者は自身のスキルや経験が活かせるかどうかを判断しやすくなります。エンジニア、デザイナー、PM採用を無料で進められるサービスはこちらで、効果的な求人広告の例を見ることができます。

相場に見合った給与設定

SESエンジニアの転職動機の一つに、給与の向上があります。求人広告には、市場相場に見合った競争力のある給与を明示することが重要です。以下のような点に注意しましょう:

  1. スキルと経験に応じた給与レンジの設定
  2. 基本給とボーナスの内訳
  3. 昇給や評価制度の説明
  4. その他の金銭的なインセンティブ(株式報酬など)

給与情報を明確に示すことで、応募者の期待値をコントロールし、ミスマッチを防ぐことができます。デジタル人材採用の調査 2023 採用観点編〜積極採用しているスキルレベルについてミドル層と答えた方が84.0%〜では、デジタル人材の採用動向や給与相場について詳しく解説されています。

エンジニアファーストのアピール

SESエンジニアは、自身の成長や働きやすさを重視します。そのため、求人広告では企業のエンジニアファーストの姿勢をアピールすることが効果的です。以下のような点を強調しましょう:

  1. 技術力向上のための支援制度
  2. フレックスタイムやリモートワークなどの柔軟な働き方
  3. 最新技術への投資や挑戦的なプロジェクトの存在
  4. エンジニアの意見が尊重される文化
  5. ワークライフバランスへの配慮

エンジニアファーストの姿勢を明確に示すことで、技術者としての成長を重視するSESエンジニアの心を掴むことができます。ウェルビーイング経営とは?社員の満足、生産性とのつながりを徹底解説では、エンジニアの満足度を高める組織づくりについて詳しく解説されています。

効果的な求人広告を作成することで、より多くの優秀なSESエンジニアを惹きつけることができます。次のセクションでは、実際の採用活動におけるポイントについて見ていきましょう。

SESエンジニアの採用活動のポイント

効果的な求人広告を作成した後は、実際の採用活動が重要になります。ここでは、SESエンジニアの採用活動を成功させるためのポイントについて詳しく見ていきましょう。

面接官の印象を良くする方法

面接は、応募者が企業を評価する重要な機会です。面接官の印象が悪ければ、優秀な人材を逃してしまう可能性があります。以下のようなポイントに注意しましょう:

  1. 十分な準備:応募者の経歴やスキルを事前に把握
  1. 技術的な理解:面接官自身が技術的な知識を持ち、適切な質問ができること
  2. 傾聴の姿勢:応募者の話を真摯に聞く態度を示す
  3. 透明性の確保:企業の現状や課題を正直に伝える
  4. フレンドリーな雰囲気:緊張を和らげる話題や態度を心がける

中途採用の面接でよく聞かれる質問とその回答例:成功するための質問回答集では、効果的な面接の進め方について詳しく解説されています。

他社との差別化を図る説明

SES業界は競争が激しいため、自社の独自性や強みを明確に伝えることが重要です。以下のような点を強調しましょう:

  1. ユニークなプロジェクト実績
  2. 技術力向上のための独自の取り組み
  3. 業界内での評判や受賞歴
  4. 福利厚生や働き方の特徴
  5. キャリアパスの多様性

差別化ポイントを明確に伝えることで、応募者の興味を引き、選考を有利に進めることができます。スタートアップ採用における成功のための戦略と実践ガイド:人材募集から採用プロセスまで完全解説では、他社との差別化戦略について詳しく解説されています。

応募者に合わせたアピール方法

応募者一人ひとりの経歴やニーズは異なります。そのため、個別の状況に合わせたアピールが効果的です。以下のようなアプローチを検討しましょう:

  1. 経験に応じたプロジェクト提案
  2. キャリアゴールに合わせた成長機会の提示
  3. 技術的な興味に応じた最新技術の紹介
  4. ワークライフバランスのニーズに合わせた柔軟な勤務形態の提案
  5. 給与や待遇面での個別交渉

応募者のニーズに寄り添ったアプローチを取ることで、入社意欲を高めることができます。

エンジニアとビジネスの関係性について考え方・理由を聞かせてくださいでは、エンジニアの多様なニーズについて実際の声が紹介されています。

カジュアル面談の活用

正式な面接の前に、カジュアル面談を実施することで、より深い相互理解を図ることができます。カジュアル面談のメリットは以下の通りです:

  1. 応募者の本音を引き出しやすい
  2. 企業の雰囲気を直接伝えられる
  3. ミスマッチを早期に発見できる
  4. 応募者の不安や疑問に丁寧に答えられる
  5. 採用担当者以外の社員との交流機会を設けられる

カジュアル面談を効果的に活用することで、応募者との信頼関係を構築し、採用成功率を高めることができます。

面接でのアトラクトとは?効果的な採用戦略では、カジュアル面談を含む効果的な面接戦略について詳しく解説されています。

SESエンジニアの採用活動を成功させるためには、これらのポイントを押さえつつ、一貫した採用プロセスを設計することが重要です。次のセクションでは、内定承諾前後の対策について見ていきましょう。

内定承諾前後の対策

他社との差別化を図る説明

SES業界は競争が激しいため、自社の独自性や強みを明確に伝えることが重要です。以下のような点を強調しましょう:

  1. ユニークなプロジェクト実績
  2. 技術力向上のための独自の取り組み
  3. 業界内での評判や受賞歴
  4. 福利厚生や働き方の特徴
  5. キャリアパスの多様性

差別化ポイントを明確に伝えることで、応募者の興味を引き、選考を有利に進めることができます。

スタートアップ採用における成功のための戦略と実践ガイド:人材募集から採用プロセスまで完全解説では、他社との差別化戦略について詳しく解説されています。

応募者に合わせたアピール方法

応募者一人ひとりの経歴やニーズは異なります。そのため、個別の状況に合わせたアピールが効果的です。以下のようなアプローチを検討しましょう:

  1. 経験に応じたプロジェクト提案
  2. キャリアゴールに合わせた成長機会の提示
  3. 技術的な興味に応じた最新技術の紹介
  4. ワークライフバランスのニーズに合わせた柔軟な勤務形態の提案
  5. 給与や待遇面での個別交渉

応募者のニーズに寄り添ったアプローチを取ることで、入社意欲を高めることができます。

エンジニアとビジネスの関係性について考え方・理由を聞かせてくださいでは、エンジニアの多様なニーズについて実際の声が紹介されています。

カジュアル面談の活用

正式な面接の前に、カジュアル面談を実施することで、より深い相互理解を図ることができます。カジュアル面談のメリットは以下の通りです:

  1. 応募者の本音を引き出しやすい
  2. 企業の雰囲気を直接伝えられる
  3. ミスマッチを早期に発見できる
  4. 応募者の不安や疑問に丁寧に答えられる
  5. 採用担当者以外の社員との交流機会を設けられる

カジュアル面談を効果的に活用することで、応募者との信頼関係を構築し、採用成功率を高めることができます。面接でのアトラクトとは?効果的な採用戦略では、カジュアル面談を含む効果的な面接戦略について詳しく解説されています。

SESエンジニアの採用活動を成功させるためには、これらのポイントを押さえつつ、一貫した採用プロセスを設計することが重要です。

次のセクションでは、内定承諾前後の対策について見ていきましょう。

内定承諾前後の対策

SES採用の成功は、内定を出すだけでは終わりません。内定承諾を得て、実際に入社してもらうまでのフォローが極めて重要です。ここでは、内定承諾前後の対策について詳しく見ていきましょう。

内定通知の方法

内定通知は、応募者にとって大きな喜びであると同時に、重要な決断の瞬間でもあります。以下のようなポイントに注意して内定通知を行いましょう:

  1. スピーディーな通知:選考終了後、できるだけ早く内定通知を行う
  2. 丁寧な説明:内定の理由や期待する役割を明確に伝える
  3. 詳細な条件提示:給与、待遇、入社日など具体的な条件を書面で提示
  4. 質問への対応:応募者の疑問や不安に丁寧に答える
  5. 次のステップの明示:内定承諾までのプロセスを明確に伝える

内定通知を適切に行うことで、応募者の入社意欲を高め、内定承諾率を向上させることができます。

面接や採用フローの中で「応募者として」嬉しかったことでは、応募者が評価する内定通知の方法について実際の声が紹介されています。

内定後のフォロー方法

内定を出した後も、入社までの期間は応募者との関係構築が重要です。以下のようなフォロー方法を検討しましょう:

  1. 定期的な連絡:メールや電話で近況を確認し、質問に答える
  2. 情報提供:会社の最新ニュースや業界動向を共有する
  3. 社内イベントへの招待:懇親会や技術勉強会などに招待し、社員との交流機会を設ける
  4. 入社前研修の案内:必要に応じて、入社前の研修プログラムを提供する
  5. 入社準備のサポート:必要書類の案内や入社後の流れを丁寧に説明する

内定者との関係を大切にすることで、入社までのモチベーションを維持し、入社後のスムーズな立ち上がりを支援できます。

オンボーディングでの期待値のズレ。期待値を伝え直すタイミング、トリガーでは、効果的なオンボーディングの方法について詳しく解説されています。

入社後の育成環境の整備

SESエンジニアの多くは、自身の成長を重視します。そのため、入社後の育成環境を整備し、その内容を内定者に伝えることが重要です。以下のような施策を検討しましょう:

  1. 体系的な研修プログラムの用意
  2. メンターシップ制度の導入
  3. 技術勉強会や社内発表会の定期開催
  4. 資格取得支援制度の整備
  5. キャリアパスの明確化

入社後の成長機会を具体的に示すことで、内定者の不安を軽減し、入社意欲を高めることができます。

IT人材育成の最適な方法:eラーニングから社内研修、IT資格取得までの包括的なアプローチでは、IT人材の育成方法について詳しく解説されています。

SES採用の成功は、内定承諾を得て実際に入社してもらうまでの一連のプロセスを適切に管理することで実現します。

内定通知から入社後の育成まで、一貫した戦略を立てることが重要です。

まとめ

SES採用は、IT人材不足や高スキル人材の獲得競争など、様々な課題に直面しています。

しかし、SESエンジニアの転職動機を深く理解し、効果的な求人広告の作成や採用活動、そして内定後のフォローまで一貫した戦略を立てることで、成功の確率を高めることができます。

本記事で紹介した具体策を参考に、自社の状況に合わせた採用戦略を構築し、優秀なSESエンジニアの獲得を目指しましょう。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする