求人広告の費用相場とは?効果を高める方法も解説

Offers HR Magazine編集部 2024年7月6日

Offers HR Magazine編集部

目次

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers HR Magazine編集部です。本記事では、経営者や採用担当者の皆様に向けて、求人広告の費用相場と効果を最大化するための戦略について詳しく解説します。人材獲得競争が激化する昨今、効果的な求人広告戦略の構築は企業の成長に直結する重要な課題となっています。

求人広告は、優秀な人材を獲得するための重要なツールです。しかし、その費用対効果を最大化するためには、適切な予算設定と戦略的な運用が不可欠です。

本記事では、2024年7月時点の最新情報を基に、求人広告の費用相場から効果的な活用方法まで、経営者や採用担当者の皆様に役立つ情報を提供します。

求人広告とは?

求人広告は、企業が新たな人材を募集するために行う広告活動のことです。単なる募集情報の掲載にとどまらず、企業ブランディングや採用マーケティングの一環としても重要な役割を果たします。

求人広告の基本概念

求人広告は、以下のような要素で構成されています:

  1. 職種・職務内容
  2. 求める人材像
  3. 給与・待遇
  4. 勤務地・勤務条件
  5. 企業情報
  6. 応募方法

これらの情報を効果的に伝えることで、適切な人材とのマッチングを図ります。求人広告の出し方と募集コツを徹底解説!では、求人広告の基本的な構成要素とその効果的な活用方法について詳しく解説しています。

求人広告の重要性

求人広告は、以下の理由から企業の採用活動において極めて重要です:

  1. 幅広い人材へのリーチ
  2. 企業ブランディングの強化
  3. 採用プロセスの効率化
  4. 競合他社との差別化

求人広告は単なる人材募集の手段ではなく、企業の成長戦略を支える重要なツールです。採用を加速する技術・採用広報の目的・進め方・メリットでは、求人広告を含む採用広報の戦略的な活用方法について詳しく解説しています。

求人広告の費用相場

求人広告の費用は、採用の種類や使用する媒体によって大きく異なります。ここでは、新卒採用、中途採用、アルバイト・パート採用それぞれの費用相場について解説します。

新卒採用の費用相場

新卒採用の求人広告費用は、以下のような範囲になることが多いです:

  • 大手就職サイト:50万円〜300万円程度
  • 業界特化型サイト:30万円〜100万円程度
  • 学内求人:10万円〜50万円程度

新卒エンジニア採用のための完全ガイド:新卒エンジニア求人、面接、インターン、キャリアパスまで徹底解説では、新卒エンジニア採用に特化した戦略と費用対効果の高い手法について詳しく解説しています。

中途採用の費用相場

中途採用の求人広告費用は、以下のような範囲が一般的です:

  • 大手転職サイト:20万円〜100万円程度
  • 業界特化型サイト:10万円〜50万円程度
  • 人材紹介会社(成功報酬型):年収の30%〜35%程度

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法では、中途採用の効果的な戦略と費用対効果を最大化する方法について詳しく解説しています。

アルバイト・パート採用の費用相場

アルバイト・パート採用の求人広告費用は、以下のような範囲になることが多いです:

  • 大手アルバイト求人サイト:3万円〜10万円程度
  • フリーペーパー:2万円〜5万円程度
  • 地域密着型サイト:1万円〜3万円程度

SESエンジニアの働き方やメリット・デメリットとは?エンジニア派遣の会社選びのポイントでは、エンジニアの採用において、正社員だけでなく、SESや派遣など多様な雇用形態を活用する方法について解説しています。

求人広告の料金体系

求人広告の料金体系は多様化しており、企業のニーズや予算に応じて選択することができます。主な料金体系について解説します。

掲載課金型

掲載課金型は、広告を掲載する期間に応じて料金が発生する最も一般的な料金体系です。

メリット:

  • 費用の予測が立てやすい
  • 長期的な採用活動に適している

デメリット:

  • 応募者数に関わらず一定の費用がかかる
  • 短期的な効果測定が難しい

クリック課金型

クリック課金型は、求職者が広告をクリックした回数に応じて料金が発生する体系です。

メリット:

  • 求職者の興味度合いに応じた課金
  • 予算管理が柔軟

デメリット:

  • クリック数と実際の応募数が一致しない場合がある
  • 人気職種では費用が高額になる可能性がある

【2024年7月最新】ダイレクトリクルーティングとは?新卒や費用、市場規模のメリットを徹底解説では、クリック課金型を含む様々な採用手法の費用対効果について詳しく解説しています。

成果報酬型

成果報酬型は、実際に採用が決まった場合にのみ料金が発生する体系です。

メリット:

  • リスクが少ない
  • 採用の質に直結しやすい

デメリット:

  • 成功報酬額が高額になる場合がある
  • 採用サービス側の積極的なサポートが得られにくい場合がある

人材紹介会社の選び方とおすすめ一覧【東京・大阪・札幌・英語対応】では、成果報酬型を採用している人材紹介会社の選び方について詳しく解説しています。

先行投資型

先行投資型は、初期費用を投資し、後から成果に応じて追加料金が発生する体系です。

メリット:

  • 初期コストが抑えられる
  • 長期的な採用戦略に適している

デメリット:

  • 成果が出ない場合のリスクがある
  • 契約条件の詳細な確認が必要

エンジニア採用におけるKPIの重要性。採用KPIの設定方法やポイントなどを解説では、先行投資型を含む様々な採用手法のKPI設定と効果測定について詳しく解説しています。

求人広告の種類と特徴

求人広告には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。企業の採用ニーズや予算に応じて適切な媒体を選択することが重要です。

求人サイト

求人サイトは、インターネット上で求人情報を掲載するプラットフォームです。

メリット:

  • 広範囲の求職者にリーチできる
  • 詳細な検索機能により、適切な人材とのマッチングが可能
  • 掲載内容の更新が容易

デメリット:

  • 競合他社の求人も多く、埋もれてしまう可能性がある
  • 費用が比較的高額になる場合がある

エンジニア、デザイナー、PM採用を無料で進められるサービスこちらでは、IT人材に特化した求人サイトの特徴と効果的な活用方法について解説しています。

求人検索エンジン

求人検索エンジンは、複数の求人サイトから情報を集約して表示するサービスです。

メリット:

  • 多くの求人情報の中から効率的に検索できる
  • 比較的低コストで掲載できる場合が多い

デメリット:

  • 個別の求人サイトと比べて詳細情報の掲載に制限がある場合がある
  • 他の求人情報との差別化が難しい

自社採用サイト

自社のウェブサイト内に設置する採用専用ページです。

メリット:

  • 自社のブランディングを直接伝えられる
  • 長期的なコスト削減につながる
  • 詳細な情報を掲載できる

デメリット:

  • 初期構築コストがかかる
  • 集客に別途施策が必要

採用を加速する技術・採用広報の目的・進め方・メリットでは、自社採用サイトを活用した採用広報戦略について詳しく解説しています。

SNS(ソーシャルリクルーティング)

FacebookやLinkedIn、Twitterなどのソーシャルメディアを活用した採用手法です。

メリット:

  • 若年層へのリーチに効果的
  • 口コミ効果が期待できる
  • 比較的低コストで実施可能

デメリット:

  • 専門的なスキルを持つ人材へのアプローチが難しい場合がある
  • 企業イメージの管理が重要

エンジニア採用イベントの成功の秘訣とは?では、SNSを活用したイベント集客と採用活動の連携について解説しています。

ハローワーク

国が運営する公共職業安定所です。

メリット:

  • 無料で求人情報を掲載できる
  • 幅広い年齢層の求職者にリーチできる

デメリット:

  • 専門性の高い職種や管理職の採用には不向きな場合がある
  • 詳細な企業情報の掲載に制限がある

求人情報誌(フリーペーパー)

地域ごとに配布される無料の求人情報誌です。

メリット:

  • 地域に密着した採用活動が可能
  • 紙媒体のため、じっくり読んでもらいやすい

デメリット:

  • 配布エリアが限定される
  • 若年層へのリーチが限定的

新聞折り込みチラシ

新聞に折り込んで配布される求人広告です。

メリット:

  • 特定の地域に集中してアプローチできる
  • 比較的低コストで実施可能

デメリット:

  • 新聞購読率の低下により、効果が限定的
  • デザインや内容の制約が大きい

求人広告チラシの作成法と採用イベントの活用法では、効果的な求人広告チラシの作成方法と活用戦略について詳しく解説しています。

主要な求人広告媒体の費用比較

主要な求人広告媒体の費用を比較することで、自社の採用ニーズに最適な媒体を選択できます。ここでは、代表的な求人広告媒体の費用と特徴を解説します。

媒体名

主な対象

費用相場

特徴

Offers(オファーズ)

中途採用

無料〜500万円(プランによる)

リクナビ

新卒採用

50万円〜300万円

• 大量の学生にリーチ可能<br>• 詳細な企業情報を掲載可能<br>• 採用管理システムが充実

マイナビ

新卒採用

50万円〜300万円

• 幅広い業界の求人情報を掲載<br>• インターンシップ情報も充実<br>• 地方の学生へのリーチも強い

インディード

中途採用
アルバイト

クリックあたり
30円〜500円

• 予算設定が柔軟<br>• 多様な職種や雇用形態に対応<br>• 海外求職者へのリーチも可能

エンジャパン

中途採用

30万円〜100万円

• 管理職や専門職の採用に強い<br>• 詳細なスキルマッチング機能あり<br>• 採用コンサルティングサービスも提供

バイトル

アルバイト
パート

3万円〜10万円

• 若年層の利用者が多い<br>• 短期・単発バイトの掲載も可能<br>• スマートフォンアプリからの応募が多い

タウンワーク

アルバイト
パート

3万円〜10万円

Offers

中途のエンジニア、デザイナー、PMなどのデジタル人材に特化した転職、副業などのキャリアサービスです。

費用相場:求人の掲載無料のプランもあり、50万円〜300万円程度(掲載プランによる)

特徴:

  • 幅広い業界の求人情報を掲載
  • 正社員、業務委託のどちらの求人もあり

リクナビ

リクナビは、新卒採用に強みを持つ大手就職サイトです。

費用相場:50万円〜300万円程度(掲載プランによる) 特徴:

  • 大量の学生にリーチ可能
  • 詳細な企業情報を掲載できる
  • 採用管理システムが充実

新卒エンジニア採用のための完全ガイド:新卒エンジニア求人、面接、インターン、キャリアパスまで徹底解説では、リクナビを含む新卒採用媒体の効果的な活用方法について詳しく解説しています。

マイナビ

マイナビもリクナビと同様、新卒採用に特化した大手就職サイトです。

費用相場:50万円〜300万円程度(掲載プランによる) 特徴:

  • 幅広い業界の求人情報を掲載
  • インターンシップ情報も充実
  • 地方の学生へのリーチも強い

インディード(Indeed)

インディードは、クリック課金型の求人検索エンジンです。

費用相場:クリックあたり30円〜500円程度(職種や競合状況による) 特徴:

  • 予算設定が柔軟
  • 多様な職種や雇用形態に対応
  • 海外求職者へのリーチも可能

エンジニア案件探しの最適な方法:フリーランス、リモート、ソフトウェアエンジニアの採用情報を徹底解説では、インディードを含む様々な求人媒体でのエンジニア採用戦略について解説しています。

エンジャパン(enジャパン)

エンジャパンは、中途採用に強みを持つ転職サイトです。

費用相場:30万円〜100万円程度(掲載プランによる) 特徴:

  • 管理職や専門職の採用に強い
  • 詳細なスキルマッチング機能がある
  • 採用コンサルティングサービスも提供

中途採用の方法:プロセス、手法、評価基準、応募方法、採用戦略、面接質問、強化方法、適性検査、人材発掘、オンボーディング方法では、エンジャパンを含む中途採用媒体の効果的な活用方法について詳しく解説しています。

バイトル

バイトルは、アルバイト・パート採用に特化した求人サイトです。

費用相場:3万円〜10万円程度(掲載期間や地域による) 特徴:

  • 若年層の利用者が多い
  • 短期バイトや単発バイトの掲載も可能
  • スマートフォンアプリからの応募が多い

タウンワーク

タウンワークも、アルバイト・パート採用に特化した求人サイトです。

費用相場:3万円〜10万円程度(掲載期間や地域による) 特徴:

  • 地域密着型の求人情報が充実
  • フリーペーパーとウェブサイトの連動
  • 主婦層や中高年層の利用者も多い

求人広告の費用対効果を高める方法

求人広告の費用対効果を最大化するためには、戦略的なアプローチが不可欠です。以下に、効果を高めるための主要な方法を解説します。

ターゲットの明確化

採用したい人材像を具体的に定義し、それに基づいて求人広告を設計することが重要です。

ポイント:

  • 必要なスキルや経験を明確に記載
  • 求める人物像や価値観を具体的に表現
  • ターゲット層が利用する媒体を選択

エンジニアのレベルと能力評価:キャリアパス、スキルマトリックス、評価基準、成長段階の詳細ガイドでは、エンジニア採用におけるターゲット設定の重要性と具体的な方法について解説しています。

適切な媒体選び

採用ターゲットや企業の特性に合わせて、最適な求人広告媒体を選択することが重要です。

ポイント:

  • 業界特化型サイトの活用
  • 複数媒体の組み合わせによる相乗効果
  • コストパフォーマンスの検証

人材マッチングプラットフォームとサービスの選び方と最適なシステム導入方法についてでは、様々な人材マッチングサービスの特徴と選び方について詳しく解説しています。

掲載内容の充実

魅力的で情報量の多い求人広告を作成することで、質の高い応募者を増やすことができます。

ポイント:

  • 具体的な仕事内容や期待される成果を明記
  • 企業の魅力や成長性をアピール
  • 福利厚生や研修制度などの詳細情報を掲載

採用を加速する技術・採用広報の目的・進め方・メリットでは、効果的な採用広報の手法と求人広告への活用方法について解説しています。

定期的な効果測定と改善

求人広告の効果を継続的に測定し、PDCAサイクルを回すことで、費用対効果を向上させることができます。

ポイント:

  • 応募数、面接率、採用率などのKPIを設定
  • A/Bテストによる広告内容の最適化
  • 採用チャネルごとの費用対効果の比較

採用KPIに関してのテンプレートはこちらでは、採用活動のKPI設定と効果測定のためのテンプレートを提供しています。

求人広告を利用するメリットとデメリット

求人広告の活用には、様々なメリットとデメリットがあります。これらを理解し、適切に対応することで、より効果的な採用活動が可能になります。

メリット:多くの人材にアプローチできる

求人広告を利用することで、幅広い層の求職者にアプローチすることができます。特に、現在転職を考えていない潜在的な候補者へのリーチが可能となります。

求人広告は、企業の魅力を広く発信し、優秀な人材を引き付けるための重要なツールです。

メリット:採用のスピードアップ

求人広告を活用することで、短期間で多くの応募者を集めることができ、採用プロセスを加速させることが可能です。

中途採用が多い会社の特徴とは?労働市場で即戦力を求め、キャリアアップを目指す方におすすめの企業選びガイドでは、効率的な中途採用のための戦略と求人広告の活用法について解説しています。

デメリット:費用がかかる

質の高い求人広告を出稿するためには、一定の費用が必要となります。特に、中小企業や新興企業にとっては大きな負担となる可能性があります。

対策:

  • 費用対効果の高い媒体を選択する
  • 採用予算を戦略的に配分する
  • 無料や低コストの媒体も併用する

採用代行サービスの料金体系・費用を理解し、賢く活用するためのポイントでは、採用にかかる費用の最適化と外部サービスの活用方法について詳しく解説しています。

デメリット:必ずしも成果が保証されない

求人広告を出稿しても、必ずしも望む人材が見つかるとは限りません。応募者の質や量が期待に沿わない場合もあります。

対策:

  • 広告内容の継続的な改善
  • 複数の採用チャネルの併用
  • 採用基準の柔軟な見直し

エンジニア採用ができない企業の特徴:採用プロセスから企業文化、給与体系まで徹底解析では、求人広告だけに頼らない総合的な採用戦略の構築について解説しています。

求人広告を選ぶときのポイント

効果的な求人広告を選択するためには、以下のポイントを考慮することが重要です。

業界特化型の媒体を選ぶ

専門性の高い人材を採用する場合、業界特化型の求人媒体を利用することで、より適切な候補者にリーチできる可能性が高まります。

SES企業一覧とランキング!優良企業の見分け方と採用のポイントでは、IT業界特化型の求人媒体の特徴と選び方について詳しく解説しています。

採用目的に応じた媒体選定

新卒採用、中途採用、アルバイト採用など、採用の目的によって最適な媒体は異なります。目的に応じて適切な媒体を選択することが重要です。

スタートアップ採用における成功のための戦略と実践ガイド:人材募集から採用プロセスまで完全解説では、スタートアップ企業の採用目的に合わせた媒体選定について詳しく解説しています。

費用対効果の検証

継続的に費用対効果を検証し、最も効果的な媒体や掲載方法を選択することが重要です。

エンジニア採用におけるKPIの重要性。採用KPIの設定方法やポイントなどを解説では、求人広告の費用対効果を測定するためのKPI設定方法について詳しく解説しています。

まとめ

求人広告は、企業の成長と発展に不可欠な人材獲得のための重要なツールです。適切な予算設定と戦略的な運用により、その効果を最大化することができます。

費用相場を理解し、自社のニーズに合った媒体を選択すること、そして継続的な改善を行うことが、成功への鍵となります。

経営者や採用担当者の皆様には、本記事の内容を参考に、効果的な求人広告戦略を構築し、優秀な人材の獲得につなげていただければ幸いです。

エンジニア・デザイナー・PMなどの開発組織の人材の採用や組織の作り方やトレンド・ノウハウに関する情報を定期的に配信しております。
ぜひ、メールマガジンにご登録ください!


採用・組織課題別お勧め記事


この記事をシェアする